黄斑上膜入院記-3

3日目 8月15日(土)
手術は終わったが、病院での生活の一番の問題点。
夜中に、眠れない。
前日は22時半から12時ぐらいまで寝て目覚めると、もう眠れないのですね。
もっとも私の場合は自宅にいても、このパターンが多いのですが・・・
4人部屋なので、身動きしてもベットがきしみ、まして起きて何かを取ろうとしても、夜中の音は気になるものです。
そこでロビーに出て3時頃まで、ICレコーダーの音楽を聴いておりました。
明け方ウトウトして6時起床。
7時朝食。洗濯物をコイン洗濯機に放り込む。
じっとしていると体が鈍る。
地階にある売店まで行って買い物をし、上り下りは歩いてみたら、
後で言われたこと
「まだ安静が必要なので、このフロアーから出ないでください。」
ごめん、もう出ちゃいました
「仕方がありませんが、これからは気をつけて下さい。」

この言葉は、かって仕事していた時代にもよく言われたものでした。
「二度と同じ間違いはしません。」
「うーん!同じ事はしなくても、考えもつかないことを貴方はやるからね!」
独創的と言って欲しいんだけれど・・・・

090815-02

TVあり(有料ですが)TVの下は冷蔵庫(こちらも有料24時間200円)あり、バランスの取れた美味しい食事が毎回付き、しなくてはいけない宿題もたっぷりあって、昼間は本当に結構なところです。

でも夜は9時から就寝、実際は7時頃からお休みモードです。
夜も遊べたらいいのだが・・・・・
何のために入院しとるのだ!馬鹿者!!と雷が落ちてきそう・・・・

「早く飲むと、早く効力が切れますが、夜中過ぎに飲むと朝まで残るので、12時までに飲んでください。」とのことです。
だからだいたい11時半頃飲んでいました。
おかげで、途中で目が覚めても何時間も目覚めてしまうというパターンからは抜けられました。

髪も顔も洗えないのかと、一番気にしていた事も、手術前の日のシャワーをあびて洗髪。
手術後は、看護師さんの手で洗髪を2回して貰え、顔に気をつけてのシャワーも週に2回出来て、ホッといたしました。

手術の後、眼帯の下で目がゴロゴロする感じがある
「縫った糸の所為なのだろ!」と勝手に思っていたのですが、部長先生に聞いたら
「縫っていません。」
ブログで縫ったと書いてあったのを読んだ記憶があったが、医療技術はドンドン進んで今では縫う必要もなくなっているようです。

18日まで眼帯の下にガーゼを当てていました。
眼帯1

19日
担当の吉武先生は、いつも8時前から検診してくれる。
いったい何時に出勤してきているのだろう?
働き過ぎとちゃうか?・・でも、若い内は苦労しておく方が良いのかもね。
苦労がいつか花咲くときもある・・・・
「よく働くねえ!」 と小母さんは思わず言ってしまいました。
この日の検査で、ガーゼを外して眼帯だけになりました。
少しのことですが開放感があります。
隙間の穴から世界が見えるので両目で見てる感じがするのです。

眼帯2

汚い顔ですが・・・・・眼帯だけ見てくれ・・・・・

黄斑上膜の手術後は、あまり良くなった感じがないと聞かされていたが、本当です。
「やっぱり、縦線が曲がってる気がするんだけれど・・・」
膜で引っ張られていた癖が取れるまで日数が掛かるそうです。
引っ張らずに干した洗濯物状態なのだろうか?
そして、右目で見るとやけに明るい感じが、左右でフロアーの色が違って感じる。
左目だと青っぽい。右目だと黄色の感じが強い。
それは、白内障の手術で濁りがとれたから明るく見えるのでしょうね。

今眼鏡を作っても駄目。視力が安定するのに3ヶ月。
見え方を訓練して1年。
あちゃ~!夏休みに、目を治してしまって、秋から頑張ろうなんて思っていたのに・・・・

しゃあないなあ~。
授業についていけないのは目の所為です。
と言うことにしておこう・・・・・




スポンサーサイト

黄斑上膜入院記-2

さて入院二日目、8月14日。
火曜日と金曜日が、手術の日と決まっているようで、朝から夕方まで手術ラッシュです。
私は10時50分からの予定でしたが、10分ほど早く順番が回ってきました。

