一日で2000mを泳ぐ

昨日、突然、夏がやってきました。
今年の梅雨の暑さと言ったら、まさに地獄でした。
「エアコンは使わず夏を乗り切ろう!」と言う意思はあっけなく崩れてしまいました。
少しだけと、タイマーをセットしておいても、明け方、汗まみれで目覚め、またつけてしまう。
「熱中症をとるか、反原発をとるか!」
「そんな、しょうもない悩み方をしても仕方が無いんだから、エアコンつけるなら、ゴチャゴチャ言わんとつけんかい!」
と、私の中に居る二人の私が戦います。
ああ、何と意志の弱い人間なのだろう!

それが、昨夜は違いました。
風が乾いた感じで、夜風がさわやかなのでした。

そうだ!梅雨が明けたのだ!
そういえば、湖面の彼方から、花火が打ち上がる音が響いていました。

さて、この7月で、プールに通い出して2年経ちました。
その後の報告をいたします。

根性のない私は、毎日毎日 「もうダメだ。もう続かない!」と弱音が出て来ていました。
とにかく、泳ぐのが遅い原因は脚力のなさにあると思い至りました。
それを改善するには、とにかくビート板でバタ足をするしかない。
フォームがどうとか、肩をローリングさせろとかいうのは、まだ考える必要は無い。
下向きバタ足を10回。上向きバタ足を10回。
それをしてから、普通の泳ぎに入る事にしたのです。

クロールの姿勢だと何とか泳げるのですが・・・
140728-01

背泳だと脚が開きすぎ、頭が左右に傾く
140728-02

とにかく、何はなくともバタ足です。

そして、先週の木曜日、昼前に時間があったのでプールに行き800m泳ぎました。
そして、また夜に行って、1200m泳ぎ通しました。
二回に分けてですが、ついに、一日で2000m達成!
1回で泳げたらいいのですが、なにはともあれ、やったぜ!

思った通り、翌日は、起きるのが辛くてバテてしまいました。

でも金曜日、土曜日は1000m。日曜日には、1500m泳いだのですよ。


水泳は、人様に迷惑をかけずに出来る事が、何よりだと思います。
目的は、泳ぐことではありません。
目的は、歩ける脚を取り戻そう!ですが、歩くことは、泳ぐことより難しいと感じるこの頃です。





スポンサーサイト

イカ泳ぎタコ歩き

このところ毎日小雪がちらつき、出かける事がめっきり減っています。
春の訪れを、ひたすら待つ日々と言ったところでしょうか・・

130225-01

(この写真は以前に写した高瀬川の冬景色です。)

では何をしてしているのかというと、毎日のスポーツジム通いです。
もっとも、瘦せるほどの効果は出ておりません。
泳いでは肩こり、筋トレをしては腰痛を起こして、かわしま鍼灸院に駆け込むの繰り返しですが、それでも続けております。
「先生、私の脚、少し筋力がついたと思いませんか?」
「う~ん、ほんの少しだけね。それでも、してないよりマシ。してなかったらドンドン落ちていくからね」
とのこと・・・・焦らず頑張りましょう。
だいたい、昔から筋力らしい筋力がない私です。
何とかしたいと思って、クロストレーナーという物にチャレンジしようと思いました。
他の人がやっているのを見ると、フワフワと、とても気持ちよさげに空中を漂っている感じなので、これなら膝に優しいだろうと思ったのです。

130222-01amt

使い方が分らないので、インストラクターに尋ねました。
「これは歩くと自動発電になるので、まず歩いて下さい。」
ほう~、ソーラーシステムみたいな物なのね、と思って、まずは足をのせました。
う・う・動かん・・・!
「踏んで下さい」
ん~!!気張って足を動かしました。
「なんで後ろに歩いてるんですか?前に踏み込んで下さい!」
で・で・出来ない・・・!
どうしても、足は後ろ向きに回転するのでありました。
「出来ません。もういいです。諦めます!」
「いや、誰でも出来ますよ。」
甘い、私を誰でもと思っていけないのです。
小学校の1年生の時から、体育1という輝かしい成績を維持しているは伊達ではないのですぞ!
その日は、どうしても前に踏めず諦め、翌日、人気のない朝1番の時間にコソッと練習しました。

そして三日目、何とか、足が前に出るようになりました。エライモンです。
が、油断をすると、すぐに足の動きは、後ろ向きになってしまうのですよ。
昔、うちの甥が、ハイハイをするようになった時、自分は前に行くつもりで、どんどん後退していった姿と、我が身がなぜか重なるのでありました。

