FC2ブログ
2019/01/17

昔から私は首がネック そして ガレット・デ・ロワ

1月は第1週はお休みで、12日から、フランス語の授業が始まりました。
たいていは、私が教室に入るとすでに何人か居て、先生と話をしています。
そして、早くきた人から「今週はどうだった?」と聞かれるのが慣習となっています。
 ところがなぜか一番に「Ça va  ?」(元気?)と聞かれました。
私は、心の準備が出来ておりませんでした。
まあ、出来ていても、話せないから一緒なんですけれどね。

「まあまあです。首の左側が痛いんですけれど・・・」と言ったつもりで・・・
「Comme-ci comme-ça .  J'ai mal de le neck gauche .」

新年初笑いで、爆笑の渦となりました。
neck は英語じゃん〜・・・
先生が クークー cou (首)と言ってくれてるんで、慌てて
「J'ai mal de le cou gauche .」 それも言うなら de +le=du 
ジュマル ドュ クー と言うべきだったのですが・・・

先生は笑いながら
J'ai mal au cou (ジュマルオクー) と言わなくてはいけない 

J'ai mal deux cous (ジュマルドークー だと首が二つになる。

初っ端から受け狙いではないのですよ。
ああ、今年も、こんな一年になりそうです。

私って昔からネックって割と口に登り易いようなのです。
以前にも
「Si vous voulez , Portez mon neck ! 」
と叫んだ事がありました。

それは、2010年9月25日、フランスの観光バスに一人で乗った時の事です。
胸を押さえ具合の悪そうなお爺さんに出会ったので
私としては、私の肩に摑まってください と言いたくて叫んでしまったのです。

その事情は下記でご覧ください。


私の語学力は9年前と何ら進歩どころか、後退しております。
それでもエエねん! 
参加することに意義があるのですから(ちょっといじけております)

1時間目は
タンタン生誕90年
ベルギーの漫画の主人公タンタン。
日本で言えば鉄腕アトムくらい有名なのかも・・・
私はタンタンは青少年なのかと思ってましたら、充分大人なんですね。
真面目で、酒もタバコもなしで面白くないキャラだと先生は言ってました。

190112-an01 

日本でも話題になってるブレグジット
経済の混乱にイギリスの警察は用意をしている。
物価が上がると買いだめに走って混乱しそうだということですね。

190112-an02 

黄色いベスト
13万ユーロ以上が治安部隊の積立とされた
警察と黄色いベスト運動がぶつかって、その中のボクサーが警官を殴った映像を、私も見ました。
彼に対して寄付金が募られ、そのことに対して異議を唱える側から治安部隊宛に寄付は集まった。
良し悪しの問題はさておき国民の関心は高いです。
13万ユーロって、1600万円ぐらいか、すごいな!

190112-an03 

王国(=イギリスでは、もうすぐ、子犬や子猫の販売が禁止されるだろう。
生まれて間もなく、母親から引き離すことは、虐待であるという考えが広まってきてるからです。
確かに、「母をたずねて三千里」子供は親を求めるものです。
でも、産まれて1、二ヶ月の子猫って、最高に可愛いのですけどね・・・
そうだ、親猫ごと引き受ければいいのですね。
動物にこれだけ法的にも配慮する人間たちが、お互いを殺しあう戦争をやめられそうにも無い。
私が、犬なら 「ケッ、自分の尻を舐めろ」と人間に言いたいけど。

190112-an04 


もし24時間しか残ってないなら何をするの?」
ララ・ファビアンの歌です。
私は、彼女をカナダ人だと言いましたが、ベルギー人でした。
お詫びと訂正いたします。セリーヌ・ディオンとごっちゃになってました。
さて、何がというと、世界の終わりまで、あと24時間しかなかったら。
若い人ならいざ知らず、
私だったら、普通に目覚め、静かに朝日を眺め「今まで生かしてもらってありがとう」
と感謝して終わりを迎えるでしょうね。

糖質制限を気にせずパテスリーSのケーキを目一杯食べようか?
とも思ったのですが、そこまで走り回るのも、もういいかあ〜
要するに、やる気が涸れてしまった年頃になっている自分に気がついたのでした。

190112-an14. 
有名人なので大丈夫と思いますが、この画像は削除される可能性がありますね。
その場合は、モザイク画像を用意しています。来るなら来い!

じゃあ、次のおっちゃんは、ぼかしをかけても丸わかりですね。

190112-an06 


世界一の大金持ちと離婚したら、女性で世界一の大金持ちが出現したとのニュースです。
財産のない私がいうのもなんですが、大金持ちって、きっと庶民よりしんどい生き方だと思いますよ。

庶民はささやかな喜びで満足するのです!

この日は、ガレット・デ・ロワの日。

わ〜い、お菓子を食べる日だ〜・・・満足満足大満足です。

せっかくのケーキを見て
「それだけしか記憶してないのか!」と先生はガッカリしたかもしれません。

190112-an07 

まあ、許してくださいね。
先生が一番にナイフを入れた一切れに先の当たった音が聞こえたような・・・
それも聴かなかったことにして・・・

190112-an08 

出てきたフェブは、赤ん坊のキリスト様でした。
飲み込んだらえらいことです。

190112-an09 

今年も、王冠はリョウくんに当たりましたが、ニセクイーンも二人出現しました。
なんと美しい二人!

190112-an11                 190112-an10

えへ、iPadにモザイクアプリを入れてみたのです。

はや、金曜日です。2時間目のことを書く時間がありますかしら?


スポンサーサイト
2019/01/08

リモコン復活 楽しかったよ 新年会

リモコンがやっと復活しました。

いやあ、その便利なこと!
涙が出そうになりほどです。


見やすくなったTVで見た BSシネマ 愛と哀しみのボレロ

Les uns et les autres  
   私なりには、それぞれの事情という意味かなと思ったのですが

 「百人百様」とネットで意味を調べたら出ていました。
  なるほど、上手いこと訳すなあ〜と感心しました。


日曜日の新年会も、メチャ楽しかったです。




190106-p01 


よろしければ覗いてみてください。




2019/01/05

ブログの整理をしてみました

2日に近所の神社に初詣に出かけただけで、今年はどっかりとコタツで過ごしたお正月でした。

190102-1600 

TVのリモコンが故障中なのでTVをつけると、チャンネルを変えるにが面倒です。
それに、どのチャンネルも、やかましい正月番組ばかりです。
特に今年のNHKは、ひどいと思いました。
民放のお笑い番組を真似するか、大河ドラマの前宣伝ばかりです。
良い番組を作ろうと言う職人根性のディレクターが減っているのではないのかな?

