寒さにも元気な久留米の桜に嬉しい

1週間ほど福岡で過ごしてきました。
九州は、さぞ暖かいだろうと思って出かけたのは大きな間違い。
桜は満開というのに、冬のような寒さでした。

100326-04



100326-01福岡、久留米にある発心公園の桜です。

3月26日
地元の小学生が遠足によく行くコースだそうですが、タクシー
で行ってしまいました。

この公園、
明治30年、熊本の第五高等学校の教師をしていた、夏目漱石が、久留米に住んでいた親友の、菅虎雄を訪ねた折りに
ここの桜を眺めたそうです。
その時の歌が
 松をもて囲いし谷の桜かな

はっきり言って、もう一つやなあ~
と私は思いますが・・・・

と近代文学史も勉強してしまいました。

子供の頃は俊足の姉、いつも運動会でビリだった妹、神様は公平に、揃って足腰を弱らせてくれております。

桜の後は、ちょうど開催されていた「久留米つばきフェアー」の会場を廻って、山辺道文化館でお昼をいただいて、またもやタクシーで帰るという、超熟年コース、お花見でした。

100326-05

かっては病院だった建物の文化館です。
二階の喫茶室は

100326-09

壁面には・・・・読めますか?
万葉の歌のようです、クリックすると拡大しますので、心おきなく読んでください。

100326-06

下記が訳だそうです。

つぎねふや、山代河を、河登り、我が登れば、河の辺に、生い立てる

烏章樹(さしぶ)を、烏章樹(さしぶ)の木

其が下に(しがしたに)、生い立てる、葉広(はびろ)つゆ真椿(まつばき)

其が花の照り座し(しがはなのてりいまし)

其が葉の(しがはの) 広り座すは (ひろりいますは)

大君らかも (おおきみらかも)

訳と言われても、これもなかなか難解ですね・・・・
何回読んでも、わからへん・・・・なんて!

つぎねふは、枕詞なんでしょうね。

山代川を上流に登っていって、生えているさしぶの木、其の下に生えている椿の木
其の花のあたりに座っているのは大君達かも・・・

っていうことなのでしょうか? この解釈については、一切の責任を持ちませんのでよろしく。

確認したい方は、山辺道文化館へどうぞ!








スポンサーサイト

Je vais partir en vacances.

Demain Je vais partir en vacances
明日からバカンスに出かけます

私はバカンスと聞くと、なにか特別休暇という感じを持ってしまいますが
国によっては、長期休暇が当たり前という国もあるんですね。
ゴールデンウイークを地域格差でとらせようなどというせこい国とは大違いです。

もっとも、今の私には、毎日が休暇なので vacances と言っても特別ではありません。

でも、旅という言葉は心弾むもの・・・

明日から出かけるのは、小さな小さな田舎の町です。
電車も1時間に1本あるかどうか・・・

江戸時代は大きな寺の門前町として栄えていたことでしょう。

zendozi1

きっと、この木は昔を知っていることでしょうね。

zendozi2

Je jouerai tous les jours , sans dictionnaire sans livres.
教科書も辞書も忘れて毎日遊ぶでしょう。

À bientôt !
ではまたね!













 

迷子の帰還で嬉しい

ささやかでも日々出会う嬉しいことがあるはず。
気分の悪いことより、嬉しいことに心を向けたい物ですね。
そんなわけで前回から嬉しいをポイントにしてみました。

さて、最近、忘れ物落とし物が、ますます多くなりました。
一番多いのが、電車での乗り換え時に、うっかり置き忘れです。
今月は、傘1本。エネループ電池1本を入れた小物袋、帽子を二つ紛失です。
傘は電車の座席の横に立てかけていて、乗り換えで忘れました。
降りて気がついたものの・・・
帽子1個と電池も、おそらく電車です。
電車の中で荷物を広げないよう気をつけよう。


そんなことが続いて、今度は無くさないようにしようと気をつけていた帽子を
今度は自転車の前かごの入れていて、帰宅して、駕籠を見たら無くなっていたのです。
引き返して、ルートを探してみたのですが、もう暗くなっていて諦めました。

この帽子、友達が編んでくれたもので、愛用していたし、申し訳ないし、本当に残念だったのです。
それが先日、自転車で走って通り過ぎた後
「さっき落ちていたのは私の帽子では ?」
とって返して拾い上げたら、まちがいなく私の帽子でした。
1週間ぶりのご対面の帽子は、車にはひかれるは、何度か降った雨に叩かれるはで
ぺったんこで、ゴミにまみれ、哀れに変色していました。

でも、何度も水を換え、丁寧に洗濯をしたら、ほれ・・・・復活です!

