Sub は下の意味なのか?

SUBという言葉、接頭語というのか接頭辞というのか、私にはよく分りませんが、頭にくっついて意味を変える。
日本語で言うと、たとえば超特急・・・特急に接頭語の超がくっついて滅茶早いと言うことに・・
新幹線の新、真っ白の真、ぶっ叩くのぶも接頭語だそうであります。

で昨日の授業で出てきたフランス語のSUBもその仲間なのだそうです。
près(~の前) non(~をしない)demi(半分の~)なども、接頭語になります。
私はサブというのはサブリーダーなどというので副という意味かなあと思っていたのですが、副の意味もあるけれど「下」という意味が付くこともあるようです。
だからってsubが頭に来たら何でもかんでも下の意味があるのかというとそうでもないようですが。
substrat (下層土)これなどは sub(下)+ strate(地層) 
subordonner (従属させる)ordonner(命じる)の前に sub(下)がついて命令に従うになるのか・・・
と言う風に、言葉の意味をたどってみるのも面白いです。

SUBMERGER(水没する)
sub(下 )と mer(海)が動詞になって、水没する。
例えば
Il y a uneîle désert. L'eau monte, et l'île est submergé.  
無人島があって、水面が上がって、島が水没した。

110529-00

j'ai dit 《 ce dessin est trè fantastique ! 》
j'ai en senti veraiment mignon.
Mais,mon professeur n'a consenti pas à mon avis.
Il a pensé que j'ai dit une ironie.
Non, non , je n'ai dit que la vérité.
Il doit croyer à sa étudiante !
私は言いました「この絵はとても素敵です」
私は本当に可愛いと感じたんです。
でも先生は私の意見に同意しませんでした。
彼は私が皮肉を言ったと思ったのです。
いえいえ私は本当のことしか言いません。
彼は自分の生徒を信じなくてはいけません。


へへへ、本当は先生のデッサンを見せたかっただけなのですよ。

Le 31 Mai ,aprè le typhon
Il y avait beaucoup de nuages.
5月31日、台風の後
すごい曇りでした。
110531-01


スポンサーサイト

痛い、眠い、痛い

疲れると誰でも、こうなるのかなと思ったりするのですが、なぜこんなに体が痛むのでしょう。
一昨日の午前中、友達に誘われてプールに行ってきました。
といっても泳ぐと言うほどのこともなく、お喋りをしてプールの中を歩き、その後、休み休み200mぐらいクロールで泳いだだけです。
本当に軽い運動と言っても言いぐらいなのですが、それだけでもう肩と腕が痛んで、翌日になる5月27日、かわしま鍼灸院にまた朝から行って施療してもらいました。
「いったい何をしたんですか?」
「昨日プールで、ちょっと泳いだだけです。」
かなり体中がバリバリになっていました。
まあ、毎度のことですが・・・
いつものように思い切り痛いマッサージで、かなり回復して、午後から大阪に出かけました。
久しぶりのボイストレーニングです。
1ヶ月あいだが空くと、もう腹筋の使い方が駄目になっていて、立ったまま声を出すと、肩、胸に力が入りすぎる。
意識をお腹に持っていこうとすると、上の方に力が入ってしまうのです。
いつまでたっても基本姿勢が作れない。
「膝が悪い精なのかもしれません。じゃあ座ってやってみましょう」と言うことになりました。

堅い椅子に座って、鏡を見ながら、背筋はまっすぐ、膝を浮かせて伸ばす姿勢だと、上手く丹田に力が入って、声もちゃんと出る。
立っていると、支えが利かないから他の所に力が行くのかもしれない。
どうしたら直せるのだろう・・・・

それでも大阪駅までの帰り道、歩き方が、いつもと違う!と気がつきました。
今日は、歩幅を広くとれている。この2ヶ月ほど、膝から下の脛の部分がバンバンに痛んできた原因が分った。
膝をかばって、股関節から脚を動かさず、膝から下でチョコマカ歩いていたからだ・・・と思い至ったのです。
たしかにそれは当たっていたと思います。
でも、歩き方を変えた今の歩き方だと、今度は大臀筋と膝に、やっぱり負担が来るのでした。
新快速では座れたのに、帰宅したら、夕飯も満足に食べられないほど疲れている。
体中痛い。肩、首、背中、腕、尻、膝、脚・・・
明日の予習をしなくてはと思ったけれど、とにかく寝よう。
絶対夜中に体の痛みが出ると思ったので、胃薬とアレルギーの薬(クラリチン)鎮痛剤イブ錠を1錠、普通大人2錠の所)を飲み、横になり10時半頃寝付いたと思います。
ウツラウツラと頭の中で意識します。
「ああ眠った。朝のような気がするけれど、きっと12時頃だろうなあ」
その通りで、まだ11時半でした。眠ったのは約1時間です。
トイレに行って、また横になるけれど、体中痛くて眠れない・・・
不眠だというと、人はよく言います。
「眠れないと言っていても本当は寝てるのよ」と・・・
そうではない、やっぱり眠れていませんよ。
横になっていても眠れないまま、「こんな事なら起きている方がましだ」と起きて睡眠障害のサイトを探してみました。
でも、不眠外来はあっても、痛みとの関係をのせているサイトは、ほとんどないのです。