TVを見るより、パソコンでニュースサイトを見る方が、よっぽどましです。
日テレニュース24 ネットで見ることのできるニュースサイトを見つけました。
France2みたいな感じで、ニュースだけ見ることができます。
もう、TVは不必要な時代になってきたと言えますね。

190104-01 

朝ご飯を食べながら、TV感覚で海外のライブニュースを見ることのできる時代です。
ちゃんと聞き取れてないのですが、アナウンサーの声が、落ち着いた響きで耳に心良いのです。
映像で、大体の内容は分かりますしね。

今年はブログをどうしようかと悩みました。
本人が死亡した後、ネット空間をさまよえる幽霊のように漂うブログも気持ちが悪いかもしれません。
でも、それも21世紀に生きていた人間の記録としてあっても良いのかも…

その内、本人とのコンタクトのできなくなったブログの処分ルールなども出てくるでしょう。
とあれこれ考えた末、このブログをメインに他の2件とトータル3つのブログを、やっぱり残すことにしました。

このブログのリンク欄に載せいていますので、よかったら覗いてみてください。


第2のブログのオリジナルタイトルは

ライブドアブログを立ち上げたのは、208年夏です。
FC2ブログの画像が、かなり削除されているのに気がつき、ブログを引っ越そうかと考え開いてみたのですが、使い勝手が悪く、ほったらかしでした。
でもその後、ブログの背景や文字のフォントを変える方法がわかったので、幾分見やすく出来ました。
そこで、毎日の食事の記録を残す記録として12月から使う事にしたのです。。
他人に見てもらう目的ではありませんよ。
糖尿病管理、ちょっとした心覚、自分の為にと言う位置づけです。
毎日毎日、同じようなご飯の写真なんか、誰も見る気はしませんよね。

第3はブログは

初めの頃は、これでフランス語の学習をと考えていました。
でも、二つのブログで右往左往して、どっちつかずとなり、立ち消え状態になってしまいました。
やがて月一維持するためだけに更新していました。
削除しようかという時の2017年に糖尿病を言われ、食事記録として2018年8月からひと月ほど
食事を掲載してみたのでした。
本来の目的は、ミラーレスカメラで撮った画質の良い写真を載せようと思ったのです。
でも、カメラを使いこなせない上、ミラーレスでも、もう重たくて持ち歩けません。
というわけで、これから、日々の雑感といいますか、ふと書き残したくなった事など載せようかと思います。
 削除してしまうと、こちらのブログにリンクを貼っている記事が消失してしまうというのも、残す理由の一つです。

メインは「魚だって大空を飛びたい」のつもりです。
しかし、このところメインは書かず、脇ばかり固めております。


興味があれば、チョコチョコっと覗いてみてください。

まずは、このブログを書くためにフランス語入力を学習しなくてはいけません。

ブログちゅうもんは、年寄りの暇つぶしにぴったりのモノなのではないのかと思うのであります。

181225-1630 

この写真の後、右マウス、左トラックパッドに変えました。
それが一番快適に使える様です。

2019/01/01

2019年新年トラブル…電源を切らないでください

2019年 あけましておめでとう御座います。

今日は正月晴れの清々しい朝でした。

190101-01 

私は、年末はコタツムリ状態で過ごしておりました。
コタツムリ
カタツムリが殻の中に身をひそめるように、炬燵に潜って無精を決め込んでいる状態を言います。
まあ、辞書には載ってないと思いますが…

大晦日の昨日になって「これではいかん!」
一念発起しまして、掃除機をかけ、机周りがスッキリしたところで、最後の授業の録音をiMacにUSB接続で取り込もうとしました。
クリックミスで、ICレコーダーの中のファイルを削除してしまったのです。
うわ〜、これはもう呼び戻せない!
バカ!間抜け!老化現象か! 
いくら罵っても、もう戻ってこない。まるで私の人生です。

悔いても仕方がありません。
気を取り直し、今年は頑張るぞ〜

一人暮らしでも、気分だけは正月にと、毎年ながら花だけは飾ります。

100101-1 

亥年の福よ来い! 

190101-2 

百均のお飾りで福を呼ぼうとは、厚かまし過ぎますね。
でも、私には、ささやかな福こそ似合うと自認しております。

正月といっても、糖尿病患者には、タブーな食品が多すぎます。
お正月の雰囲気だけ思って、重箱に並べて見ました。
お雑煮がわりに、丸い豆腐と京芋2切れと金時人参を2切れ、花形にしてみました。

190101-3 

下は、ヘルシーおせちもどきです
茹でカリフラワー、コンニャクのカツオあえ、サラダチキンは低糖質に
蒲鉾と数の子は出来合いです。
紅白なます、田作り、京芋煮付けは砂糖を入れずに作りました。
甘味料はラカントSを使用しています。

190101-5 

TVをつけると、音量いっぱいのお正月番組ばかりで嫌になったので、年末に録画しておいた映画を見ようとリモコン操作をしました。
画面がおかしい…動かへん!
少し前からリモコンボタン反応が鈍いなあと感じていました。
電池を取り替えて見たけれど、録画再生機能にならず、画面はひたすらEテレを映しています。
私には、Eテレのお子様番組が似合いっていいたいのか!

電源を切りたいのに、リモコンボタンを押しても切れません。
コンセントをバシッと引き抜いて一度切りました。
もう一度コンセントを入れると
「前回、誤った操作をしたので、そのまま電源を切らないでください」
と画面表示されます。
私は、どうしたらいいのだろう?

そうだ、大型電気店は、今日から初売りでオープンしているはずです。
「そのまま電源を切らないでください」ってことなのでTVは点けたままです。
一番近いヤマダ電気に走りました。
ここは正月休みでした。
そこで、駅前の上新電機まで足を伸ばしました。
TVは点いたままです…切りたいのよ、急げ!
こちらは初売りで大にぎわいです。

190101-6

TV売り場のお兄さんに相談すると、まず、リモコンを調べてくれました。
赤外線が出ていないのでリモコンに問題があるのであろう。
代替えのリモコンは売ってあるが、私のHDD内蔵のTVとは合わないかも知れない。
注文取り寄せだと2週間かかるとの事ですが、お願いしました。
リモコンで5千円はきついなあ思いながら…

入り口にはたくさんの福袋が並んでいました。
こんな薄い紙の袋に、どうやって入れたんだろう?
破れないのかなあ?と感心して見ていました。
タブレットは入るかも知れないけど、4kTVってあり?

190101-7 

洗濯機は、いくら何でも入らないですよね?
そこで、はたと気がついたのが、この紙袋をレジに持って行ったら交換なのかと言うことです。
忙しい店員さんに「どうやって福袋に洗濯機を入れるんですか?」
と聞いたら怒られたかも知れませんね。

190101-8 

家に帰ったら、E テレがつきっぱなしでした。
そうだ、これを切らなくてはいけないのだ!
説明書を調べたら、画面の右横に操作ボタンがあり、リモコンを使わなくても、入切とチャンネルと音量の変更はできることが分かりました。

2週間TVが見られないと思ってましたが、それは杞憂に終わりました。

新年早々、大ボケ始まりです。
出だし良ければ…良いのかな?

