FC2ブログ
2018/10/18

もうついていけない・・・Je ne peux pas suivre 

ここしばらく、メールを受信した画面を見ると、iPadにも i phone にも、画面の下に注意が出ていたのです。
クリックすると、このようなメッセージがでるのです。

181018-icloud1


アカウントがアカンのか!

どうしたら良いか分からない!
それに、送られてきてるメールは、ちゃんと全部入って来ているはずです。

Google側のGmailの設定が間違っているのか、 Apple側の設定をちゃんとしていないのか?

数日かかって、あれこれ触ってみたけれど、無駄でした。

でも、今日、「メールを取得できません」でググってみたら、対処方法の書いてあるサイトを見つけまた。

https://iphone-howto.jp/gmail-syutokudekimasen-4335

これに従って、 i pad、 i phone の設定から入って操作してみたら回復しました。
Gmilのサイトに行ってパスワードを入れ直したりしたような気がします。
終わってみると、何をどうしたのか覚えていません。
とにかく、ひとつのトラブルは何とか出来ました。

問題は、まだあるのです。
この一月ほど、ノートパソコンをひらくとしばしば出てくる注意事項があります。

181018-1241

エクスペリエンスって何のことですか?

experience  体験、経験という意味だろうと思います。
マイクロソフトなんかと一緒の体験なんかしたくありません。
でも何とかしなくてはいけないのか?

共有エクスペリエンスのサイトまで行きました。
こいつを何とかしなくてはいけないのかとクリック。

181018-1242

するとこの画面になります。
このアドレスは、以前に取得はしたものの不用になったので削除したアドレスでした。
なぜ、アドレスをとって、すぐ削除しかというと、office 365の更新契約をしたくなかったからです。
別のアドレス(アカウント)を取ったら、そのアカウントで無料ストレージを増やしておこうと考えたからです。
がしかし、マイクロソフトの強烈なガードに負けて更新契約をしてしまいました。

Office365の有効期限経過を無視したら

そうなってはアドレスを2個持っていても煩わしいので削除手続きをしていたのです。

181018-1243

それにアクセスをせよと言っています。
パスワードはまだ控えていたので入力したのですが、違うと受け付けてくれません。
すったもんだして、パスワードを更新しました。
そうしてたどり着いたら次のメッセージです。

181018-1256

怒り心頭にきそうですが、まだ怒っていけません。
account.live.com にサインインしました。

そこはマイクロソフトの私ののアカウント管理画面でした。

ここのどこを調べれば良いのだろう?

アカウントのヘルプ  
Microsoft の製品やサービスに関するエキスパートの回答とアドバイスを得ることができます。
という所をクリックしたと思います。

181018-1301

結局行き着くところは、英語対応になっているのでした。
これをグーグル翻訳に貼り付けてみたら、私は閉鎖したアカウントを再開するかどうかという事のようでした。

ええい、もういらん! と言ってるのに・・・

19日で期限切れになるようなので、ほったらかしにしてみましょう。
それから後は、うるさいメッセージはなくなるかも知れません。

マイクロソフトよ、英語が世界の言語だと思わないで

始めに話に戻りますが・・・
i padでGoogle アドレスを設定し直していたら、Google drive や Google Chrome Googledドキュメントアプリ導かれます。
そこで、i padにGoogleドキュメントをインストールし、クリックしてみました。
すると。お試しで、Google driveに入れていたワード文書が、画面一杯に画像で並んでいて恐怖を感じました。

一度Googleやマイクロソフトのストレージに補人をしたら、消去したつもりでも本当に消せるのかと・・・

もう自分の手に負えない領域に入ってきている気がします。

181018-googledx  181018-googledrive

私は、もう時代について行けません。
たしか先週の授業の帰りに私がわめいていた台詞です。
ついて行けないは 
Je ne peux pas suivre でした。

今の時代について行けないだったら
Je ne peux pas suivre le 21e siècle.

Je ne peux pas suivre au 21e siècle.

どちらでしょうか?

今週読んだ本です。
シリーズものは惰性で、続きが出ると読んでしまいますね。
畠中恵の一太郎シリーズ と知野みさき時代小説です。
これもシリーズものかと思ったら違いました。

181017-0830

同じく畠中恵の一太郎シリーズと、鈴木英治の大江戸やっちゃ場シリーズです。
が、2巻目までであとは出てないようです。続きがあるつもりで読んでいたのに・・・

181017-1219

今、私が気に入っているのは乙川優三郎です。
この人の文章は美しい。
181017-1220

僕は君たちを憎まないことにした。
オリジナルタイトルは
Vous n'aurez pas ma haine  
あなた達は私の憎しみを持たないだろう → あなた達は私の憎しみを受けないだろう
パリ同時多発テロで、最愛の妻を失った男性がフェイスブックに投稿した記事に、本人が前後の事を追記した本です。
なんという柔らかな感性であろうかと感動しました。

181018-1000.

