有名人ムッシュウ ロバンソン・クルゾエとは? 

昨日の雨から打って変わり、抜けるような青空です。
外の日差しは8時で、もう肌を焼く暑さになっています。
でも窓を開けていると、爽やかな5月の風が吹き通り、まるで天国のようです。
5月は、大好きな花開く季節!

画像

この薔薇の花は、お花と小鳥とキノコが大好きなmademoiselleからいただいた物です。
mademoiselle いまだにmadomoiselle と入力する癖が直りません。
e はイーではなくって、小さな  の音なのですが・・・
先週、先々週と休みだったmademoiselleにノートを貸してあげたら、自分で育てたステキな薔薇をわざわざ我が家まで持ってきてくれたのです。
Elle est très gentille. Merci ,beaucoup .
エレ トゥレ ジョンティーユ  メルシー ボク
彼女はとても親切です。ありがとう

それにしても 「ノートを写させて!」なんて言われる幸せ
まるで高校生に返った気分!!
私の若さの秘訣は、ここにあるのです。

前回16日から文法が、条件法に入りました。
現在形、過去形、未来形、半過去、複合過去と進んで条件法にたどり着いたわけですが・・・・
これでと異なる動詞の活用・・違う形が新たに出てくるのです。
動詞の活用の事を conjugaisonコンジュゲゾンといいますが
私の頭の中では、コンジュゲというよりコンラン樹という樹木になってしまった気分です。

条件法の活用を書き出したら、こんどは半過去、未来はどうだったかしら?
結局、全部書き並べてみないことにはと、一つの動詞で5パターンの活用形を書き出す羽目に陥ってます。
par exemple(たとえば)
manger 食べる これが原型・不定詞と言います(infinitif)
Je mange  (私は食べます) 現在形
ジュ マンジュ
J'ai mangé (私は食べた) 複合過去
ジェ マンジェ
Je mangeais(私は食べていた)半過去
ジュ マンジェ
Je mangerai(私は食べるだろう)未来形
ジュ マンジュレ
Je mangerais(私は食べたのに・・・実は食べることが出来ないという意味を含む)条件法
ジュ マンジュレ

またそれぞれが主語によって(あなたはとか私たちはとか6種類)全部変わっていくのです!!

爽やかな5月の風も、天国から地獄に変わっていきそうですね。

とにかく練習からと先生は綺麗な海の写真の載った1枚の紙を配りました。
海の上に浮かぶ椰子の木の島と、端っこに赤い帽子のセクシーな水着の女性が・・?
先生は聞きました
Qu'est-ce que c'est ça ?
これはなあに?
私は答えました。
Paradis!
天国。
先生は正しく言い直します。
C'est le paradis !
それは天国です。
なんと!天国にも、ちゃんと定冠詞がつくのであります。
天国は一つしかないから le いくつもある内の一つなら un なのであります。
それにしても予想外の返事でしたね。でも先生は動じませんでした。
C'est vrai . Ça ressemble le paradis .
そうね、それは天国に似ている。
Vous êtes déjà allés au paradis
あなたがた天国に行ったことがありますか?
Voilà , aujour'dui , vous allez au paradis .
ほれ、今日、あなたたちは天国に行きます。
さて、それは本当でしょうか?

これは無人島です。
そしてこの女性は、あなた方がよく知っている有名人の奥さんです。
Qui est ce ? Il s'appelle comment ?
彼は誰?    彼は何て言う名前ですか?
「知らんやん!」とブーイングしていると
「彼の名前は、ロバンソン・クルゾエです。ムッシュウ ロバンソン・クルゾエ」
私、桝添さんなら知ってるんだけれど、クルゾエさんって知らないわ~?
Robinson Crusoé
でも、この綴りを見たら何か感じませんか?
そう、私たちが知ってるのは、ロビンソン・クルーソーと言ってましたね。
フランス語読みだと、クルゾエさんになってしまうのです。