手術前に同じ看護師さんが、時間を空けて、目薬を11回挿しに来ます。
「その都度、フルネームとどちらの側か言ってください」
隔離をさした回数と、本人確認のためななおでしょう。
1.2.3回目までは
「OOです。右側です。」
4回目・・・「大原麗子。右側です。」
看護師さんは笑いながらも 「OOさんですね。」と確認して点眼をしました。
次は藤原紀香にしよう。
でも、視力より記憶力が衰えていて最近の俳優さんの名前が全然覚えられない私です。
5回目は
「マイケルジャクソンです。」 なんと世界までワープしてしまいました。
しかし手術場でこれをやるとしかられそうなので、温和しく通関手続きを済ませ入場です。
手術はつつは石に座った形で行われます。
意識があって、座った形での手術というのは、私の人生経験の中では初めてでした。

目をバッチリ開いたまま、透明ゼリーの様なファイルが目にピッタリ張り付く。
ボンヤリ明るさはあるけれど見えない世界。
眼球に針を3カ所入れて手術をするらしいのですが、痛みもないし、私にはどうなてるか全く見ることが出来ません。
ああ、見たかったなあ~!!
「顕微鏡入れて!」と先生の声がする。
《顕微鏡?》 そんなでかいモンを目の中に入れるのか!

moumakuhakuri_6

眼底の黄斑上膜を取り去り、硝子体の半分ぐらいを抜いて、水を入れるんだそうです。
説明を受けた時
「後で水を足さなくってもいいんですか?」
なんて聞いてしまいましたが・・・
植木鉢ではないので水は1回で良いそうです。

人によっては上膜が取れていくのがはっきり分かるそうですす。
感覚のにぶい私には、残念ながら、感じられませんでした。

目玉を動かしてはいけない。
これが手術を受ける側の、第一命題です。
でも、なんにも見えないのに視点を定めているというのは、なんか自信が持てない物です。
まっすぐのつもりでも、視点が下がっていっているのではという気がします。
そうすると 「まっすぐ向いて!」 とそこで声が掛かります。
だんだん緊張して体に力が入りそうになるので、ひたすら意識を腹式呼吸をしてリラックスしておこうと努めました。

3カ所穴を開けると言っても、きっと縫い針より小さな物だと思います。
耳かきより小さな道具を、どうやって使ったのか、本当に見たかったなあ~。

30分ほどで「終わりました」との声が聞こえホッとしました。
部屋に戻って、1時間は上を向いたまま安静状態を保ちます。
みんなお昼ご飯を食べてるみたい。お腹空いたよ~!

という感じで、無事手術は終わりました。

黄斑上膜入院記-1

2009年8月13日から8月22日まで、黄斑上膜の手術のため大津日赤に入院してきました。
この病気については2年前に京都府立医大で指摘され、その後、家の近くの眼科で検診して貰っていたのですが、症状が少しずつ進んできていました。

どんな症状かと言うと・・・
ベランダの柵が曲がって見える、というより斜めに傾いで見える気がする。
右目だけで見ると、文庫本の文字が潰れたような感じに見える。
TVニュースの大きな題字の部分がギザギザになってる。
英語やフランス語、つまり、アルファベットの辞書が凄く見にくい。
読書用の眼鏡を掛けても mなのかn なのかeなのかrなのか?特に夜には分かりづらく、頭痛がしてくる。

暇な夏の間に手術をして、秋からは、元気に復活と思っていたのだが・・・

下記のブログで、要領よく体験記をまとめてくださっている方がいたので、凄く参考になりました。

http://blogs.yahoo.co.jp/eijicomoto/55038946.html

が、1年で技術が向上したのか、病院によって違うのか、時間も1時間ぐらいと予想していたら30分で、酸素を鼻になんて事もなく、心電図は取っていたようですが、糸で縫うと思っていたら、それも一切使ってありませんでした。

手術後の目のゴロゴロ感に「きっと縫ってある糸の所為だわ」と思って先生に尋ねたら「縫ってないですよ」とのことでした。
「 ヒエ~、ほんまに!縫わなかったら、中身が飛び出さないのかなあ?」と思ってしまいました。

ダラダラと話の長い私ですので、ボチボチとご報告させていただきますね。

8月13日(木) 1日目です。

10時に病院に入り、入院受付。病棟は5階で、4人部屋でした。
安いに越したことはないわとお願いしていたのですが、大部屋と言っても最大4人まで、2人部屋が、数としては一番多いようでした。
まず、認識番号を腕に付けられます。
生年月日、名前、それにバーコードがついた腕輪を手首に付けたら、もう退院まで取ることは出来ません。

090813-01

窓から比叡山方面が見えて、眺めはなかなか良い場所です。
しかし、外の空気が吸いたい私なのですが、窓を開けても網戸が密着している。屋上にも、外回りの回路にも出られないようになっています。
病気を儚んで自殺をする人が出たらいけないという配慮でありましょう。
窓にも中にしっかりした粗い網が入っています。
脱出願望の強い私には、ちょっとイライラが募りそうだあ !
窓から三井寺が見えています。分かるかな?