ちょっと人生経験をして、一回り大きくなった気がしなでもありませんが・・
それは風格が付いたと思うことにいたしましょう。

100322-01

苦労した子は、味が出るのですよ。

迷子の放蕩息子!いえ帽子の帰還です・・・いやあ、本当に嬉しい!

それから、場所を移動するときは、落としてないか忘れてないか、ジロジロと自分のいた場所を点検するようになりました。

そのうち、自分自身を、どこかに置き忘れるようになったら困りますものね。



ボイストレ通院、もうすぐ2年

100320-04

春霞がたつ頃となりました。

2008年4月28日に通い出した音声外来。
いつの間にか、もうすぐ2年が経過する事となります。
2年間で分かったことは、声を出すには、姿勢から始めないといけない・・・・
「歌は体育会系の分野ですよ」
今になって、ハッキリ分かります。
そして、運動苦手に私には、未だに姿勢すら出来ていないのです。

でも今週、一つ進歩というか、目覚めがありました。

まだ壁に張り付いて姿勢が崩れないよう見て貰いながら歌っているのですが
口からお腹いっぱい息を吸い込むと、私はお尻が突きだしてしまう。

これが問題だったのです。

息を吸う時、お腹に空気を入れると後ろに腰を張らせてしまう。

そこでトレーナーさんは言いました
「お腹の左右に分けて空気をを吸い込んでください。」
なんのことや?と思うかもしれませんが、私には、分かったのです!
それは、お腹を横に膨らますのだ!
(奥角膜を横に広げる感じです)
これだと姿勢が崩れないし、お腹を膨らしたまま声を出せるので、高音がまっすぐ出る。

2年掛かって、まだ、こんな発見なのか!!
でも、嬉しい!

感覚で分かるしかない事を、言葉で分からせようとするのは至難の業です。
出来ているか出来てないかは、ボイストレーナーさんは見れば分かるし聞けば分かる。

初めの立ち位置、
「もっと足を引いて、骨盤を伸ばして・・」とさわって教えてくれるのですが、これが、結構きつい!
自分では出来ているつもりでいたけれど、違う。
苦しい!これを続けると
「棺桶にはいるとき、まっすぐなお婆さんとビックリされるようになってるかも」と言うと・・
ボイストレーナーさんは、「そうですねえ!」と綺麗な声でコロコロと笑いました。

でも膝の悪い私には、初めの姿勢だけで、かなり応えるのです。

「膝を痛めたら駄目なんですけれど・・」と心配しながら彼女は教えてくださる。
 私は、負けません。大丈夫です・・・

今練習しているのは「枯葉」をGマイナーで、楽に歌えるようになるまで・・・
それとne me quitte pas これも楽譜に弱い私は、音取りからを初めて貰いました。
少しずつ音階が下がるから、一歩間違うと、はてしなく音を狂わせてしまいそうなのです。

今年は、歌いたい何曲かを、ちゃんと出来たという感じを持てるまで作っていきたい。
ne me quitte pas  も、その一つです。

なにより「枯葉」は、私の、歌を始めたときから、そして永遠の課題です。
良いなあ~と思う曲は、どれもこれも、本当に難しい・・・

私は一体何をやり出し、やり続けているのだろう。
私のような貧乏人の分際ですることではない!と思うのでありますが・・・

でも、死ぬまで掛かっても良いねん。
自分で、ちゃんと歌えた!と思って死ねたら本望です。 それだけ!

でも、いまだ一度も本望に達していないから、まだ死ねません。
このぶんでは、200歳ぐらいまで掛かりそうですから、かえって長生きしてしまうかもしれません。
すいませんねえ~!