私は、自分の体の痛みの原因は、呼吸にあるのではないかと思うのです。
疲れると呼吸をする回数が減少する・・・・というか息が止まっているんですね。
起きていたら、疲れてボートしていても、とにかく意識して「呼吸をせよ」自分に言い聞かせて深呼吸をすます。
でも、寝ている時の呼吸が、すごく少ないのでは無いかと疑っているわけです。

無呼吸症候群
前から疑ってはいるのですが・・・
でも、これになるとすごいいびきをかくと言うけれど、私はその覚えはない。
一人暮らしだと気がついてないという事もありますが、呼吸が止まってしまいそうになると、その前に目が覚めているのではないかと思うのです。
まあ、これも勝手な思い込みかもしれません。
こうして、もうそろそろ2時半になります。

かなり息苦しくて、本当に意識して呼吸してないと息を止めてしまい、ギリギリ苦しくなるまで吐いたりすったりしなくなっています。

私だけなのでしょうかね・・・この息を止めてしまう癖というのは。
一度睡眠外来に言ってみようかしら・・・
などと思いながら、もう一度、眠りに挑戦してみます。
イブ錠を、もう1錠ここで飲みました。


朝まで眠れると良いのですが・・・さて?

110519-01 

北アルプス便り

友達が携帯で写真を送ってくれました。
山の花 燕万年青(ツバメオモト) です。
 
「写真は常念から蝶への縦走賂から横尾へ下山した所に咲いていました。
高所だからか普通の4分の1位の大きさでした」
とのお便りが着いていました。

110522-01
(本州近畿以北・北海道に分布、針葉樹林帯の木陰に生える。高さ20~30cm。
葉はやや肉厚で軟らかく長さ15~30cm。花は落花後、茎がのびてあい色の液果を結ぶ)
藍色の実が付くので、ツバメという名が付けられたのでしょうかねえ~・・・

場所は、登山が好きな人なら、あああそこか!と上記のメールで、すぐ分ると思います。
北アルプスの常念岳から蝶ヶ岳へコースは、一番お花が綺麗だとも聞いているのですが、私は行ったことがありません。
でもこうやって見せてもらえる・・・嬉しいですね。
さて今年は、今日から梅雨入りだそうです。
なんとまあ、まだ5月じゃないのさ・・・
北アルプスからの便りを貰うと、言葉まで関東風になっちゃったのでございます。

5月も、あっという間に過ぎ去ってしまいそうです。
サクランボの季節は短い・・と歌にあるように・・・
21日のクラスでは、みんなで休憩時間に皆でサクランボを食べたのでした。

110521-03

生徒の一人の庭に桜の木があって、授業の前に摘んできてくれたのでした。
ほれ葉っぱまでついているのであります。
おごちそうさまでした。

分らないながら、しぶとくしがみついているフランス語の授業、
なんと先週は、大過去という文法に入ったのであります。
中途半端な   半過去
訳のありげな  複合過去
ああそして触れてはいけない秘密の香りがする  大過去

リョウ君の話では その上に 単純過去 というのもあるそうです。

頭のシンプルな私には、単純過去がお似合いなのでは・・と思ったのですが、
「単純過去は文章だけに使われるから、普通必要ないですよ」とのことでした。

単純なくせに必要のない奴って・・・なんだかよけいに身にしむ言葉でございます。

でも上記の私の過去形に対する感想は文法とは、全く関係ありませんので念のため・・・
言葉から受ける、想像豊かな私のイメージなのであります。

先生は説明しました。
たとえば、僕が友達と食事に行く約束をしていた。
その日は先週の土曜日、時間は20時だった。
彼女は、19時だと思って店の前でイライラして待っていた。
そこで言う
「私は20時に来るって言っていたでしょう。19時ではなかったよ」
Je t'avais dit que je viendrais à 20 heures ! pas 19 heures !
赤いところは大過去です。 avoirの半過去 とdire の過去分子を組み合わせて大過去になります。
そして緑の所は 条件法になるんですよ・・・

