あたふた準備2・・現金編

J'ai essayé de changer, de yen au euro.

6月30日、両替にチャレンジしました。
京都三条河原町角の金券ショップトーカイで尋ねたら
「あったら交換できますが在庫が今ありません」
そうかあ、いつでも有るという物ではないのだ・・・と納得!
銀行に頼んだほうがいいのかな・・・
でもその前に、京都駅前のJTBの窓口でも両替えできるというので、そちらでも聞いてみたのです。
「申し込みを受けて4,5日あとになります。」
とのこと、レートを聞くと、すごく高い様な気がするんですが・・
換算したら1ユーロ、133円・・・嘘!あれっとという顔をしたせいでしょうか
さっと123円ぐらいに訂正が・・すごく鷹揚な店舗でありました。

貧乏人の私としては、少しでも安くを求め、次はトーカイの京都駅前店でも聞いてみました。
「30ユーロなら両替できます」
そこで初めて両替してもらいました。レートは1ユーロ 110,8円。
30ユーロが3324円ということです。
こんなに簡単に交換できるのかと、ちょっとビックリでした。
でも30ユーロでは、持って行くべき、家賃の残りにはとても足りません。
お店のお兄さんが「電話で問い合わせて見たらいいですよ」
とチラシをくれましたが、京都駅の周りに3軒もチェーン店があるのでした。
駅の南側、アバンティ店で予定額の交換が可能とのことで行きました。
驚いたのは、小額紙幣で交換だったということです。
たとえば日本円だったら、10万円を変えるのに、5千円札12枚、1千円札30枚、500円札20枚を出してくるなどということは考えられないですよね。
1万円札ばかりでは困るので「少しだけ細かくしてください」と頼もうと思っていたら、そんな心配は吹き飛びました。
それより、これで渡したらビックリされないかと、そちらの方が心配になって来たくらいです。

そしてお札の種類がたくさんあることにもビックリです。
日本では、出たと思ったら人気がなくて、今は姿を見ることもない2千円札というのがありましたが・・
20ユーロなんて本当に流通してるのかなあ?
なんだか玩具のようでお金という感じがしませんね。
これ本当にお金なのかなあ~・・・とかざしてみたら、確かに透かしが入っていました。
感覚として
5千円、2千円、1千円、500円、少し大雑把な感じかもしれませんが買い物をする時は、そんな感じで使ってしまいそうです。
でも桁だけは間違わないようにしなくては・・・

100630-01

さて、次の準備は、手持ちのキャッシュカードが向こうでも使えるように手続きをしなくてはいけません。
少しずつ、準備は進みます。

そして、持っていく予定のミニパソコンからブログを書いてみています。
文字入力ソフトにエートックが入ってなくてIMEで書いてますが、うう~!!
画面も狭く、小さく、変な文字変換してくれるので苛々します。
IMEも昔と比べたら変換能力は向上しているらしいのですが・・・
とにかく慣れなくてはいけませんね・・・



100630-02
スポンサーサイト

あたふた準備1・・航空券

J'ai acheté le billet d'avion pour Paris.
私はパリ行の航空券を買った。

日本語のついてない地図って、ビビリますね。
100629-02
航空券、ネットで買おうかどうしようか?さんざん迷いました。
「もし出発までに何かあってキャンセルしなくてはいけなくなったとき、ネット申込みだったらどうなろのだろう?」
こんな事まで考えるから、斡旋業者兼家主のマークから《心配マダム》と言われるのでしょうね。

結局、京都HIS四条店に行き、窓口のお姉さんに相談すると、あっという間に見積もりをとってくれました。
朝にパリ到着の便でと言われていたのですが、関空からは日に1本しかエールフランスの便はないのです。
ないものはしゃーないですね・・・これに決めます。
旅行保険もAIUとHSの二つの会社を紹介して貰い、少しでも安い方をということでHSにしました。
旅行保険も90日つけて、約32万円。
ネットで買うのと、ほとんど料金的には変わらないと思います。
これではお店は、あまり儲からないのではないか?
そこまで心配しなくても良いのですが・・・・なんか申し訳なくて・・・

「楽しみですね!」とお姉さんは言ってくれるのですが
「楽しいどころではないのです。今からもうドキドキ、出来たらついてきて欲しいんですけれど!」
「行きたいでえす~・・・出来ることなら・・」

