市民権への教育2 学校生活での規則

3 Les régles de vie â l'école
学校での規則
Le réglement;un contrat nécessaire
校則;必要な契約

111028-e00

Décris ce que tu vois sur cette image.
この絵の中であなたが気づいたことを述べなさい
Dans quel état les enfants vont-ils entrer dans leur classe?
どんな状態だったらこの子達は教室に入れるだろうか?
Seront-ils prêts à se mettre au travail?
彼らは勉強に着くための準備が出来るでしょうか?
Qu'est-ce qui, sur cette image,est interdit par le réglement de ton école.
この絵の中で、誰があなたの学校の規則に違反してますか?
pourquoi est-ce interdit?
どうしてそれが禁じられてるのですか?
En quoi le réglement de l'école est-il utile?
学校の規則は、どのように使われますか?
〈Et moi 〉 Est-ce que je connais le réglement intérieur de mon école?
〈自分の場合〉 私は自分の学校の規則の中身を知っているだろうか?

Le règlement: un contrat nécessaire
学校での規則 : 不可欠な契約
Des règles organisent《vivre ensemble》des élèves, des enseignants, des autres personnes travaillant dans l'école et des parents; sans rêglement, ce serait la pagaille à l'école !
Les règles sont les mêmes pour tout le monde: cela garantit l'égalité entre tous. Les parents et les élèves signent le règlement au début de l'année pour montrer qu'ils s'engagnent à le respecter.
Certaines règles valent pour toutes les écoles de France: par exemple,l'école est obligatoire pour tous les enfants de 6 à 16 ans et les enseignants appliquent ce qui est prévu dans les programmes scolaires fixés par le ministère de l'Éducation nationale.

規則は生徒、先生、学校で働くその他の人達の《共同生活》を構成します。
規則がなければ、それは学校を無茶苦茶にするでしょう。
規則はすべての人に対して同じです。それはすべての人に平等を保障します。親と生徒は学年度の始めにそれを尊重することを誓うことを示すために校則に署名します。
いくつかの校則はフランスすべての学校で有効です。例えば、学校は6歳から16歳までのすべての子供にとって義務です。そして教師は、文部科学省によって予定された学校の教育プログラムの中で定められている物を教えないといけません。


pagaille (無茶苦茶),garantir(保障する), égalité(平等), signer 署名する, s'engager â+不定詞(~することを誓う),valoire(~だけの値打ちがある),appliquer( 貼り付ける、適用する),prévu(e) 予定された、scolaire(学校の) fixé(e) (定められた)、le ministère de l'Éducation nationale(文部科学省)

Des règles pour la sécurité
安全のための規則
Certaines règles ont pour but d'assurer la sécurité de tous. Elles disent qui est responsable des élèves dans la classe, la cour ou la cantine. Elles imposent de venir à l'école en bonne santé, vacciné et propre, pour ne pas mettre la santé des autres en danger .
Ces règles peuvent évoluer: par exemple, en cours d'année, l'école peut interdire un nouveau jeu s'il est dangereaux.

いくつかの規則はみんなの安全を保障することを目的としています。それは、教室の中で、校庭で、食堂で、誰が生徒達に責任を持つかと言うこと言っています。
これらの校則は、他の人達を危険にさらさないために、健康で、予防注射を受けて、清潔な状態で学校に来る義務を課しています。
これらの校則は変る場合があります:例えば、学年の途中で、学校は、もしそれが危険なら新しい遊びを禁止することが出来ます。


avoir pour but de +不定詞(~することを目標とする)assurer(保障する) responsable 責任がある, imposer de +不定詞 ( ~することを強制する), vacciner(予防接種をする),évoluer (変化する)