という説明に、「ホウ~」と大きなため息をついてしまいました。
まあ、おいおい分ってくるでしょう。

待たされていらついている女の子のイラストが可愛いので、この写真を載せたくて、話をここまで引っ張ったのでありますよ。
110521-02

女の子が怒っている時は、逆らわずに「ごめん」と言っておいた方が無難なのでは・・・
私は、そう思いながら説明を聞いておりました。



下駄履き健康法

 気がついた時には、かなりの外反母趾となっていました。
おそらく昔、左膝の靱帯を切って手術を2回し、その前後から歩き方が悪くなって、その結果が今に至る。
そんな感じでしょうね。
まあ生きるに問題は無いのですが、お洒落な靴は痛くて履けません。
そして、まだましな方の右足も親指の付け根に痛みが来ます。
そこで、今年から行きつけのかわしま鍼灸整骨院 の院長さんに訴えると、足の甲の指の上あたりを猛烈に指先でゴシゴシやってくれる。
まるで私の足の甲が大根おろし器で、バリバリと大根をおろすかのように・・・・
「痛い!止めて!」と思わず叫んでしまうのですが、これが不思議なことに後からジワッと効果が出てくるのです。
施術の帰りに歩くと、足の指先に力が入ってくるのが分るのです。

でも靴を履いて街にでかければ、また症状はぶり返して来ます。
そこで、ふと思ったのが「下駄を履くのはどうしかしら?」
なぜそう思ったかというと、私はいつもかかとの高いスリッパを履いて台所に立っています。
なにしろ背が低いので、高めの履き物でないと調理台が高すぎて、まな板が使いにくいのです。
でもだんだん暑くなってくるとこの今のスリッパを、素足で履くのは蒸れて気持ちが悪い。
なにか新しいスリッパに変えなくてはと思っていた時、思いつきました。
「下駄だあ~!」
そして下駄箱には、おまだ下ろしていない母の形見の下駄があったのです。
下駄箱に入れておいても一生日の目を見ないであろうこの下駄・・・
でも下駄の一生って、何時から何時までなのかしらね・・・?

何はともあれ、室内で下駄を履こう!と思ったのです。

110524-01

初めは右の親指が痛くて、履いていられませんでした。
でも次の日からは、右は慣れたのかOKです。
でも左(悪い方の)は鼻緒が当たるだけで 「痛いー!」
指を入れるだけで悲鳴が上がりました。
3,4日たって、どうにか少し慣れてきました。
下駄を履くのは、自然に指先が広がってすごく良い・・・かわしま君も褒めてくれました。

さあて、これで症状が緩和するかどうか、これからせっせと履いてみます。

それにしても、下駄を履く人を見かけなくなりましたねえ~・・・
私の若い頃には、こんな歌も当たり前に聞き流していましたが、今の若者が聞くと
「なんで、そんな格好をするの!」と不思議がるでしょうね。
それはね、君のパンツずり落ちスタイルのジーパンが格好良いと感じる神経と同じだったのだよ・・・

スパイダースが歌っていましたっけ
その歌とは   
「下駄を鳴らして奴が来る、腰に手ぬぐいぶら下げて、学生服に染みこんだ、男のにおいがやって来る・・・あ~あ、夢よ良き友よ~」
なんて題だったでしょうね・・・?夢よ良き友よで正解かな?

メロディーは浮かぶのに題が出てこない・・・
記憶はあやふやですが、まあ気にしないことにしましょう。

5月24日ひさしぶりにさざ波の立つ湖面と青いそらです。
110524-02

なんだか今週は、少し元気が出てきました。

パリの空の下

Sous le ciel de Paris



Edith Piaf のパリの空の下です。

この歌は、聞かれた方も多いと思います。
ピアフは、やっぱりすごい!
1951年に公開された同名の映画の主題歌なのです。
作詩はジャン・ドレジャックJean Dréjac. 作曲はユベール・ジロー Hubert Giraud。 



=========== ==============

Sous le ciel de Paris             パリの空の下
S'envole une chanson             一つ歌が飛び立つ
Hum Hum                     ンン~
Elle est née d'aujourd'hui          その歌は今日生まれた
Dans le cœur d'un garçon          一人の少年の心の中で
Sous le ciel de Paris             パリの空の下
Marchent des amoureux            恋人達が歩むよ
Hum Hum                     ンン~
Leur bonheur se construit          彼らの幸せは作られる
Sur un air fait pour eux            彼らが醸し出す雰囲気で


Sous le pont de Bercy            ベルシー橋の下には       
Un philosophe assis             一人の哲学者
Deux musiciens quelques badauds     二人のミュージシャンと何人かの野次馬達
Puis les gens par milliers           それに沢山の人々が
Sous le ciel de Paris              パリの空の下
Jusqu'au soir vont chanter         人々は夜まで歌うだろう
Hum Hum                    ンン~
L'hymne d'un peuple épris          この古い街に夢中になっている   
De sa vieille cité                民衆の賛歌を

Près de Notre Dame              ノートルダムの近くには
Parfois couve un drame            多分ドラマが潜んでいる
Oui mais à Paname               そりゃパリだもの
Tout peut s'arranger               なんでもありなのさ
Quelques rayons                 幾筋もの日差し
Du ciel d'été                    夏の空
L'accordéon                   船乗の引くアコーディオン
D'un marinier   
L'espoir fleurit                 希望が花開く     
Au ciel de Paris                 パリの空に

