朝が来る

3時、4時、5時、時計が動く。
もうすぐ夜が明ける・・・
夜の明けるのが待ち遠しい・・・
眠れないままに夜を過ごすと、朝の光がさしてくるとホッとする。
夜に動き回るのは、人間本来の行動パターンではない。
だから眠れない夜は、心が不安定になるのだとおもう。
入院中、ベットの上で横になったまま待つ朝の待ち遠しさを久しぶりで思い出した。
夜、闇の時、それは一つの死。
そして朝、命の目覚めの時・・・

昨日私は、いったい何をしたんだろう。
昼にコーヒーを飲んで、午後に抹茶も飲んだ。
たしかにカフェインは沢山取ったかも?
しかし、お目々パッチリで一晩中過ごすほどでは無いと思うのだが・・
なんでだろう?
これはきっと、眠たい日が続いた反動なのかもしれないですね。
気にしたって仕方がない。
小鳥の声が聞こえてきた。
朝だ[:おてんき:]
さあさあ、元気を出して復活します!

スポンサーサイト

春眠なのかな?

今週は、とにかく眠い!
木曜も、朝ご飯を食べてまた眠くなり、昼前までウトウト。予定がすっかり狂ってしまう。
春眠暁を覚えずと昔から言うように春は眠たいものではありますが、この原因は、水曜にもらった花粉症の薬のせいではないかと思われます。
がしかし、そのお陰で、紐が解けたようにダランとなってしまい、肩の凝り、背中の痛みが、ずいぶん楽になった。
ということは、いつも熟睡できてないのが、体の不調の原因なのだろうか?

有り難い反面、どこでも眠いのには困ってしまう。
20日、夕方から友人、ミサママの家で、誕生会だった。
といっても40年も連れ添っている旦那様の誕生日で、今更なにをという感じだが、
優しい彼女はご馳走を作って、旦那は顔には出さないけど嬉しそうであった。
MF011011-PM6YYP2P5  
携帯で写したら、爆発物のようなケーキになってしまいました。
いなり寿司、ニョッキ、レンズ豆を使ったサーモンサラダ、手羽元のあぶり焼き、イカのニンニク炒め、etc・・・
材料はシンプルなのに、どれも綺麗に美味しいのです。
フランスに行ったときレンズ豆を添えたサラダが美味しかったから真似てみたというけれど、それがミサママの凄いところですねえ!
ニョッキというものも、私生まれて初めて食べました。
ゆでたジャガイモを混ぜたパスタの種類なんでしょうか?
「リカーマウンテンで売ってるよ」と言うことですが、見たことも作ったこともなかったから・・・
まあ、スパゲッティー変形だと思っても良いでしょう。


孫の1歳になったチビさんが、際限なくお代わりをするので、お腹が破裂しないかと[:びっくり:]
このお姉ちゃんも凄いが、3ヶ月のチビさんのおっぱいの飲みっぷりも凄いのです。
080320-2
 両親が、快食快眠型だと、子供も元気で育つのですね
 将来の白鳳かしら?それとも朝青龍?
 まあ、なんてことを[:ちっ:]
 私は、女の子なのよ!
 でも、お相撲を見るのは大好き!
 大きくなったら、本当に土俵で男の子を投げ飛ばしてみたいわ! なんて・・・
 おかげで家なき子の、いえいえ 家なき婆の私も、久しぶりに家族の団らんを味あわせて貰いました。 



そして今日は美容院に行ってきました。
発表会も近づいてきましたので、改めてkaguyaカットに・・・[:あっかんべー:]
4時間以上かかるので、根性出して9時半から入ったのですが終わったのは2時頃。
その間、「眠い!」ドライヤーを当ててもらいながら、首がコックリ動いてしまう。
そして家に戻って、昼食の後また薬を飲んだら、5時までうたた寝をしてしまった。
本当に、喰っては寝るの生活ではないか[:豚:][:豚:]
まあ、春休みということで今週は許そう。
来週からネジを巻いて頑張らなくてはと思っているところです・・・
でも眠い!お休みなさい。