まあ今の心境を、強いて言えば、三井寺にこもって源氏物語を書く紫式部の心境というか?

090813-02

同室の方々に挨拶し、病院内を探検して、まず売店の場所を確認、これで一日目は終わりです。

日中は冷房が効いているが、夜中12時から8時までは冷房が止まると聞いていたが、この日は猛暑だったせいか朝まで冷房が聞いていて涼しかったです。
でも不眠症の綿者、やはり眠れず、夜中過ぎ1時から3時ぐらいに、ロビーのソファーで、しばらく過ごしてしまいました。

無事退院しましたよ!

大津日赤・・・予想以上に立派な病院でした。
院内にエスカレーターまであるのです。
ここはデパートかって・・・・・?
いやあ、時代は変わっているんだと言うことを、いろいろ体験してきました。
とりあえず本日は退院のお知らです。
目には睡眠が一番、お休みなさい・・・・


090813-04

明日から久しぶりの入院です

今日は朝から、掃除洗濯をして、すっきりお出かけの準備をと思ってましたが、暑さの所為か、目の所為か、1日中頭が重くて、午後はダラダラとうたた寝をしてしまい、相変わらずの乱雑さ・・・トホホ

予定通り行かないのが人生。まあ、そんなものだと腹をくくりましょう。

昨日、友達から電話が掛かってきて
「9月10月とパリに行くことにしたから、良かったら私が行ってる間に来ない?」
とbig news !  
「私は今週から入院なの・・・」
とお喋りが弾みましたが、彼女は確か、先日から目眩がしてダウンしてると人づてに聞いていたのですが・・・
「そうなのよ。申し込んだ後に、体調が崩れたんだけれど、思いきって行ってくるわ。今行かなければ、次にと思っていたら、自分の体、親の体がどうなってるか分からないから・・」
ここ3年、毎年夏に3ヶ月、ソルボンヌで勉強してきてる彼女のこの行動力に、ガーンと感動しました。
この根性が彼女の今までの人生を作ってきたのでしょうね。
なんか元気を貰いました。
本当に、元気が復活したら、秋のパリに行ってこようかな?
脚だって動く内に行っておかなければという気もしてきます。

まあ、それはともかく

その前にお勤めの1週間が控えているわけです。
後悔は「こんな暑い時期を選ばなければ良かった!」それだけです。
髪が洗えないという事を、全く考慮に入れてなかった私。
汗かきなのに1週間以上髪を洗えないのか・・・・・
何よりも、それが心配です。

手術は、医者様に任せるしかないし、あれこれ考えても仕方がないですからね。

とりあえず、ICレコーダーに、アズナブールと徳永英明のCDを取り込んで、スタンバイです。

さあ、早く寝て、明日は早起きして、頑張って行ってきます。

ではまたね

月の足跡

Qu'est-ce que vous pouvez me dire ce que c'est que cette photo ?
と先生は質問をしたと思う?ちゃんと聞き取れてないかも・・・
この写真について貴方たちは私に何であるか言うことが出来ますか?
私はボソッと呟きました。

「Trace ?」 (足跡)
ああ、どうしても単語だけになってしまう私・・・駄目だなあ~
先生は言い直してくれました
C'est une trace de pas.   (それは一つに足跡です)
C'est une maeque de pas. (足跡のもう一つの言い方足のマーク 印かあ~)
画像


なんでこんな話題になったかと言うと、
Cette année , il y a 40 ans qu'on est allé sur la luneé
今年は月に人が行って40年です。
そうなんかあ~・・・私にとっては、つい昨日のことのような気がするんだけど・・・
先生は生まれてなかったって・・・・フンだ

なぜこの話題を持ってきたか?
条件法のおさらいをしたかったのですね、先生は?
ああ~、私には月より遠い条件法だ~い!