今年も、大ボケ続きの一年になりそうです。


2018/12/25

居酒屋忘年会で今年の締めくくり

12月22日で今年の授業は終わりました。
授業が終われば宴会だ!という気分いっぱいで、私は上の空でした。

J'oubliais souvent ma tête. 
私はしばしば自分の頭を忘れていた → 私はしょっちゅうボーッとしていました

頭が留守になってるという言い方とニュアンスが似ていますね。

こうも言います。
Je suis dans la lune .
私は月の中です →  ボケーっとしてます

今年2018年、私は一年中ボケーっと過ごして、少しも勉強をしませんでした。
まあしゃあない。反省して来年から頑張ろう。
人間幾つになっても未来があるのだ!

この日の授業は、 7jours sur la planète の教材から 
Patrimoine : le moment de Grasseのビデオを聞き取るでした。

7jours sur la planète はフランス語の学習のための教材を提供してくれる素晴らしいサイトです。
でもダウンロードできる期限は2週間だけなので、急いでダウンロードしておかなければ復習できません。

さてGrasse。
これが都市の名前だと先に教えて貰ってなかったら、私は「何がgrasseなんだろう?」
と一人 頭の中を?マークだらけにしていたと思います。

南フランス、ニースから約1時間の場所 Grasse は香水の産地です。

 181222-1609

と言うことは、香水の素となる花々が咲き乱れる場所なのでした。

181222-1600 


香水の調合師の事を「ネ」と言うそうです。鼻(nez)で匂いを嗅ぎ分けるからです。
parfumeur , parfumeuse の方が、何となく分かるよネ!

よーし、授業は終わった。
地下鉄で京都駅まで出て、目指す居酒屋に一目散に向かいました。
先生が「満月だね」と話しかけてくれてるのに、私は、東の空に浮かんでいる月を電燈だと思い込んでいたのでした。
花より団子というけれど、私の場合は月より徳利かい!
食い気に走る自分に赤面してしまいました。

さてさて、お目当の店は、駅からちょっと北に行き、細い路地にある「蔵倉」でした。

181222-kura1 

なんか新選組の隊士でも出てきそうな感じの場所です。

大正時代の酒蔵だったそうで、天井の太い梁が黒光りをしていました。

181222-kura2 

6時の予約だったので、ゆっくり座れましたが、後から後からお客さんが来て、いつも満員のようです。
日本各地の地酒を揃えてあるようで、飲んべえのリョウ君に選んでもらって、皆であれこれ、各地の銘酒を味わいました。
ここで先生に「呑兵衛(のんべえ)って分かりますか?」と質問しました。
「のんだくれの事かな?」 さすが日本歴の長い先生です。
呑兵衛、もしくは飲兵衛と漢字で書くのかもしれませんが、のんだくれとはニュアンスが違うのです。
日本文化に貢献するためにも、ここは分かってもらわなくてはいけません。
のんべえはお酒が好きでたくさん飲む人。
のんだくれは、酒が好きでも自分で制限できず飲みすぎ酔っ払ってしまう人。
ですよね。のんべえは許せるが、のんだくれは許せない。

181222-kura3 

棚に並んでいるのは、キープされている一升瓶のようです。
赤兎馬(せきとば)の読み方が分からなくて教えてもらいました。
三国志の中で豪傑(聞いたけれど名前忘れました)が乗った馬の名だそうです。
きっとウサギのように跳ねる手強い馬だったのでしょう。

突き出し
刺身、ごりの佃煮、胡麻豆腐
181222-kura4. 

次々と出てくるものを食べるのに夢中になって撮影はお留守になってしまいました。

おでん
181222-kura5 

揚げだし生麩
181222-kura6 

雲子の天ぷら(タラの白子だそうですが、私は白子関係が苦手なんです)

181222-kura7 

穴子の巻物

181222-kura8. 


ぶり大根は絶品でした

181222-kura9 

写し忘れたものがまだまだ有りますが、最後は、お茶漬け派、雑炊派、焼きおにぎり派
の三パターンに分かれて、締めにご飯ものを食べ、満ち足りた忘年会を終えおました。

本当に、食い気一筋での今年の締めくくりでした。

最終電車に乗り遅れたら大変だ〜と店を飛び出し、23時19分の電車に間に合うことができました。
おかげで、ギリギリ午前様にならずに我が家にたどり着いたのでした。

よく遊び、少しだけ学んだ一年でしたが、先生とクラスの皆の助けで、何とか今年も続けることができました。

Merci  . À l‘année prochaine ! 

スイスキーボード,なかなか打てません。
これに慣れるのも来年ですね!


2018/12/11

フランス語キーボードはスイスかフランスか

私は今までと言うか今も使っているのですがWindowsのパソコンでは、カナダフランス語のキーボード設定をしていました。
  Macでも同じ様にフランス語カナダのキーボードを設定したのですが、WindowsであったAltキーがありません。
 command キーが、それの代わりなのかなと思うのですが、どうも勝手が違います。

181208-07 

 é à î ç は打てるのですが   ù ï ë の打ち方が分かりません。
 まあ、トレマ ï を使う文字は、maïs( トウモロコシ)ぐらいしか思い浮かびませんので、さして不自由はないのですが、 où の ù アクソングラーブは、絶対必要です。
どうしても知りたい。
 先週は、それの入力方法を探すのに時間を費やしてしまいました。

そんなこんなで、 授業の時に嘆いていたら、先生が、キーボード設定はフランス語スイスが良いよとのアドバイスを下さいました。
でも同級生のリョウ君は、フランス語フランスがお勧めとの事です。
 フランス語キーボードは、フランス、カナダ、スイスの他にもあるようです。
 なんでこんなに色々あるのだ!バカモン! ちょっと怒ってしまいます。

どのように違うのか?

とりあえず、フランス語PC配列キーボードと スイス・フランス語キーボードを比較してみます。

標準画面キーボード配列
フランス語PCキーボード2目の、数字が並ぶはずの行によく使う特殊文字 é è ç à が並んでいて使いやすいかもしれません。
でもアルファベットの配列が、かなり違います。

clf-01v 

次にスイス・フランス語標準画面キーボード
日本語の、つまり自分のキーボードとアルファベット配置はほとんど同じです。
ZとYの位置だけ入れ替わっています。
よく使う è  é  à が右側にまとまってあるのは便利かもしれません。 

clsf-01 v 


option キーを押してみると

フランス語PCキーボード

clf-02option. 

@  î. œ.   …  はここで使えます。

スイス・フランス語キーボード

clsf-02option 

@マークはここか!