この問題の「枯葉」
Gマイナーだと、一番高いところが ソ なんですが、それが何度やっても、苦しく響くのです。

何時の日か、これを楽勝でクリヤー出来たら、歌として作っていく段階に入れるのですが・・・
まだ歌の段階ではないですよ・・・

長い長い先の話ではありますが、いつか歌えるようになりたいなあ・・・

でも今通っている、この文殊医院のボイストレは、毎回、すごく私には楽しいのです。
それは、ほんの少しずつでも、確実に前に進んでいるという実感があるからです。

30分のボイストレの、初めと終わりで、声の響きが、全く違って「声が綺麗になってる!」
その時は思います。

それを持続するためには
「家でも、レの高さで普通に話してくださいね」
と言われます。でも帰るとそれが続かない・・・トホホ・・
すっかり、おばちゃん声のだみ声で、叫んでおります。

そして家にたどり通と、足腰がボロボロに疲れていることに気がつきます。
膝が問題なんですねえ~・・・

今年は、無理が来ない程度に歩く。プールで背筋と脚力を付ける。
なにより、増えてしまった体重を4キロ落とす。
それを目標にいたします!

久しぶりに、歌関係の話になりました。
春のせいかな?
これは我が家から見える琵琶湖の西、冒頭の写真は対岸の東の風景です。
春の一日をご覧ください・・・
100320-04

薬缶の頭がピカピカで嬉しい!

天気予報では、今日から全国的に冬に戻るかのような大荒れとのことですが、
湖西国では、春うららの霞がたつような、うららかな日和であります。
空の上は、どうなっているのでしょうか?

水温み、山もかすみだち
野に出でて若菜摘みなん・・・・いざ、いかむ!
すっかり万葉の気分になってしまいます。

100320-01

湖の果ては、いずれの国ぞ・・・
ひたすら、あこがれてさまよいいずる
などどいいたくなります。
春ですねえ。

100320-03

でもうっかりさまよい出すと、
「かなり、物忘れがひどくなってきてますね?」と保護される恐れがあるので自重いたしておりますぞ!

TVを見ると、世界はマグロでもめ、アメリカは保険でもめ、日本は米軍基地移設や離党問題で揺れております。
鳩山さんやオバマさんの姿を見て、思うのは

「総理大臣にも大統領にもならなくて良かった!」ということです。

そう言ったら「100回生まれ変わっても、全くその心配は無用です!」と言われましたが・・・

国民健康保険・・・・こんな有り難い物はないと、病気をさんざん繰り返してきた私などは思うのですが、なんでアメリカでは、あんなに反対が多いのでしょうね。
米軍基地・・・・あんなものいらない!第一候補で移設先もないのだから、帰って貰ったらいいのでは・・

自分が良いと思っても、反対されて叩かれて・・・・辛いだろうなあ~、夜も眠れない、胃が痛くなる。

そんな人は政治家にはいないのかもしれませんが・・・
私には、とても耐えられそうにありません。

私は、ものすごく気が小さい人間である・・・・・

最近改めて認識しております。

だから、小さな喜びを大切にして、なんでもないちょとした嬉しいことを毎日見つけて行こう!
嫌なことを数え上げたらきりがない。

でも小さな喜びも・・・心暖めてくれます。

そこで今日の喜び・・・・
普段洗わない薬缶を磨いたら見違えるように輝きを魅せてくれました。
鍋は使ったら毎回洗うのに、薬缶はなぜかいつもほったらかしです。
胴体も、ふたも汚れが熱で焦げ付いて、もう取れないかもというぐらいみすぼらしくなっていたのです。

100320-02

ねっ!ピカピカでしょう。
ここで、些細なことで大きなトラブルの基に気がつきます。

薬缶の頭がピカピカで嬉しい!!

薬缶頭がピカピカで嬉しい!!

この場合「の」の存在が、すごく大きいのです。

世の奥様方
ご主人の前で 「の」 を忘れて叫ばないように気をつけてくださいね 

ジャン・フェラの死を知る

J'ai trouvé un article . 《 LE CHANTEUR JEAN FERRAT EST MORT 》
(私は一つの記事を見つけた「歌手ジャン・フェラ死す」)

17日、ネットの片隅でジャン・フェラが13日に死亡との記事を目にし驚きました。
もっと情報を知りたくて、慌てて情報を探しました。

見つけた日本のサイト。

http://blog.goo.ne.jp/sourire-amour/e/59256ecc15c4de96a5e96b3943dcae72

それでも、日本のサイトでは情報不足。もっと知りたくなってフランスのサイトを探し、必死で訳してみました。

http://www.france24.com/fr/20100313-le-chanteur-jean-ferrat-est-mort

昨夜、あわてて辞書と首っ引きで、訳したものですから、間違いだらけの訳だと思いますが、大体の彼のプロフィールを捉えることができました。
間違っているところがあれば、教えていただければ幸いです。

