気分転換をしよう!

出たとこ勝負で、朝目覚めた時にその日の気分がきまります。
昨日は、かなり良好でしたが、今朝は目覚めたら、もう7時前。
慌てて起きたけれどTV体操が出来無かった。

それがなんやねん?なのですが、それだけで、落ち込んでしまい、午前中何も手に着きませんでした。

いやいや、下らないことを気にしていてはいけない。
外に出よう。太陽と遊ぼう!
太陽とどうやって遊ぶねん・・・原発と遊ぶ様なものか?
ああ、そっち方面に向いて走ってはいけませんね・・・


これは、昨日の朝の散歩道で出会った小鳥です。
甲高い鳴き声の感じではモズではないかと思いますが、どうでしょうか?
さあ、小鳥のように無心になろう!
小鳥曰く 「勝手なことぬかすな!おれは餌を探してるのだ!」
何の世界でも生活は大変なのかも・・・

ああ、とにかく秋が来て、秋が過ぎる・・・・

151027-04s

気を取り直して・・・・といっても、もうすぐ11時ですが、自転車で走ってこよう!

スポンサーサイト

買物と環境問題の関係

「コップ21を知っていますか?」との先生の質問に、何だったけ?と浮かんだイメージはこれでした。
こっちのコップは、語源がオランダ語: kop、ポルトガル語: copo からなんだそうです。トホホ・・・

151017-01 

COP21の方の、COPとはConference of Parties の略で、広く「締約国会議」という意味だそうです。
一番よく使われるのが、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)で、今年の12月に21回目の会議が、パリで開催されます。
それをCAP21と言うのでありました。
こちらは、そのシンボルマークです。
151017-05


ちょうど良いから、環境問題を話し合いましょうと言うことになり、7つのテーマが出されました。
授業の最後は、この記事が何を言ってるか説明して、解決法を考えるというものでした。
どれもこれも、深刻な問題ですが、私が引き当てた問題は、
《世界の生産の1/3に等しい16億トンの食品が毎年無駄にされています》
市場に出回る食品の1/3が廃棄されてるのだ!これは何とかしなくては・・・・
とっさに考えた答えは
「お腹が空いてるときに買物に行ってはいけない」でした。
私の場合、お腹が空いていると、ついつい余分に買物をして、後で残してしまいますからね。
でも、これでは、16億トンに対して、何の答えにもなってないですよね。
ああ、なんと短絡的かつ愚かな私だろう・・・そんな事は昔から分っていることですが。
でも、どうしたらいいのだろう?
利益追求で、廃棄分を見込んで売り出す企業側にも責任はあるけれど、消費者も安易に買いすぎる。
両方に対しての啓蒙活動、学校での食育教育も必要になってくる。
そんな難しい事を、私が説明できるわけはないではないですか。
まずは、今晩のご飯を残さずしっかり食べることから始めよう!!

じゃあ皆さん、下記の問題について考えてみましょうね。

151017-c1
20 août 2013,
Date à laquelle l'humanité a consommé les ressources que la Terre peut produire en un an sans compromettre leur renouvellement : on parle de « dette écologique ».
( compromettre 危険にさらす)
2013年8月20日、再生産される物は危険にさらされることの外にあるとして、地球が一年間に生産することの出来る資源を消費した日です。

 compromettre 危険にさらす というややこしい動詞なので、すごく分りにくいですね。
日本語に置き換えにくい動詞ですが、どういうことかと言うと
もし、次に生えてくる農作物や今は稚魚で捕獲できない魚、それらが、支障なく育って使えるという想定の上で我々は消費生活の上にのっかてる。もし、それらが育ってこなくて、今、地球上にあるものだけで消費をまかなうとしたら、8月20日で、人類は一年分を使い切っている。だから、21日以降は、環境に対するdatte 負債ということだ・・・


翌週、バラ姫さまとリョウ君が日本語で、分りやすく説明してくれました。


151017-c2
33 espéces de conifères ont rejoint la liste rouge des espèces menacées en 2013.Désormais 70294 variétés végétales et animales sont en danger d'extinction.
針葉樹のうち33種が2013年中に絶滅危惧種のレッドリストに入りました。今後、植物と動物のうち7万294の品種が絶滅の危機に瀕しています。