Sous le ciel de Paris              パリの空の下
Coule un fleuve joyeux             大河は楽しく流れる
Hum Hum                      ンン~
Il endort dans la nuit               その川は夜には眠らせあげる
Les clochards et les gueux            浮浪者や乞食達を
Sous le ciel de Paris               パリの空の下
Les oiseaux du Bon Dieu             幸いなる神の鳥たちが(鳩)
Hum Hum                      ンン~
Viennent du monde entier             世界中からやってくる
Pour bavarder entre eux              みんなでお喋りをしようと

Et le ciel de Paris                  そしてパリの空は
A son secret pour lui                秘密を持っている 
Depuis vingt siècles il est épris          20世紀からこっち 彼は気に入られている
De notre Ile Saint Louis               私たちの島、サンルイに
Quand elle lui sourit                 彼女(サンルイ島)が微笑めば
Il met son habit bleu                 彼(パリの空)は青い服を着るんだ  
Hum Hum                        ンン~
Quand il pleut sur Paris               彼がパリの上で泣けば
C'est qu'il est malheureux              それは彼が困ってるってことさ
Quand il est trop jaloux               彼がものすごく嫉妬する時
De ses millions d'amants               彼女の100万ほどの愛人達に(観光客たち)
Hum Hum                        ンン~
Il fait gronder sur nous               彼は私たちの上でうなる
Son tonnerr' éclatant                ものすごい雷鳴になって
Mais le ciel de Paris                  だけどパリの空は
N'est pas longtemps cruel              長いこと無慈悲じゃないさ
Hum Hum                        ンン~
Pour se fair' pardonner                ごめんなさいって言うために
Il offre un arc en ciel                  虹を送ってくれるのさ


=========== ==============

sous(下)  sur(上) の発音に泣いています。

田植えの季節です

五月、新緑、田植えの頃・・・
昔は、近所総出で、田んぼの中に一列に並んで、手で植える風景が見られた頃があったのですね。
今や、気がつけば、稲が植えてある水田にいつの間にか変っていた。
お父さんが、土日、とくに5月のGWに一気に機械作業で片付けてしまう。
そんな時代です。
でも、水をたたえた水田を見ると心が和みます。
「おう、これこそ日本の風景だ」と・・・

110516-00.

 ところが、水田の横に広がる蓮華畑も綺麗でした。
でも待てよ?
蓮華畑のままであるという事は、稲作を止めてしまったということかしら?
5月16日、病院に行く途中で、蓮華畑がアチコチにあるのを見てハタと思ったのです。

休耕田として休ませてあるのなら良いのですが、田んぼを作る世代が、だんだんと減少して行っているのではないかと気に掛かります。
110516-004

蓮華の花は綺麗だけれど・・・

110516-05

おそらく、今の日本の農業は70代の人達が頑張って支えてくれているのではないでしょうか?
何の労働力にもならない私が言うのは、おこがましいことですが、そのおかげで日本の食料は支えられているのです。この一面の水田が、いつまでも続いてくれますようにと願わずには居られません。

さて、私事ですが、去年からずうっと体調は良くないまま続いていました。
歩くのも自転車も・・・もう駄目かなあ~
ちょっと出歩くと体中がバンバンに痛んで眠れませんでした。
ところが,この16日の朝、目を覚ますと・・
「体が痛くない!! 」
ええっ!  自分で信じられなくて ビックリしてしまいました。
これなら自転車で病院まで行こう!
この病院に自転車で行ったのは、ちょうど1年前ぐらいだったと思います。
何をしにって・・・
血液検査の結果を聞きに行ったのですが、思った通り結果は良くありませんでした。
総コレステロール  262
HDLコレステロール 79
HBA1C       6.4  (糖尿水域です)
ここまでは全部高すぎる数値ですが
これからは低すぎる
カルシウム     8.7 (基準値にかろうじて引っかかっている)
白血球        3200
この数値は基準値を大幅に下回っております。
一昨年のデーターの約半分。これでは抵抗力が無くて当然だ!
と妙なところで納得してしまいました。

でも体調はこのところ、少しづつ良くなってきている様な気がしています。
特に今週に入って 18日の夜は、10時から2時半まで目を覚まさずに寝たのです。
4時間半も続けて眠れたのは、この10年ではありえない経験です。
これが、このまま続いてくれたら・・・
と思ったら、その翌日は、まったく眠れないという状態でガッカリでしたが・

1月から、なるべく欠かさず行くようにしているマッサージで、体を戻して、運動が出来る状態を作っていきたいと思っています。
痛い痛いと言いながら、それでもしぶとく生き抜くつもりです。

そう、小さな花こそ強いのかもしれません・・・

他の畦に咲く イヌノフグリ・・・
だれがこんな名前を付けたのだ!