上記サイト内のビデオで、インタビューに答える彼の姿は、こんな風に歳を重ねることができたらと思うような、とても魅力的な男性でした。

やすらかに神の御許で眠られんことを!
もっとも、彼はコミュニストなので、神様はお呼びでないかもしれませんが・・・






歳はとっても
jean1

昔も
jean2

もっと昔は
jean3


LE CHANTEUR JEAN FERRAT EST MORT
(歌手ジャン・フェラ 死去

AFP - Le chanteur Jean Ferrat, décédé samedi à l'âge de 79 ans, était un artiste engagé, au service de tous les combats pour la fraternité, la révolte et l'idéal communiste, mais également un poète fou d'Aragon, qu'il a interprété avec talent.
AFPより引用ー歌手ジャン・フェラ、土曜日に79歳で死去、彼は政治参加のアーティストだった。同胞の為のすべての戦闘・抵抗、共産主義思想を助け、しかしそれと同時にアラゴンの熱狂的な詩人であり、その才能でアラゴンの詩を演奏した。

Il était l'auteur-interprète et compositeur de quelque 200 chansons.
彼はシンガーソングライターで色々な200曲の作曲家でもあった。

Né le 26 décembre 1930 à Vaucresson (Hauts-de-Seine), Jean Ferrat, né Jean Tenenbaum, a 11 ans lorsque son père, juif émigré de Russie, est déporté. L'enfant est sauvé grâce à des militants communistes, ce qu'il n'oubliera jamais.
ジャン・フェラ、ジーン・トゥノンボ(ペンネーム)は1930年12月26日セーヌ県高原Vaucressonに生まれた。11歳の時に、ロシア移民ユダヤ人の彼の父は強制収容所に送られた。その子供達は戦闘的なコミュニストのお陰で保護された。そのことを彼はけして忘れないだろう。

A la Libération, il quitte le lycée pour aider sa famille, et devient aide-chimiste jusqu'en 1954, date à laquelle il passe ses premières auditions dans des cabarets parisiens.
解放の時、彼は家族を助けるために高校をやめ、1954まで化学者の助手になり、その年、彼はパリのキャバレーの最初のオーディションを受ける。

Après avoir écrit la musique des "Yeux d'Elsa" (1956) pour André Claveau, il chante régulièrement à "La Colombe", puis fait sa première grande scène à l'Alhambra en 1961 où il triomphe avec "Ma môme", et "Deux enfants au soleil".
その後、彼はAndré Claveauのためにエルザの瞳(1956)曲を書いた。彼は定期的に"La Colombe"で歌う、次に1961年、アルハンブラで初めての大きな舞台を持ち、「私の子供」と「太陽の二人の子供」で大成功した。

Rapidement, Jean Ferrat choisit d'interpréter des textes plus engagés, comme "Nuit et Brouillard" (1963), non diffusée par les radios, puis "Potemkine" (1965), interdite d'antenne
直ぐにジャン・フェラは「夜と霧」(1963)のような政治的にコミットする作品を演奏することを選んだ、ラジオでは流されず、次に "Potemkine" (1965)は放送禁止とされた。

Compagnon de route du PCF, sans jamais en avoir été membre, il affirme haut et fort ne pas être un "béni-oui-oui" du parti. Ainsi ses chansons "Camarade" qui dénonce l'invasion russe de Prague en 1968, ou "Bilan" (1980) qui fustige la déclaration de Georges Marchais sur le "bilan globalement positif" des pays de l'Est.

PCF(フランス共産党)のシンパだが、決してメンバーにはされなかった。彼は共産党の唯々諾々とした賛美者にはならず、しっかりと自分の意見を主張した。そうして、1968年プラハへのロシアの侵略告発した彼の歌「同志」、また東欧諸国の"bilan globalement positif"(全体として肯定的な総括)に対しジョルジュ・ムスタキのデコレした"Bilan"(総括) (1980)で激しく批判した。


En 2007, Jean Ferrat s'était prononcé en faveur d'une candidature de l'altermondialiste José Bové comme représentant d'une gauche antilibérale pour l'élection présidentielle.
2007年、ジャン・フェラは一人のl'altermondialiste志願者José Bovéが気に入って、大統領選挙のため左派アンチリベラルの代理人のように意見を述べた

Son dernier engagement politique était dans le cadre de la campagne des élections régionales le soutien de la liste du Front de Gauche en Ardèche.

