春休みは終った いつかモントバン(MONTAUBAN)に行きたいなあ

170318-01

4週間の春休みが終って18日は授業再開です。
私は、この休みの間に復習をしておこうと思っていたのに、前学期最後の分に手を付けられずヒヤヒヤしてました。
でも、先生も休みの間にきっと忘れて仕舞っているだろうと願望も込めて思っていたのですが、甘い考えでした。
現代は、時間が過ぎれば記憶を薄れさせると言う時代ではなくなっていたのです。

アンテラクティフ(interactif
Google翻訳によるとその定義は
Se dit d’un mode de traitement de données qui permet une conversation entre un système informatique et un utilisateur, avec échange de questions et réponses.
質問と回答のやり取りで、コンピュータシステムとユーザー間の会話を可能にするデータ処理モードを指します。

つまり、インターネットで宿題をやっとけっていうことであったのです。
「バカンスの前に、ぼくのブログに書いておいた練習問題やりましたか?」先生は言いました。
Personne faisait les exercices.
 誰も宿題をやってなかった 

そういう事で、この日は、バカンス前の宿題のお復習いからでしたが、その前に、先生からモントバンという町の話を聞きました。

170318-02

トゥールーズの北の小さな町です。C'est une ville rose.(バラ色の町)。家々は、赤いレンガ(brique)で屋根や壁が作られているので、街中がバラ色に見えるからだそうです。

170318-03

地震が来たらヤバイのではないかと見えるレンガ積みですが、フランスでは地震は、ほぼ起らないとのことです

170318-04

下のの建物はピジュニエ pigeonnier(鳩小屋)です。
現在では使われていないと思いますが、鶏小屋ではなくて、フランスでは鳩を食べるために飼育していたのでしょうね。

170318-05

緑したたるワイン畑です。フランス人は、これをみてよだれが出そうになるのかな?
まあ、私は梅畑を見て、梅干しを連想してよだれ・・・・そこまでにはなりませんしね。

170318-06

そして、梅か桜の景色です。花が白いので。

170318-07

モントバンは、フランス革命の後、ギロチンで処刑された オランプ・ド・グージュ(Olympe de Gouges)の生まれた町でもあるそうです。
彼女については、以前に授業で話して貰いました。
フランスの人権宣言で、人=男 homme で書かれているのに講義し、女性および女性市民の権利宣言を発表した女性です。
しかし、王党派と疑われ、あえなく処刑されてしまったのでした。

写真加工ならぬ絵画加工もされているとは思うのですが、別嬪さんですねえ。

170318-08

Wikipediaより  オランプ・ド・グージュ

Olympe de Gouges、Je pense qu'elle soit la femme première qui a voulu avoir l'ascension sociale.

オランプ・ド・グージュ、彼女は社会進出を目指した女性の第1号ではなかったかと私は思います。

授業の練習問題で説明して l'ascension sociale の意味も使い方もよく分ってなかったのですが、これで合ってるでしょうか?
avoir を使って良いのかしら? 

まあ、本日はここまでに  À bientôt !




スポンサーサイト

Mon dico11 Vix (ヴィックスの秘宝)

Mon dico de l'histoire de France
(フランス小学校低学年を対象とした本「フランス歴史の私の辞書」) からです。
その11

Vix (Trèsors de )
ヴィックスの秘宝
md-13

À Vix, petit village de Côte- d'Or , un véritable trèsor a été découvert.
La tombe d'une princesse gauloise, enterrée vers la fin du VIe siècle av.J.-C., contenait de nombreux objets d'une richesse exceptionnelle :entre autre le plus grand vase de bronze de l'Antiquité.
De style grec, d'une hauteur de 1,64m et d'une capacité de 1100 litres, il a peut-être été fabriqué dans les ateliers du sud de l'Italie.