こうして航空券騒動は一段落し、7月に入ってチケットを受け取けとれば完了です。

フランスで部屋を借りるときの心得を友達からこんこんと諭されました。
光熱費に暖房費が別になってないか、前もって確認しておく事。
備品などは、始めと終わりに毀損したところがないか確認しておくこと。
後で法外な賠償費などを請求されることがあるから~
私のようにボケーとした人間にはフランスとは生きにくそうな国のような気がします。

次の悩みは、日本からユーロを持って行くには、どこで両替したらいいのかしら?
現金で持っていくのは、いくらまでとか制限があるのでは?
これもネットで調べたら銀行より金券ショップのほうが手数料が安いらしいのです。
金券ショップって、市バスのカードを30円引きで買える所という認識しかなかった私です。

キャッシュカードも海外で引き出せるというカードを持っているのですが、8年前にニュージーランドで一度使ったきり、きっと停止扱いになっているから、使えるように手続きをしておかなくては!

それからインターネットを使うためには日本での事前の手続きが必要なのかどうかということ?
インターネット!これは大問題です。

マークのお部屋の紹介では
インターネット adsl  wifi  lan となっています。
そして電話は、日本への固定電話への通話:無料
ということは家主さんがフランスのプロバイダーとインターネットの契約をしてあり、おそらくSkype契約かなんかで無料電話が使えるようにしてあるのでしょう。
そこまでは理解できるのです。

ところが私のプロバイダー plala のHPを見ると

「iPass海外ローミング」は、海外でもインターネットをご利用いただけるサービスです
  出国前にぷららの「トラベルID・トラベルパスワード」の取得手続きが必要です。
  出国前に専用接続ソフト(無料)のダウンロードが必要です。
  しかも接続料金が1時間9ドルぐらいかかるらしい?
ローミングという設定をしないと持って行っても使えないのだろうか?

そんなことないよね!!
日本で姉の所に行っても、他所のパソコンからプロバイダーのHP経由でWEVメールに行けるからそんな感じで使えるのではないのかしら?

マークは
「簡単、簡単!僕が設定してあげます」と言ってくれてました。
ええい、どうしても分からなかったら、電話代が無料なんだから電話をかけてplalaに問い合わせしたらいいんだ。
でもインターネット関係って、ほとんど電話番号が見あたらないんですよねえ~。

いやまあ、なんとかなるのでしょう!!
最後はこうなってしまいます。

それから近くにあるという学校は campuslanguesという学校でした。

ここでもう、「エコールランゲだったかしら?」なんてメチャクチャを言っていた私です。

http://www.campuslangues.com/
キャンパスランゲが名称でした。
色々なコースがあるようです。日本語のサイトがないから、私にとっては読むだけでも大変です。
どのコースを選びましょう?
9月は混むからネットで申し込んでおいた方が良いと勧められたのですが?
ああ!
これまた悩みの種です!
友達にもらったパリの地図
100629-01




黄斑上膜卒業

梅雨ですねえ~!
毎日ムシムシと体から茸が生えてきそうです。
100611-04

6月28日に大津日赤に行ってきました。
去年のお盆に手術をした右目の経過を見るためです。
「どうですか?」
「特に変わったことはありません。」
「では、こちらでは検査はこれまでに、あとはかかりつけの病院で・・」
と言うことになりました。
黄斑上膜の特徴は、とくに良くなったという自覚が感じられないことです。
断層写真を見せて貰い、こんなに厚かった膜が、手術後これだけ薄くなっていると説明を受け

「はあ~、そうですか?」・・・と思うだけです。

以前と比べて、確かに見えやすくなったかというと、近視が矯正されたせいだと言うことですが
かえって近くが見えにくくなった。
白内障の手術をついでにした所為で、右目だけ、やたら光がまぶしい感じがする。
夜に横断歩道を渡るとき、右目だけで見ると信号の光、車のライトに線がはしる。
光を強調する夜の写真のように・・・

トータルとして、まあ特に大きな変化はありませんでした。

そこで思ったのが、黄斑上膜とは診断されても、あわてて手術の必要はない。
いよいよ、道や壁が歪んで、車の運転に支障きたす。
そんな段階で考えたら良いと思います。

早い目にしてしまうと、せっかく手術して貰っても、その有り難みが味わえないので残念です。

でも、高齢化して、他の病気などが合併したら手術が大変になるという事はあるのかもしれません。

なんだか、訳の分からない病気であったなあ~!!