こうして、瞬く間に時間は過ぎ去って行くのでした。


スポンサーサイト
2018/10/13

痩せない訳は夜中にある

13日、快晴とは言わないまでもお天気になりました。

我が家から見える西の山並みです。
地図で言えば京都北山東部くらいに当たるのかなと思います。

あんな所にあったかしらと気になった白い鉄塔。
電波塔でしょうか? それとも送電線か?
機種代ゼロ円の i phone6にそこまで要求してはいけませんよね。

181013-pad1

今週は体調がイマイチで、昨日も一昨日も、ほぼ家で大人しくしておりました。

元気を出して毎日泳ごうと思っていたのに、日曜に1000m、火曜日に1100mしか泳げていません。
月曜日はスポーツジムが休みでしたから・・・

水曜日は、午前中から大阪に出かけ、夕方、大阪駅18:22の湖西線通過の新快速に飛び乗りました。
これだと20時からの泳法教室に駆けこめるのです。
教室は1時間だけで、泳いだ距離は600mほどです。
でも、昼はコンビニおにぎり一個だけで夕食もまだなので、切り上げる事にしました。
風呂上がりに体重を測ると、44・6 増えてる!
火曜日は43・7だったのに…何でやねん?
水曜日の晩御飯
低糖質チューハイ200cc
コンビニおにぎり一個、
右側、ベーコンとジャガイモ、玉ねぎ炒めブロッコリー(朝作っておいたもの)
左側、常備菜の切り干し大根の煮物に茹でオクラのキムチ乗せ、チーズはさみ竹輪

181010-2155

量はそんなに多く無いはずなのですが、夜遅くからの夕食が太る原因なのかしら?

それだけでなく、私には、魔の深夜行動というのがあるにです。

草木も眠る丑三つ時、ムックリと起き上がり、冷蔵庫の扉を開ける。
取り出すのは、アルコールとツマミ(アーモンド、チーズ、スルメなど日によって違います)
そして、ベットに持ち込んで、深夜の1人饗宴をするのでした。
その後、歯を磨いて眠ってる様なのですが、朝になって「またやってしまった」後悔する毎日です。
その上、睡眠導入剤鎮痛剤を服用してしまうのも、この時間帯が多いのです。
ベットに入る前は、「今日からは睡眠薬は止めるぞ!」と決意するのです。
が、ウトウトと眠りかかっては身が覚め、「アルコールを飲むより薬の方がマシかも」
アルコールに手が伸びるのは「薬を飲むより、酒をちょっとだけの方が良いかな百薬の長というからね」
と寝ぼけ頭で言い訳はしているのです。
で、それでも眠れず、薬か酒かのダブル効果となってしまうのでした。
2時から4時の魔の時を、熟睡は無理でも、大人しく横になっていられないとまずいのです。
老人ホームに入ったら、夜中の徘徊と見なされて、強い睡眠薬か拘禁される事になりかねない。

何とか我が家でバッタリ死ねたらなあ〜と健康づくりに励むのでした。

水曜日、頑張りすぎたのが祟ったのか、木曜はバテておりました。
そしてその明け方、頭痛と寒気で目が覚めました。
急に冷え込んできたようで、お布団を暖かい冬用に敷き変え、パジャマも着替えて、また横になると、今度は暑くなってきました。