コート=ドール県の小さな村、ヴィックスで、正真正銘の宝物が発見されました。
紀元前6世紀の終わり頃に埋葬されたガリアの王女の墓には、驚異的な宝物の数々が納められていました:とりわけ大きな古代の青銅の花瓶が・・
ギリシャ様式で、高さが1.64m、容積1100リットル、それは、おそらく南イタリアの工房で製造されたと思われます。


contenait contenir 三人称半過去 中に納める入れる richesse(f) 財産、宝 exceptionnel(le)異例の、特別な entre autre~の中でも、とりわけ 

=============================

Vix(ヴィックス)は何所でしょうか?
フランスの地図で見ると真ん中から、やや北東、ブルゴーニュ地方、コート=ドール県(Côte-d'Or)にあります。
130309-v02

そこの村にある小さな丘から、1953年の一月に、棺に入った美女とたくさんの宝物が発見されました。
宝物はともかく、発見された女性が、本当に美女であったかどうか、それは知り様がないのです。
しかし、秘宝に埋もれたというなら美女であったほうが方が夢があるではありませんか!
まあ、日本で言えば、高松塚古墳で彩色壁画が発見されたというような驚きだったのではと思われます。
でも、まあ、1953年まで盗掘もされずに、良く残っていた物だと感心する、膨大な宝物なのであります。
こんな場所です。
130309-v03

青銅器が、武器として、また宝物として珍重されていた時代に、この町は、通商の通過点として大切な位置を占めていたようです。
絹の道ならぬ、錫の道というのがイタリアからイギリスまで伸びていたらしいです。
だから南イタリアの工房で作られた聖堂の壷が、このVixの墓に納められたのですね。

130309-v01


Vixについては、日本語の記事を見つけることが難しかったので、詳細を知りたい方はフランス語版ですが
下記のサイトが面白そうです。

 Tombe de Vix(Vixの墓所) wikipédia

le Fabuleux Trèsor de Vix(Vixの伝説上の秘宝)

ここいらが、すらすら読めるように、いつかなりたいものですが、ずうっと先になりそうです。

その前に、私が、何処かに埋められてしまっているかもしれませんが・・・

Mondico10 ウェルキンゲトリクス 

Mon dico de l'histoire de France
(フランス小学校低学年を対象とした本「フランス歴史の私の辞書」) からです。
その10
Vercingetorix (78av.J.-C. -46 av J.-C.)
ウェルキンゲトリクス( 紀元前78年 - 紀元前46年)

md-12

Vercingétorix est le fils de Celtillos, un des rois arvernes, les plus renommes.
Dès son plus jeune âge , il suit l'enseignement des druids et apprend les différentes techniques de combat.
En 52 av. J.-C., devenu chef des Gaulois en révolte contre les Romains, il tente d'organiser la rébellion.
Pour affamer les Romains, il pratique la politique de la terre brûlée, c'est à dire qu'il détruit toutes les récoltes.
Mais, lorsqu'il attaque les légions , il est répoussé et doit se réfugier dans la village fortifié d'Alésia.
Après deux mois de siège, il décide de se sacrifier pour sauver ses compagnons et se livre à César.
Envoyé en captivité à Rome, Vercingetorix reste enfermé six ans jusqu'au jour où César le sort de son cachot pour le faire défiler lors de son triomphe à Rome.
Le soir même, il est étranglé.

ウェルキンゲトリクスは、セルティオの息子で、最も有名なアルベルヌの王の1人です。
幼い頃より、彼はドゥルイド達の教えに従い、異なる戦闘技術を学びます。
紀元前52年、ローマに対し反乱するガリア軍のリーダーとなり、反徒の群れを編成しようと試みます。
ローマ軍を飢えさせるために、焦土作戦を実施します。それは、すべての収穫物を消失させると言うことです。
しかし、ローマ軍団を攻撃するとき、彼は撃退され、アレシアの要塞化された村に逃げ込まなくてはいけませんでした。
包囲の2ヶ月後、彼は仲間を救うため自分を犠牲にして、カエサルに身を委ねると決めます。
ローマに捕虜として送られ、カエサルがローマ凱旋の時に行列させる為、独房から出される日まで、6年間監禁されます。
その同じ夜、彼は絞め殺されます。


suit (suivre) 従う、見習う révolter 逆らう、反抗する tenter 試みる rébellion 反逆・反徒の群れ affamer 飢えさせる pratiquer 実行する détruire 破壊する、消失させる récolte(f) 収穫物 légion 軍団 repousser はねつける、退ける se réfugier 避難する、逃げ込む  fortifier 要塞化する siège 包囲 se sacrifier  自己を犠牲にする sauver 救う se livrer 身を委ねる captivité(f) 捕らわれていること、捕虜の状態 enfermer 監禁する cachot(m)独房 défiler 行進する lors de ~の時に triomphe 凱旋 étrangler 絞殺する
=============================
wikipedia ウェルキンゲトリクス
wikipedia アレシアの戦い