シフトキーだけを押す

フランス語PC キーボード

Windowsと一緒で大文字変換がメインのようです
clf-03shift. 

¨ を押して標準画面で i e を入力すると  ï  ë といった具合に入力できます。

スイス・フランス語キーボード

clsf-03 shift 

ç  % & (  )  ?  =  ?  ö   ä  の入力が出来ます。

オプションキーとシフトキーを同時におす

フランス語PCキーボード

clf-04 shift-option 

¥  #  ‰. や アクソンのついた大文字入力に使えます。

スイス・フランス語キーボード

clsf-04 shift-option 


fi. fl. 二文字一遍に入力出来ます。   アップルマークの入力も出来ます。


どちらが便利か、それは使う人次第なのです。
両方ともキーボード設定ができますので、交互に使ってみて試してください。

先週の授業

181208-05 


Alley-y !    ( やってみよう!)

Gilets jaunes : le mouvement peut-il s'étendre outre-Rhin ?
黄色いベスト達: この運動はライン川を超えて広がることが出来るだろうか?

これだけ入力するのにめちゃ苦労してしまいました。






2018/12/06

風邪は鼻からやって来た

ついに風邪に捕まってしまったようです。
昨日今日とお天気が悪いのも影響しているのかもしれません。

5日の朝、どんよりとした空模様です。
181205-0750 

ここしばらく、鼻水が出たり、軽い咳が出るので気をつけてはいたのです。
でも気をつけてどうなるものでもありませんね。
TVの風邪薬のコマーシャルで
「あなたの風邪、鼻から?喉から?」とありますが、だいたい同時にやってくると思うんですがね…
 今年の私には、喉より鼻に来たのが早かったような気がします。

先週は、スポーツジムの休館日が2日もあり、週のうち2日しか泳げていません。
今週は、その分を取り返そうと、3日月曜日と昨日の水曜日、頑張って泳ぎました。
20時から21時の泳法教室の後、クロールを連続で500m、背泳ぎを200m、平泳ぎ50m。
その後、クロールのスタート姿勢を教えてくれる方がいたので、その練習もして、22時10分前まで水につかり、お風呂に入るのがギリギリの時間になってしまいました。
 そのせいか、今朝から鼻水とクシャミが強烈になって来ました。
困ったなあ〜。
熱はないし、泳いでも大丈夫だと思うのですが、用心して家にいた方が良いかしらと悩んでいます。 (ハックション❗️)

昨夜は、夜中に寝室の電気がつかなくなって焦りました。
天井密着型の丸いライトですが、一度ベットに入ると起きたくないので、伸ばした紐を引っ張ってスイッチを入れてます。
引っ張ったら、一瞬つくけれどすぐに消えてしまう。
アララ…これはまずい。
朝になって、脚立を持ってきて最上段まで登り取り外しました。
脚立に登って取り替えるのも、踏ん張りが弱い。
ちょっと脚元が危なっかしい感じでしたが、無事取り替えることが出来ました。
これも、そのうちお金を出して取り替えを頼まないといけない様になるかな〜
まあ、くよくよ考えても仕方がありません。

昨日今日で、天童荒太の「悼む人」を読了しました。

181205-1700 

天童荒太という名前は目にしたことがありますが、本を読んだのは初めてです。
悼む人というタイトルに惹かれて借りてきたのでした。
主人公は、30代の青年で、10年ぐらい前の友達の一周忌に行くのが、仕事中でうっかり時間に遅れてしまう。
そんな自分が許せないという気持ちから始まったのか、忘れられていく死者を、自分に刻み込むような生活を始める。
初めは、近所で起きた死亡事故を訪ね歩いて、その場で悼んでいたのが、全国各地をたづね歩く放浪の旅へとなる。
彼を気遣う家族の側にも変化がある。
お母さんは、ガンの末期を家で過ごす選択をし、妹は、母親に希望を持ってもらいたくて自宅出産を選択する。
 主人公の旅の途中で絡んでくる雑誌記者、自分が殺した夫の亡霊が纏わりついている女性。
主人公は、なぜ悼の旅を続けるのか? 彼自身にも答えはない。
現代の求道者か、心を病んだ旅人か?
旅の過程も、家族の状況も、すごく丁寧に描かれていて違和感はない。
私は、自分の歳のせいか、お母さんの終末医療の過程と心象に一番惹きつけられました。
それにしても、この作者は、とても苦しい思いをしながら描いたのではないだろうかと思いました。
死者を忘れてはいけないのか?
忘れてもいいじゃないの。だって、覚えているはずの自分も消えていくものだから。

人類が、死を認識した時から、死とは?生とは?
そこから宗教が生まれ、またそれ故殺しあう。
次の世代は、判断も AI 人工知能に委ねるのだろうか?
などと考えてしまいました。

とりあえず、今日は風呂にも入らず寝ます。


2018/11/28

昔は夜の木屋町を飛び歩いていたものですが…

24日に京都四条の知恩院のライトアップを友達2人と見に行ってきました。
神無月も終わりかけ、夜は冷えるだろうと覚悟して出かけました。

日が暮れるのが早くなり、6時前だと言うのに、この暗さです。

京都南座前を集合場所にしたのはいいのですが、大勢の人波で分かるかしら?
心配しましたが、さほど案ずることもなく見つけることができ一安心しました。
改装して、新しくなった南座は、御殿のように輝いておりました。

181124-1746 


祗園四条界隈を歩くのは久し振りです。
若い頃だったら、夜の気配に明かりがきらめき出す頃、何だかワクワクしたものでしたが・・
 もっとも連れは、30代と50代で元気一杯です。

方向音痴の私は、道順は先導してくれる二人に任せて、おしゃべりしながら歩きます。
円山公園の横から入って、まずはお参りをしました。

お参りを待つところから行列が出来ていました。
鈴に繋がる太い紐(鈴の緒)を振ると鳴る鈴の音が、観光客に人気のようです。

拝観の順路は、友禅苑、三門回廊、宝佛殿、女坂となっています。

友禅苑。
池に浮かぶ仏塔が厳かです。

181124-1821 

水に見立てた青いライトは、ちょっと鬱陶しい感じがしました。

181124-1831 

土曜日ということで、この場所で15分のイベントが行われていました。
若いお坊さんが司会をし、クイズ形式で浄土宗を紹介していくというものです。
21世紀ともなると、お寺の修行僧も、吉本並みの芸の力が要るのか!
修行も、なかなか大変そうです。
「死んだ後に行く世界は?」
三択でしたが、私は、阿弥陀ワールド というのが気に入りましたよ。
正解は、お浄土でございます。