あなたは月に行きたいですか?(もう条件法に入ってます)
Vous aimeriez aller sur la lune ?
口頭で言っていないけれど、
もしそれが可能なら
Si C'était possible.
という意味が含まれているので赤字の部分 aimer が条件法になるのです.
私は絶対行きたくない!
Je n'aimerais y alle vraiment pas !
だって、息の出来ない場所なんていやじゃん!
Parce que je déteste des lieux où je ne peux pas respirer.
もしそこでニール・アームストロングに出会ったら何と言いますか?
Si vous rencontriez Neil Armstrong , qu'est-ce que vous lui diriez ?
もし私が彼に会ったら、頑張りましたねと言うでしょう?
Si je lui rencontrais , je lui dirais   “Bon travail ! ”

青い時が半過去で赤字が条件法になりますが、もちろん一々辞書で確認しないと書けない私です。
頑張ったねというんのは、良い仕事をしましたね・・という言い方になるんだそうです。
私は Bon courage!
でいいのかなと思ったのですが、それだと
「頑張れ!」になってしまうのですね。

アームストロングさんに言っている場合ではない。
私こそ、自分で自分に頑張れのエールを送っておかなければ・・・・
明後日から、入院して、目が見えやすくなるよう手術して貰います。
良くなってくれると良いんですけれど!
私は自分に言う、頑張れ!
Je me dis que Bon courage !

言い方はこれで良いのかしら?
間違っていても先生に伝わっちゃうというのが私の凄いところかな?

さあて、しばし私のバカンスが始まります。
À bien tôt !(では、またね!)

夏だ!

 今日から夏です。と勝手に決めました。
やっと雨が上がって、夏の雲が空に・・・・
でも本当に天候不順の今年ですね。

090808-01

朝から洗濯と掃除で、あっという間に午前中が過ぎてしまいました。
掃除機を使うと、さっそく足腰に響くという情けなさですが、それでめげるような私ではありません。

昨日は休眠中だった電気自転車の埃を払い、充電いたしました。
今はやりのエコ生活かって?
いえ、佐川のプールに一人で行こうと思うと、足の軽い電動自転車に頼ろうかと思ってしまったのです。
この自転車、病気を患った後、転勤希望を出して、通勤用にと準備した物なのですが、結局転勤話は没になり、使わないまま寝かしておいた物です。
ここらで使っておかないと、無用の長物で終わってしまいそう。

そういうことで、かんかん照りの中、帽子に手袋、その上からジャケットという完全防備スタイルで、自転車出動。片道1500mぐらいの琵琶湖大橋を、登りだけ電気のスイッチを入れて登ったのですが、なんと途中で、バッテリーが減りましたの赤ランプ一つになってしまいました。
赤ランプ3個でフル充電、2個で少し減った・・・ところが一気に1個モードです。
なにしろ、10年前に購入して置いたままだったものです。ほとんど乗ってなかったのですが、バッテリーも弱って来ていたのでしょうね?

帰りは大丈夫かなと心配しつつ、プールで1時間未満泳いでの帰り、最後の1個の赤ランプが点滅で注意を告げるのを尻目に、橋を登り切りました。
かろうじて登りました。人力では、とても漕ぎ上がるのは難しい上り坂ですが、やはり電力の助けは有り難いです。
でも、これでは1回ずつ充電しなければいけませんね。
それが嫌なら、体力付けて、電気に頼るな!!

とにかく、ゆったり人の少ないプールを今年は体力作りに役立てたいと思います。
でも目の手術をしたら、1ヶ月ぐらいはお休みとなりそうですが・・・・・




ムッシュウ麻生の贈り物

急がば回れ・・・・それを思い知りました。
焦って早くやろうとしても、地道に足下を固めておかないと、物事は前に進まない。
日頃の学習を手抜きしては成果は上がらないのです。

自民党のおじさま達・・・
俺のことかと、ギクッとなさるかもしれませんが、いえいえ、私のお勉強です。
授業の録音を書き取りするのがしんどくなって2週間分ほっておきましたら、駄目ですね。
わたしには、この方法しかないと、夏休みの間にシコシコとやり直しております。
聞き直してると、

C'est très intéressant.
(それはとても面白いです。)

今週何をしていましたか?という質問に、若い子が答えています。
「市役所に給付金をもらいに行った」

Comment on dit Kyufukin en français ?
(給付金・・・ってフランス語で何と言いいますか?)
先生は言いました。
c'est le cadeau de monsieur Aso
それはムッシュウ麻生の贈り物ですか?