さあ、古代フランスの英雄、ウェルキンゲトリクスの出番です。
wikipediaでは彼の生涯は、紀元前72年 - 紀元前46年となっています。
この本とは、微妙に違っていますが、大昔なので確認は出来ません。
が、しかし、20代前半で全ガリア軍の指揮官となり、30歳ぐらいで殺される。
若く、凛々しいヒーローとして永遠に名前を残すのでありました。
この本の挿絵は、ちょっと小父さん臭すぎる気がしますが・・・
でも髪を伸ばして、鼻髭というのは普通だったのでしょう。

前回のゲルゴヴィアの戦いで、無敵のカエサルを打ち破り、そこで用心したら良かったのに、馬鹿馬鹿と思ってしまいます。
勝利に乗って、深追いしすぎたんです。
反撃され、アレジアの要塞に籠城します。しかし、カエサルの兵糧攻めに、追い詰められていきます。

紀元前52年10月2日、生き残りを掛けた最後の戦いです。
ローマ軍団12軍団、歩兵3万から6万ともいわれる。それに対し、ガリア軍は兵力:歩兵8万。
ウェルキンゲトリクスの従兄弟ウェルカッシウェラウヌスは、6万の軍を率いて北西から攻撃を仕掛けた。
一時はローマ軍の強固な包囲網が崩れかけたが、カエサルは、総力で阻止し、総指揮官の緋色のマントを纏って自ら前線にたった。それを狙って矛先を転じたガリア軍は、力尽きてしまうのです。
翌日、ウェルキンゲトリクスは全ての将兵を集め宣言した。
「この戦いは己の栄誉のためではなく、全ガリア人を解放するための戦いだった。運命が私に敗北を与えたのならば、それに従うことにしよう。私を殺すか、あるいは生きたままローマ軍へ引き渡すか、諸君らが選択したまえ」
そして、最上の武具を身にまとい、飾った馬にまたがって、ローマ軍の陣地へ入り、カエサルの周りを馬にまたがったままで悠々と一周した。しかる後、投降した。
その場を描いた、この絵が有名なようです。

130305-01vercingetorix

歴史に《もし》はないのですが、もし、あの時、ウェルキンゲトリクスがローマ軍を壊滅させていたら、世界の歴史は、どうなっていただろう・・・・
果てのない夢が膨らんでいくのでした。

Mondico9 ゲルゴヴィアの戦い

Mon dico de l'histoire de France
(フランス小学校低学年を対象とした本「フランス歴史の私の辞書」) からです。
その9
Gergovie (Bataille de)
ゲルゴヴィアの戦い

La bataille de Gergovie est remportée par les Gaulois commandés par Vercingétorix contre Jules César en 52 av.J.-C.
Située à plus de 700 métres d'altitude, la capitale du peuple arverne ( aujourd'hui proche de Clermont- Ferrand) est une forteresse redoutable et difficilement prenable.
La bataille de gergovie , qui causa la mort de plus de 700 légionnaires romains, est la seule vraie défaite de Jules César durant la guerre des Gaules.

ゲルゴヴィアの戦いは紀元前52年、ユリウス・カエサルに対する、ウエルキンゲトリックスの指揮においてガリア軍が勝ち取った戦いです。
高度700m以上に位置するアルベルヌの人々の首都(現在ではクレルモンフェランに近い)は、難攻不落の恐るべき要塞です。
700人以上のローマ軍兵士を招いた、ゲルゴヴィアの戦いは、ガリアでの戦いを通しての、ユリウス・カエサルただ一つの真の敗北です。


altitude(f)高度 forteresse(f)とりで、要塞 redoutable 恐るべき  prenable 略奪できる causa 動詞causerの単純過去 ~の原因となる légionnaire(m) (古代ローマの)軍団の兵士 défaite(f)敗北 durant ~を通して

======================================
こんな戦いだったのでしょう。
130304-03


上記の記事では、ほとんど、何のことだか分らないですね。
これは、カエサルがローマ軍を率いてガリアを征服したときに、ローマ軍を相手に、全ガリアをまとめて戦った指揮者、ウエルキンゲトリックスとガリア軍が勝利した記念すべき戦いなのです。
私は、世界史を、高校時代に簡単に習っただけなので、古代のヨーロッパについては、ほとんど無知でありました。
カエサルがローマ帝国の基礎を築いた、ルビコン川を渡るとき「賽は投げられた!」と言ったとかは聞き知っていました。
まあ、投げたかったら投げたらエエやん。と思ったぐらいですが・・・
でも、ここからカエサルのローマが始まるのですね。
それはさておき、ルビコン以前については全く白紙状態でした。