面倒なばあさんだなあ〜…老年期障害かいな?
と思いつつ、鎮痛剤を子供量飲んで再入眠です。

金曜日、お風呂だけ入りに行ったら、45・4キロ。ギャーです。

と、ここまで書いて時間切れとなり、土曜日のフランス語の授業に行ってきました。

帰宅して、今日はお風呂だけ入りにスポジムへ、最近スポジムというより銭湯ジムになってきています。

体重は44.4と1キロ戻って、ちょっとひと安心です。

でも、後1キロは下げたいのです。
この後夕ご飯を食べてしまっいました。

16穀ご飯100g、豚キムチ鍋、切り干し大根の常備菜と金時草の胡麻和え、椎茸と万願寺とうがらしの煮物
という残り物オンパレードでした。

181013-p02

これで、後一切食べなければ良いのですが、魔の時間が忍び寄りかけています。

すでに睡眠導入剤を服用して目は眠いのですが、神経が眠ってくれそうにありません。

1:30 。まあ良い、よしグラス一杯だけワインを飲もう。

iPadの前のワイングラス。
アーモンドもポリポリ齧ってしまいました。

体重と血糖値のためには、いつかはやめなくてはいけない。

思うはやさしいが、現実は厳しいものがあるます。

181013-p3

かくして、泥沼の体重バトルが繰り返されるのでした。
2018/10/09

夜中の約束より 夜明けの約束を信じよう

181008-0841.jpg

10月唯一の三連休最後の8日は、朝から抜けるような快晴となりました。
気持ちの良い青空に、思わず笑みがこぼれました。
そうか、この日は体育の日だったのですね。
それにしては、いささか暑すぎて、スポーツをするには熱中症の心配が必要だったようです。

私にとっては洗濯日和でした。
衣類にタオルにシーツ、ソファーのカバーまで洗いました。
この際、夏バージョンから秋バージョンに切り替えようと思い立ちました。
しまっておいたカーペットに風を通し、夏のゴザカーペットをはぎ取って敷き代えたのです。

181008-1049

ちょっと気が早かったかも知れません。
しかし、我が人生は、そんなに余裕が無いのだ!
出来ることは出来るときにしておかなくてはなりません。

YouTubeで、アズナブールの葬儀を見ました。
なんと国葬で、マクロン大統領が弔辞を述べ、前大統領のオランド氏の参列していました。
それほどにも大きい存在だったのかと、改めて驚きました。
移民としてフランスに来て、かくも大きな成功を収めた彼は、老人世代のアイドルと言うだけではなく、移民として不安定な生活を強いられている人々にとって、希望の星であったのかと思います。



アズナブールの生い立ちを紹介した動画も沢山ありました。
ただ、私にはほとんど聞き取れませんでしたが第2次世界大戦い翻弄された東欧の人々の運命に考えさせられました。

ちょうど、この日に、ロマン・ガリの「夜明けの約束」を読了したことも重なりました。

東洋の日本人が感じた戦争体験と違う、フランスで戦時下を生き、その後の人生を過ごした人々の姿。

夜明けの約束は、フィクションなのですが、作者ロマン・ガリの姿と重なります。
ポーランドで幼児期をすごし、母親と二人南仏に移民として移り住みます。
これは事実とほぼ平行しているようです。
20歳の頃始まった戦争に、フランス軍に志願して空軍の訓練を受けるのですが、彼だけが将校ではなく軍曹として卒業させられる。
フランス国籍を取得して3年しか経っていないという事で差別されたのです。
ドイツに陥落したフランスからイギリスに渡って、戦闘機に乗り、何度も爆撃に飛び立ちます。
小説の中では、乗る度に事故って負傷ばかりとユーモアに書かれています。
でも、多くの仲間の死を見て、また自分も生きて残っているが不思議なぐらいの体験をしてきたのが分かります。
生と死の狭間が判然としないような時代を生き抜いてきた二人です。

ロマン・ガリは、自分が愛用していたであろうリボルバーで自殺という形での終末を選び、アズナブールは、最後まで命のある限り生ききるという形の最後を迎えました。

どっちにしても、半端じゃない人達です。

181008-01

半端人間の私は、夜中2時に、Amazonで Mac入門書なるものを注文クリックしてしまいました。
朝になって、なんで注文したんだろうと後悔しましたが、すでに遅し・・・
それに定価1180円なのに、Amazon価格では2212円したのです。
楽天で買った方が安かったのに・・・

181009-mac

ネットで買い物をするなら、夜中にクリックするのは止めましょう。
契約=約束は、夜中より夜明けにした方が確実です。

2018/10/04

指示代名詞 celui celle ceux ceux-ci ・・・susis

2週間前に、私が質問したから、文法を復習しましょうと先生は言いました。
えっ、何を聞いたかもう覚えてないわ!
これでは、復習と言うより復讐ではないのか?
小さな声で「言わなければ良かった」とつぶやいた私です。

同じ言葉を繰り返さないために使う代名詞。 

pronom démonstratif (指示代名詞)です。

私の年頃になると、すべてにおいて使うようになります。
「アレよ、アレ取って!」  「 それに決めといたから 」

181004-celui
日本語の意味はと言えば、すべて 「それ 」です。
複数形なら、それらと言うべきでしょうか。
この4の言葉の後ろに -ci をつけると 手近にある《それ》 の事になります。
いくつかある内の一つを選ぶ時に使うのですね。
左の赤いペンが先生のペンで、右端の紫のペンが私のペンだとします。