と振り返って思うのでありました。


ワサブローの世界・望郷帰心

2010年9月29日、水曜日
ワサブローさんのディナーショーが、京都リーガロイヤルホテルであります。
ディナーなしの、コンサートだけにして欲しい。
貧乏人の私は、思わず呟くのでしたが・・・
しかし、これは見逃せません!
まだ時間はある、無駄食いを省き、へそくりに励んでディナーショーに具えてください!

シャンソンが好き・・・と本当に思ってる人なら、絶対お勧めです。

100625wasa-6.jpg

ただ、私はそのころ彼と入れ違いにパリに行っていると思います。
ああ、それだけが残念です!!

望郷帰心・・・って、そろそろ日本に帰ろうと思ってくれてるのかしら?
なんて願望を逞しくしますが

La complainte de l'oublié ~
忘却の哀歌 になりませんか?
懐かしきふるさとは、遠くにありて思うもの~・・・なのでしょうか?
いえ、日本語の美しさを再認識した彼は、日本に戻って歌い続けてくれると私は思っていますよ。



ワサブローライブ アーズローカス

こんなフレンチ・シャンソンと日本のうた 知ったはりますか?
というご案内で、パリ在住のワサブローさんが、京都で時々、シャンソンライブをしています。
私は、ワサブローさんのHPから見つけて、チケットの申込みをお願いし、今回で2回目になります。
6月25日 午後2時からの部に寄せてもらいました。

100625wasa-1
「寄せて貰いました」という言い方も関西の言葉ですが、ワサブローさんのお話はすべて京言葉!
それも上京、西陣あたりの生粋の京言葉で、あっという間にワサブローの世界に取り込まれてしまいます。
そしてその歌・・・

歌には、その人のすべてが出る。
そして自分の全部をさらけて、たじろがない人。
天性の感性と、それを磨き上げる努力と、自信・・・・
今に生きているからシャンソンの道となったのでしょうが、彼が生まれる時代が、安土桃山時代ぐらいだったら、鷹峯の芸術村で焼き物を焼いていたり、新しい能狂言の創始者になってたのではなかろうかと私は妄想を逞しくするのでした。
この日のプログラムもワサブローさんの手作り、文字にも良い味が出てますね。

100625wasa-4

私のいい加減な記憶での感想です。間違いがあったらごめんなさい。

風のささやき
ミッシェル、ルグランの曲でメロディーだけは知っていましたが歌を聴くのは初めてでした。
美しく心に響く曲です。
マッキー哀歌
クルト・ヴァイルの三文オペラにあった歌だそうです。
始めはドイツ語で書かれた歌詞をフランス語に直してあるんだけれど、とにかく韻を踏んでいる面白さを・・
学校の帰りに
ジャック・プレベールとコスマの曲
その曲が出来た逸話も面白かったですが、フランスの子供達が良く歌っている曲だとか・・・
学校の帰りに金の馬車が僕たちを待っていて海の底、空の上、星の間、月の周りまで連れて行ってくれる。でも地上にもどったら、そこはお花畑で車輪で踏みつぶしたらいけないので、降りて歩いて帰った。
キンコンカンコンと始業のメロディから入って、フランス語版と日本語版を歌ってくれはりました。
そして、なんとその場に、その作詞家高野日出夫さんもいらっしゃたのでした。
曲目にあったサンチマンは止めて
恋のワルツ
ピアフの曲をリクエストで頂いたので・・・と

日本の曲で
椅子 
たしか前回も聞かせて貰った様な気が・・・
俳句
俳句って歌があるの! とビックリしましたが、あるんですねえ~!