カエサル=ローマ軍は、ガリア(今のヨーロッパの北部)に遠征してというか、侵略して、他民族をローマ市民にというと聞こえが良いけど、逆らうものは叩きつぶして、ローマ帝国にしてしまったのですね。

ガリアとは、イタリアから北でライン河より西の、いまでいう西ヨーロッパにあたるそうです。
ガリー(ガリア人)はローマ人風の呼び方で、ギリシア人はケルタイと呼んだそうです。ケルトとも言うのですね。
さてさて、このローマの侵略に対して、ガリアの部族から選ばれて指揮官となったのがウエルキンゲトリックスと言う人です。
全戦全勝だったローマ軍を引きつけ、700メートルの高地に砦を築いて戦い抜き、敗退させたのが、このゲルゴヴィアの戦いなのです。
ローマ軍は、6個軍団 30,000の兵士と2千の騎兵
それに対するガリア連合軍は 兵力3万から6万人だったそうです。
ガリア軍は、すべての橋を破壊してローマ軍を阻む、しかし、ローマ軍は、あっという間に橋を作って押し渡ってくる。
籠城戦という不利な戦いにもかかわらず、ガリア軍が勝利したのでした。
ローマ軍は、46名のケントゥリオ(百人隊長)および700名以上のローマ軍団兵が戦死、6,000名以上が負傷するという大きな被害を受けたとのことです。


詳しくは下記でどうぞ
ゲルゴヴィア wikipedia 日本語版
Gergovie wikipedia フランス語版

こんな地形だったそうです。
青がガリア軍、下の赤がローマ軍の配置でしょうか?

130304-gergovie


今は穏やかな緑の山地です。
130304-2gergovie


Mon dico 8 geneviéve(sainte) 聖ジュヌヴィエーブ

Mon dico de l'histoire de France
(フランス小学校低学年を対象とした本「フランス歴史の私の辞書」) からです。
その8
Geneviève 9( sainte ) ( 422-vers 502)
 聖ジュヌビエーブ

md-11

Comme beaucoup de Gallo-Romains, les habitans de la capitale, Lutèce ( on commence aussi à l'appeler Paris ) sont devenus chrètiens. Parmi eux , Geneviève passe son temps à prier et à faire la charité aux pauvres.
Lorsque, en 451, on apprend que les terribles Huns avancent ver la ville, Geneviève persuade les habitants de ne pas s'enfuir et organise la défense et le ravitaillement.
Arrivée devant Paris, l'armée d'Attila semble hésiter et finalement n'attaque pas.
C'est en souvenir de cet exploit de que la ville a choisi plus tard sainte Geneviève pour patronne.

ガロロマンの多くの人々ように、Lutèce(ルテス)(この頃からパリと呼び始める)、この首都の住民達はクリスチャンになる。その中で、ジュヌヴィエーブは祈りに時を過ごし、貧しい人々に施しをする。
451年、この都市の近くまで恐ろしいフン族が進んできていると知った時、ジュヌビエーブは住民に、逃げない事、防衛と糧秣の補給の体勢を作るよう説得する。
パリの前に到達したアティラの軍は怖じ気づいて、最終的に攻撃しなかった。
後に、市は守護神として聖ジュヌビエーブを選び、その偉業を記念した。


charité(慈善・施し)persuader (説得する)défense(f)(防衛)ravitaillement(m) 補給、供給
exploit (m) 偉業・功績 patron(ne) (教区・都市などの)守護聖人、(人が洗礼名をもらった)聖人