彼の政治的な最後の義務は、地方選挙の田舎の場所で、アルデーシュ県の前衛左派のリストから支援者を作ることだった。

A la scène, qu'il quitte aprèsjean-ferrat-est-mort un passage au Palais des sports en 1972, il préfère son Ardèche d'adoption, qui lui inspire "La Montagne", l'un de ses plus grands succès.
舞台は、1972年Palais des sportsを通過した後彼は離れた。彼は彼の最大の成功"La Montagne"のインスピレーションをくれたアルデシュ県を選び好んだ。

En 1974 et 1995, Jean Ferrat consacre avec succès deux albums à Louis Aragon dont il met les textes en musique ("Que serais-je sans toi?", "Heureux celui qui meurt d'aimer").

1974年と1995年、ジャン・フェラは、ルイ・アラゴンが曲の作詞をした"Que serais-je sans toi?", (もしも貴方に逢えずにいたら)"Heureux celui qui meurt d'aimer"(幸せそれは愛に死すこと)2つの成功したアルバムに時間を費やした。

Réticent à passer à la télévision, le chanteur sort d'un long silence en 2003, pour l'émission "Vivement Dimanche" de Michel Drucker. Il y défend ses deux passions, la chanson et la politique, s'insurgeant notamment contre la grande industrie du disque qu'il estime dangereuse pour la liberté de création.
Jean Ferrat, qui a été marié à la chanteuse Christine Sèvre, décédée en 1981, avait reçu le prix de l'académie Charles Cros (1963) et le grand prix de la chanson de la SACEM (1994).

TVに出ることをためらっていた、その歌い手はミッシェル・ドゥリュケの"Vivement Dimanche"(元気な日曜日)という番組で、2003年長い沈黙から抜け出した。彼は二つのポジションを守った。歌と政治、彼はとりわけ創作の自由に対する危険な評価をするレコードの大企業に強く抗議する。
ジャン・フェラは1981年に亡くなった女性歌手クリスティン・セブルと結婚した。彼はCharles Crosアカデミー賞を受けた(1963年)、またla chanson de la SACEM のグランプリも(1994)




私は
Que serais-je sans toi? (もしも貴方に逢えずにいたら)
この曲に興味を持ち、原曲を探していてユーチューブで見つけたのが昨年です。

彼の歌声に、何とも言えない魅力を感じました。

不思議なことに、日本語に歌詞が置き換えられると、まるで違う歌のように感じがちがってしまいます。
曲のイメージ、フェラの歌う時の、明るさ、希望のイメージが無くなり、暗い諦念の歌になってしまう。

仏語と日本語の言葉の響きが本質的に違うからなのか、それとも歌に対するイメージの持ち方が異なるのか?

おそらく彼のくぐり抜けてきた、様々な体験と、それでも人間を信じて生きてきた心の叫びが、アラゴンの詩とかさなり、私たちの心に響いてくるのだと思います。

言語の違い、感性の違いを超えて、なおかつ歌いた!

そんな曲を送り出してくれた、ジャン・フェラとアラゴンに、追悼の酒杯を捧げます。




大腸検査本番

昨夜 下剤 ラキソベンを就寝前に飲んで寝たが、予想に反して夜中はシャワー状態はなく無事に過ごし、明け方4時に、どかっと やってきました。
薬が進化したのか、腸が高齢化して反応が鈍くなっているのか、今までと違う感じでした。

そして9時頃から、腸管洗浄剤 ニフレックス飲みます。

容器に2リットルの水を入れるとこうなります。
「不味い!」 10分置きにコップ1杯ずつ、1時間で、約1リットルをと書いてあるがとても、その速度では飲めないのです。
1時間半かけて半分飲みましたが、お腹の変化は来ない。
困ってしまい、外に出て30分ほど散歩して来ました。
すると、第1回目のお通じが・・・ヤレヤレ・・
その後また1時間半かけて、残りの半分を、やけくそで飲んでしまいます。
5回ほどトイレに通い、その後病院に自転車で走っていきました。

100316-1


2時半からの予約で、ほぼ30分で済みました。
私にはいつも腸の検査はすごく苦しいので心配でしたが、専門病院のおかげでしょうか、あまり強い痛みは感じずにすみホッとしました。
しかし、腸の奥に差し込まれるときに、お腹ではなく左胸の胸腺のあたりに痛みが走ったのでビックリした。
「なんで胸のあたりが痛むのだ!」
経絡が繋がっているということでしょうか?