この2曲どちらも大好きになりましたが、なかでも、この俳句に参ってしまいました。
虫干しをしたら、お父さんが自分で作った巻物の家系図が出てきた
歌の中に
「虫干しや、父の残した~~家系図」「意地と愚痴おでんに煮込む母の~~」
ああ、ちゃんと覚えてないわ~!!
そして、クククククク俳句・・・と歌詞が続くのです。

文字に書くと 何て歌だ!と思うでしょうが、やさしく暖かく、私は思わず涙ぐんでいました。
着物に兵児帯姿だったお父さん、割烹着を着ていつも台所で子供のために料理をしていたお母さんの姿が浮かんでくるのでした。
そしてなんと
シクラメンのかほり・・・を
彼にとっては、新しい新境地への踏み出しだったのかな?
これは私の想像ですけど・・・・

アンフィニチフ
infinitif 動詞の原形・参考書では不定詞と良く書かれていますけれど、動詞の原形と言って貰った方が意味が分かりますよね。
その動詞の原形だけで歌われた歌。
crier.pleurer.aimer.donner.sourire.grandir.changer. jouer....とにかく動詞の原形が並ぶ
そしてそれで生まれ大きくなり、恋をして、生きて、死んで、また想い出に微笑む と人生が歌われるのです・・・
ワサブローさんならではの歌だと思います。
サンジャンの恋人
女性の歌として書かれている詩を、男性から見た、恋に落ちた女性を歌うサンジャンです。
歌の説明もとっても興味深かったです。
どんなに面白いか知りたければ、ぜひ聴きに行ってください。
リクエストに応えて
パダンパダン
この歌は、やっぱりスペシャルな歌だと思いましたが、ワサブローさんのパダンパダンは絶品です。

と今回は、このような構成でのライブだったと思います。
ワサブロー様、勝手に紹介してごめんなさい。

さて下の写真はというと
使用前と使用後のワサブロー
でも上の写真のほうが使い込んだ良い味が出ていると思いませんか?

100625wasa-2


天然鮎の美味しい店 ・あゆ一 

鮎の季節になったら、亭主を質に入れてでも(そんな物で貸せますかいな)一度は食べたいのが、天然の鮎です。
私は魚は海に限ると思っていたので「鮎?それが何か・・?」と始めは思っていたのですが、
この「あゆ一」で病みつきになりました。
友達と あゆ一会 と言う名目をつけ この季節になると1回だけでもと、この店に食べに行くのです。
お値段もすごく良心的です。
おそらく洛北の有名店で食べたら、こんなお値段ではとても食べることは出来ないでしょう。
それでも時価なので、興味のある方はお店にお問い合わせを・・・
庶民のお財布で大丈夫ですので、ご安心を・・

お店は予約のみ受付です。 電話は 携帯 090 3924 8429
ご主人が走り回って由良川を主に、北山の鮎を当日仕入れて食べさせてくださいます。

10人も入れば満席状態の、こぢんまりした家庭的なお店ですので、必ず予約してください。
当日押しかけても無理だと思いますので・・・

場所
河原町丸太町を下がると竹屋街通りの標識のある角を
100625-01

西に二筋入ってすぐ南側にあるビルの1階です。
100625-02

去年まで営業していた店舗から場所が変わったため、まだ看板が仮なのですがとご主人が・・・

100625-03

看板はシンプルで、これで充分と思ったのですが
100625-04

おなじみのお客さんが今陶板で看板を作ってくださっている所だそうです。

そんな感じでお客さんを大切にして、おなじみさんは皆永いお付き合の人が多いようです。

しばらくお休みしていたので、とにかく鮎の季節に間に合うように、お客さんに来て貰いたくてと・・・
いつもながら親切で、気持ちの良いご主人のお人柄の様な、文字ですが、陶板の看板が出来上がれば一段と良いでしょうね。
焼き上がりが楽しみなのは鮎だけではないという事です。

一年ぶりの、あゆ一さん

テーブルには、いつも蓼酢と醤油の小皿が準備されています
お箸の下には鮎の泳ぐ絵と、箸置きは手作りの竹の箸置きです。

100625-05

久しぶり再会を祝ってビールで乾杯!
ここでまず1番に出てくるのが、おなじみ
鯛の昆布和え・・・醤油は使わずそのまま食べてください。
青じそと山椒が塩昆布で引き立って、美味しいです。

100625-06

さあ、熱々の鮎の塩焼きが置かれます・・・
好みで、蓼酢でもお醤油でも、もちろんそのままかぶりついてもOKです。
竹串で焼かれた小ぶりの天然の鮎、頭から尻尾まで丸かじり。
鮎のはらわたのほんのりとした苦みが、何とも言えず美味しいのです!!