Des règles pour le travail
勉強のための規則
Certaines règles ont pour but d'organiser le travail, car les élèves viennent à l'école pour apprendre.
Par exemple, le règlement demande que les élèves arrivent à l'heure à l'école pour ne pas déranger ceux qui ont commencé à travailler.
いくつかの規則は勉強を出来るようにすることを目的としています。
なぜなら子供達は学ぶために学校に来るのですから。
例えば、勉強を始めた人達を邪魔しないために遅刻せずに学校に来ることを規則は子供達に求めます。


Des règles pour le respect
尊重の為の規則
Certaines règles ont pour but d'imposer le respect, car il est indisponsable pour permettre aux élèves d'apprendre et aux maîtres d'enseigner. Les ensegnants n'ont pas le droit de parler aux élèves de manière blessante ou humiliante. Les élèves doivent respecter les enseignants et se respecter les uns les autre. Les familles aussi deivent respecter l'école et ceux qui y travaillent, et montrer ainsi l'exemple.
いくつかの規則は、人を大切にしなくてはいけないことを目指しています。
なぜならば、学ぶ生徒と教える先生に対して(許可するために彼は譲渡不能だ=)尊重は=人を大切にすると言うことは不可欠だからです。
教師は生徒に対して、傷つけるような、もしくは屈辱的な話しをする権利は持っていません。
生徒は先生を尊重しなくてはいけないし、お互いを尊重し合わなくてはいけません。家族もまた学校とそこで働いている人を尊重しなくてはいけないし、お手本を示さなくてはいけません。


indisponsable(自由に使用できない、譲渡不能の) permettre (許可する)maître(主人) manière 方法・仕方 blessante 傷つける  humiliante 屈辱的な ainsi このように、こうして exemple 例、手本
====================================

自分の答えがこれで良いのだろうかと先生の顔色を窺う授業ではなく。先に意見をバンバン出してしまって、なぜそう思うのか?と話し合い、答えをみんなで考えていく。
ぜひ、日本の学校でも広めていって欲しい授業のやり方だと思います。

respect 尊敬、敬意、尊重、配慮
respecter 尊敬する、敬う、大事にする

これらの言葉には、日本語に置き換えられない深いニュアンスが含まれているような気がします。
人権の基本の中の基本って感じでしょうか?

les uns les autre 他の人達のなかの(複数)の一人=一人一人・お互い・・・みたいなニュアンスで良いのでしょうか?

========================================
スポンサーサイト

市民権への教育 1 共に生きる

Education à la citoyenneté (市民権への教育)という教科書を仏語入力しながら、訳にチャレンジして見ます。
なるべく自分で考えてしてみます。
ちゃんとした訳が知りたい方は、ブログ イル・サンジェルマンの散歩道 を参照して下さい。
==============================

1. Vivre ensemble
Vivre seul
Parfois,on imaginne que,si l'on était seul au monde, on pourrait faire tout ce que l'on veut.
En réalité,si cela arrivait,nous serions, comme tous les êtres vivants,obligés de chercher de la nourriture et un abri,de nous défendre contre les dangers: cette vie aussi aurait des contraintes.
De toute façon,aucun de nous ne vit seul sur une ile déserte: les êtres humains ont besoin de vivre en société, de parler,d'échanger,d'apprendre,d'agir ensemble.Quand ils se retrouvent seuls,ils sont malheureux.Et les plus jeunes ne pevent pas survivre sans les adultes.

1,共に生きる
一人で生きる
時には、人は、もし世界で一人だけだったら、したいことが何でも出来るのにと想像します。
実際に、もしそうなったら すべての生き物のように食べ物と危険から自分たちを守るための避難所を探すことを強いられます。この生活も、また束縛でもあるのです。
いずれにせよ、いかなる人でも無人島で一人では生きられません。人間は社会において、話し、交流し、学び、共に行動しながら生きることを必要とします。一人であることに気がついた時、彼らは不幸です。そして、幼い子供は大人無しでは生き延びることが出来ません。


êtres vivants 生物 obliger 強いる abri 避難所(m) contrainte 強制・拘束 échanger 交換する de toute façon いずれにせよ agir 行動する survivre 生き残る)