Ce stylo est à moi .このペンは僕のだ。
Ce stylo est à Kaguya . このペンはかぐやのだ。

同じ言葉が重なるので、指示代名詞に置き換えます。
Ce stylo est à moi , celui-ci est à Kaguya .
このペンは僕のだ、これはかぐやのだ。

なぜcelui かと言えば、stylo ペンは男性名詞だからです。

181004-illu 1

後ろに-ci をつけたときは手近な所にある。 -là をつけると、ちょっと遠くにあるものを指します。
さしずめ、-ci をつけると《これ》 -là をつけると 《あれ》という感じかなと思います。

分かったようで、とっさに質問されると返事に困るのでした。

Vous voulez quel stylo ? (どのペンが欲しいですか?)
私は、今聞いて分かったはずの指示代名詞が出てこなくて、とっさに
Je veux un roge . (赤が欲しいです)
 と言ってしまいました。

こういう時は指さして
 1, celui-là か celui- ci にしてしまう。
Je veux celui-là . (アレが欲しいです)
この場合、必ず指で示して指定する。

指示代名詞の後に形容詞はつかない。celui rouge という言い方はない。

2.指示代名詞 +de + 名詞 を使う   (deの後は名詞が来る)
je veux celui de mon proffesseur. (私は先生のが欲しいです) だったら有りか?

3. 関係代名詞を使う。
celui qui,  celui que , celui dont など

je veux celui qui est rouge. 
私は赤いのが欲しいです
Je veux celui qui est à l'extrême-gauche.
私は左端のが欲しいです。

こんなんで良いのかな?

続いて先生はフミに聞きました。
Fumi, quelle tasse vous voulez ?
フミ、どの湯飲みが欲しいですか?

彼女はしばし考えて答えました。
Je voudrais celle qui est pleine.
私はタップリ入ってるのが欲しいです。
tasse 湯飲みは女性名詞だから celle になり、なみなみ入っている湯飲みが良いって言う欲張りなところはさすが!
なんと賢い人だろうと感動してしまいました。
続いてヨシさんには
Vous voudriez quelle tasse ?
わあ~、条件法ではないか!
ヨシさんの答
je voudrais celle qui est sur la table de Kaguya.
私はかぐやのテーブルの上の湯飲みが欲しいのですが・・・

あげませんよ!もう口をつけちゃってるからね。

ここで質問が出ました。
例えば、お店に入って、形が気に入ったバックがあったけれど、色が気に入らない。
これの色違いのはありませんか?と尋ねるときに、celui qui est bleu を使えるか?
駄目です。celui, celle は目の前に存在しているものに対して用いる文法です。
そう言う場合は
J'en voudrais un bleu.
私は青いのが欲しいんですけど
と言うと、先生は答えてくれたのだと思います。間違えて聞いてたらごめん。