100625-07

皆で至福のため息をつきます。
「もうちょうっと、ゆっくり食べたはったらどうやのん!」
「いらんのやったら、わてがもらいますえ!」
そうそう、ここには根っからの京都人が居たのでした。
次は鮎の天ぷらです

100625-08

写真を撮る前に、私は喰いにかかってしまいました。
しまった写真を採り損なった!
レモンとシシトウを貸してよ!と横から借りて撮影しましたが、レモンもう絞った後です。ごめん!


ウナギの白焼きです。これは生姜醤油で召し上がってください。
癖が無く、熱々の白焼きが生姜の香りと絡んで、なんとも美味なんですよ・・
蒸した物より、一段と味が引き立ちます。お勧めすよ!

100625-09

次に出るのは、鮎のめざし
この店で塩をして干した物で、この塩味が何とも言えません。絶品です。
これは、他の店では、絶対味わえない一品です!

100625-10

なんでも注文しておくれやす・・・とご主人が!
やっぱり、めざしを!!と声が揃いました!
その後、また塩焼きも食べたのですが・・・
最後に、
鮎茶漬け・そして松の実入りの生姜味のジェル風デザートを食べてお終いにしたのですが・・
食い気に走って。鮎茶漬けとデザートの写真は手遅れでした。

空っぽの器で・・・済みません。

100625-11

こんな美味しい店を公開するのは、後悔するかもしれない!
そっと隠れグルメ店で置いておきたいお店なのですが・・・・

気がついて足を運んでも、ここだけの話にしておいてくださいね。

こんな住まいです

私がパリで借りる事になったお部屋は 19区にある CLARA STUDIO です。
メトロ5番線 ルミエール駅( METRO LAUMIERE ) 7番線のクリメ駅( METRO CRIME )が最寄りの駅です。

「なぜクララの部屋なのですか?家主さんがクララさん?」
と聞いたら、この部屋を初めて借りてもらったイギリス人の名前なんだそうです。
だからこの部屋は、マークさんの持ち物で以前は彼自身が住んでいたとのことでした。
インテリアにも凝ってあって、なぜか立派な盆栽が置いてあるのです。

クララの部屋  クリックしたら見ることが出来ます。

今の問題は
航空券をインターネットで申し込もうかどうか、エアーフランスの画面を出してはため息をついています。
旅行業者で申し込んだ方がいいだろうか?入力間違いをして後で困ったことになるかもしれないから・・・
旅行保険も申し込まなくてはいけないけれど・・・

こんなだから、心配マダム と笑われてしまうのですね。

でも初心者とは、こういう物なのですよ。

パリに行きます

J'ai décidé d'aller à Pris .
とうとうパリに行こうと決心しました。
国内でさえ旅行は苦手で、旅と言えば人の後からついていくものと思っていた私が、今回、初めての一人旅、しかも三ヶ月、パリに滞在してみようというのです。

旅慣れた人なら、何でもないことかもしれませんが、
持って行く物は?
航空券を何処で買うのだ?
旅行鞄はどのくらいの大きさが?
まず旅行鞄から買わなくては、私は何も持っていないのです。

で、まず買ったのがB5サイズのミニパソコンです。
何か連絡するときは、パソコンが使えたら手っ取り早いし、日本にいる友達とのコミュニケーションも取れるではありませんか!
100527-01
住居に関しては、語学学校とセットにして斡旋してくれる業者のHPは色々ありました。
値段は少々高くついても、安心のためには、そう言うところを選んだ方が無難・・・いえいえ、それでも一人で生活できるのか?
その前に、まず住まいにたどり着けるのか? まず、それが心配でした。

そこで参考にさせていただいたのが このブログ 好きな写真と旅とビール
ハンドルネームがjasminetea-m さんという、とってもシャルマンな女性が書いているブログで、記事、写真共に素敵なブログです。

彼女が、2年ほど前に、しばらく滞在したステゥディオの事を詳細に紹介してくれていたので、家主であり、斡旋業者でもあるマークさんの人柄がよく分かり、ここに相談してみようかな?と以前から考えていたのです。

東京から帰ってきた後、思い切ってフランス語の拙い手紙を書いてメールを送りました。
さしつかえのない部分だけ紹介しますね。
きっと文法的にはメチャクチャだと思いますが・・・

Cher Marc
J'ai regaredé votre site sur Internet et Je l’intrésse beaucoup.
Si vous me conseilliez quelque choses , j’serais trés reconnaissant .
je voudrais aller en France cette été et rester pendant 3mois à Paris depuis vers la fin du mois d'août ou septembre.