春の嵐

日曜日に、4月から担当の体操教室の連絡網、名簿、当番表、引き継ぎ事項etcをパソコンを使って一日中していたら、月曜日の朝。鏡を見ると、また目の血管を切ってしまっていて、左の白眼が真っ赤になっていた。
暗くなりかけていたのに電気をつけずにパソコンに向かっていたのが原因です。
馬鹿だなあ~と反省するが、後の祭りだ。
目も悪ければ、鼻も・・・・・
花粉が飛び始めたせいか、鼻と喉がいがらっぽく、声が割れてきたような感じだ・・
夜中に胃の具合がおかしくて、生姜入り温熱マットをレンジでチンしてお腹や肩に当てて暖める。
90分サイクルの睡眠で、マットを当てて温め、次はマッサージ機で30分のマッサージ、朝になったら朦朧と起き出して、とにかく体操に1時間かけて体を覚醒させるのです・・・・
季節の変わり目は、不調になりやすいのかもしれない。
肩が凝って、鞄を提げていられないので、今週から何処に行くのもリュックで行くことにした。
オシャレも何もあったものではないが、背に腹は替えられない。
いやいや、背も肩も代わりがないというところかな。
両肩で荷物を支えると肩の負担は、かなり緩和する。
さあ水曜日。ビデオの読み取り訓練の日なので、荷物が多い。
ビデオ2本に、手話の辞書、ホワイトボードに、筆記用具。
だから山用のリュックに全部放り込んで、まずは駅前の耳鼻科に行って、花粉症の薬をもらい、バスに乗って和邇公民館に行く。
久しぶりの人や、入門講座を終えたばかりの人がメインだったので、入門のビデオ使い、みんなで読み取り訓練をしたが、それでも難しいと感じた。
「思いこみ」それで、引っかかると後が分からなくなる。
「手の動きだけでなく口形も見てね・・」と言われるのだが・・・
ベテランのNさんでも、久しぶりだと
(婦人服)の婦人を表現している(女性でグループ)を(社会)だと思ってしまった。
だから次が、ミシンを掛ける形で、服を縫う・・なのに (ボランティア)なのかと??
まさに思いこみで分からなくなるのであります。
「これは集中力がいる。途中で休まないと」
休憩を取りながら12時まで・・・・・
でも全員、かなり充実した気分で終えることが出来たと思う。
頭の体操を、バッチリしましたよと言う顔で、皆さん帰っていかれました。

帰宅したら、午後から外は暴風雨。
今日は温和しく、家の中で、お疲れ休めの日にしました。
おかげで先週勝ってきた「潜水服は蝶の夢を見る」
をやっと読み終えることが出来ました。
これについては、また歌日記の方でご紹介させていただきます。
では、では、春の嵐も、たまには良いものですわ・・・

やはりダウン!

080305 健康スリッパを買いました。
 今まで使っていたスリッパがすり切れて、このハーフサイズスリッパが欲しかったけれど見あたらないと思っていたらスーパーで見過ごしていたようだった。
見つけたぞ~!
 これは、足が半分だけはいるという建前だが、私には、、ちょっとかかと部分がはみ出すぐらいのピッタリサイズで助かるのです。
 普通の大人用スリッパは、どんなサイズでも大きすぎて脱げてしまうから・・
 健康スリッパで健康にと言いたいところですが・・
 先週から肩、背中の痛みが増して、とうとう首が回らなくなってきました。
土曜日に教科書と何時も持つバック、その二つを両手で下げて行ったのが決定打になったのかもしれません。
なんと情けない体・・・
昨日火曜日に鍼に行って、治療してもらい。
「いったい何をして、こんなに目を疲れさせてるんですか?」
目も肩も、ボロボロ。終わっても、いつものようなスッキリ感がない。
帰宅してお風呂に入って「明日はスッキリなっていますように」
と念じて眠りにつくが・・・
朝、もう一つだなあ~[:冷や汗:]
それでも今日は快晴だ!2週無理を言って、さぼった手話サークルに今日はどうしても行かなくてはと自転車を走らせる。
小野神社を越して、和邇川を渡り公民館に行くまでの道の補修が始まっていた。
自動車道の横が側溝になっており、たしかに自転車や歩く人には、ちょっと怖いときがある。
そこに蓋をしてしまって歩道に出来るようしているようだが、そうすると綺麗な水の流れは見えなくなってしまう。080312-4便利さと安全性が優先するのだろうが、写真では、よく分からないけれど、本当に綺麗な流れを保っているので、蓋をしてしまうのが勿体ない気がする。
 朝夕以外は、それほどの車の量ではないのです・・・
 車社会ゆえに失われていく風情が悲しい。
 さて、今日のサークルは、今日は保育所状態で、3歳までの子供が4人。
 てんやわんやで、おまけに、食べても太らない人はなぜ?という話題になる。
ギャル曽根という例もあるよね。
「それは食べたら出すからだ。」
「彼女は食べると必ず出す。ペーパーも柔らかい特注の上等だそうで・・」
そこで、スリムな人が
「私かて、一日4回は行くで・・・」
「紙が沢山いるでしょうね。」
考えたら凄い話題をやってるよね!!と笑ってしまう。
でも、これが手話だと、そんなにどぎつい感じがしないのである。