練習問題もあるのですが、今日はここまでとします。

~~~おまけ~~~~

181004-susi

Il y a des sushis sur un plat noir, c'est trés bon .
黒い器に寿司があります。とっても美味です。

181004-susi2

J'aime bien surtot ceux-ci.
私はとりわけこれが好きです。

手前のイクラは一個だけで男性名詞の単数 celui- ci になります。
が、上の二つ並んだマグロは複数だから ceux-ci となります。

指示代名詞の説明と言うよりは
sushis と ceux-ci.を並べて遊びたかったというのが、この記事を書いた理由です。

2018/10/03

アズナブールが行ってしまった

日本では、台風24号の後、沖縄知事選での玉城 デニー氏の圧勝に歓喜の声!
しかし、その後の安陪第4次内閣のメチャクチャな組閣にブーイング。
どちらも日本国民として大事なことで、私の関心も大きかったのです。

でも、昨日の朝刊片隅に、シャルル・アズナブールの死去の知らせ。
わたしにとっては、それはショックでした。
そして、時間が経つほど、その喪失感は深まってきています。
彼は、94歳でした。
にもかかわらず、精力的な活躍ぶりは衰えていませんでした。

タイトルも逝ってしまったというのが正しい書き方です。
でも、あえて行ってしまったにしました。
天国に、別の舞台に行ってしまったということで・・・

先月、日本公演があり、東京、大阪で公演し、帰国したばかりだったのに。
世界公演は、まだ来年にも予定が続いてるそうです。

YouTubeで2年前の舞台を見ていたこともあって、これなら、100歳は楽勝であろうと思っていたのです。

フランスのサイトを検索したら、すべての新聞やTVが、スペシャルを組んでいました。
彼のオマージュ(追悼のことかな)というので、大画面がエッフェル塔の前に設置され、彼の姿を流していました。

国民的歌手であり、俳優であり、演出家であり、どの新聞も最大の賛辞を送っていました。
(私の仏語では、ちゃんと読み取れたわけではないので、賛辞を送ったのであろうと思ったのです)

181003-az2.jpg

181003-az1

9月28日にはTV番組出演で、日本地図が背中にデザインされたジャンパーを着て、しっかり話し込んでいました。
このジャンパーって、っどこで買ったんでしょうね?
それともプレゼントだったのでしょうか?
北方領土が描かれてないと安倍晋三は不快感を表すかもしれませんが・・・

181002-2335


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

YouTubeでのエッフェル塔前の追悼イベント 
 
画像が消されたら次で → https://www.youtube.com/watch?v=ey 5grZVHUVU&t=33s



最後のTV出演です。

画像が消されたら次で →  https://youtu.be/yO3VdHuop50 より


肉声はやはり老人の声ではありますが、目に力があり、その知性は衰えを見せていません。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

見つけた記事のタイトルをいくつか上げてみます。

181002-1250
アズナブール、アメリカ人にとってはフランスのシナトラ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
181002-0945
シャルル・アズナブール、いつまでも我らが心に!
foi  信頼、信仰、誓い 
chevillé chevillée  固く固定された、しっかり根を下ろした

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

181002-0943
シャルル・アズナブール、歌の聖なる怪物は我らから去って行った

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

181002-1253

シャルル・アズナブール:ポスターの上位にたどり着いた流浪の民の息子

アルメニア難民と言う境遇から苦労して芸能界のトップに上り詰めた事を行っているのです。
直訳すると違和感があります。どんなに訳したら良いのでしょうか?

ピアフと同じように、子供の時から金を稼ぐために、様々な苦労をしながら、彼は強烈な自負心を持っていたと思います。
頭脳明晰、沢山の才能・・・境遇が違えば、政治家でも学者でもなりうる人だったと思います。

来年のステージは、おそらく天国で!
ああ、20世紀が去っていく, 私と共に・・・
と、しみじみ感じた訃報でした。


2018/09/27

ヘルペスの次はヘルニアになったようで・・・

窓越しにスマホで撮した鳥。

180909-1412.jpg


最近よく見かける鳥です。
毎日のように、我が家のまわりで、鋭い鳴き声で鳴いています。
鳩より小さく雀より大きい、黒っぽい鳥です。
いつも見るのは一羽だったのですが、先日、もう一羽やって来てバトルを始めたのです。

いやはや、つかみ見合いの喧嘩です。
手ではないのにつかみ合いと言って良いものだろうか? 悩みます。

180906-1146.jpg

強い方が、弱い方を組み伏せました。
まるでプロレスです。

180906-1145

何という鳥だろうと、YouTubeで日本の野鳥の鳴き声を探したら、どうも、ヒヨドリのようです。
こういう時に一眼レフを持っていたらなあ~
と思っても、取りに行って、操作にアクセクしていたら、絶対私には使えない!
という自信があるので、カメラはあきらめております。
以前ミラーレスカメラを買ってみました。
彼は押し入れの中で指示下に眠っているのであります。(カメラ appareil photo 男性名詞)
押し入れに男を隠しているわけではありません。
寝ている彼を起こさないでおきましょう。

秋らしく涼しくなってきたのに、空がどんよりとした日が多く、気持ちも身体もすっきりしません。

8月末の姫路への小旅行の後、ヘルペス(帯状疱疹)に罹患してしまい、プールも休みが続いておりました。