181124-1842 


このほうがナチュラルなライトアップで宜しいのではないかと感じました。

181124-1911 


最後にお寺を出て、道路から山門越しの階段です。
暗闇の中に灯る明かりがいい感じです。

世界中からの観光客でいっぱいの21世紀ならではのライトアップでした。

1811254-1921 


土曜日とあって、木屋町の居酒屋は、どこも満席です。
三条に向かって歩きながら、ようやく入れた店で、盛り上がりました。
しかし、切り上げは時間は、ほどほどにいたしました。
30年前、いや20年前だったら、朝まで飲み歩くのに付き合えたのになあ〜
それは昔の夢物語。
とっとと帰って、我が家で本当の夢の世界に入りましたよ。


2018/11/17

紅葉を愛でながら奥鹿野を散策

11月14日
セットしておいた目覚ましの時計の音で飛び起きました。
最近はいつもダラダラと朝が遅いので5時前起床は体が動いてくれません。

伊賀市にある 青山讃頌舎 を訪問して、同行のメンバーで秘境の里、奥鹿野 を歩く予定なのです。

青山讃頌舎はこれまで何度も訪ねている伊賀市にある美術館です。
行く時は、ほとんど車に乗せてもらっているので、電車で行くのは今回が2回目です。
三重県伊賀市はどこにある?
地理に弱い私は未だよく分かっておりません。
確認しましょう。
奈良、京都、滋賀、岐阜、愛知県にまたがって他府県と隣接している地でした。
ここならば戦国時代に忍者が活躍できる場所だったと納得がいきます。

181114-00 

琵琶湖の西にある我が家からだと、かなり時間が掛かります。
のろまな私は、乗り換え時間に間に合うか心配なので、始め6時12分の電車に乗るつもりでした。
それだと逆算して、家を出るのは5:50でした。

しかし、前夜に友達から電話で、新祝園で拾って車に乗せてくれるとのことです。
出発時間が6:35で可能となりました。
おかげさまで現地集合の9:30に間に合い助かりました。

181114-01 

2018年秋期企画展
「それは釈迦から始まった ー穐月明の仏画と 収集古美術ー」

をゆっくり見せていただき、お茶室でお薄と美味しいお菓子を頂きました。

181114-02 

ハイキングの出発は11時ちょうどです。

181114-1100 

この坂道を下って大村神社を通り過ぎ柏尾川に出るのですが、周りはほとんど人家のない所です。
それなのに、なぜか一軒だけポツンと建っている家があります。
看板には「スナック まろよし」の文字が・・・


181114-1112 

昼でも人気の無い場所で、日暮れともなると真っ暗です。
いったい誰が飲みに来るのだろう?
もしかしたら狐か狸が夜の酒場に現れて
「次は麿が歌わせていただこう」「おお良し良し」→ まろよし?
などどお喋りしながら進みます。

11:20 柏尾(カシオ)の里を通ります。
川沿いに続く里の風物に、心がほっこり休まります。

ムカゴを見つけては、食料ゲットとはしゃぐ面々です。

181114-1303 

12:20〜12:50
道沿いの枯草に腰を下ろして昼食タイムをとりました。
5人の友全てに会うのは何年振りだろう、本当に久しぶりです。
でも、山仲間というのは良いですよ。
昨日の続きのように隔たりを感じないのが何とも嬉しいですね。
お弁当の後には、同行のOさん差し入れの、りんごたっぷりのパイをデザートに頂きました。
おごちそうさま!
これでは、いくら歩いていもダイエットになりそうもありませんが、良しとしましょう。

干し柿の吊るされた農家に出会い、どんな方法であそこに柿を吊るせたのか?
リーダー曰く、隣の二階から左側に出っ張っている屋根を伝って庇に移動できるはずだ。
日差しをたっぷり浴びた干し柿は、我らの好奇の視線を浴びて、益々色づくようでした。

181114-1351 

道沿いに歩めば、黄金色に輝く銀杏の木、年月と風に摩耗し岩に刻み込まれたお地蔵様が何箇所か鎮座しておられました。

181114-04 

小高い石垣の上の立派なお屋敷と見えたのは保徳山・久昌時。
曹洞宗のお寺でした。
ここで13:45です。

181114-1341 

御堂の柱には「 座禅会 」 と墨書されたお札か下げられておりました。
座禅
それは見るには結構なものでありますが、結跏趺坐 
短足の私には不可能な修行であります。脚が組めへーん!

奥鹿野(オクガノ)。
観光旅行本には掲載されていない村ですが、静謐で明るい。
村人がこぞって、地域を守り慈しんでいるのが伝わって来ます。

181114-05 

リーダーのAさんは、この近隣に居を構えられているのですが
「ここに来て、僕の中で認識が変わってきた様な気がする。古いものを守るのではなく、古い文化を守るという事ではないかと」
文化を守り継承して行くには、若者達が意志的に係わっていかなければ未来に繋げることは出来ない。
この地域では、毎年の神事なども、継続して行われているとのことです。
そういえば、選挙看板の立候補者が30代のイケメンばかりだった様な気が・・・
そりゃあ投票に行こうという気も湧いてくるというものです。

14:20
金毘羅宮の麓に到着しました。
によりますと、江戸時代は文政年間に創設され、昭和41年(1966年)に高松宮がおいでになり、休憩されたとあります。
きっとそのとき、さあ大変だと、大慌てで社務所や階段を整備したのだろうと拝察します。
今では、階段も落ち葉に埋もれ、登山者でもなければ上まで登る人はいないようです。
我々一行も、健脚の3人だけが頂上探索に行き、残った2人はおしゃべりを楽しんで過ごしました。
この金毘羅宮の手前に、時知らずの桜、四季桜とも呼ばれる桜が咲いておりました。

181114-06.

紅葉を楽しみ桜を愛で、14:50 八柱(ヤハシラ)神社です。
曲がりくねった参道はそのままに、まっすぐな新しい参道が出来ていました。
遠望すればこのように、すっきりした感じです。

181114-07.