2mmぐらいのポリープをひとつチェックされましたが、まあ無罪放免です。

カメラで見る、腸の中のは、まさにホルモンの材料だなあ~と思いました。
ピンクで綺麗なものです。
洗って並べたら、豚モツそのものでしょう。まだ食料としてつかえそうです。
でも食糧危機だからって、私を食べないでね!

家畜も人間もたいして変わらないものなのであります。
人間って、特別な物ではないのですよね。
だから傲慢に生きていたら駄目だよなあ~・・・
なんて感じながら帰ってきました。

これで当分検査はしなくて良いと思います。

明日から春休みを楽しみますよ!!



EN の使い方の一つ

文章に EN が入っていると、どう訳したらいいのだ?
と悩むことが良くあります。

電車に乗るのは en train  
時間だったら  en 2000 で 2000年に
お母さんが怒ると en colère

実に多様で、とても理解不能!と思ってしまいますが、少しずつ慣れるしかないのでしょうね。
春休み前の最後の授業で この EN の一つの使い方を教えて貰いました。

今辞書で探したら
時間、所要時間 ~で、 ~~かかって という例に該当するのだと思います。

例えば、昼ご飯についての質問です。

Vous mangez en combien de temps ?
あなたはどのくらいの時間で食べますか?
Je mange en 10 minutes .
私は10分で食べます
Ça veut dire 《 Il faut 10 minutes 》.
それは「10分必要だ」という意味です

と先生が例を挙げて説明をしてくださり、15ある例文を使って二人一組で練習をしました。
その後、先生が「テキストを見ずに僕に質問をしてください。」と言ったのに
私は、お隣の人に問いかけた事を言うのだと勘違いしたのです。
がしかし、それは毎度のことで、対象が先生であっても同じ質問をしたでしょう?
私が
En combien de temp ・・・と言いかけたら

先生は笑いながら言いました。
「あなたが聞きたいことは予想が付く」
Évidemment!
(当然!) 
 ほら、エビだもん が出ました。
En combien de temp vous tombez amoureux ?
どのくらいの時間であなたは恋に落ちますか?

だって例文に、こんなの入れてるからじゃん。
私に使って欲しかったのでは・・・・
毎度ながら教室は、爆笑の渦です。
私としては、
C'est le coup de foudre.
それは稲妻の一撃
恋は一秒を想定していたのですが・・・・

まあ次に進みましょう、
その文章の言い換えとなります。
そこでは en は消えます。

Je m'endors en 3 minutes .
私は3分で寝付きます
Il me faut 3 minutes pour m'endormir.
私が寝付くためには3分が必要だ

先生はリョウに聞きました。
Combien de temps il vous a fallu pour lire le pérse.
あなたがペルシャ語読むのにどのくらいの時間が必要でしたか? (過去形です)
もしくは、こんな聞き方も出来ると思います。
En combien de temps vous avez lu le pérece.
どのくらいの時間でペルシャ語読んだのですか?
Le pérce est très facile ,il m'a fallu une ou deux semaines pour écrire et lire.
ペルシャ語はとても簡単だから、1,2週間で書くことも読むことも出来ます。
私と同じ星に生まれた同じ人間だと思えませんが・・・

そこで彼は黒板にペルシャ語で自分の名前を書いてくれました。

arabu


プライバシー保護の為、下のフリガナ部分は、カエルとワニに変身しました。
ペルシャ語が読める人には分かってしまいますが・・・・
ペルシャ語で右から左に読んでください。