この日私たちは、Robinson Crusoéに変身してしてしまいました。
もし船が沈没したとき、

Si vous étiez Robinson Crusoé, Qu'est que vous allez emporter ?
あなたが ロバンソン・クルゾエだったら、何を持って行きますか?
Si j'étais Robinson Crusoé ,J'emporerais ○○!
私が ロバンソン・クルゾエだったら、○○を持って行くのですが~

例題に3つの絵が入っているボックスが8個あって、それから選ぶのですが、持って行くわけを言わなくてはいけない。
1 は 切手、海図、お金
2 は ラジオ、携帯、カセットデッキ 
3 は 瓶入りコーラ、角砂糖、ビスケット
私の場合は、あれをとしか言えそうにありません。これでは、持って出る前に沈没するのが確実なようでした。

もし、浜辺でコーラの瓶が流れ着いているのを拾ったら、マダム、クルゾエの私からだと思ってください。私だったワインの瓶の方が好きなんだけれど

ではこの辺で・・・・・ Au revoir !
スポンサーサイト

5月の夜明け

090515-01

5月、朝5時頃、琵琶湖の東から朝日が昇ります。
早寝早起きという訳ではないのですが、目が覚めてしまうのです。歳ですねえ~
新聞を取ってきて、半分意識朦朧と目を通し、そうそう起床時に飲まなくてはいけない薬を飲む・・
カルシウム剤だと思うのですが、飲んだら横になってはいけないという早起きを推奨する健康的なお薬なのであります。
6時半になったらラジオ体操。屈伸すると膝が鳴りますねえ~パキポキと・・・
時間によっては自彊術をする時もあります。
それがよかったのかどうか、アクシデント後3週間で、待望の階段登りがクリアー出来ました。
一昨日は1階から3階まで、昨日は1階から5階まで・・・
そして、今日は1階から11階まで、ゆっくりとですが、支えなしに歩くことが出来ました。
歩いた後に、やはり負担がかかって、少し痛いけれど、この分なら大丈夫です。
来週から整形外科で、リハビリ復活いたします。

090523-1学校に行く以外は、ほとんど閉じこもっている間に、世間はインフルエンザで大騒ぎでした。

先週土曜日23日、京都駅から学校までタクシーを利用しましたが、なんと都大路は、ガラガラでした。
昼過ぎに渋滞なしで動けるなんて、なんと珍しいことでしょう。
運転手さんも、「観光シーズンなのにさっぱりですわ」
と嘆いていました。
そして帰りの、京都地下鉄、東山駅。
5月の観光シーズンの夜7時に、このガランとしたホームです 
まるで、終電車のような光景です。

今回の騒動で、日本人の気質・・・
「右に倣え」を、つくずく感じた次第です。




それはさておき、健康はまず野菜から、北川農場から、春の野菜が届きましたので、今日の夕食は、空豆の煮付け、サラダ菜、お肉一寸の酢豚風と豆腐とキノコの味噌汁、キャベツとキュウリのぬか漬けです。
これからはぬか漬けを付けていたら、それだけで良いわという感じです。
それでも、まだまだ野菜が足りないのかなあ?
まあ、ちゃんと作る日と、手抜きの日と、メチャクチャ落差があるので仕方ないですが・・・


090528-1



インフルエンザ騒動に思う

TVの報道がすべてではないはずなんだけれど、その影響は大きい。いや大きすぎるかも?
このところ、新型インフルエンザが、やってきたと大騒ぎになっている。
確かに、かからないように用心するに越したことはない。
ワクチンがまだ開発されず、世界的に死者が5千人を超してるというので大騒動なのだが、これは充分対処出来る問題ではないかしら・・・と私は思うわけです。

それより、昨年1年間、日本国内の自殺者数は3万2249人。
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2009-04/03/content_17551369.htm から引用

また日本の自殺者数は、1997年の2万4391人から、1998年には3万2863人へと急増し、高止まりした状態が続いています。とのこと
http://www.lifelink.or.jp/hp/statistics.html  から引用。