八柱(ヤハシラ)神社。
八柱とあるので、8人の神様の兄弟姉妹仲良く名前が書いてあるのかと思ったら何か違うみたいです。
兄弟の内4人しか名前が出てないようです。
得てして、大家族になると下の方は気にもとめられません。
7人兄弟末っ子の私としては身につまされるものがありました。

建速須佐之男命(スサノオノミコト)市寸島比売命(イチキシマヒメノミコト)
この2人の名は、読み方をネットで探し出しましたが、他はお手上げです。
まあ、古事記、日本書紀の時代から繋がっている場所ということで納得しましょう。
あっ、Wikipediaに記載がありました。

八王子神社  ← 調べたい人はクリックしてください

181114-14508kami 

15:15 奥鹿野公民館前で、ハイキング終了宣言をしたのですが、全員帰り道は近鉄西青山駅歩かなければなりません。

車道をダラダラとひたすら峠まで登り、下りきったら、近鉄の旧線路後の道を歩いて
16:10 西青山駅に着きました。

道すがら見かけたお家で、丹精されている鉢植えや、皇帝ダリア、その他を見せていただきました。
持ってお行きなさいと皆にくださったお土産の爪楊枝です。

181114-08 

きれいな字がうらやましい。

風物良し、人情良しの奥鹿野の一日でした。

この日の歩数計は、33000歩。
私にとっては今年一番の歩行距離ではなかったかと思います。

2018/11/13

誕生祝いに I MACを購入したけれど

ついにやってきました。
それは、12日の午前中のことでした。
何がって、24.5 インチディスプレーのiMac君が届いたのです。

今年ついに、私は70代になってしまいました。
もう残り時間はあまりないとしみじみ感じたのです。

誕生日は過ぎてしまいましたが、思い切って自分で自分にプレゼントを贈りました。
前から欲しかったiMacです。
基本は147000円だったとおもいますが、512GB SSDにバージョンアップ
magic track pad とテンキー付きキーボードもつけたので、この値段となりました。
それプラス  AppleCareが20,800円 消費税が17,872円
トータルで 241,272円の出費でした。

181104-1310 

年金生活者には辛い出費です。
勿体ないという気持ち、Windowsが壊れるまで待ってからでも…

しかしあと数年後にWindowsのパソコンが壊れて、それからMacの使い方を勉強して使えるだろうか?

まず、難しいと思います。

と言うわけで、今しかないと思ったのです。

届いてすぐにアップルのオンラインのパーソナルセットアップセッションに申し込みました。

これは、配送状況のお知らせメールで紹介してあって、セットアップのサポートをしてくれるのです。
11時からの枠が空いていたので
「初めてですのでよろしくお願いします」とiPadから送信したのです。

そして、予約時間数分前に電話をすると、サポート担当の人が出てくれました。私は、先走って触らないでおこうと、机の上に並べただけの状態だったので、電源を入れるところから教えてもらいました。
ところが、Wi-Fi設定が出来ない。
iPadの時は、すぐに自分のwi-fiナンバーが画面に出て繋げたのですが…
四苦八苦し、サポートの人に迷惑をかけながらwi-fiのナンバーは見つかりました。
繋ぐにはパスワードを入力しなくてはいけないって!
「パスワードは機械の裏っ側に書いてあるはずです」とサポートさん。
pinコードというのが、それかなと思って入れても違う。
そうこうしているうちに時間は過ぎてしまいました。
担当の人が
「このセッションの時間は30分だけなので、時間がかかっても対応できる部署に回しますね」
と言ってくれて、別の担当者に変わり、その後1時間ほどお手間をかけてしまいました。

とにかく繋げた!! バンザイ!

後の事は、触りながら、また尋ねるしかないようです。

わからない時は、いつでも聞いてください。
勝手に触って戻れない状態になっても困ると思いますから
と言うような意味のことをアドバイスしてくれたと思います。
相手をしていても心配だったのでしょうね。

でもね、そんなに電話しても悪いしなあと、自分であちこち触って見てます。
Windowsでは、画面の下のバーにあった文字の切り替えアイコンがない。
マックでは、上部に隠れていて、マウスを持って行ったら出てくるのだ。
ついさっき気がつきました。
これで書ける!
見つけたと思ったけれど、今ブログを書いてる時点では、やっぱり分からない。

と思ってがっかりしたら、みつけた!
ほれ、こんな風に書くことが出来ました。

Oui. D'accord !  je peux écrire !

おう、フランス語キーボードを画面表示したまま、日本語とFrançais 
簡単に切り替えることが出来ます。

ああ、感動!

でも、先は遠そうです。
ファイルの保存の仕方さえ、どこか分かってないのですから・・・

Windowsとは、かなり違うようです。
でも、今は、ネットで調べることができるので、パソコン教室など行かなくても
ネット検索とサポートセンターを使ってやってみようと思います。

千里の道も一歩からです。
アップルサポートさん、これから宜しくお願いします。
そのためのAppleCare購入ですから…

とりあえず、iMacでこの記事を書いてアップすることが出来ました。

誰か、褒めてください!



2018/11/08

若者の意識で世界は変わる

アメリカの中間選挙の最終結果がそろそろ出る頃です。

午後のBSニュースで、アメリカのニュース速報が入ってきました。

未開票がいくつかありますが、結果は
上院はトランプ率いる共和党が過半数を確保。

下院は、民主党が過半数を超えて、その勢力を取り戻しました。

181108-1450. 

今回の選挙の勝敗を決めたのは、若者と女性の票だそうです。
前回の大統領選挙では

民主党の党首争いでバーニー・サンダース氏が敗れ、ガッカリした若者達が投票を放棄した。

また、クリントン候補に批判的な女性達も、同じく棄権してしまった。


その結果がトランプという奇怪な大統領を生み出す結果となったのでした。


これでは駄目だ! 

自分たちが権利を後記すれば治がいびつな方向に流れていく。

と自覚した人々の票が、時代の流れを少しずつ修正する方向に戻して行ってくれている気がします。


181108-1506. 

26%がトランプ支持、38%がトランプ拒否、残りの33%はトランプ以外の要因で投票をした。

この2年間、アメリカに、世界に、それだけ大きな影響を及ぼしてきた大統領であることには間違いないでしょう。
しかし、未だ絶対支持者が26%もいるのか!

トランプと一体化して熱狂的に支持する人々に、彼が本当に報いるかというと、それはないと私は思うのですが・・・

政治家とは、ポジティブでなくてはいけない。

181108-14501 

確かにポジティブな発言ではあります。
言い換えれば、面の皮が厚い。

こんなことを、よく言えるなあ~と感動すら覚えます。

181108-14502 


こう言いながら、選挙が終わるやいなや

司法長官のジェフ・セッションズ氏を更迭し、マシュー・ウィテカー氏を司法長官代行に充てると発表。

下院で野党の理科らが強くなれば、ロシア疑惑をますますたたかれる。
それに対して、早速手を打ち出したようです。
更迭されたセッション氏は、2年前の大統領選挙でトランプを支持した事をどう思い返してるのでしょうか?

今や、はったりと脅しで、次の大統領選まで強引に引っ張ろうとしているトランプ政権。
それをを倒せるのは、若者の政治意識の高まりしかないと私は思うのです。

そして、女性議員が初めて100名を超しそうだとのことです。
私はむしろ、「アメリカって、こんなにも女性議員が少なかったのか?」
と、そちらの方が驚きでした。
2018年
181108-1449 
181108-1448. 

最先端を走るアメリカという気がしますが、女性議員の割合は意外と少なかったのです。
今回の選挙で、かなりランクアップするのではと思います。

日本は、なんと世界で140番目という状況です。

日本の若者達にも、これをきっかけに政治意識の高まりのウエーブが起こってくれ!