======================================
フランスの女傑と言えば、ジャンヌ・ダルクだけしか知りませんでした。
聖ジュヌビエーブの話も、とても有名なもののようです。
侵略軍が、やって来るという非常事態に、男達は、どうしていたのでしょう?
土壇場では、女性の方が、その強さを発揮するものかもしれませんね。
とにかく、ものすごく意志の強かった人で、肉食をせず、一週間にわずか2回の食事を摂る生活を30年以上、それも教会の上の人からストップが掛かるまで続けたそうです。
しかし、週に2回の食事で生き続けられるのでありましょうか?
私などは、ダイエットしようと決意をすると、帰って食べたくなってしまう人間です。
週2回はキツイですね~・・・
しかし、もしかしたら、水の代わりにワインを飲んでいたのではないだろうか?
水質のよくないパリでは、子供にも、水よりワインを飲ませた方が体に良いとか、昔は言われていたそうですから。
だったら、カロリーと栄養は取れるか~?
などという、勝手な想像を膨らませています。
パトロン patron、女性だとpatoronne の意味が分らなくて悩みました。
若い女性が「ねえ、パパ、あれを買って欲しいんだけど~」とねだられて、鼻の下を長くする人の事か、それとも、貧しい芸術家に援助をする金持ち、と思っていたものですから・・・
守護聖人。
そうですね、なんでも買ってくれるパパは、たしかに、守護者なのかもしれませんが・・・

分りやすいサイトを見つけました。宝石関係のお店のようですが、詳しく紹介してくれています。

聖ジュヌビエーブ
興味のある方は、ここを参照して下さい。


Mon dico7 Gaule

Mon dico de l'histoire de France
(フランス小学校低学年を対象とした本「フランス歴史の私の辞書」) からです。
その7

Gaule
ガリア
130227md-10 
 
La Gaule,au 1 ersiécle avant J.-C.,est habitées par une soixantaine de peuple divisés qui se livrent bataille continuellement.
Unis par la langue et la religion , les Gaulois sont des guerriers intrépides, cavaliers passionés,mais aussi d'éxcellents agriculteurs et des artisants habiles (charpentiers, forgerons, potiers) .
Les échanges commerciaux avec les Grecs et Romains sont ainsi très importants et contribuent à faire de la Gaule un pays riche et prospère.

ガリアは、紀元前1世紀に、絶えず戦いを交え、分裂した60人あまりの人々が住みだした。
言語や宗教によって一つに結ばれたガリア人は、大胆不敵な戦士、情熱的な騎兵というだけでなく、熟練した優秀な農民や職人である(大工、鍛冶屋、陶芸家といった)。
ギリシア人やローマ人との貿易は、非常に重要であり、こうして、豊かで繁栄する国ガリアを作るために貢献した。


diviser 割る 分裂させる livrer bataille戦を交えるcontinuellement 絶えず、しばしば  uni ひとつに結びついた guerrier(m) 戦士 intrépide大胆不敵な、勇敢な  cavalier 騎兵 échanges(m)貿易 commercial貿易の 商業上の contribuer 貢献する 協力する

=====================================

ガリアと呼ぶのは、ローマ人からの見た言い方のようです。
場所によって呼び方も変わり
アルプスの西側・北側のガリアは、ガリア・トランサルピナ(Gallia Transalpina )=あっち側のガリア
それに対して
イタリア半島北部は、ガリア・キサルピナ(Gallia Cisalpina キサルピーナ)またはガリア・キテリオル(Gallia Citerior)、アルプスより、こっち側のガリアと呼ばれたそうです。
下の地図だと三つのがリアがあると書いてあります。
支配者の交代と、時代によって地名も変えられていくのでありますね。
変らぬものは、庶民の生活だけでありましょうか?
何時の時代も、お母さんは強そうです。

130227gaul

 130227gaul2

マッサリアと書いてあるところが、今のマルセイユなのでしょうね。
Wikipediaの説明もフランス版は、内容豊富で力が入ってます。勿論全部訳せるはずはありませんので、知りたい方は下記でどうぞ。

Gaule  Wikipediaフランス版

ガリア Wikipedia日本版

Mon dico6 ガロロマン

Mon dico de l'histoire de France
(フランス小学校低学年を対象とした本「フランス歴史の私の辞書」) からです。
その6
Gallo‐Roman
ガロ・ロマン

Après avoir été conquis par César en 51 av.J.-C., les Gaulois deviennent peu à peu des Gallo-Romains, mi-Gaulois,mi-Romains.
Abandonnant leurs vielles habitudes, ils s'habillent a la mode romaine,parlent le latin et adoptent les dieux de Rome,Les Gaulois profitent pleinement des avantages d'une brillante civilisation qui les fascine.En tout chose , ils cherchent à imiter les Romains.
De nombreuses villes sont créées,belles,agréables et reliées entre elles par de larges routes.
On y élève de nombreux monuments : des théâtres, des arènes pour les jeux, des aqueducs pour amener l'eau.