年間3万人が死亡する病気が蔓延したら、それこそ非常事態の対策をとってしかるべきではないか?と思うわけです。
原因は、失業によるものが一番多いとか・・・
生きていたくないからではなく、生きていけないという思いになるから、人は死を選ぶのだと思います。
未来が見えない。というか、未来に悲惨さしか思い描けない・・・・
それが、はたして先進国かな?
インフルエンザに対応するぐらいの意識で、政府も自殺対策に取り組んでくれないかしらと思うし、報道にしても、あれだけ大騒ぎするなら、こっちに、もっと焦点を当ててくれたらいいのに何て思うのであります。

私自身にしても、これで体が動かせなくなったら、などと思い出すと、思考は、どんどん暗い方向へ走っていきそうな気がします。

生きることは楽じゃない。
でもちゃんと死ぬことも、大変なことだと、私は思います。
死水を取る・・・死水を取って貰う・・・それは、人は一人では死ぬのも大変だって事です。
人の手を煩わせて、介護されて死にたくはない。
亡くなる前の母も、ずうっとそう言っていました。
でも突然死でもなければ、介護される自分を受け入れるしかない。
それは、介護する側にとっても大変なことですが、介護を受ける本人にとって、なかなか受け入れがたい困難な選択なのです。
でも、それを受け入れる覚悟をした時の人間は、また凄いんです。
なんといったら良いのかなあ・・・・・・
生きることを全うする覚悟とでもいうか。
どんな時代であれ、どんな環境であれ、その気持ちは同じなのかも知れません。

それは頭で考えることでなく、命が自らを知る時だと思うのです。
お金でも、地位でも、名誉でも買うことは出来ない。
そこまで行って、はじめて命を生ききったと言えるのだと思うのですが・・・

だから、生き抜くのも、本当に根性のいることなのだと思ってます。
わたしに、その覚悟が出来るだろうか・・・
いえいえ、それこそ、生き抜いた先に、結果としてどういう形の最後が来るか、くよくよしなくて良いんですよね・・・・

キャー、もう生きていけない!・・・と思ったとき
「人生に簡単と言うことはない!」この言葉を呟きましょう。
Rien est facile dans la vie.
  リヤン ネ  ファッシール ドン ラ ヴィ
(人生に簡単という事はありえない)
私のフランス語の先生のお爺さんが、いつも口癖で言うそうです。
世界中どこに住んでいても、ちゃんと生きるには根性が要るのだ。

話変わって
夕方、スーパーに行って、マスクのコーナーを見たら、みごと売り切れていました。
みんな対応速いな~
あれこれ、考える前に、買いに行っておいた方が良かったかもしれませんね 
外出時には気をつけて、帰ったら必ずうがいと手洗いをいたしましょう。






いらっしゃい!バカンスを過ごしに!

なんて手紙を書けたらいいですね
GW開けの宿題は、
「自分がバカンスを過ごしているLa Trinité-sur-Mer に友達を誘う手紙を書いてきてください」
おやおや、まさに夢のような話ですね。

日本の会社で5週間も続けて休みが取れるはずはないのですが・・・・
そのつもりで書いてみました。




Chers Yuko et Fumiko
拝啓 ユーコ、フミコ
Vous passez de bonnes vacances à Paris ?
パリでステキなバカンスを過ごしてますか?
Moi, maintenant , je resute à la villa de Chihiro à
私は今、チヒロの別荘にいます。
La Trinité-sur-Mer .C’est comme un château . 
 ラ・トリニテシュルメールの。それはまるでお城みたいよ。          
La-bàs , il y a la mer , une rivière , les plages ,
ここには、海、河、砂浜があります。
et puis il y a des pâturages que Chihiro adore .       
それにチヒロの好きな牧場もあるのよ。
C’est très beau . si vous êtes là ,
とても綺麗ですよ。もしここに来たら
vous oublirez des choses stressantes .
貴女達いろんなストレス忘れるわよ。
En plus , il aura une fête villageoise la semaine prochaine .
おまけに、来週、村祭りがあるの。
on dansera et chantera autour d’un feu de joie .
祝いのたき火を囲んで踊ったり歌ったり出来るわよ。
Ce sera très interessant et amusant peut-être .
それはきっと、とても興味深く楽しいと思うわ。
Donc ,si vous avez le temps ancore , Viendrez-vous ?
だから、まだ時間に余裕があるならいらっしゃいよ。
Chihiro et moi voulons beaucoup vous revoir .
チヒロも私も、貴女達ととても会いたいと思ってるの。
Pas besoin de réponse , venez vite !
返事は要らないわ、速くいらっしゃい !
Le 9 Mai 2009
  2009年5月9日