 080312-2 食べて出す。それは自然の摂理なのであります。
 赤ちゃんの時だったら、当たり前のことが、言ってはいけないことになるのは、なぜでしょう?
 まあまあ、このメンバーは、そんな事に動じる人達ではありませんがねえ[:楽しい:]
 さて、サークル、ニューフェースであります。
 まだ人見知りをしないので、引っ張りだこで、お母さん達の手から手へと・・
 でも、もう少しすると、こうはいきませんよね。
 命こそ宝だと感じる、赤ちゃんの笑顔です。
 さあ、元気を貰って、頑張りましょう。
 もう春が来たと感じる、暖かい一日でした。

群衆・・・誰も知らない私の悩み

ピアフがアルゼンチンから持ち帰って自分の歌にしたというシャンソンで名高き「群衆」
この南米で歌われている原題は
「 Soledad - Que nadie sepa mi sufrir 」
誰も知らない私の悩み・・・だそうです。

フランス語で歌詞がつけられたときに、その内容も同じように取ってあるのかどうか私には分かりません。
が、そうだとしたら、悩みを知らされたとしても
「ゴメン、勝手にして・・」としか言いようがないかもしれませんね。

踊り狂う祭りの最中に出遭って、一瞬で恋に落ち{ 有頂天になってダンスに身を任せていると、またもや人波が彼を掠って行ってしまい。もう二度と出遭うことがない
私は呪う!私に彼を与えておいて、過ぎに奪っていった群衆を・・・

そんなことを言われたってねえ~
だからお母さんが言ったでしょう
「人を好きになるにしたって、もっと慎重にお付き合いしてからにしたら・・」
なんていうのは、年寄りの台詞ですかね?
若さには、その一瞬の時が永遠に見えるのです。
見失ったからこそ、素晴らしく感じるのでありますよ!
何十年も茶の間に居座ってると
「あの時、群衆が掠っていってくれたら良かったのに」
と言うことになってるかもしれません。

では、どんな歌詞でしょうか?


La foule   (群衆)

Je revois la ville en fête et en délire
 私は祭りと熱狂に包まれた町を思い出す
Suffoquant sous le soleil et sous la joie
太陽と喜びで息が詰まりそうな町を
Et j' entends dans la musique les cris, les rires
そして祭りの音楽の中に叫びや笑いが聞こえる
Qui eclatent et rebondissent autour de moi
私の周りでさざめくその音が
Et perdue parmi ces gens qui me bousculent
突き飛ばされ人混みに紛れ込んで
Etourdie, désemparée, je reste là
呆然として私はそこに立ちつくす
Quand soudain je me retourne, il se recule
突然私が振り向くと、彼が後ずさりし
Et la foule vient me jeter entre ses bras
人波が押し寄せ私は彼の腕の中にいる
Emportés par la foule qui nous traîne nous entraîne
群衆に押し流され、私達は引きずられ、引っ張られて
Ecrasés l'un contre l'autre
互いに押しつぶされて
Nous ne formons qu'un seul corps...
私達は一体になるしかない
Et le flot sans effort Nous pousse enchaînés l'un et l'autre
人の流れは苦もなく、つなぎあった私達を押していく
Et nous laisse tous deux Epanouis , enivrés et heureux
そして二人とも、うっとりと酔いしれ幸せに包まれる
Entraînés par la foule qui s'élance et qui danse une folle farrandole
突進して狂ったようにファランドールを踊る群衆に引きずられ
Nos deux mains restent soudées
二人の手は一つになって
Et parfois soulevés nos deux corps enla cés s'envolent
時には持ち上げられ、抱き合ったまま舞い上がり
Et retombent tous deux Epanouis , enivrés et heureux
また落ちてきては、二人とも、うっとりと酔いしれ幸せに包まれる
Et la joie éclaboussée son sourire
そして彼の微笑みからほとばしる喜びが
Me transperce et rejallit au fond de moi
私に染み通り、心の底から響きあう
Mais soudain Je pousse un cri parmi les rires
でも突然、私は笑い声の中で悲鳴を上げる
Quand la foulle vient l'arracher d'entre mes bras.
群衆が私の腕から彼を奪いとってしまったから  
Emportes par la foule qui nous traine nous entraine
群衆に押し流され、私達は引きずられ、引っ張られて
nous éloigne l'un de l'autre
私達は引き離される
Je lutte et Je me débats
私はあらがいもがいた
Mais le son de sa voix
けれど彼の声の響きは
S'étouffe dans les rires autres
他の人達の笑い声の中に消えていった
Et je crie de douleurs de fureur et de rage et je pleure
私は苦しみ、激怒して叫び、泣いた
Et traîée par la foule qui s'lance et qui danse une folle farandole
突進して狂ったようにファランドールを踊る群衆に引きずられ
Je suis emportée au loin
私は遠くに連れ去られた
Et je crispe mes poings
私は握り拳を振るわせる
Maudissant la foule qui me vole
L'homme qu'elle m'avait donne et que je n' ai jamais retrouvé.....
もう二度と会えない人を私に与えて、また奪い去っていった群衆を呪いながら・・ 