51年にカエサルに征服された後、ガリア人は半分ガリア、半分ローマのガロロマンに少しずつなっていく。
彼らの古い習慣を捨て、彼らはローマの流行の服を着て、ラテン語を話し、ローマの神々を受け入れた。
ガリア人は、彼らを魅了する輝かしい文化の利点を十分に活用する。すべてにおいて、彼らはローマ人を真似ようとする。多くの都市が、美しく、快適に、そして広い道路によって都市間は結ばれた。
人々は多くの記念碑を建てる:劇場、競技のための円形劇場、水を運ぶための水道橋などを。


conquis (concuérir征服するの過去分詞) habitude(f)習慣s'habiller 服を着る pleinement 全く 十分に avantage(m)利益、利点 fasciner 魅惑する、幻惑する relier 結ぶ、連絡する élèver 建設する、建立する  arène(f)円形劇場 aqueduc 水道橋、水路

=================================
Gallo‐Roman(ガロ・ロマン)
Gallo‐Roman period ガロロマン時代と言うべきでしょうか?
前3世紀末から後5世紀後半までのローマによるガリア支配の時期を指すそうです。
第2次世界大戦後に、アメリカに占領された日本が辿った道を思わせられます。
日本においては、まだその時代は終わってないのかもしれませんね。
どんな時代買ってと言われると困るのですが、まあ、言ってみれば、カタカナアメリカ語が、かっこ良いと思われてる時代のことです。
隣国と陸続きのヨーロッパでは、対立、戦争、調停、そうして人と文化が交わり、次々と新しい文化が生み出されていったのかもしれません。
21世紀においては、ヨーロッパとアフリカの急速な一体化、そしてイスラムとキリスト教諸国の軋轢が、またもや、大きくなってきているのではと私には思われます。
これからの世界には、どんな文化が起きて来るのでしょうね?
それを、知るには、残された私の時間は少ないようです。
まあ、フランスの過去の歴史を、この可愛い本で、ほんのちょっぴり囓ることを楽しみにしたいと思います。

        

この所、外出をすることが少なくなったので、昨日、思い立って自転車で出かけてみました。
何となく春の気配が漂う気がします。

130226-00

蓬莱駅の辺りです。湖北の山々は、まだ雪が深いようです。

130226-02

そこで不思議な物を見つけました。電信柱の上空を飛ぶ怪しげな船・・?
未確認飛行物体だあ~!

130226-u1

しっかり見て、確認物体に変ったそれは、単なる保険会社の飛行船でした。
船体には、スヌーピーの顔が描かれていました。

130226-u2

こんな所で飛ばして宣伝効果があるのだろうか?
私には、社長の趣味としか思えないのですが・・・
メットライフ・アリコかあ~
まさに、ガロ・アメリカン いや ジャポ・アメリカンというべきかしらね。




Mon dico5 フランク王国

Mon dico de l'histoire de France
(フランス小学校低学年を対象とした本「フランス歴史の私の辞書」) からです。
その5
Franc
フランク王国

Peuple germanique longtemps installé à l'embouchure du Rhin, les Francs sont de solides gaillards. Leur aspect ? Grands, blonds aux yeux clairs, la nuque rasée et de longues moustaches.Leur jeu préféré ? Le lancer de francisque un hache à deux tranchants.
Dès l'enfance,ils vouent pour la guerre une passion extréme.
À partir du régne de Clovis, premier roi des Francs, en 481 , ils décident de conquérir toute la Gaule. Plus tard, le pays des Francs deviendra le royaume de France.

ゲルマン人は、長い間、ライン河口に住み着いた。フランク族は屈強な男達で出来ている。彼らの外観?背が高く、明るい目とブロンド、襟足はそり上げてあって、長い口ひげである。彼らの好み?諸刃の斧を投げることだ。
子供時代から、彼らは戦いに対して、極端なまでの情熱を傾ける。
フランク王国の初代の王、クロヴィスの治世から、彼らはガリア全土を征服する事を決める。その後、フランク人の国はフランスの王国になる。


solide頑丈な gaillard元気な→ solide gaillard 屈強な男 régne(m)統治、治世 



========================================

フランク王国とは5世紀から7世紀にかけて西ヨーロッパを支配したゲルマン系の王国とのことです。
フランク→フランスと国名が変っていったと言うことでしょうか?