反省

先生に色々チェックしてもらいました。
定冠詞と部分冠詞がゴッチャニなっていて冠詞の使い方が、まだまだ出来てない。
形容詞の扱いが、スク数の時は語末にSを入れるのかどうかと混乱しています。
過去形、未来形・・・動詞の活用の使い方、まだ無理ですね
bonnes vacances
こんな慣用句は、慣れるしかない!!

私には、お盆休みのイメージしか湧いてこないのですが・・・・
一ヶ月も仕事を離れて、のんびり過ごせたら、確かに人生観も変わってくるでしょうね。

焼き肉日和

5月10日、日曜日。Mちゃん囲んで二年ぶりの焼き肉パーティーです。
焼き肉にぴったりの快晴となりました。
膝を痛めたとばらすと、みんな遠慮するかもと思い内緒にしていましたが、来たら分かるわねえ。
「どうしたんですか?」  「また、やっちゃいました。」

と言うわけで、来た人達は全員働いて貰うしかなかったのです。
「あれをタンスの上から下ろして、テーブルや椅子を運んで!」
力は使わず、私は、ひたすら口で勝負です。

皆に食べて貰いたいと、対馬から取り寄せた、サザエと緋扇、水烏賊に、イサキ等・・・・
これも、荒天だったら着かないかもとハラハラしてましたが、日頃の行いが良いので、ほれこの通り。

サザエと緋扇貝

O君曰く
「ホタテですやん!」
「ホタテじゃない。貝殻が紅色してるでしょう。だから緋色の貝で、緋扇貝ちゅうのよ!」
「でも、ホタテですやん!」

ああ、やっぱり、O君は何年たっても成長の気配なしですね。
それでまた、昔の職場の雰囲気が戻ってきます。

下が水烏賊。ぶあいつい烏賊ですよ。

090510-02

090510-07緋扇貝。
焼けたらこうなります。
そこで、「やっぱり、ホタテですやん。」
「黙って食え!」
「わあ~!喰って良いんですか!頂きます。」
勿論、サザエもあります。
すると「サザエは、この雲★が美味しいですやん」
「言うな馬鹿もん!」昔は、こんな毎日を過ごしていたのでありました。



旧職場のメンバーの他に、飛び入りゲストが二人。総勢大人8人、食べ盛りのギャルソン1名、それに幼児が1名という構成でした。
小学校に行くまで、あと2年あるという子供でも、今は大きいですねえ。
お父さんは、おんぶして脱臼してしまったそうです。
横にいるのは、人間に見えますが、宇宙から来たダダ星人であります。
090510-06

090510-08
メインの肉と魚介がいっぱいで、ほとんど野菜を食べなかった一日でした。
コレステロールが気になる皆様、ダイエットに励んでください。
パラソルの陰に座っている謎の人物?
沢山の差し入れをありがとうございました。
中でも美味しかったのが、生クリームとマヨネーズに小エビと小ネギを入れてつくったディップ。クラッカーにのせて食べると最高でした。
090510-04