110516-07

片道45分をかけて自転車でやって来た私を見て、悩んだ末に先生は言いました。
「また三ヶ月ほど様子を見ましょうか?」
運動や食事で、改善しようという意欲を見て下さったのです。
他の病院に行ったら、絶対薬の山を出しているところです。
すばらしい医療への志を持って、患者の意思を尊重して下さる先生のおかげです。
私も、出来るだけの努力をしなくっちゃあ・・・と思ってしまいます。

待合室には、憲法25条が・・
110516-08

そしてこの掲示板の通りの診療をなさっています。
110516-09

こんな病院は、日本ではここだけだと思います。
先生頑張れ!!といつも心の中でエールを送っています。

パリからの便り

パリでお世話になった方から絵はがきと手紙を頂きました。
絵はがきには、緑のシダと木の葉がホッチキスで留めてありました。
ああ、5月、パリも新緑の季節なのだと、懐かしく去年を思い出しました。

帰国してから、私は彼女に、書こう書こうと思いながらお便りを出してなかったのです。
なにしろ、私の語学力では簡単な挨拶が精一杯ですから・・・

でも、3.11が、大々的に世界に流れ、すごく心配してお手紙をくださったのでした。

かなり読むのが難しかったです。
まず、絵はがきは手書きで、まずアルファベットが読み取れないのです。
土曜日にアントワーヌ先生に絵はがきは助けて貰いました。
手紙は活字で打ってあったので、頑張って読みましたぞ!
ノートにもう一度、全部書いてみて辞書と取り組み見ました。
正確な訳は到底出来ないと思いますが、彼女の気持ちは、すごく伝わってきました。

個人的なというよりも、日本と日本人に対しての熱い思いなので少し紹介したいと思います。
辞書を頼りに自分で訳しただけなのですごく思い違いしている事もあると思いますが・・・

110516-01

=====================

先日、あなたと電話できて嬉しかったわ。
長い時間話せなかったけれど、肝心なのはあなたが生きていると言うこと、
また、その素晴らしい日本列島の中であなたが愛するすべてがあると言うことです。
私が思うに、世界地図が激変するようなすごい脅威の中にすべての人が居ます。
この脅威の3つの要因は、地震、津波、そし原発です。
数千人の人が、家族、家、希望、生きる望みをすべて失ったこの大事件は、まだもっとひどい状況を引きずっています。
でも、フランスのマスコミは、ここ12日前から、その話題を取り上げなくなりました。
それはひんしゅく物だわ。人はそれについてもう何も言いません。
イギリス王室の結婚のセレモニーを話しかけてきます。要するにゴシップ雑誌なのよ。
日本では、災害に苦しむ数千人のあなたたちが居るというのに・・・

私は熟慮し確信しています。
国際的な助け合いの為に音頭取りが必要なのに、世界の第一線の国のチーフは、原発によって何もかもなくし脅かされている人々を、世界の他の場所に受け入れ、救護し、助け、安心させるよう各国に働きかけることをせず、卑怯にも逃げている。

今私には、すべての良き物と良き魂にとって緊急の事態だと思われてなりません。
日本と日本に住む住民を救うためにと言うだけでなく(それ以上に今の世界にとって)
私たちの惑星の精神は静かに集まらなくてはいけない、創造者である神の助けをお願いするために・・・
それはまた、人類の非常事態の時に、私たちが魂の復活を体験するためでもあるのです。
(que nous traversons dans notre incarnation)
私たちが魂の復活を体験すると訳してみたのですが・・・
私たちは、唯物論の致命的結果に怯まされることなく、命のプランの中に皆共にいるのです。

========================
後は、日本語で話せなくてごめんなさい、とか電話した時元気がないようだったけれど、フランス語の辞書で、きっとあなたは分ると思うわ etcが書いてありました。(あるのだと思います)


がしかし、かなり難しい内容ですよね。
唯物論の致命的結果・・・
それはおそらく、精神に重きを置かない物に偏った文明の行き着いた結末が、原発による社会の崩壊である・・
という意味ではないかしらと私は思うのでありますが・・
incarnation 
辞書で引くと、宗教用語で受肉、托身となっているのですが、ネット辞書で検索したら
イエス・キリストという人における神と人間の結合というキリスト教の教義
これに近い意味なのかしらとも思います。
私は réincarnation 再生・復活の意味かしらと思って訳したのですが、意味が違うのかもしれません。

彼女は、現代の物質文明を見直して、神とともにある様な敬虔な生き方を取り戻さなくてはいけないし、今が、その時なのだ・・・と言いたいのではないかしら?