練習問題は次回に紹介いたしましょう。

大腸検査の準備は・・・

 明日は楽しい大腸検査です。
大腸検査の病院を選ぶなら、家から近いところをお勧めします。

なぜならば、行く前にしなくてはいけないことがあるからです。

それは、腸の中を空っぽにしていく事。

遠距離だと、自宅でそれをして出かけるわけにはいかないので、病院に行ってから半日、下剤を飲むことになります。

まず前夜、就寝前に飲むのが ラキソベン

100315-1

名前からして 「あら !来そう !○○ 」 てな感じです。
これを飲みますと、夜中に悟ることが出来ます。
・・・・人間はシャワーである・・・・
そして翌日9時頃から 2リットルの水に溶かして飲むのが ニフレックス
100315-2

まだ未開封です。
初め目の1リットルを、1時間かけて飲みます。
残りも1時間ぐらいかけて飲むのであります。
お腹は水でパンパンになり、そしてもちろん・・・・・

だから電車や乗り物を使っていくような病院は避けましょう。
もちろん、人間ドックとかで、一泊や一日がかりでならOKですが・・・・

では、明日を楽しみに・・・・

わ~い、春休みだ!

昨日13日の授業が終わって3週間の春休みになります。
  

週1回の授業に過ぎないのに、毎週予習復習に追われて、あたふたと時間が過ぎてしまうので、3週間といえど間が空くのが嬉しいのです。

宿題も出てるけれど、先生はすっかり忘れているはずだから・・・

宿題の考え方が日本人とフランス人では、まるで違うことに気がつきました。
宿題は提出するためにするのではなく、自分のためにする物・・・
という考え方のようです。
だから、こちらから見てくださいと出さなければ、問題を出したことを忘れてはります!
(はります・・というのは関西弁で いらっしゃいます の敬語です)

まあ答えも付録で付いているから答え合わせをする必要はないのかもしれない。
でも、文章の意味が不明だったりするので、私としては解説が聞きたいわけなのです・・

では春休みに何をするか?
まず授業の復習をしなくてはいけません。

次、大腸検査・・・うれしくないなあ~・・・・

ちなみに少し前にやった胃カメラでは、ピロリー菌が居ると指摘されまして
「共存共栄ですね!!」と言ったら、すごく嫌な顔をされてしまいました。
せっかく治療を勧めてあげようと思ったのに・・・・と思われたのでしょうか?
マンモグラフィーも再検査の必要なし! でした。
これで大腸検査が済んだら、消化器系統は一応無罪放免になりそうです。


そして来週から、しばらく福岡に行ってきます。
姉様に、元気な顔を見せてきましょう。

間の時間には、読みたかった本を読んでなんて・・・・

あれこれ思っている間に、休みは終わってしまうのですが・・・
あれこれ思うのが、休みに入る前の楽しみですね。

最近、読書らしい読書をしてない気がします。

先日読んだ本は
「食堂かたつむり」
作者は 小川糸 ポプラ文庫から出ています。

本屋さんを歩いていて、ふと買ってしまったのですが、若者向きの本と思うかもしれないけれど
私は心の潤いがとぎれてしまいそうな年頃の大人にこそ読んで欲しいなあと思いました。

食と命、食と人との繋がりを考えさせてくれる、そして、こころがキュンと暖かくなる。
この本の中に出てくる、ジュテムスープを飲んだような感じです。

恋人にすべてを持ち去られ、心が傷つき、その衝撃から声を失った一人の女性が、山あいのふるさとに帰り、山の中で、小さな食堂を始める。お客様は一日一組だけ・・・その人に、一番食べさせたいメニューを考え、心を砕くことが彼女の生きること、そして、それは自然を知り、それと共に生きることであり、そこから、少しずつ人との新しい繋がり、彼女自身の再生に繋がる道が・・・

最後は、お母さんがペットとして飼育していた豚のエルメスを、解体して、母のため、皆のために、余すことなくすべて料理として作ってしまう。
大事に大事に、愛をこめて・・・・
食と言うことは 「命をいただくこと・・」
まさに、それが丁寧に書かれていると思うのです。

この本の途中に、拒食症のウサギに何かを食べさせるため、ナッツ入りのウサギ用クッキーを焼いてウサギを抱いていっしょに寝ながら朝を迎えるシーンがあります。
本なんですけれど、やっぱりシーンと言いたくなります。
だから映画になるわけです。
そこで、先日TV番組花まる見つけた「ウサギの抱き方」を・・・・
こんな感じで優しく抱いてね。

usagi

ウサギの瞳って、どうして、こう愛らしいのでしょうね?