食べ物の話ばかりで、報告になっていませんが・・・・・
これも、O君現象の後遺症です。
姿は見せませんが、Mちゃん元気になりました。ありがとうございました。


水泡に帰す・・・・

090502-1

3キロの鉄アレイを足の裏にくくりつけての筋トレを頑張ってしていたのですが、いつも行っている鍼灸院の先生に言われました。
「それは感心しませんね。関節に負担がかかって良くない。それならば、まだ腿に置いてした方が良い。昔は病院のリハビリでして居たけれど、20年ぐらい前からしてないはずです。」
げえ~!昔手術をして貰った京都府立医大の専門リハビリでしていた方法なので、信じてしていたのに・・・・
でも、膝を持って、こう力が入ると、こちらに負担がかかってと説明されて、納得・・・
それからは、寝る前に、太ももを自力で緊張させる方法をとることにしました。

何はともあれ、少しずつ回復していっていたのです。
そして、かかった整形外科でも、5回目のヒアルロン酸注入が終わりリハビリで筋力を付けようと指導を受けました。
歩けば、膝がパキパキ音がするのですが、痛みはないし正座は出来ないけれ、横のぐらつきから少し痛みが来るぐらいでありました。
が7日木曜日のことです。
大阪からの帰り、大阪駅のホームにあがったらまさに4時半の新快速がしまりかけているところ。
それっと、走りかけたとたん右膝が「パキン!」と高らかに鳴りました。 ギャー痛い!
それでも2,3歩、歩いてでドアの内側に入り、ドアの手すりにつかまって
「ウー・・・痛い」  声に出さずにうなりました。
空いてる座席があったので座らせて貰って、京都まで。
立ち上がろうとしたら、右膝では立てない。
乗り換えの為の向かい側ホームまで10歩ほどを必死で歩きました。
そして帰り着いた駅で「これは病院に行くしかない」と結論に達しました。
このまま、タクシーで帰っても良いのだが、夜中に腫れたら後がややこしい。
そこで、こまったのが、タイツを履いてきていないと言うこと 
目の前のスーパーに、のろのろと歩いて、まず3部丈タイツを買いに来ました。
昔々の大昔、明治時代だと思いますが、白木屋の火事で沢山の女性が焼死したと言う話を母から聞いたことがあります。
昔は着物の下にパンツなど履かなかったから、飛び降りろと言われてもためらっていて焼け死んだそうで・・・・何となく、その気持ちが分かります
いえ、私はパンツツは履いていたのですよ。
それも勝負パンツなどではなく、グレーの婆色のおとなしいパンツ。
それでも、ためらう・・・まだまだ乙女心ですね。
その後で、気がつきました「木曜ではないか!病院休みだわ」
診察券を取り出してみたら、なんと営業されていたのでした。本日ばかりは有り難いと感激しました。
そして、診察。愛想の良い先生はにっこり笑って
「どうしました、治りかけていたのに・・・おうおう、レントゲンを撮りましょう」
その結果、骨に異常はないけれど痛み止めを注射して、水を抜いたら
「ほら、出血してますね、注射器の中にこれだけ」と・・・・見せてくれました。
だから外には出てないけれど中で、どこか外傷になってるとのこと。
私の感覚では、ぐらぐらしている関節が、ドンと足を着いた弾みで、バキンと入って、いつもこすれて引っ掛かる所が欠けるか切れるかしたんだと思うのです。
「これで、痛みが引かなかったら、またMRIを取りましょう」ですって。
勘弁してよ~!

さて、夜が明けて本日。どうやらじっとしてる分には痛みはないようです。
ですが、わずかな段差でも右足では上がれない。
明日の授業の日仏会館の教室はエレベーターなしの3階です。
明後日は我が家で焼き肉派^ティーの予定もある。
少しでも準備の買い出しを、歩くより自転車が良いかもと、乗ったとたんに「痛い!」でも左足だけで漕いだら何とかいける。
あれこれ自転車の前後の駕籠に乗せて、帰りは引きずって帰りました。この重さでは漕げません。
帰り着いたら、しばらく寝込んで・・・・

この分では、明日はお休みした方が良いみたいです。
ああ、もう授業について行けないかもしれない・・・トホホ

090507-2大きな疑問
三部丈パンツが5部丈に見えるのはなぜだ?
そして膝サポーター
探したら、引き出しから続々出てきました。
1,2,3,4セットもありますぞ!
これは昔、通販で購入して、ほとんど使ってなかった分です。
ということは、何度も、膝が痛んでいたのですね。
ただし、今までは、すべて左膝でした。
これで、左右、揃ったわけです。