マーク様
私はインターネットであなたのサイトを見てとても興味を持ちました。
もしあなたが私に色々と助言してくださったら、とても有り難いのですが・・
私はこの夏パリに行って3ヶ月ほど滞在したいと思ってます。8月の終わりか9月から。


自己紹介は省略して

Je voudrais rester en France que c’étais mon réve . mais je n’ai pas osé .
parce que j’ai beaucoup d’inquiétudes.

1, Je ne suis jamais allé à étranger.
2, Je ne parle pas bien français et l’ anglais rien.
3, Je hésite décider le homestay ou le studio.

Donc, Aidez-moi, s'il vous plaît !
J'attends votre reponse.
Au revoie !
PS J’ai téléchagé Skype donc, on peut parler sur Internet . 



フランスに滞在したい。それは私の夢でした。でも私には勇気がありませんでした。
なぜなら私には沢山の心配があります。
1、私は外国に行ったことがない
2,私は英語が全く話せないしフランス語もうまくない
3,ホームステイかステゥデゥオか決めかねています
だからあなたの助けをお願いします。
お返事待っています。
 よろしく!
PS スカイプダウンロードしたので話せますよ


と送信したらすぐに返事が来ました。そしてスカイプで即座に話が・・・
スカイプを使うのも初めてで、あまりの速さにビックリ。
ああ、こんなことになるなら、お化粧をしておくのだった!!
化粧を落とした自分で見ても恐ろしい顔なのに、彼はビクともしませんでした。
さすが世界の人を相手にお仕事をされている人ですね!

何だかんだの連絡が行き交い。
私の語学力不足で誤解みし、インターネットの情報だけで信用して良いのかしらと疑心暗鬼にもなり、3度止めようと思いました。
でも会って話をしたら、やはり彼にお願いしようと契約を交わしました。

自分で出来ることは、ちゃんと調べてしなくてはと思いますが、マークを全面的に信じてパリに発つことにします。

吹田で話をしたときに彼が言った言葉
Je suis fier .
の意味が分からなくて電子辞書でスペルを入れて貰ったら
高慢な、尊大な・・・・という意味が一番に出ていて、
être fier 
後に ~que +接続法がくると   ~であることを誇りに思う
一方 自慢する、鼻にかける意味でも使われるし、難しい言葉だと思いました。

この場合、私は誇りを持って仕事をしています・・・と言ったのだと思います。
フランス人は(といってもみんながみんなではないでしょうが)とても誇り高い人達だと思います。
アントワーヌ先生もそうですが・・・・
私の家は埃が高いだけですが・・・
マークは自分の仕事が好きな人なんだなあ~と思いました。
それにしても、大変な仕事でしょうね。 

心配だ心配だと私がメールで連発していたので、私のことを [SINPAI MADAM](心配マダム)と名付け、
心配ない Ça va Ça va !(サバサバ)と言っていました。

]100622-02.

がそれでも、無事到着するまでは、私の心配はつきないでしょう。
よろしくお願いいたします。

写真は私が頼んで、マークがカメラの向きを手で調整して撮ってくれた物です。
ブログに自分を出すのは好まないのですが、このくらいなら・・・まあいいかと

それにしても、私のフランス語は、現地で役に立つ代物ではないとよく分かりました。
マークが言っていることは分かるのですが、ちゃんとした言葉が全く出てこないのです。
Marc ,si je vous disais impertinent , veuillez pardonner mon indiscrétion.
マーク、もし私があなたに失礼なことを言っていたら、私の失礼をお許し下さい
これで文章ちゃんと出来てるかしら?