おそらく、この手紙をフランス人に読んで貰っても、読んだ人が私に日本語で説明するのが、これまた大変ではないかと思うのです。

西欧の思考の土台にはキリスト教があるんだと改めて思います。
そして、私には、ほんのちょっとしか理解できてないのだろうなあとも・・
でも、宗教は違っていても、日本の多くの人が、同じように、もう生き方を変えなくてはいけない時だと感じていると思います。

私だったら、こんな贅沢な有り様は「お天道様の罰が当たるわ」と言ってしまいます。
アミニズムというか、自然一体型宗教観が日本人の血の中にはあるのではないでしょうか?

それにしても、外国では、日本が壊滅するのではというぐらいに考えられているのがよく分ります。
そして、まんいち深刻なメルトダウンが起こってしまったら、あながちそれもあり得るのです。

今は、とにかくメルトダウンが静まってくれ~・・・
そして、苦しい生活を余儀なくされている人達が、安心して生きられる場を確保できますように・・・
そう願うしかないのです。


はてさて、私は、どんな返事を書いたらいいのでしょう。
私の語彙力と、文法力では、思ってる事をちゃんと書くなんて無理です。
まあ気持ちが伝わったら良しとしなくては・・・

ちゃんと書けるようになるためには、勉強を続けるしか道はないようです。
それに、この単純頭からは単純な文章しか出てこないし・・
あるもので勝負するしかないやん。

この手紙には、私の苦手な接続法が2カ所使われていました。
接続法って誰が使うんだと思ってましたが、やっぱり、普通に使うのだという事も分りました。

土曜日、授業の帰りに「明日何にするの?」という話になり、
先生に、こんな言い方で良いいですかと尋ねながら言ってみました。
明日のことだし未来形だよねと思って

「お天気だと良いですね?」と言いたくて

  Ce sera bien qu'il fera beau ?

先生はニッコリ笑って言い直しました。
接続法が正解なのです。(何で?と思ったら bien que ~だからなのですね! )
  Ce sera bien qu'il fasse beau!

5月のバラをどうぞ
110516-02

こんな花です

110516-03






否定形がついたジェロンディフ

日本人にとって当たり前の表現が、フランス人にはとても難しく感じられる・・・
というか絶対使わない表現が二重否定だそうです。
かなり前の授業で、私は接続法を入れたくて言ったのです
  Je ne pense pas q'il ne fasse pas le ménage.
私は、彼が掃除をしないとは思わない
こんな言い方はフランス語にはありません。
  Je pense qu'il fera le ménage demain.
私は、彼が明日掃除をすると思うよ
このように、ダイレクトに言えばいいのです。
それにしても、いつも掃除してない人なのですね彼は・・・というか私自身かな?

まあ二重否定が外国人には分りにくいということは、分らないではないですけれど!

私にとって、すごく分りにくい表現というか文法と思ったのが、先々週の授業であった
否定形 + ジェロンディフ
 
ジェロンディフ(gérondif)というのは 現在分詞の前に en が付く形で、よく使われるのは ~しながら・・
たとえば
Je mange en regardant la télévision.
私はTVを見ながら食事をする。
これだけなら、そう難しくないのです。しかし他にも使い方はあるのです。
今使った
同時性 (~しながら)の他に

方法・手段(~して、~で)
条件    (~すれば)
譲歩・対立 (~しても、~なのに)

ひえ~・・・大変だ!
J'ai pleuré en étudiant la grammaire française.
私はフランス語の文法を勉強しながら泣いた。

それは毎度のことで珍しくも何ともない。

問題は
ジェロンディフが否定形と組み合わされた時に、目が白黒になってしまったのです。
でも、黒い目の人でなかったら目を白青させる、目を白茶させると言うのかしら?

Ce n'est pas en dormant que tu vas avoir ton bac !!
寝ているならば、おまえはバカロレア(大学入試)を持つだろう事がありえない=寝てばかりいたら、入試に失敗するわよ!
寝てないで勉強せんかい!  お母さんの雷が聞こえそうなフレーズです。

Ce n'est pas en regardant la télé que tu vas réussir le test!!
TVを見ているなら、おまえはテストに成功することはない=TVばか見りていたら、テストに落ちるでしょう!
TVばっかり見てないで勉強しなさい! これも日常的ですねえ~
アントワーヌ先生は、この言葉にはトラウマがあると言ってました。
よくお母さんから怒られたのね。

Ce n'est pas en restant sans rien faire que tu vas aller mieux.
為すことなく過ごすならば、良き結果を勝ち得ることはないであろう
これなんか良い訳し方だと思いませんか?