泳いでいても肩が凝るというのを直すには筋トレしかない。
2月から根性入れて、でも軽い筋トレメニューをするこちにしました。
そして最後に、このクロストレーナーを10分歩きます。
10分が今のところ限度です。
というのがすぐ息が上がってしまうからです。
心拍数が165ぐらいというのは、ちょっときついかなと思うのですが、まあ、少しずつ改善するでありましょう。
このマシン、私はひそかに「タコ歩きマシン」と呼んでおります。
うでも脚も、全部動かしてこぐ様は、まさにタコ歩きです。

130225-03

水泳は、この2ヶ月で、著しい進歩をしたのです。
クロール25mのタイムを、なんと5秒も更新したのですよ。
オリンピック選手は0.1秒くらいしか更新できないではないですか!
それを思えば、5秒の更新は・・・・???
じゃあ、元のタイムはと言うと、私は25mを、半分溺れつつ40秒で泳いでいたのです。
(ここでは小学生が、だいたい18秒から20秒で泳いでいるようです)
でも私は、ものすごく頑張ったと思っても、どうしても40秒掛かる。
あほらし、もう計らんとこう!と思っていたのですが、先週、計ったら35秒になってるではありませんか?
これはおかしいのでは、と4回計ってみたけれど、ほぼ35秒でした。
わあ~スゴイ!(と、これは自分の世界の中での賞賛です)

そして、背泳ぎです。
こちらは、未だ直進できませんが、25m、沈没せずに端まで辿り着けるようになりました。
その日、私は記念に、一句作りました。
「溺れずにプールの端まで行けたから、今日はわたしの背泳記念日」
かなり盗作臭いって? いえ、パロディと言って頂きたいものです。

その内容はと言うと、
腕を頭の上には上げずに、ヒラヒラと横に手を振る、イカ泳ぎ泳法というものです。
「フー・パッ」「フー・パッ」と腕を、そっと横にあげながら息を「フー」と吐き、下に下げるときに「パッ」と吸う。あたかもイカが逃げるときに墨を吐きながらパッと前進するイメージでございます。

名付けて私の「イカイカ泳法」です。

130225-02

お陰様で、25m泳いでは休みながら、クロールと背泳ぎで1時間 550m~600mぐらい泳げるようになりました。
おそらく、1時間で1000m泳げるようになったら、少しは瘦せるのでしょうが、そこまで泳げる体力がありません。

早く泳げなくても良いのです。筋肉ムキムキになりたいわけでもありません。
とにかく、痛みのない体になりたくて、頑張る日々であります。

水泳で体を良くしようと・・・

 夜の風が、幾分涼しくなってきたと思ったら、もう8月も終わりですね。
来週9月になると、サーファー達の数もめっきり減ってくるでしょうね。

120814-04

このウインド・サーフィン。倒れたボートを起こすには、すごい腕力が必要なのでしょうね。
ホンマに、よくやるなあと感心します。
それが若さというものか? 今のうちに、うんと楽しんでおいて下さい。

120814-05

私は、この夏、体力を作ろうと、せっせとスポーツジムに通い、水泳入門講座に入って、アップアップと泳ぐ練習をしましたが、なかなか成果は上がりません。
土台となる筋力が、始めから無いのがネックです。

最初7月は、クロールから指導が始まりました。
25mのプールの端から端まで、まるで向こう岸にたどり着くという感じで、必死で泳ぎ、ゼイゼイ言って、翌朝、整体院に駆け込んで笑われる。
その繰り返しですが、それでも、少しずつは前進しておりまして、今週は「背泳ぎ」に進みました。

顔だけ出して後ろ向きに泳ぐ・・・・
絶対出来ないと思っておりましたが、教え方の上手な先生に出会って、「行けた!」
今まで、顔を上に泳ぐと、鼻から水が入って、ツーンと痛くなり泳げませんでした。
私って、鼻が低いから特別なのか!! みんな泳げるのに!
と怒っていたのですが、鼻のせいではありませんでした。
濡れ衣を着せられて、私のペチャ鼻君は、きっと気を悪くしていることでしょう。
問題は呼吸だ!
体を浮かせたら、鼻から「ンー」と息を吐いて、パッと口で吸う。
「ンー・パッのリズムでやってください」と先生の指導です。
ンー・パッ!ンー・パッ!と、ビート板を頼みに練習してます。
なにはともあれ、少しでも出来ると嬉しいものですよ。

今は体力造りで、体力を消耗して、他のことが何にも出来ない状態です。
泳いで体をほぐすつもりが、反対に朝起きると、体中痛いと湿布を貼ってる状態です。
後、1年、いや半年ぐらいで、この痛みが克服できないだろうか?
それを目指して、頑張って見ることにしました。

さて、どうなりますことやら・・・

散歩で見かけた道路沿いの花たちを・・・

120814-f4


120814-f2


120814-f1