ほう、そんなええもんかあ~・・・と私は思いました。

Il n'y a pas de mot. parceque en France, je n'ai jamais vu un gouvernement gentil comme ça ! 
そんな言葉はありません。なぜならフランスで、私は、そんな政府の親切を見たことがなかった)

つまり、よその国では見たこともないような特異な政策だったのですね。
金額が1万2千円というのは、周知のことなので、定冠詞を付けて les 12000yens で例の12000円となるそうです。

Vous avez eu les 12000yens?
(その1200円受け取ったの?)
Non, parceque je n'ai pas de un carte d'identité .
いえ、私は身分証明書がなかった。
J'en ai . mais , mon adresse est changé .
(私は、それを持っていた。でも住所が変わっていたから)

人称代名詞 en を彼女はしっかり使っています。
この en が使えないと、まず普通の会話をするのは無理みたいです。
私と来たら、まだ 
J'en ai (ジョンネ)
(私それ持ってる)と聞くと、n の音が聞こえるので否定形だったかしらと狼狽えてしまうのであります。

そうですね。
どんなことにも慌てることのない、ムッシュウ麻生の動じない神経を見習いたい物です。

えっと、あなたはムッシュウ麻生の贈り物を私はどうしたかって?
私の場合、それは生活費として水のように消えてしまいましたわ・・・・・

そして、この給付金騒動の彼女は、授業が終わるとともに、ドイツに向けて空を飛び立っています。
オスロ回りで、まる1日かけてドイツに到着とか?若いと言うことは行動が早いですね。
なぜか、蕗の佃煮が彼女と一緒に大空を飛んでおります。
これの一部を無理矢理持たせてしまいました。
早く食べてしまってください?
怪しげな物と間違われそうです。
これはいったいなんなんだ?・・・ 


画像

奇跡の花火大会!!

なんと昨日は雨の合間につかの間の晴れ間・・・・・

雨の中を京都まで出かけたら、京都は気持ちの良い日差しが出ていて、比叡山を挟んで天候はこうも違うのかと思いました。
が、雨でも宴会を決行しようよ!とトータル5人で、我が家に戻ってくると、ラッキーなことにこちらも晴れていました。

バルコニーにテーブルを出し、酒宴をと言いたいところですが、アルコールに弱いお嬢様方と、車で来ているケンジ君では、飲むわけにはいかないので、気持ちだけと、350CCの缶ビールを5人で分けて、それも、飲める二人、私とヨシコさんは多めに注いで貰ったから、他の人は、ほとんど三三九度の量の乾杯でした。
私が作っておいた、怪しげな野菜料理
野蕗の煮付け、青とうがらしとちりめんじゃこの炒め物、夏野菜の甘酢漬け、オクラの煮浸し、カボチャと人参の煮物 。
ケンジ曰く、「ほとんど野菜の味ですね。」

それに、デパートで仕入れてきた焼き鳥、これは間違いなく食べられました。

メインの花火で我慢して・・・・
と思ったら8時頃から、音が聞こえるのに、花火は上がってないではないですか

ケンジ君が屋根によじ登り
「南の方に2cmぐらい見えてます」
それは雄琴港の花火だあ~
「東に1cmぐらいあがってます」
それは草津だよね~
堅田は今年はないのかしら?と心配してたら
8時半から、やっとあがりだしました。

頑張れ~
hanabi3

もひとつ根性~

hanabi1

マクドも見えてるよ~!

hanabi2

と25分間だけの、ささやかな花火大会でしたが、今年は友達と見ることが出来ました。

hanabi4

そして解散。
みんな家に着いた頃かな~と思った頃。
またもや、天をひっくり返すかのような雨が降り出したのです。
雷もとどろき、なんというお天気でしょう。

花火の間だけは晴れ間を貰ったわけです。

心がけの良い私たちの為、神様がくつろぎタイムを、ちゃんと取ってくださったのですね。
この分なら、私たち、死んでも天国行きコースに間違いないような気がします  


何てこと・・花火大会の今日は土砂降りです!

掃除完了。
食事の準備も昨夜から作って、夏にぴったり冷たい物を、すぐ出せるよう冷蔵庫に入れました。
ところが、昼前から土砂降りの雨です。
どうなるかしら?
花火大会?
花火なしの宴会で盛り上がれるかな?
それとも、流会となるか・・・・?

右を見ても雨
090801-02

左を見ても雨
090801-01

ああ、悲しいな?
予習復習もしてないのに、もう時間です。
これから学校に行って参ります。