左膝のつぶやき
「長い間、30年も、庇ってきてくれてありがとう。いつもいつも何にも言わずに、そっと庇ってくれてたね。
今度は、僕がお返しする番だから、心配しないで。僕、頑張るからね。大丈夫だよ。力を合わせて、また羽のように歩けるようになろうよね  
なんて、こんなやさしいことを言ってくれるのが、ステキな彼だったら、もっと良いのにね!
こんな脳天気なことを言ってる間は、まだ乗り切る元気が残っているのかもしれません。

でも、だれか元気の出るようないエールを送って下さいな。



Ce n'est pas grave ! (たいしたことではない)

快晴のGW!
部屋の中はヒンヤリしているのに、外はポカポカのようです。
そこで、ミニテーブルルと丸椅子をバルコニーに持ち出してお勉強です。
ああ、まるでフランス人みたいと、一人悦に入っています。
なにしろ、彼らは、寒い冬でも外で寛ぐことを好むのです。寒いと思うんだけど・・・
画像


4月25日土曜日は、朝から雨でした。
そんな時、
Ah! aujourd'hui. qu'est-ce qu'il fait beau !
オウ!アウジュルドゥイ ケスキル フェッ ボウ
「何て良い天気だろう!」と、よく言うんですって。
フランス人は皮肉が好きです。だから雨の日に、こんな表現をする。
でも晴れた日に「なんて雨なんでしょう!」・・それは無いよね。

この日は、仕事の話から、超過勤務をよくしますか?
超勤、残業と私たちが略すように  Suppl(シュップ)と略して言うそうです。
正式には Supplémentaire(シュプレモンテール)
さて、フランスでは、残業どころか、週35時間勤務と決められてるそうです。
何年か前までは39時間だったのが、法律が改正になって35時間になった。
その上、1982年から5週間のVacances(バカンス)を取らなくてはいけないのです。
5週間!! すごいなあ~ 彼らの休みにかける根性は徹底しています。
5週間も続けて休暇をと言われると、大半の日本人は、途中でたまりかねて出勤してしまうのではないでしょうか?
でも今の大統領、ムッシュ サルコジ は右派の人なので、労働時間を増やしたがっている。
Il faut travailler plus pour gagner plus.
イル フォ トラバイエ プリュ プール ガニエ プリュ
ガニエは稼ぐと言う意味。いっぱい稼ぐにはいっぱい働かなくてはいけない
この考えには、賛否両論あって、酒を飲むと議論の花が咲く・・・・
で、そのことについて、あなた方はどう思いますか?
この話題は、あまり盛り上がらず、先生は一生懸命会話を引き出そうと頑張っていました。
友達同士で、どんな話をしますか?
「上役の悪口・・・」「ウイウイ、それは大事なことです。分かります」
でも、政治、経済関係の話は出ないようです。

で次の話題に移って・・・
ムッシュ・クサナギについてどう思う。
「英字新聞の一面に載っていて、恥ずかしかった」
「TVの姿からオーラが消えて、ただの小父さんになっていた」etc
私の意見は
Ce n'est pas grave ! 
ス ネ パ グラーブ (たいしたことではない)
マスコミの騒ぎすぎですよね。
こんな事に大騒ぎするなら、今回の赤字国債抱えての大判振る舞い、ソマリアへの軍隊出動とか、もっと騒ぐべき問題が山ほどありますよね。

公然猥褻罪というほどのものかしら?
若者が(いや彼はもう若くないという意見もあるかもしれませんが)時に、羽目を外した。
場所と時が、悪かったですねえ~。
男友達同士の、馬鹿騒ぎの宴会場だったら、やりすぎたなあ~ですんじゃう所なんでしょうが・・・
面白かったのは、通りすがりに見たという外人さんへのインタビューで
彼はどうしてましたか?
「彼はナチュラルだった」
裸って、ヌードだと思ってたんだけれど、ナチュラル、自然って英語で言うんだ・・・
それに、ちょっと感動しましたね。
人間、裸で生まれて裸で死ぬ・・・・でも、その間は人前では服を着る動物であらねばならないのです。

