雨の日のミステリー・その謎は私が解く

26日は雨でした。午後になるにつれ雨脚は強くなってきました。
冬の雨ほど、気分の重くなるものはありません。
重いからって、どう出来るわけでもないのですが、私は、重苦しい気持ちで窓の外を眺めながら
「今日はそれでも、午前中けっこう歩いたよね」と思いつつ、携帯電話の歩数計の画面を眺めました。
携帯電話で、その日歩いた歩行数、距離、消費カロリーまで分かるのです。
見れば、6千歩ほどでした。ん?、たったこれだけ?
そんなはずはない。
私の頭の中でたどった行程はと言うと

自宅→病院A→薬局A→病院B→薬局B→自宅
これならば、絶対8千歩は以上歩いているはずなのです。
これは、おかしい、何だ?大きな謎が生まれたのです。

ゆっくり考え直すと、突然思い出しました。
私は家を出かけた時徒歩ではなかったのであります。自転車を使っていたのでした。
でもすっかり忘れて歩いて帰ってきていたのでした。
これで、ミステリーの謎は解けました。
でもまあ、毎度のこととは言いながら、また記憶を飛ばしていたのでした。
始めからの道順をたどって探しに行くと、病院の前に、雨に打たれながら、私の愛車が淋しく佇んでおりました。
ごめんなさい。私の可愛い自転車君。
私は、この病院の帰り、深く物思いに耽ってしまったので、君のことを忘れてしまっていたのです。
私は、何ていけないお母さんなんでしょう!
と、突然、反省する母性愛溢れる母親気分になってしまいました。
しかもその後、駅前の駐輪場の前を通り、写真まで撮りながら思い出さなかったのです。

150126-01

これは、駐輪場前に並べてある、事故よけの防護用具とでも言うべきものでしょうか?
自転車一台なら、無理なく通れる間隔でおいてあるのですが、運動神経の鈍い私は
「通れるかしら?」とひるんではぶつかりそうになるなるのです。
恐れなければ通過できるところを、自分から落ち込んでいくという、本当にどんくさい性格なのです。
私のこの所の体調不良の原因は、しょせん、このくらいのものに過ぎないのだなあ~
と思いつつ歩いていたのでした。

人生の最後の通過点も、この自転車置き場のガードと変わりはないのです。
でも、それを上手に通過できるかと、すごく気に病んでいる自分がいるのです。
まあ、心配しようがしまいが、生あるものは全て死ぬのだから、気にしなければ良いのです。
しかし、そこが、人それぞれの性格で、「人様にご迷惑をかけてはいけない!」とパニックになってしまったのです。
そんなことをお医者様に話しても仕方が無いので、この数ヶ月の体の異常を訴えました。

結果、抗うつ剤を試してみようと言う事になり、パキシル10mgを1錠ずつ服用することに・・・

150126-02

薬に依存してはダメだという思いの一方、残り少ない人生なんだから、薬で楽に過ごせるなら、それで良いではないか?
私に囁きかける二つの声があります。

うるさい決めるのは私じゃ!引っ込め!

世界が火を噴き出したような、こんな時に、自分の事だけで手一杯の私なんて、なんというつまらない人間だろう。
と思ってしまいます。でも、そう思うのがいけないだ。

「ほっといてちょうだい」迷惑目線の犬。
この犬のように、今ここが自分の場所だと思って、ドデンと人生を生きたら良いのですよね。

150125-02
スポンサーサイト

茶碗蒸が作れない

久しぶりの授業でした。
今年も、おなじみの日替わりカレンダーが、頑張ってくれてます。

150107-01
栓抜きは王冠で閉ざされている瓶を開けるのを助ける小さな料理道具です。

ワインの栓を開けるのは、コルク栓抜きtire-bouchon
シンプルなものを見本してみました。
150107-02

宿題が有ったのです。
授業で、体に良い料理を2×2で考えなさい。
私とリョウは、茶碗蒸しにしたのですが、時間が無くてそれが宿題となりました。
全然手をつけられず、やっと、さっき出来上がったところです。
ああ、やっぱり冠詞が分からない。

文章より実物を食べたいのですが・・・・

Flans d'oeufs chawan-mushi
タマゴの蒸し物 茶碗蒸し

Temps de préparation : 60 minutes 下ごしらえ時間60分
Temps de cuisson : 20minutes    料理時間20分

Ingrèdients ( pour 4 personnes)
材料(4人分)
500ml de l'eau,  水500cc
2 œufs , タマゴ2個
4 shiitakés séchés,   干し椎茸4枚
4 ginkgos,  ぎんなん4個
4 crevettes ,  海老4匹
4 tranches du kamaboko rouge,  赤蒲鉾4切れ
un morceau du poulet blanc,   鶏ささみ一切れ
¼ carotte,  人参1/4本
une botte de mitsuba,  三つ葉一束
un petit sac du dashi 出汁の小袋1
un peu de la pelure de citron yuzu  ゆずの皮少々