ヘルペス部分ではない、ちょっと前側の右脇腹がポッコリ膨らんでいるのに気付いたのが2週間前です。
自分で触れてみておかしいと思ったので、整体院の先生に見てもらいました。
「右と左では全然違いますね。病院に行った方が・・・」
で内科に行って相談はしたのですが、痛みはないが違和感がある、吐き気もあまりない、食欲も普通と言うと
「検査するほどでもないでしょう。」とのお答え。
でも何なのか知りたいではありませんか?私は好奇心の強い女なのです。
自分であれこれネット検索してみました。
立っているときに触るとしこりを感じるが、仰向きに寝て触わると感じない。
その通りなのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
180916-p1
180916-p2
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
腹部ヘルニアって脱腸のことだったのか?
ああ、夢も希望もない病名だなあ~とガッカリです。
まあ、病気に夢や希望を持たせても仕方が無いのではありますが、それにしても色気がありませんね。

若い頃から、体調が悪いと右脇腹が痛みました。
原因は、昔切った盲腸の傷が何かにつけて影響するのだと思います。
今年の夏、頑張って歩きすぎた後、その傷の辺りの筋肉が「もうアカン!」と悲鳴を上げたのでしょう。
無駄な抵抗は止めて温和しくしているのが良いのかも知れません。
緩んだお腹の筋肉に負荷をかけすぎるのは良くないのかもね。
そういうことで、9月は水泳もあまりしておりません。
自主練習で、週2回、1キロちょっとぐらいしか泳げてないのです。
そろそろ復活しなくてはと、昨日から水泳教室に復帰しました。
久しぶりの教室は、やっぱりきつい。
昨日の疲れがとれず、今日はソファーに寝転んで読書三昧です。
それにしても、まったく一貫性がない本の選び方で恐縮です。

180927-1143

日頃、軽い時代小説を読むことが多い私です。
左の本「夜明けの約束」ロマン・ガリ などと言う難しげな本があるのはなぜか?
先週の授業で聞いた逸話、ゴンクール賞をその一生で2回受け取った男ロマン・ガリの本です。
「夜明けの約束」の和訳が2017年に出版されました。
出版社は、東久留米共和国という変わったネーミングの会社です。
若い人達が頑張って立ち上げた会社のようで、頑張れってエールを送ります。
和訳をした人も42歳と若い人です。
下記は中日新聞の記事から
ロマン・ガリ「夜明けの約束」を翻訳・出版 岩津航・金沢大准教授に聞く

この本を読み始めたところです。入り込むにはちょと集中力がいりそうです。
主人公が8歳の頃、ポーランド人亡命者からもらったおかしロクムってどんなもの?
「そこら辺に拘るか?」と突っ込まれそうですが、食をしらないと文化は理解できないんですよなんて・・・

180927-1151

トルコの駄菓子で、市場で山盛りで売っていそうなお菓子です。

180927-1154

日本のゆべしの様な感じと言われても、ゆべしが分からない人もいるかもしれませんね。

ああ、もう木曜日です。
これでは、持って帰ってきたテキストの復習など出来るはずもありません。

と今から、勉強をしなかった言い訳を先に考えておきましょう。
2018/09/21

ゴンクール賞にまつわる逸話8件・偽りはどれだ!

180915-1605.


Rentrée とは再び戻ってくること
19日の記事にも少し書きましたが
Rentrée scolaire  学校の新学期になります。 
フランスの学年の始まりは秋からで、ピカッピカの一年生は秋から登校するのです。

さて、秋はまた文学賞が出る時期でもあるそうで
Rentrée littéraire  文学賞の季節という意味合いがあるそうです。
数ある賞のうち、最も有名なのが ゴンクール賞 
さしずめ日本で言えば、芥川賞だと思います。
ただしゴンクール賞の賞金は10ユーロなんだそうです。
もうちょっと張り込んであげても良いと思うのですが、授賞したら爆発的に売り上げが伸びるから、10ユーロが少ないと文句を言った人はいないみたいです。
芥川賞と直木賞はセットになっていて、授賞したら、それぞれ、正賞として懐中時計、副賞として100万円が授与されるとのことです。

ということで、15日後半の授業は、ゴンクール賞に関しての色々な話を、先生は語ってくれました。
頂いたテキストを和訳してみました。

Rentrée littéraire : anecdotes autour du Goncourt
文学の季節 : ゴンクールにまつわる逸話

Chaque année, après de souvent longues délibérations, le prix littéraire le plus prestigieux est remis au lauréat dans le restaurant parisien “Le Drouant”. Cette année, ce sera le 7 novembre. Le lauréat fera un bon repas et recevra …
10 euros !
毎年、しばしば永い議論の後、最も価値ある文学賞は、パリのレストラン《ドゥルーアン》で受賞者に手渡される。
今年7作品が7作品から選ばれるだろう。受賞者はごちそうを食べ、そして受け取るだろう・・・10ユーロを!


レストランドゥルーアン
180915-1658

① Traumatisme
Qui se souvient de Guy Mazeline et de son roman «les Loups» , lauréat du Goncourt 1932 ?
Personne, le pauvre !
La même année, Céline publie «Voyage au bout de la nuit». Ce roman, considéré aujourd'hui comme un chef d'oeuvre, est jugé «trop voyou. Trop populaire. Trop mal poli»  Un journaliste dira plus tard que le Goncourt récompense rarement les meilleurs auteurs.