151017-c3
90% des urbains européens sont exposés à une pollution qui dépasse les seuils recommandés par l'Organisation mondial de santé.
ヨーロッパの90%の都市が、世界保健機関によって勧告された限界域を超えた汚染にさらされています。


151017-c4
1.6 milliard de tonnes de nourriture sont gaspillées chaque année dans le monde, l'équivalent d'un tiers de la production mondial.
世界の生産の1/3に等しい16億トンの食品が毎年無駄にされています。


151017-c5
86 euros par un
C'est la coût par foyer de la consommation des appareils en veille. soit 11% de la facture d'électricité des Français.
一年に86ユーロ
それは、待機電力に消費される各家庭のコストです。フランス人の電気代の請求書の11%に当ります。

151017-c6
25.9℃
Le Groenland a battu son record historique de chaleur en juillet 2013.
C'est la plus haute tèmperature enregistrée depuis le début des relevés, en 1958.
25.9度 グリーンランドは2013年7月に歴史的な暑さの記録を破りました。1958年に記録をとり初めて以来、記録された最高の温度です。

151017-c7
médecin toxique
En nous soignant avec certaines plantes utiliséés en médecine traditionnelle chinoise, nous ingerons un coktail de pesticides pouvait entraîner à long terme des risques pour la santé.
C'est le résultat choquant d'une enquête menée par Greenpeace en Chine et dans sept autres pays du monde, dont la France.
有毒薬
伝統的な漢方薬として用いられるいくつかの植物で治療をしながら、長期的に健康にリスクを引き起こす可能性のある農薬のカクテルを我々は嚥下してる。
それは、中国とフランスを含む世界7ヶ国のグリンピースによってもたらされたアンケートのショッキングな結果です。

(だから健康によいと思って服用している漢方薬が、農薬で汚染されているということなのかな~)

デュポン エ デュポンの初CD・朝と夜

わサブローと溝淵仁啓のユニット Dupont et Dupont が、この秋に待望のCDを出してくれました。
二人による曲目解説と、わサブローさんによる日本語訳も着いております。

シックでシンプルなデザインのこのCD。
最近とみに視力が落ちて読み間違いが多くなった私は 「蛸と夜」と読んでしまったのであります。
蛸と夜なら、なんと言っても、日本の冬の夜のおでん鍋ですよね。
それだと、「ククククククク 、ハイク~・・」でおなじみの歌《俳句》になってしまいます。
わサさんのCD、俳句も大好きなのですが、このCD、タコと夜ではありません。

朝と夜ですので、お間違いのないように・・・
私の中では「タコ夜CD」として頭の中に定着してしまいましたが、まあ、間違えるのは、私ぐらいでしょう。

150901-01


150901-02

そして、この蛸ではない、「朝と夜」のカバーの左端に、真夜中におひとりでお聞き下さい、と小さく書いてあります。
たしかに夜の静寂の中で聴くのにピッタリのCDです。

このCDが届いた夜は、私は疲れ切っていて、しかも真夜中だったので、音量をミニマムにして聴きながら眠ってしまったのでした。
その時、「わサブローさんの声が同じ曲の中で変わってるような気がするけど・・・?」と思いながら。
翌晩、改めて、音量を上げて聴き直しました。
すると、とても興奮してしまい、何度も繰り返し聞いて、朝まで眠れなくなりました。
興奮しやすい人は、夜聴かない方がよいかもしれませんね。