アントワーヌ先生は
Quand j'ai vu ça. J'ai un peu rire. cette très amusant.
それを見たとき、私は少し笑った。それってとても滑稽だから。
il a trop bu . C'est une erreur.
彼は飲み過ぎた。それはエラー(失敗)だ。
Je pense qu'il va perdre beaucoup d'argent.
彼は大金を無くすだろうと思う。

CM契約とか打ち切られて、違約金を払わされるのではないかしら。
それにしても、騒ぎすぎと思います。
それは普通ではない。労働問題、失業、話すべき沢山の問題があるでしょう・・・て意見でした。

それにしても、品行方正のイメージの草薙くんだから、よけい話題になったのでしょうね。

皮肉好きのフランス人なら、こんな時に何というのか知りたいものです。
「日本人は、時間に余裕があるんですね?」なんてのはどうかしら?
(そんなお喋りに時間を使って・・)

まあ、それをネタにしている私も、同じですが・・・・

季節の香り

 タケノコ、蕗、スナックエンドウ       etc・・・・・
北川農場から、春の野菜が届きました。
今年は、ちゃんとレシピ通り、タケノコを茹でて、一晩おく。これをいたしました。
柔らかい穂先は若竹煮にしました。

090501-1

残りは、牛肉細切れと合わせたタケノコのしぐれ煮です。
090501-2

色が悪いって!・・
ほっといてください。味は保証します。
先日デパートで買ってきた、タケノコの木の芽和え・・・まずかった!
私の作った、しぐれ煮、美味しいですよ。
蕗は、厚揚げと一緒に炊いて煮物に、スナックエンドウは茹でて、バターを絡めてみました。
小イワシを買ってきて生姜煮にして・・・・
これが、私のGWの過ごし方でしょうか・・・

足の調子が悪くて、ろくろく歩けない日々が続いています。
でも、この突き抜けるような快晴にじっとしていられず。
歩けないなら自転車でと29日、琵琶湖大橋を渡って野洲の鮎屋の里の先まで、琵琶湖沿いに走ってきました。
自転車に乗って、足を着くのも、ちょっと痛いことは痛い。
どうしたら治せるのだろう?それとも、これから悪くなる一方なのか?
悪い方に考えたら切りがない!
リハビリを担当してくれている療法士さんは「筋力も骨も、そこそこ力がある」
と言ってくれてるので、無茶せず、ジワジワ治してみせるわ。
思えば、去年の夏にも、一時、歩きにくくなったことがあったっけ・・・・

負けるか!私はフェニックス!
とは言うものの、往復2時間足らずのサイクリングでした。

携帯で撮った写真は、ミニサイズですが、お天気が良かったので、気分は最高でした。


琵琶湖東岸から、西を望んだところです。
GWの始まりとは言え、人気の少ない湖岸でした。
午後3時頃出かけたので、サイクリング道路には、おそらく琵琶湖一周の後半の追い込みで自転車を走らせているであろう人たちに、沢山すれ違いました。
尖ったヘルメットに、かっこいいサイクリング車。
私は、勿論、前後にでっかい買い物かご付きのママチャリであります。



まあ、今日はここらで引き返そうか?
これだけでも、しっかり、お尻が痛くなってきました。
琵琶湖一周する人たちって、お尻痛くならないのかなあ?
私はこれ以上行くと、帰りが辛くなりそうで、結局、ほんのちょっとだけで引き返してきました。
だって、これからのモットーは
「頑張りすぎない!まあ、いいかあ~」
を人生訓とすることにしたのですから・・・・・

そのうち、琵琶湖一周とはいかなくても半周ぐらいなら、日帰りで出来るようになりたいものです。