①トラウマ
  1932年の受賞者、ガイ・マゼランとその小説《狼たち》を、誰が覚えているだろうか?
   残念ながら誰も!
  同じ年、セリーヌは《夜の果てへの旅》を出版した。今では傑作だとみなされているこの小説は、
俗悪すぎると判定された。
  ゴンクールは優れた作家たちを滅多に報償することがないと、あるジャーナリスは言った。


180915-1700
ルイ=フェルディナン・セリーヌ

② Scandale et violence chez Drouant, Jean-Paul Sartre passe une nuit en prison
Lui aussi, il avait dit qu'il refuserait le Goncourt par mépris des honneurs. Le jury Goncourt 1938 voulant donner le prix à l'auteur de “la Nausée” contre son gré, Sartre est entré au restaurant Drouant en criant et en insultant le jury. Il est allé jusqu'à verser une soupière sur la tête du président du jury. Résultat : une nuit au poste de police pour violences et scandale dans un lieu public.

ドゥルーアンで大騒ぎと暴力行為、ジャンポールサルトルは牢獄で一夜を過ごした
①でゴンクールを批判した記者は、彼(=サルトル)は栄誉を軽蔑してゴンクール賞を断ったと述べた。1938年のゴンクール審査委員会は、彼の意思に反して、彼の作品《嘔吐》賞を贈りたかった。サルトルは、審査委員会をののしりわめきながらレストランドゥルーアンに入った。審査委員会長の頭に一鉢のスープをあびせるまで迫った。
その結果: 公共の場で暴力を振るい大騒ぎをしたことにより留置所での一夜となった。



③ John Huston adapte Romain Gary au cinéma
En 1956, Romain Gary reçoit le prix Goncourt pour le roman “Les racines du ciel”, sur la chasse et la disparition des éléphants d'Afrique. Le roman est adapté au cinéma par le réalisateur américain John Huston, avec … Juliette Gréco et Orson Wells !

③ ジョン・ヒューストンはロマン・ガリーの作品を映画に脚色した
1956年、ロマン・ガリーは、狩人とアフリカ象の消滅について書かれた小説 《 “Les racines du ciel” 日本語タイトル 天国の根》でゴンクール賞を受賞した。この小説は、アメリカの映画監督ジョン・ハリソンによって映画に脚色された。・・・ジュリエット・グレコ、オーソン・ウエルズの共演で


④ Un espion dans le placard
En 1958, le jeune Alain Ayache,16 ans seulement, réussit à se cacher dans un placard au premier étage du restaurant Drouant. Il parvient ainsi à espionner le jury pendant ses délibérations. Alain Ayache deviendra plus tard journaliste puis fondera des magazines célèbres.

④ 戸棚の中のスパイ
1958年。たった16歳の若きアラン・アヤシュは、レストランドゥルーアンの2階の戸棚に隠れることに成功した。こうして彼は討論の間、審査委員会のスパイとなり得た。アラン・アヤシュは、後にジャーナリストとなり、有名雑誌を評論した。


⑤ Encore un Goncourt au cinéma
1975 : le Goncourt est attribué à Emile Ajar, pour “La vie devant soi”. Le roman est adapté au cinéma et le film reçoit l'Oscar du meilleur fim étranger.

⑤ また映画化されたゴンクール
1975年: ゴンクールは《“La vie devant soi”.日本語タイトル「これからの人生」》のエミリー・アジャに授与された。この小説は映画に脚色され、最優秀外国映画としてオスカー賞を受けた。


⑥ Houellebecq provoque une émeute chez Drouant
Comme annoncé par la rumeur, Michel Houellebecq reçoit le prestigieux prix en 2010 pour «la Carte et le Territoire». Le suspense est de courte durée : il est élu en 1 minute et 29 secondes! Tout de suite, c'est l'émeute dans le restaurant Drouant, les gens sont écrasés et ont du mal à respirer.

⑥ ウェルベックはドゥルーアンで騒動を引き起こした。
聞くところによれば、ミシェル・ウルベックは 《 la Carte et le Territoire 日本語タイトル「地図と領土」»によって、2010年、この権威ある賞を受領した。このサスペンスは短い時間:1分29秒だった!あっという間に、レストランドゥルーアンの中は大騒ぎとなった。人々はもみくちゃにされ、呼吸困難になった。