Régles du jeu, régles de vie
Puisque l'on ne vit pas seul,il faut apprendre à vivre ensemble. Lorsqu'on joue, on respecte les régles du jeu, sinon le jeu est impossible. Dans la rue, on respecte le code de la route: sans lui, la rue serait un champ de bataille et notre vie serait en danger .
Dans la vie quotidienne, c'est pareil. des régles organisent notre vie ensemble.Elles ne sont pas faites pour nous《embêter》 mais pour assurer notre sécurité et notre bient-ètre. Sans elles,ce serait la loi du plus fort.
L'enfance est la périod pendant laquelle chacun apprend ces régles et s'entraîne â les respecter.

遊びのルール、生活のルール
人は一人ではいきられないのだから、共に生きる為に学ばなくてはいけない。ゲームの時に人はルールを守ります。でなかったらゲームは成り立ちません。道路では、人は交通規則を守ります。交通規則がなければ、道路は戦場になり、私たちの命は危険にさらされるでしょう。
日常生活の中においても、それは同じ事です。ルールは私たちの生活を構成します。ルールは私たちを《うんざりさせる》為に作られたのではありません、私たちの安全と幸福を保障するためなのです。
ルール無蹴れば、もっと強い法律になるでしょう。
子供時代は、各自がそれらのルールを学び、それらを守るための訓練をする期間です。


respecter尊重する、守る ,sinonそうでなければ,le code de la route交通法規,embêterうんざりさせる、困らせる, assurer 保障する, bient-ètre 幸福(男性名詞),laquelleは、この場合 la périod (期間)を重複して使わないために使われる関係代名詞,

Qui décide des régles ?
Les régles ne sont pas décidées par quelques-uns mais par tous pour le bien de tous.
Certaines,comme la politesse,sont imaginées par quelques personnes puis adoptées par le reste de la société .
D'autres,comme le code de la route , ont été mises au point par des spécialistes chargés par la société de ce travail.
Au fils du temps, notre société a adopté des régles fondamentales , comme le refus de la violence. Ces régles se trouvent dans la Déclaration des droits de l'homme et du citoyen de 1789 : toutes les régles que l'on adopte doivent respecter ces régles fondamentales.

誰がルールを決めるか?
ルールは誰かが決めるのではありません。皆に良いようにと皆で決めるのです。
いくつかのルールは、たとえば礼儀のようなものは、何人かの人達によって考えられ、次に社会のそのほかの人達にも受け入れられます。そのほかのこと、交通規則のようなものは、その専門分野で(←その仕事の社会によって)責務を負わされたスペシャリストによって完成させられます。
時が経つにつれて、私たちの社会は、暴力を拒否するといった基本的なルールを受け入れました。これらのルールは、1789年の人間と市民の権利の宣言の中に見いだすことが出来ます。皆が受け入れるルールのすべてははこれら基本的なルールを尊重しなくてはいけません。


politesse 礼儀、mettre au point 完成する、明確にする charger ~の責務を負わせる、au fils du temps 時間が経つにつれ、 fondamental(e)基本的な、refus 拒絶 Déclaration表明、宣言 citoyen 市民

皆様おなじみ、民衆を率いる自由の女神。
こんな女性が先頭にいたら、戦闘なんかやってられないのではと思うのは凡人だからでありましょうか?

111019-01

==========================================

分らなかった単語等は茶色の文字で揚げておきました。すぐ忘れてしまいそうです。
êtres vivants が生物という名詞だと知ってビックリでした。lesの冠詞がついているから、すぐに名詞だと気がつかなくては行けませんのにね。
分らない所がいっぱいあって、かなりカンニングしてしまいました。
心優しいjeanvaljeanさん、有り難うございます。

toutes les régles ルール(規則)のすべて、それとも、すべての規則なのか、どっちなのかしらと思いなやんでおります。
誰か、違いを教えて下さいな!