フランク王国の初代の王、クロヴィス一世 (画像はWikipediaより)
130225-md-o2
このフランク王国が、周りの勢力を押さえて、フランスの王国の始め、メロヴィング朝となったのであります。
クローヴィスさんは、なかなかの権謀術策の持ち主だったようです。
晩年フランク人の小王を次々に姦計にかけ、そのほとんど全てを抹殺した。それによりメロヴィング朝は他の家系から脅かされることなく、300年近い命脈を保ったと言われている。

と言うことですから、徳川幕府を作るために、豊臣の家系と家臣達を絶えさせた、徳川家康のような人だったのでしょうか?

メロヴィング朝の支配地域だそうです。(600年頃の)

130226-md01

このメロヴィング朝の後に出てくるのが、カロリング朝となっるようですが、後で出てくるのか、楽しみです。

==================================

Mon dico 4

Mon dico de l'histoire de France
(フランス小学校低学年を対象とした本「フランス歴史の私の辞書」) からです。
その4
Druide
 ドゥルイド
130225-md-08

Le druide gaulois, loin de l'image de Panoramix coupant du gui avec une serpe d'or, est un personnage très important.
C'est à la fois un prêtre , un guérisseur connaissant le secret des plants médicinales, un chirurgien soignant les fractures et un savant ,un sage.
Il est aussi éducateur : il instruit oralement ( il n'existe pas de langue écrite chez les Gaulois) les enfants de la noblesse .
Les druides sont des hommes à part qui peuvent jouer le rôle d'arbitres en cas de guerre entre peuples gaulois.
ドゥルイドは、金の鎌でヤドリギを切るPanoramix(パノラミック)のイメージとはほど遠い、とても重要な人物である。
それは、時には司祭、薬草の秘密を知る療法士,骨折の治療をする外科医、そして学者であり賢者のことである。彼はまた教育者でもある:彼は口頭で貴族の子弟に教える。(ガリアには書き言葉が存在しない)
ドゥルイド達は、ガリア人間の戦争の場合に調停者の役割を個別に演じることの出来る人間である。


ドゥルイドはケルト人社会における祭司

Panoramixはコミック、アステリックス(Astérix)に登場する人物です。
こんな人です。

130225-md-P
guérisseur 祈祷師、民間療法士 chirurgien 外科医 fracture(f) 骨折 savant(m)学者 sage(m)賢者  à part  個別に 離れて arbitre 審判員 調停者 

Fer(Âge du)
鉄の時代

130225-md-01

L'âge du fer correspond à la période de l'histoire marquée par la fabrication d'armes,d'outils et de toutes sortes d'objets en fer.
Le fer est un métal beaucoup plus résistant que le bronze.
Connu en Grèce dès 1000 av.J.-C.,il est utilisé en Europe du Nord vers 750 av.J.-C.
鉄の時代は、兵器、工具そして鉄で出来たすべての種類の物の製造による歴史上の時代として注目される。
鉄は青銅よりはるかに強い金属である。
紀元前1000年には早くもギリシャで知られ、それは北ヨーロッパで紀元前750年ぐらいに使われた。


résistant 強い、丈夫 dès~の時からさっそく   

=============================


アステリックス(Astérix)については、去年の授業の中で出て来たのを覚えていますか?
日本の鉄腕アトムのように、フランスでは人気のあるコミックシであると聞いたような気がしますが?
主人公アステリックスとは、カエサルと戦ってローマで処刑されたというガリア人の英雄ウェルキンゲトリクスを思わせるようで、まあ、悲劇の英雄、源義経みたいな人なのでしょうか?
アステリックス(Astérix)を牛若丸としたら、Panoramix(パノラミック)は、さしずめ弁慶みたいなものでしょうかね?

なぜ金の鎌でヤドリギを切るイメージという言葉が出るのだろうと思ったら、
「ドルイドはパナケア(ヤドリギ)の巻きついたオークの木の下で儀式を執り行っていた。ドルイドはヤドリギに特別な力があると信じていたようだ。」との事です。
お伽噺として、子供達は、物心つく頃から、こんな話を聞いて育ってきていたのでしょうね。
私たちだったらどんな物語だろうか?
そうですねえ、邪馬台国の卑弥呼の物語などかもしれませんね。




mon dico 3

ほったらかしにしていたMon dico に戻ってみます。
私には、丁度良いぐらいのレベルです。

Mon dico de l'histoire de France
(フランス小学校低学年を対象とした本「フランス歴史の私の辞書」) からです。
その3

Bronze(Âge du)
青銅の時代

L'âge du bronze correspond à l'époque de l'invention du bronze,mélange de cuivre et d'étain,destiné à la fabrication d'outils,d'armes,de bijoux et d'objets divers.
On peut ainsi réaliser des lames d'épées de plus en plus tranchantes.
En Europe, l'âge de bronze débuté à la fin du Ⅲe millénaire av.J.-C. et s'achève autour de 800 av.J.-C.