こんな具合だったそうです。
180915-1659

⑦ Des femmes à barbe s'invitent au restaurant Drouant
Et les femmes dans tout ça ? En 115 ans d'existence, elles ne sont qu'une poignée à avoir été choisies par le jury (10 femmes pour 105 hommes). En 2013, des militantes du groupe féministe «La Barbe» s'invitent chez Drouant pour protester contre cette situation. Elles portent toutes une barbe !

⑦髭の女性たちがドゥルーアンに押しかけた
この全部の中に女性は? 115年の歴史の中で、審査委員会で選ばれた女性は一握りに過ぎない。(男性105人に対し女性10人)。
2013年、フェミニズムグループ 《 髭 》の活動家たちは、この状況に抗議するためドゥルーアンに押しかけた。彼女たちは、皆髭を蓄えていた。


180915-1701


⑧ Scandale : on n'a pas le droit de recevoir deux fois le prix Goncourt dans sa vie. Et pourtant...
Le 30 novembre 1980, Romain Gary (lauréat 1956) envoie le livre “Vie et mort d'Émile Ajar” à son éditeur, où il révèle qu'il est Emile Ajar (lauréat 1975) et qu'il a ainsi reçu deux fois le prix Goncourt.
Le 2 décembre de la même année, il se suicide. Les derniers mots du livre sont : « Je me suis bien amusé. Au revoir et merci. »

⑧スキャンダル: 人は人生の中で、ゴンクール賞を2回受け取る権利はない。にもかかわらず・・・
1980年、11月30日、ロマン・ガリー(1956受賞者)は、自分の出版社に本 《 “Vie et mort d'Émile Ajar”日本語タイトル 「これからの一生」》を送った。そこで、彼は自分がエミリー・アジャであり、ゴンクール賞を2度授賞したことを明かした。
同年の12月2日、彼は自殺した。その本の最後の言葉は 「大変面白かった。さようなら、有り難う」だった。


D'après un article du Parisien, 3 novembre 2016 et wikipédia
http://www.leparisien.fr/culture-loisirs/livres/dans-le-retro-le-prix-goncourt-plus-d-un-siecle-d-anecdotes-et-de-couacs-03-11-2016-6283926.php
引用: 2016年11月3日パリジャンの記事、ウィキペディア
http://www.leparisien.fr/culture-loisirs/livres/dans-le-retro-le-prix-goncourt-plus-d-un-siecle-d-anecdotes-et-de-couacs-03-11-2016-6283926.php


====================================
語彙
anecdote 逸話 、 lauréat、 lauréate 受賞者、 Guy Mazeline の «作品Les Loups》の日本語に訳されていない
chef d'oeuvre 傑作、 voyou 与太者、ごろつき récompenser 報いる、褒美を与える  rarement まれに、滅多にない
scandale (m) スキャンダル、大騒ぎ、騒動の意味もある mépris 軽蔑 honneu(m)名誉、栄誉、高い地位、gré (m) 意向、意見
la Nausée 嘔吐、insulter ~侮辱する、ののしる  soupière(f) 蓋付きのスープ鉢、
parvient ← parvenir たどり着く   fondera ← fonder 批判する attribué ← attribuer 付与する、授与する
émeute (f)暴動、騒動 rumeur (f)うわさ、風聞  prestigieux、prestigieuse 威信のある、声価の高い 
s'invitent  ← s'inviter  押しかける
===================================

上記の8の逸話の内、一つだけ偽の情報があるということで、嘘だ思うのは8番目という意見が一番多かったのです。
が、それは真実で、サルトルが留置所というのが、偽情報でした。
なんと言うことでしょう!
ゴンクール授賞の時は、他の人を身代わりになりすまさせていたのです。
そして、人生最後の言葉が、Au revoir et merci さようなら有り難うだとは!

私は、これから、Au revoir et merci と続けて言わないことにしようと思いました。

ロマン・ガリー 、なんと謎に満ちた人でしょう。 

下記のサイト で、ロマン・ガリーについての興味ある日本語の記事がありましたので紹介しておきます。

http://cyberbloom.seesaa.net/article/407698944.html

それから、question 1
 Un journaliste dira  なぜ未来形で書かれているのかしら?というのが私の疑問です。

他の部分も、ほとんど現在形で書かれていたのですが、記事の書き方は、過去のことでも、現在形で良いのかなと思って、訳は過去形の日本語にしています。