君たちが変えようと思えば、世界は変えることが出来るのです。
未来を、その手につかむのは君たちなんだよ。
蒙昧な老人達にいいようにされてて良いのか!
温和しい羊のように従順で、過労死させられていく君たち。
怒れ若者達! 非暴力で本当に怒ってよ。

次の選挙では、怒りを込めて投票に行ってください。






2018/11/05

iPad ビデオと消音のアプリを使ってみた

毎週土曜日の授業の後で、私はいつも思います。

「今週こそは、ちゃんと復習しよう。」と

しかし、思ったままでいつも1週間経ってしまうのです。


翌日曜日、いつものように、朝からぐったりバテ気味でした。

昼食を2時頃食べて、コタツでごろんとしていたら時間は過ぎてしまいました。


プールに行って泳ぎだしたのが3時40分頃からです。

最近、ウオーミングアップのバタ足を、まずクロールで50m、背泳ぎで50m、バタフライで50m、背泳ぎでビート板を持ち上げ水面から上げて50m。

これを2セット 400m泳いで、次に苦手な平泳ぎを(ビート板なしで)50m。

このウオーミングアップ500mを済ませて、連続クロール500mを泳ぎ、コースに人が少なければ背泳ぎで連続を泳ぎます。

でも私は泳ぐのが遅いので、早い人が泳いでいたら25mか50mのプールの端で、後ろの人に先に行ってもらうよう待ちます。


この日は、アスリートのお兄さんが、私を見ながら調整して泳いでくださったようです。

私は、彼の背泳ぎのターンの仕方を見たくて、プールの端でゴーグルをかけて水面下に潜って待っていました。

お兄さんは、私が消えてしまったとビックリして、ターンを止めて爆笑しました。


そりゃ、小さいおばさんが突然消えたら心配しますよね。

ご心配かけてすみませんでした。


こうして、後250mだけ背泳ぎをしたら、4時50分、もう時間が無くなりました。

トータル1250m、このくらいが無理なく泳げるちょうど良い量のようです。


181106-1010 


これで草臥れてしまっては何にも出来ません。


夕食の後、パソコン操作でのいくつかの疑問点の一つの解決に取りかかりました。


インターネットでのフランス語学習サイトに 7 jours sur la planète というのがありまして、すごく充実しています。

ビデオが用意され、A2,b1などレベルに併せた質問も用意されてます。

富士フィルのコマーシャルではありませんが

「賢い人は賢く、そうでない人もそれなりにお勉強が出来る」のです。

その上、ビデオ、テキストも一括ZIPファイルでダウンロード利用が可能です。


ところが、私の場合、Windowsでダウンロードしたビデオは開くのです。

でもiPadでダウンロードしたものは開かない。

Windowsパソコンからクラウド経由で撮したものも見ることが出来ません。

授業の時に、先生が

「僕はVLCを使っています。とっても簡単に何でも見られる。フランスのサイトだけどね。」

とおっしゃっていたように思います。

いや~、フランス語のサイトからソフトをダウンロードなんて、私には無理だわと思ったのです。

iPadのAPPストアで探したら、そのソフトが日本語でありました。

VLC とは Video Lan Client  の頭文字を組み合わせたようです。


181106- VLC.


ダウンロードして、使い方に始めは戸惑いましたが、開いたぞー!


iCloud Drive の中に入っていた灰色のファイルをクリックして一度見ると、ファイル形式も変わっていました。


Pad画面上では、こんなファイルになりました。


181106-1035 



さて次の問題点はカメラです。

授業では、私以外は、皆さん、素早くノートをとっています。

私は指の動きが悪い上に字が汚くて、後でノートを見ても役に立たないのは早くから分かっていました。

そこで、デジカメを消音にして黒板を撮させてもらっているのですが、持って行く道具が多い。

iPad、スマホ、カメラ、録音機・・・私は撮影会社か?

スマホやiPadでも撮せるのですが、ガシャという音が鳴り響いて恐縮してしまいます。


すると、若い同級生が「Microsoft Pixというアプリを使ったら音しないよ」とメールをくれました。

で、それもAPPストアで見つけてダウンロードしました。

このアプリを使ってiPad撮影すると、全く音がしないのです。すごい!


181106-1051 


シャッター音というのは、悪質な撮影を防止するための機能ですが、技術が、常に先を越して行くのだと思いました。


私は、スカートの中を隠し撮りとか、断りもせず他人様を撮影することはいたしません。

それにブログにも、人物像は出来るだけ避けて出しているつもりです。

それでも著作権に触れてるところがあるのかも・・・

いや、底まで悩むのは止めよう。


でも、アプリが使えると喜んでいるだけでは何の意味も無いのであります。

それを活用して、勉強するのが、本来の目的でなのです。


でも、ちょっと嬉しい私でした。



181101-1236.JP 



2018/10/31

自死という生き方 vs 生き抜くという生き方

気がつけば明日から11月です。
ついこの間が正月だったのに・・・月日の経つのが早すぎます。
鴨川沿いの桜並木が紅葉してきました。

181031-1615
先日ふと思ったのです。
明治元年 1868年 の80年後に私は生まれました。
それから70年後が今なのです。
明治維新から150年、私は、その後の半分近くを生きてきたのかとビックリしました。

私の感覚では、50年前、60年前は、つい昨日のことのように思えます。
でも、子供時代に「明治時代は・・・」と、大人達はすごく大昔の事を話しているように感じました。

明治45年と大正元年の境目は 西暦は1912年の7月30日です。

と言うことは1948年生まれの私は、明治時代が終わった36年後に出現していたのか!

我が身を考えてみて、今の中高生が昭和時代に抱くイメージは、まさに大昔という感覚だろうなあ~

次の元号で騒いでいる現在のマスコミの様相を見て、私が抱いた感慨であります。

論語の中に出てくる孔子様の思いは、私には眉唾としみじみ思う今日この頃です。


●●  論語より  ●●

 吾、十五にして学に志す
 私の場合 何にも考えていませんでしたね~
 仲の良い友達と同じ高校に行けたら良いのにという気持ちでしたが
 選択権は私にはありませんでした。授業料の安い公立高校一本だけ。

 三十にして立つ
 学問を終え、社会人として登龍門に起ったということでしょうか?
 私の場合・・・貧しい家庭だったので、18歳で、とにかく事務職で就職しました。

 四十にして惑わず
 私の場合・・・迷いっぱなしでしたよ。独身を謳歌していたのに父が亡くなり、母に田舎から出てきてもらい同居開始です。
 すっかり子供時代のパターンに戻ってしまいました。早寝早起き、門限10時。
これで、私も年貢の納め時か、 若き日々は終わったかなという感じでした。

五十にして天命を知る
 母を見送った数年後、ちょうど50歳で胃癌を発症し、手術で回復しました。
 これが孔子の時代なら・・・まさに天命が尽きる時だったはずです。

六十にして耳順う
 自己主張をせず他人の意見を聞くようになるという意味ですかね?