私の、このCDに対する印象。
一言で言えば 「なんと不遜な輩(ヤカラ)であろうか!」というものであります。
既製の歌(あえてシャンソンとは言いたくない)という概念への挑戦。
そしてまた、肉声とギターが渾然一体となって歌になると言うこの調和。
でも、この人達、絶対お互いに妥協せえへんねん。
あえて主張しあって、なおかつ、それが調和の美になってる。
これはいったい何やねん!
まさに、闘い!だけど、なんという嬉しい戦争なんでしょう。
こんな戦争なら、世界は幸せなんだけどな~と思ったのでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まるで、呟きのようなギターの音で始まる
《プレリュード》
痛めつけられた心を、そっと包んでくれるようなギターの音の優しさ。
まあ、私の場合、たいして痛めつけられるような人生でもなかったのですが・・・
そして、続いて、そっと忍び足で歩いてくるような
 《朝と夜》
静かなメロディーなのに、なんとも不穏な感覚に襲われるのです。
わサブローの声に、フランソワ・ロゼの声が重なり、溝渕のギターが、静かに彼らをそそのかす・・・・
そんな感じを私は受けてしまったのでした。
朝と夜、とても綺麗な歌詞で綺麗なメロディー・・・
なのに、まるで夜から夜明けの隙間に忍び込んでくる物の怪の様。
心の闇の中から起き上がってくる得体の知れないものが呼び覚まされるようゾクゾク感が襲ってくるのでした。

《サンチマン》
前夜声が変わったようなと思っていたのは、ワンフレーズずつと言うか一言ずつ、わサさんとロゼが交互に歌い込んでいたからだと分りました。
はじめのフレーズEntre sentiments をわサさんが、それに被せるように、ロゼの声が 次のEt centimètre と続いて、交互に進行していく。
二人の声が、まるで少しずつ重ね合わせて織り込んでいく絹の横糸のようで、それを支える縦糸が、溝淵さんのギターなのではと私は思ったのです。「まるで西陣織やわ!」
やっぱり、わサブローの根っこは京都やわと勝手に思ったりして・・・
と言っても、私は機織りの現場を見た事があるわけでも、糸の見分けもつかないので・・・
勝手な想像ですが、ごめんなさい。

《聞かせて下さい愛の言葉》が終わると、空白の時がある。
空白の時があるCDってのが良いね友達が言ってました。
ああ、そうなんだ!私は、そんな意識もなく聞いていましたが、このCDには自然な間がある。
それが聴き手に、何とも言えない余韻をもたらすのかも知れません。

《風の囁き》
ギターが風の声になり、その風に乗ってわサブローが歌う。
ギターは風にも水の流れのようにも感じる。
それにトロンボーンが入ってきて、ギターとトロンボーン肉声ののバトル。色々やってくれますね。風の音が余韻を残す。

《行かないで》
押さえた激情を歌うこの歌ってすごく難しいと思うのです。
それをを美事に歌い切って、ギターは、静かに強く、自分の心の発露をグっと押さえ歌を支えるのです。
 こんなすごいne me quitte pas は初めてです。

《金色の麦の歌》
広大な金色の麦の畑の中で、風に吹かれる気持ちで聞いて下さい。
ここで、大きく息を吸っとかなくては・・・・・
CD聞くのにも体力がいるのでした。

《田園交響曲》
なんとも怪しく色っぽく不穏な気配が漂う歌であります。
ある意味では翻訳不可能な歌でもあると解説で言ってるように、日本語に置き換えても意味を成さないらしいのです。
たしかに、訳された歌詞を読んでも、私には言葉からのイメージが掴めません。
でも、なんとも面白い、背中がぞわぞわしてくる様な歌・・
それを一掃あおりかき立てるギターの音なのです。

《ラグリマ》
ラグリマ (Lagrima )とは「涙」の意のスペイン語。
セーヌの川辺、ノートルダム寺院のステンドグラスに差し込む光と聖堂に響(こだま)するギターが交錯するイメージ。
(CD解説より)

《さくらんぼの実る頃》
フランス人の血の中に溶け込んだような歌です。
自由、平等、博愛の精神は、沢山の血を流した犠牲の中から生まれ今があると・・・

《ユカリ》
願いが実現するという夢の島、そこには妖精が住み私達を招く。がしかし、そんな国はない。
求めて止まぬ憧れを歌うこの曲が、またバージョンアップしました。
海の泡が消え去っていくような最後の〆が印象的です。

《サンジャンの恋人》
何所に行っても聞こえてくる、もっともポピュラーな歌を、またなんとも玄妙な味わいに着せ替えてくれました。
デュポン エ デュポンでなくては聴けないサンジャンです。

《 秋 》
このCDの中で、唯一の日本語の歌です。出会いには別れがある。
しみじみと秋。私の人生は、もう晩秋かなと思ったり・・・
ギターのみならず、わサブロー溝淵の2部合唱が素敵です。

