北斎とリヴィエールと私

2014/08/30

夏休みも、いよいよあと一日になってしまいました。と言っても、毎日が夏休みのような私ですが、なぜか気が慌ただしくなります。何故ならば、この一月の間、すっかり、勉強を忘れておりましたからね。9月に入るのが怖いです。ところで、気になっていた、佐川美術館で展示中の「北斎とリヴィエール」展が明日までになってしまいました。よっしゃあ!と気合いを入れて、自転車で琵琶湖大橋越えをして、午前中に行ってきました。もう...

       

命とは未来に向う意思

2014/08/25

台風をなんとかやり過ごしたと一安心していたら、全国各地に土砂崩れの被害が続出してしまった。私の住まいは、比較的おだやかな所だが、車で20分ほどの山側地区には2度に渡り避難勧告が出された。この毎日のような雨は、ほとんど、夕刻に、雷と共に、突然たたきつけるように落ちてくる。日本は、もはや温帯地方ではない、熱帯モンスーンじゃないのかしらと思ってしまうのです。雨が止んでも、山には雲がかかり・・・8月24日...

       

飛び出し坊やと困った坊やの違い

2014/08/16

8月に入っても雨続きでしたが、14日、久しぶりに入道雲を見かけました。ムクムク感がもうひと山欲しいなあ~と思います。まだ、夏の根性、もっこり入道雲になりきってないぞ!そうなんです。夜になると、また大雨が降り始め、またもや集中降雨状態になってしまいました。台風被害が、アチコチに出て、水ぶくれ状態の日本列島ですが、お米は着実に実ってくれているようです。このまま無事に、実りの秋に移行してほしいものです。...

       

ce n'est pas parce que に泣く

2014/08/09

8月2日は、夏休み前の最後の授業でした。前半の授業の最後に,私は言ったのです。《 C'est très difficile. 》  すごく難しい先生は私に言いました。《 Ce n'est pas parce que c'est difficile qu'il faut pleurer. 》  難しいからと言って泣かなくてもいいうわ~、何と難しい表現だろう。「泣かいでか!」と私は思いました。この関西風表現を一般的な日本語に直すと・・・私は泣かずにはおられないであろう! =私は...