私の場合・・・
53歳でで早期退職し、やりたいことをやろうと思いました。
手話と歌を歌ってみたいと思ったのでカルチャーなっどに通ってみたのです。
自分に自信が無いので、人に強く言われるとさからえない。
主婦の交際術というのもを理解できてなかったので、かなり苦労しました。
そこで、理屈ぬきで耳を他者に従がわせていないと、後が恐いと言うことを学んだのでした。

七十にして心の欲する所に従えども、のりをこえず
 欲望のままに動いても、自制ができる ・・・世の中のルールが無意識に身についている
 私の場合・・・心の欲するところに従いたいけれど、身体がついて行かない。
         旅行に行きたいな~と思っても、荷物の準備にあたふた
         それを持っての移動、帰宅したら寝込むだろう・・・
         などと思いを巡らせると、
         それだけで、のりを超えられななくなっている」なのでした。

まあそう言っても、あくまでこれは私の場合であります。

私は、人間50歳を超したら、後の老化は個人差であると思っています。
60歳でも、子供にべたーっと依存していたら、心神喪失が早まります。
70代でも80代でも、溌剌で元気一日の毎日を過ごしている人も沢山おられます。

安心してください。
それでもみな平等に、いつかは老いと死がやって来ます。

恐れず、慌てず、平常心で生きていけたらなあ~

もちろん、気の小さい私は、慌てふためき、恐れおののき、パニクって死んじゃうのではないかとおもうのですが・・・

それを恐れて、あえて元気な内に死んでおこうという選択は、少し違和感がありました。

須原 一秀
1940年生まれの著者は、この本の原稿をしたためた後、20006年に自死を選びました。
その遺稿を本にして出版されたのが2008年でした。
自分の見解を証明するために実行したのか、自死というありかたをマイナーなイメージにしたくないという啓発的意味があったのか?

私の感想は、
どっちにしても男の発想だなというものでした。
食事の用意と一緒で、準備と後片付けetcを考えながら動くのが女の生き方です。
後は家族が、だれかが、やってくれるだろうという気持ちを感じられて嫌なのです。

まあ、ごちゃごちゃ言っても仕方が無い。
完読せずに返却してしまいました。

181030-book

もうすく上映期限が終わる 「日日是好日」 を今日見てきました。
これを最後として亡くなった樹木希林さんの最後の映画です。

たんたんと過ぎていく日々がいとおしい。
その中で人は育ち、出会い、別れ、見送る。

生き抜くという生き方 それもあるよねと思いました。

どちらにせよ、他者が、こうあれと決めつけるものでは無いと思います。

さてさて、私自身はどの道を選ぶでしょうか?


三条河原町の街角で見つけクリスマスリースです。

181031-1018

ハローウィンが過ぎれば、街はもうクリスマス商戦なのか?
皆たくましく生き抜いているようです。


181031-1014


2018/10/27

琵琶湖の渚にてブログを書く気分は

27日午後1時です。
今日は、びわ湖ホールの近くまで来ています。
i phone とi padを湖畔のベンチで繋いでみました。
Wi-Fi設定より、ちょっと時間がかかる気がしますが、つないで仕舞えば大丈夫です。

朝からの雨はすっかり上がりました。

181027-1310


ベンチに腰掛けて、この記事を書いてアップしてみます。

181027-1305


これから、大津市民ホールでの落語会を聴きに行ってきます。

Bleutothe の接続ができた嬉しさに、短い記事を書いてしまいました。

落語の報告は、また次回に…

行ってきます。
2018/10/27

Bluetooth設定が出来ました。

26日 6:35の太陽です。
だんだんと日の出の時間が遅くなっています。
秋ですね。

181026-0635

スマホをY MobileからUQ mobileに変更したのが、今年の4月でした。
機種もi phoneにしたので、iPadとの相性は良いはずです。
噂に聞くBluetooth接続をしたいと思いましたが、出来ないまま諦めておりました。

若い人には簡単なことでも、私にはなかなか難しいのです。

ところが、天の啓示か、突然、出来てしまったのであります。

なんで出来たか順番に述べますと・・・

26日の午前中、iPhoneにアップルから新機種の紹介メールが届いたのです。

買う気は無いので、削除しようとタッチした画面に、デバイスと言う文言がありました。

「デバイスってどんな椅子?」 と思った私は、ググったのであります。

Yahoo!知恵袋には、同じ疑問を投げかけた人がすでにいたのでした。
そして、ちゃんと答えが 「機種のことです。あなたが持ってるi phoneの事です。」
まあよっしゃ、デバガメじゃないデバイスはわかりました。

その記事の上の欄に下記の文字があったのです。

181026-1545

Bluetooth って何のこと?

181026-1233.

言うなれば、人間相手の仲人ではなく、機械と機械、つまりデバイスとデバイスを取り持つ人、機能がブルトゥースの様です。
ブロタン王が、お墓の中でビックリして青くなって、ブルーかしらと思った私でした。

ブルトゥースをデザリングって何だろう?

デザリングは間違いで、 テザリング Tethering  だそうです。
私は、今まで デザリング(Dithering)と言うのかと思っていました。

181026-1548.

こうして機能は分かったのです。
失敗して変なことになったら困ると思いながら、説明してくれているサイトの指示に従って、iPhoneをブルトゥース設定しました。
次にiPadも設定しなくてはいけません。

iPadの設定画面から
オフになっているBluetoothをオンにします。

181026-1555

次にBluetoothオンにします。

181026-155

Bluetoothが緑色になってもまだ駄目です。
未接続になっているiPhoneを 接しなくてはなりません。

181026-1557

接続済みと出たらオッケーです。

181026-1558

接続すると iPhoneの画面の上部に青いラインが出て、接続内容をお知らせします。

インターネット共有、一台接続中と

181026-1559

これで、もうWi-Fi仕様のiPadを外に持って行ってもネット接続で使えます。
ただし使わないときは、iPad側をオフにしておかないと、iPhoneの容量を食ってしまうでしょう。

私がiPhoneを使うのはメールの確認と、たまに電話をするぐらいです。
UQモバイルで、毎月2ギガ使えるのですが、ドンドン溜まって、今月の残は8ギガ以上です。
これはテザリングしなくては、もったいないと言うものです。

次の授業から、分からないことはiPadでネット検索をすることが出来るようになりました。

私がしなくてはいけないのは、スマホの機能の勉強ではなく、フランス語の勉強だとは思うのですが・・・

よし、明日から頑張ろう!