Plongez les shiitakés secs dans l’eau pendant une heure environ jusqu’à ce qu’ils soient tendres.
干し椎茸を柔らかくなるまで1時間ほど水に浸す
Ôtez les pieds des shiitakés et faites dessiner la croix aux milieux.
椎茸の茎をとって、真ん中に十字の切り込みを入れる
Grillez les ginkgos et écossez ses coques.
ぎんなんを炒って殻をとる
Décortiquez les crevettes et ôtez la tête, la queue et la veine centrale.
海老を剥いて頭と背わたを取り除く
Coupez du poulet blanc en 4 , de la carotte aussi comme la dimension d'un bouche.
ささみと人参を一口大の大きさに4つに切る
Mettez un sac de dashi bon qualité dans l'eau 500ml .
500mlの水に上等の出汁の袋を入れる
Ajoutez dans lequel un cuiller à café du mirin et la sauce de soja .
味醂と醤油を小さじ1杯付け加える
Faites bouillir 3minutes et après refroidissez .
3分間沸騰させ冷ます
Melangez des oeufs dans l'autre bal et versez dans le dashi en passant dans une passoire.
他のボールでタマゴを混ぜ、こし器で漉しながらだし汁に注ぐ
Déposez les matières dans chaque tasses de chawanmushi et couvrez de la preparation à soupe .
それぞれの茶碗に具を置いて準備したスープをかける
Faites chauffer de l’eau dans une grande marmite .
深鍋に水を入れて沸騰させる
Mettez les tasses à l’intérieur de la marmite et cuisez à la vapeur à feu doux pendant 10 à 15 minutes.
鍋に茶碗を入れて10分から15分蒸す
par exemple, comme ça
150107-05

Je utilise ce dashi instant qui est très facile et bon .
私はこの出汁を使ってます。簡単で美味しいです
150107-04



本当に作りながら写真を撮りたかったのですが、今週は出来ませんでした。
また、いつの日か、美味しく出来たら掲載しましょうね。

では、明日の授業で・・・・





今年は作ろう、行きつけの病院

2015年の元日の朝、窓からの眺めです。

明けましておめでとうございます。

150101-01

去年は、12月10日に出先でぶっ倒れてしまい、病院にと言う大騒ぎをしてしまいました。
目まい、冷や汗、震え、呼吸も苦しくなって、自力で帰れないと思うほどでした。
検査して貰った病院で一晩過ごさせてくれないかしらと願ったのですが・・・

「帰宅して貰って大丈夫です。でも、具合が悪くなったら、途中でも夜中でも救急車を呼んでください」
と、かなり冷たく突き放されました。
大病院は重病人のためにあるのだから仕方が無いです。
でも私が思うに、原因は私の無駄口、余計な一言二言にあったのではと今になって思います。
病院の玄関で、ストレッチャーに載せられて、ゴロゴロと処置質に運ばれ、若い先生二人が、「分かりますか?分かりますか?」と何度も声をかけてくる。
足や腕を触って「感じますか?感じますか?」
体は震えるし呼吸も苦しくて、返事をするのもしんどかったのですが、私の性格としては、何か受け狙いで返事をしなくてはと、とっさに思ったのでしょう。
「分かります。先生、おめめパッチリの別嬪さんです。隣の先生、メガネが似合って男前です。」
これが、余計な事でした。
ここで、医師達の目線が、冷た~くなったと思ったのは、私の気のせいだったのでありましょうか?
心電図、血液検査、CT、MRI 8時過ぎまで掛って調べて貰いました。
その結果が、上記の言葉でございます。

まあ無事に帰り着けたのでハッピーエンドでよかったのですが・・・
そこで、若いドクターに言われた言葉が、2週間ぐらい経ってすごく気になってきました。
その言葉とは、「行きつけの病院はありますか?」と言うものです。
言われて、その時思ったのは
「歯医者に目医者は良く行くけれど、近くで、内科のお医者さんにかかったことはほとんど無い。ああ、大変だ!行きつけの病院を作っておかなくては!」
でも、後から、よくよく考えたら、行きつけの病院と言う言葉は何だか変だな~と思ったのです。
行きつけのと言うならば、
行きつけの飲み屋、行きつけのカフェなどという使い方をするのではないでしょうか?
行きつけ=よく行く、しばしば行く
病院について言うならば かかりつけの病院というのが正しい日本語ではないのか?
しかし、言葉は生きものです。
老人大国となった21世紀においては、病院も、気軽に、ちょいちょい行くところに変わってきているので、お医者様さえ、「行きつけの」と表現するようになったのでしょう。

そういう訳で、私も今年は、ひとつ行きつけの病院を作らねばと思っている年頭でございます。

150101-00

異常なしのはずなら、当然すぐ元気になるはずです。
でも、どうもスッキリしない日が続き、結局、大晦日まで寝たり起きたりで過ごしました。
日時の感覚もおかしくなっていたようで、投票日14日を7日だと思いこんでいたようです。
でも、死んでも行かなくてはと思って、確かに14日は投票に行ったのです。
しばらくの間、精神的にパニック状態に入っていたようです。何と根性の小さい人間かと笑ってしまいます。

「あかん、あかん!このまま流されていてはいけないぞ~」
と思い、自分で自分のほっぺたをひっぱたき大声で「気合いだ-!」と本日、しっかり活を入れました。

さて、この活を入れるという表現ですが
「 カーツ!」「気合いだ~!」と怒鳴るから、 喝を入れるが正しいのかしらと悩みますが、正解は「活を入れる」
こんなつまらない事に、頭を使えるようになったと言う事は、回復したと言う事です。

元日の午後から降り出した雪は、一夜で、私の街を街中を真っ白に変えてしまいました。
そう言えば、一夜で変わったと言う表現を12月に勉強したのでした。
Ça a changé du jour au lendemain.
元旦の夜に雪は積もり
150101-02

Mon balcon a changé du gris au tout blanc du jour au lendemain.

翌日の我家の前の階段は
これは私の、私だけの足跡です。
150102-01

翌日、2日の比良連峰です。今年は雪が深そうです。
山に登る人は、くれぐれも気をつけてくださいね。

150102-02

私は、ここ一月、まったくノートを開く気にもなれませんでした。
もう、授業に参加するのも無理だわ~と思っていたのですが・・・
12月6日の復習をしていたら、少し元気が出て来ました。

Les études est le meilleur médicament pour moi..
勉強は私にとって最良の薬である
あっ、複数だったら
Les études sont le meilleur médicament pour moi.
にしないといけないのかな?

まあ、どっちにしても本気にしないでください!