春学期が終わって三年生を終えましたが・・・

日仏会館の通学がついに丸3年を終えました。
週1回、3時間の授業で、トータル360時間受けたわけですが、なんで私だけ、こうも進歩がないのでしょう。
春学期最後の授業を聞き直して死にたくなりました。
まあ、私の場合、死にたくなって死んでいたら、命がいくつあっても足りませんが・・

今日もまた、復習してます。
バカロレアの哲学のテーマの追加です。
Faut-il oublier le passé pour construire l'avenir ?
未来のために過去を忘れるべきか?
ほう~! と言う嘆声が、皆の口から漏れました。

しかし私ぐらいの年代になりますと、何のためでもなく、過去のことは勝手に記憶から消えていくのであります。
3日前、何をしていたかな?
どこかに出かけていた・・・と言うような客観的事実がないと、何をしていたかなんて、すっかり消えております。

だから若者よ!
過去に捕らわれることを恐れる事なかれ・・・と言いたいですね。
今では、何に捕らわれていたかさえ、思い出すことが難しいという状態になりますから・・

で、先週受けた授業を思い出せない!!
代名詞が2個出てきたときの置き方なのです。
一つでも、分かっていないのにどうしたらいいのだ!

Je vous dis toujours bonjour ?
私はあなたにいつも挨拶しますか?
Vous me le dites toujours.
あなたは私にそれをいつも言います
Vous nous le dites toujour.
あなたは私たちにそれをいつも言います
Vous le lui dites toujours.
あなたは彼にそれをいつも言います
Vous le leur dites toujours.
あなたは彼らにそれをいつも言います

me nous の位置はleの前で lui leur は le の後ろに来るという決まりがあるのだそうです。

先生の話がちゃんと聞き取れなくて me nous のパターンで全部考えていた私はパニックになりました。
後で、クラスメートに説明して貰って、うわ~なんでやねん!と思ったのです。

理由は、なんででも・・・・

きっと lui leur は 言いにくい、聞き取りにくいという事からでは無かろうかと憶測します。

なぜこの授業になったかというと。私の所為なのです。
「昨日、フランスの家主からe-mail が来て、私がその返事を彼に送ったら、またそれの返事が直ぐに来て、今朝、私は、またそれを送った」
と言うようなことを、しどろもどろに話したので、先生は言いました。
「代名詞を沢山出してくれた有り難う」

ありがとうは良いのですが、問題は、話をした私が、何を言ったか記憶にないという事です。

まったく会話になっていません。
ああ!情けない、こんな事でどうなるのだ!

と思いながらも、今年はパリにしばらく(3ヶ月の予定ですが)住んでみるつもりです。
こんなお部屋です。

m-4.jpg

バカロレアの季節にポン酢醤油を・・

100611-04

日本は梅雨の季節ですが、フランスは試験の季節だそうです。
BACCALAURÉAT バカロレア・・・馬鹿ろれあと聞こえるのは私だけでありましょうか?

19日は今期最後の授業です。
このバカロレアの話題となりました。
17日木曜日、フランスの新聞には大きなタイトルが出るのだそうです。
そして、いつも1日目が哲学でそのテーマが紹介される。
今年は、
1、 幸福とはいつもあなた次第であるだろうか?
Le bonheur dépend-il toujour de vous ?

2,芸術作品はいつも美しくなくてはいけないか?
Est-ce qu'une œuver d'art doit toujours etêre belle ?

3,犯罪者を罰することは人間の義務であるのか?
Est-ce que punir un criminel est-il un devoir ?

そして4時間かけて小論文を書かなくてはいけないのだそうです。
フランスの共通1次試験のようなものなのだろうか?
でもこれに通ったら2次試験無しで、どこの大学にでも入れるのだそうです。
そこで安心してはいけない、2年生に慣れる確率は50%だそうですから・・・

さて、テーマはまだ有ったようですが、とりあえずこれだけにして
「もしあなたがフランスの高校生だとしたらどのテーマを選びますか」と先生は聞きました。

私だったら、絶対1番を選びます。
そして答えに
「幸せって何だっけ~~何だっけ~~?ポン酢醤油のある暮らし!」
と書くのです。
それから、味覚、味わいというものは人間の幸福の大きな部分を占めるのだ。
なぜならば・・・・と下らない話を並べてみよう。

まあ、受験生諸君には、まずそんな勇気はないと思いますが・・

試験の前には指を十字に君で祈るが、流行った時代があるそうです。
これは日本の高校のお話だそうです。

置くとパス !OCTOPUS

octopus
 
このダジャレはフランス人には分からないでしょうね!

選別するというのは、人間の悲しい性なのでありましょうか?