Ce n'est pas en augmentant le prix du tabac que les gens arrêteront de fumer.
たばこ税を増やしても、人々の喫煙が止まる事はあり得ない=たばこ税を増やしたからって、禁煙は増えないよ

この最後の例文がすっきり腑に落ちないのですが・・・

でも、こうして並べてみると、少し整理がつきました。
否定がジェロンディフに掛かっているのか後ろの文節に係っているのか、私の頭でごちゃごちゃになっていたのです。
否定(ce n'est pas)は後ろの文節(que~)に係る・・・・で良いのですね。
始め、否定(ce n'est pas)がジェロンディフのある前の文節にかかっているのかと思い、訳が分らなくなっていたのでした。
否定がジェロンディフの文節に係るなら
1、寝てばかりでなけれな、おまえは入試に通るだろう
2,TVを見てばかりでなければ、おまえはテストにうまくいくだろう
3、何にもしないでいるのでなければ、おまえは素晴らしくなるだろう
4,たばこ税を増やすのでなければ、人は喫煙を止めるだろう。
1~3までは、なんとかこれでもいけそうと思ったけれど 4 は意味不明になる
それで悩んでいたのでした。
否定が後ろに掛かるなら、分ります。

ジェロンディフも種類分けすると
上の三つは条件(~すれば)・・・・最後のフレーズは譲歩(~しても)
と思って良いのでしょうか?

日本人の感性としては
「おまえは勉強してないと、試験に通らないよ」と言いたくなると思うのだけれど。
でもこれは二重否定とは言わないのかな?
前のジェロンディフの節と後の節は対立すると先生は行っていたように思います。

日本の子供だとこう口答えします
「僕はTVばかり見てたからって、試験に通らないとは思わない」
これが二重否定です。
なんと反抗的な息子だろう! こいつはと思いますが、フランスの子供は、こんな言い方は出来ないのです。

先生は 「行かないといけない」という表現はフランス人には難しいと言ってましたが、これって二重否定ではないと思うのですが!!

自然に使っている日本語・・・なんと難しい言葉であるのでしょうか!

それまでをも再認識する勉強でした。

ブログを書きながらのお勉強も、結構役に立ちます。
でも一人で納得してる状態なのですが、この解釈でいいんだろうねえ~・・
またどっかで、大きな思い違いをしていたりして・・・
まあ、そうだとしても、Ça arrive (よくあることです)。
間違いは正解の素・・・間違っていたら誰か教えてくださいね。

五月の花です
Les fleures du Mai qui s'appellent asalée (ツツジ)

110514-03
 



水芭蕉は木に咲きません

110506-06

三月に,私は叫んでいました。
「ほら水芭蕉が・・・」
この花のつもりだったのですね。
ハナミズキ・・・  
5月に入って,白い花、そして歌 にも出てくる薄紅色の花をアチコチで目にします。
この写真は近所の公園です。

五月の空は、黄砂のせいか何となく靄が掛かったような日が続いています。
私の体も、相変わらずで、朝目が覚めるのは、首と肩の痛みとともにという毎日が続いています。
それでも、今年になって通い出した「超強烈マッサージ」のおかげで、肩こりの感覚は、いくぶん以前より緩和してきました。
がしかし、治療をして貰って、出歩くとすぐにぶり返し、また治療にの繰り返しです。
先週は、2,3キロの距離をぶらぶらと街を歩いただけなのに、翌朝起きると
「うわ~!これはもう歩けないかも!?」
とおびえてしまいました。
そこですぐさまマッサージに駆け込み、その週は保険のきくマッサージを3回と間に1時間の保険外マッサージを入れて貰い、今週は,階段の下りはヤバイけれど、なんとか彷徨くことが出来るまで回復しました。
あなたの体の中身は80代だと太鼓判を頂いております。
さて、いつまで持つことやら・・・
でも私の体など、どうでも良いのです。
壊れてはいけない物が壊れていたのです・・・

ハナミズキに水芭蕉は絶対咲かない。
原子力発電所に安全と言う言葉は絶対ありえない。
それはどちらも正しいのでした。

ひさしぶりの日曜日、関口宏の、`サンデーモーニング”を見たらなんと
meltdown の言葉が出ているではありませんか 

福島原発は実はメルトダウン(炉心溶融)をしていた。
背筋が寒くなる話でした。
燃料棒が溶けて、容器の底に溜ってしまっている。
水を入れていたのは何の効果にもなっていなかった。
もし、容器の底が破れてしまったら・・・・

民間原子力施設で起きた炉心溶融事故には以下のものがある。(wikipediaから)
 1966年のフェルミ1号炉事故(アメリカ合衆国)
 1969年 リュサン原子力発電所事故(スイス)
 1979年 スリーマイル島原子力発電所事故(アメリカ合衆国)
 1986年 チェルノブイリ原子力発電所事故(ソビエト連邦、現・ウクライナ)
 2011年 福島第一原子力発電所事故(日本)