青銅の時代は、銅と錫の混ざった青銅の発明された時代に相当する。
道具、兵器、装身具等、色々な物の用途に当てられた。
こうして段々と鋭利な剣の刃を作り出す事が出来るようになる。
ヨーロッパにおいては、青銅の時代は紀元前3千年の終わりに始まり、紀元前800年頃に終える。


bronze (m)青銅 cuivre銅 (m) étain(m)錫 destiné(e) ~の用途に当てられた divers 様々な、色々な lame(f)刃、刀身 épée(f)剣 tranchante(e) 鋭利な début スタートする achever 終える

Burgonde
 ブルゴン族
md-07

Les burgondes constituent un peuple barbare,originaire de Scandinavie et installé en Gaule. 
Lors de la grande vague des invasions barbares du dédut du Ve siècle qui déferle sur l'Empire romain, les Burgondes émigrent vers le Sud-est de la Gaule.
Installés dans l'actuelle Savoie, ils étendent bientôt leur territoire de Dijon à Lyon, L'ancienne capitale des Gaules.
Ils ont donné leur nom à la Bourgogne.

ブルゴン族はスカンジナビアを起源とし、ガリアに居を構えた蛮族で構成されている。
五世紀初めの蛮族の侵略の大きな波(ゲルマン人の大移動)の時に、ローマ帝国に押し寄せ、、ブルゴン族はガリアの南東の方に移住する。
現在のサヴォワに落ち着き、すぐに、ディジョンから、ガリアの昔の都であるリヨンまで領土を広げる。
彼らはブルゴーニュに自分たちの名前をつけた。


constituer を構成する 作る étendre 広げる、伸ばす  lors de ~の時  invasion (f)侵略  déferler 押し寄せる l'Empire romain ローマ帝国

Catalauniques (bataille des champs ) 
 カタロニアの戦い

La bataille des champs catalauniques marque la défaite du grand chef des Huns,Attila,en 451.
Cavaliers nomades, les Huns sont les plus féroces de tous peuples barbares.
Pour repousser ces envahisseurs venus des steppes de Mongolie, le général romain Aetius parvient à obtenir l'appui des Wisigoths, des Burgondes et des Francs.
Le combat décisif a lieu près de Troyes. C'est la première fois que les barbares germaniques et les Romaines christianisés oublient leurs rivalités pour s'allier face à un danger.

451年のカタロニアの戦いは、フン族の偉大な指導者、アッティラの敗北を示す。
遊牧騎兵であるフン族は、すべて蛮族の中で、最も残忍である。モンゴル平原からやって来たこれらの侵略者達を撃退する為に、ローマの将軍アエティウスは、西ゴード族、ブルトン族、フランク族の支持を獲得する。
この決戦はトロワ近くでなされる。それは、危機に直面し同盟を結ぶ為に、ゲルマンの蛮族とキリスト教のローマ人が、相互の対立を忘れた初めてのことである。

cavalier(m)騎兵 nomade 遊牧の féroce どう猛な repousser 押し返す、退けるenvahisseur(侵略者)obtenir 得る、獲得する appui(m) 支え、支持 décisif 決定的な rivalité(f)敵対関係、対立 s'allier 同盟する 調和する  

決戦場はここだ!

130222-02

ローマの将軍アエティウスは、こんな感じの人だったようです。
まあ、写真のない時代ですから、実物よりハンサムかもしれません。

130222-01
 
これを読んで、思い出しました。
私が、2010年に、パリの混交バスに乗り込んで出かけた日帰りバス旅行の行き先が、このTroyes(トロワ)だったのです。
ガイドさんの話が、まったく分らなくて、シャンパンがどうしたんだろう?などと、勝手に妄想していたのですが・・・
おそらく、この戦いに歴史などをしてくれていたのでしょうね。
アア、あの日のことを思いだすと、冷や汗が出て来そうです。

たった一人でフランスバスツアーに参加