歌はドラマチックに胸に迫ります。
でも、お願いだから、人を呪ってはいけません。
一生懸命生きたら良いこともあるんやから・・・

朝ドラ「チリトテチン」の影響が大きいこの頃の私です。

健気な花

080225-1080306-1
我が家で、唯一、冬のさなかに、真っ白の花で微笑んでくれるクリスマスローズです。
不精者の私、水を時々あげるだけで、どうしたらいいのかも分からないまま、新芽が出てきたら、古い葉を、根本から切ってるだけ・・・・
それだけで、こんなに綺麗に咲いてくれるのです。
親がなくても子は育つ。
駅前で鉢を頭の上に上げ「こんなに綺麗に咲きましたよ~!」とさけびたいぐらいです。
ハイポネックスのコマーシャル、昼時にやってますが、アレは怖いですねえ~!
会社のビルの前にエプロン姿の奥さんが来て
「お父さんみたいに素晴らしい花が咲きましたよ~!」
どう考えても、お父さんが喜ぶとは思いませんね。
その夜から、お父さんが帰ってこなくなった・・・・・
と言うのが、後のストーリーになるとしか思えませんが。
子供の学校の前でやってるのもある・・・・
あの子はよい子になるでしょう。
「どんなことでも言うことを聞くから、学校には来ないでね」って・・・
美しい花は、罪作りと言いますが、アレ見て分かりますね。
だから私も、出来るだけ人目につかないように生きているのです。
チャン、チャン
[:キスマーク:]

さあ、次の曲に向かって・・・

La Foule (群衆)という曲の練習を始めました。
エデット・ピアフの代表作の一つで、華やかな前奏とエンディングに囲まれた劇的な歌だと思ってましたら、これは、南米、アルゼンチンのフォルクローレで、今も熱狂的に歌い継がれている曲です。

「Que nadie sepa mi sufrir」(誰も知らない私の悩み)
ビデオで見せてもらったら、観客も手を打ち鳴らし、舞台と一緒に踊り狂ってました。
しかも、小錦級の腕の肉を振り回しながら・・・

ピアフが1957年に南米を巡演した時に、アルゼンチンで巡りあった曲だそうです。
やっぱり、良い曲は、何処においても良いというのが分かります。
原曲はアンヘル・カブラル作曲の南米ペルーのワルツだそうですが、タンゴにしようがフォルクローレにしようがジャズにしようが、良いですねえ~。

さてこの曲、シャンソンになると フランス語特有の あの E U Rの音がふんだんに入っていて、まず始めは、全然聞き取れませんでした。
「ジュゲムジュゲム・・・・・」どころではございません。
「これが言葉か!!」と言うぐらいなものでした。
単語を一つずつ辞書で調べて、その後で聞くと、少し言葉として聞き取れる。
でもでも、まだお手上げ!!
先生に、ゆっくりピアノを引きながら一言ずつたどっていってもらい、やっと自分の中に落とし込んで、また夜に聞き直す。
聞き直すと言ったって、寝る前、そして夜中に目覚めて、朝と一日中何十回と聞いてます。
そして1週間、言葉に聞こえるようになりました。
先生は数回聞いて、フレーズの繋がりから、省略まで全部把握している。すごい耳と頭脳だなあと、毎度の事ながら感心します。

今は「群衆」に取り付かれて、発表会で歌う曲は、頭から飛んでしまっております。
6月までに歌いこなせるようになるだろうか?
まったく初めての曲を3ヶ月でライブまで持って行ったこと今までなかった。
いや、そんな恐ろしいことは出来なかったんですよ・・・
今回は、それをやります! 
歌って、なんでしょうね?ささやかな自己満足だけなのかもしれません。
人間の体の中の血をかきたてるものが、リズムとメロディーの中から湧き上がってくる。
太古の時代から繋がる、命の鼓動なのかもしれません。

それは、さておいて、学校の予習復習もしなくてはいけないのです。
大変だァ!
なんだか受験生に、なった気分ですよ。
群衆の歌詞の紹介は次回に・・・・・・・
勉強を再開します

画像

冬の花、椿です。

春の声

3月と聞くだけで春になったような気がします。
でも1日の土曜日はクタクタで家に帰ったら伸びてしまいました。
3月なのでテンプレートも替えて、シュウ様から頂いたクリスマススローズが3年目の花を開いてくれたのでUPしようと思いましたが、11時を過ぎるとブログの時間帯なのか混雑するようで画像が上がりません。
とりあえず、今日はお風呂に入って寝ます。
又明日ね。春だ復活するぞ!