なんと世界で今までに5件も起きていたのですね。
そしてこの福島の事故はチェルノブイリを超えているかもしれないと・・・

東電、日本政府だけで対応できる物なのか?
ああ、日本の会社、政府に、「責任者を出せ!!」と怒鳴っても、無駄な時間を費やすだけです。
今は、世界中からの助けを頼んででも、何とか食い止めなくてはいけません。
責任というなら、止めることが出来た後でじっくりと考えて頂きましょう!
「こんなはずではなかった!」と言われてもこんなことになっちゃたんだから・・・

そして、私たちもう原発から足を洗いましょうね。
スズキの会長さんが、「日本人は贅沢すぎるんじゃないか?」と発言してられました。
私、ちょっとムカッと来ました。
「それをあおって、いらない物、車や電化製品etcを押しつけてきたのはあなた方ではないのか?」と
今の小学校の現場では、貧しいことはいじめの対象になってるんですよ。
貧しくても、みんな仲良く出来た時代を過去のものにしたのは誰なのかしらね?

まあ、それも言ってしゃあないか!

この地震大国である日本に、17箇所、54基の原発があると知っていましたか?
原発地図は下記の毎日jpを参照してください。

http://mainichi.jp/select/wadai/wakaru/saigai/archive/news/2011/20110323org00m040021000c.html?inb=yt

福島原発で働く人達、地域の住民達の思いはいかばかりかと思います。
やっと少しは落ち着いてきたかなという頃に、何というニュースでしょう。

ただただ治まることを願うのみです。


下の写真の花ですが、さつきかツツジか?  まいど違いが分らぬ私です。
110514-02

アップで見るとこれですが・・・葉で見分けるのかしらね?

110514-04

未来のTVってどんなんかしら?

宿題を添削して貰いましたので、書き直しました。
好むと好まざるとをどう言えばいいのだと悩んでいたら Qu'on l'aime ou non・・・なるほど! 分った。


La télé de futur

未来のテレビ

À mon avis, d'un côte la Télé va empirer .En effet il y a beaucoup de chaîne aujourd'hui.
Les annonceurs ne donneront plus beaucoup d'argent et les émissions de mauvaise qualités iront en augmentant .
Peut-être que certaines personnes ne regarderont plus la Télé .
D'un autre côté, l'activité de télé améliorera par la rénovation de la technique.
On utilisera la télé différemment,

私の意見として、一方ではTVは質的に悪くなっていくでしょう。実際今でもチャンネルが多い。
スポンサーは多くの資金を提供してくれなくなり、つまらない番組が増えていくでしょう。
一部の人たちは多分TVを見なくなるでしょう。
でも他方では、TVは技術革新により改善されるでしょう。人はTVを違う使い方をするだろう。


On va changer de manière à la télé ,maintenant on reçoir des informations à sens unique.
Mais petit à petit, on sera mécontentet les producteurs feront augmenter les émissions où les spectateurs peuvent participer directement enligne .
En effet un part d'émission utilise déjà cette façon.

TVの使い方を変るでしょう。現在は情報を一方的に受け取っています。
でも人はたぶん不満を感じるだろう、そして制作する側は視聴者がネット回線を使って直接参加できる番組を増やしていくでしょう。
実際、一部のチャンネルは、すでにその手法を取り入れているのだから。


La télé de futur . Ce n'est pas que un outil divertissant, elle aura la fonction de transrporter des informations .
On pourra toujours téléphoner à tout le monde en face à face .
Par conséquent , La télé prendra une place importante comme instrument nécessaire dans la maison.
Qu'on l'aime ou non .

もしくは(Qu'on l'aime ou qu'on ne l'aime pas.)

未来のTV。それは人間にとって、気晴らしのための道具としてだけではなく、通信の機能も一緒になり、顔を見ながらの電話としての役割も持つでしょう。
従って、好むと好まざると、TVは家庭の中で必要な道具として重要な位置をとるでしょう。


自分の作文ですが、対訳を付けておかないと後で、何というつもりで書いたのかなあと思ってしまう私です。
ああ、情けないですねえ~
でも、添削をしっかり見直すのは本当に良い勉強になります。

==================================

下のすばらしいデッサン!
これはサービスで、先々週の授業で先生が書いてくださった物です。
私は先生の絵が大好きです。

これは何?
私はトースターだと思いました。
ユウは、湯たんぽだと思ったのです。
上にある日本の線に注目してください。それは湯気なのです。
クリックしたら拡大して見る事が出来ますよ。

110502-01.

で先生は少し書き足しました。
答えは炊飯器です。分るかな?


110502-02

そしてこれは卵頭蓋骨=ハゲ頭
卵の表現を,アレコレ先生は教えてくれたのです。
ちょうどその前日にあった、イギリスのセレモニーとは全く関係はありません。


110502-03



先生は自分の絵が分かって貰えなかった事に「泣くわ!」と叫び。
ユウは、湯たんぽと信じた自分に泣き、私は絶対トースターだと思い込んだ自分に泣き、教室には涙の雨が降ったのでした。