《時の流れに》
Avec le temps (アベック ル トン )
この曲も、歌詞が難解です。自分で訳して見ようとすると、何かいな~と思うぐらい難しいのです。
ご心配なく、わサブローさんが、ちゃんと訳してくれます。
レオ・フェレは、この歌の美しく感動的なと言う評に対して、それは大いなる誤解であり、これは歌でなく50数年の人生の中に積み重なった絶望、悲観、瀕死の魂の叫びだと書簡の中で書いている (CD解説より)

そうか、私は絶望や、瀕死の心持ちが好きな人間なのか!とはたと気付きました。
そういえば、いつも、死にそうと騒いでる人間だからなあ~と・・・
たとえそうであっても、このCDの中で、どれを選ぶかと言われたら、この時の流れが、私の中ではベストです。

《聖母と御子》
スペイン、カタロニア地方に伝わる民謡。溝渕さんのギターで締めくくられます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
結局、全部について、またダラダラと書いてしまいました。

まだ、購入してなくて迷っているなら絶対買って下さい。
でも、注文するときに「タコ一枚」などと言わないでくださいね。

8月からワサブローの名前がわサブローとひらがなとカタカナ混じりの表記に変わりました。
と言うお知らせを頂きましたので、今回から 「わサブロー」で書かせていただくことにしました。

猫を起こしたのは私ではありません

今週も復習が出来てません!
お菓子の家を食い尽くして、死んでしまいたい!

151010-02

このおうちなかなか快適そうなお住まいですね。
demeue (立派な)住居、邸宅。
ヘンゼルとグレーテルが居た魔女の家は何で作られていますか?
答==お菓子とボンボン

今日は、もう木曜日!
たしか、宿題があったはずだと思ってノートを見たら、P102の2、4、p103 3の4~6、7の4~6と、私は書いていたのだった。
そして、来週は unite 7, 8を飛ばして 9をしますと先生は言ってました。
環境問題の言葉が沢山出てくるらしい。
「COP21を知ってますか?」  サッカーのワールドカップか?と思った私でした。
そして、コップナーグって・・・ Copenhague なんや、コペンハーゲンやんか!
 
でも、その時、私は思ってました。「先生がきっとブログに、また書いてくれるだろう」
でも今週はブログが更新されていないし、もしかしたら、先生はとても忙しくて忘れてしまっているのかも・・・
これは、ラッキーかも?
Il ne faut pas réveiller le chat qui dort.
眠っている猫を起こしてはいけない

日本語で言えば「やぶ蛇」 =藪をつついて蛇を起こすなですなあ~

と思っていたら、なんと、本日、ブログ更新で宿題のことがちゃんと書いてありました。

私がこれに書いたから、先生が気がついたのではないのです。

Ce n'est pas moi que le chat a été reveillé.
猫を起こしたのは私ではない
って、これであってるのかなあ~

しかたがない、もう眠って明日考えよう!

明日は明日の風が吹く

Ne vous inquiétez donc pas du lendemain !
明日のことを思い煩うことなかれ

先週食べた、ランチのスープ君は、微笑んでいました。

151010-03

青山讃頌舎(あおやまうたのいえ)訪問

ほんのり色づく紅葉に秋の気配が漂います。

151011-02

11日、伊賀市まで足を伸ばしました。
と言っても、我家から100キロあまりもある距離を、友人が四輪駆動車に乗せて連れて行ってくれたのでした。
今は、目的地を入力するとカーナビが案内してくれるので、地図を広げてということはなくなりましたね。
私は、方向音痴の上に距離感覚がまったくないという人間なので、助手席に座っていても、なんの足しにもならない人間なのです。
「あと1km先を右に曲がります」
とカーナビさんが、優しい声で話し掛けてくれても、どこいらが1k先の道か判断がつかないのです。
「どこなん?どこなん?」と言ってると、「次の信号を曲がって下さい」と・・
「もうちょっと早めに言ってよ!」と言うと、カーナビが答える。
「もういい加減に、距離感覚を学習して下さい!」
あと10年ぐらいすると、こう言う感じでカーナビと会話をするようになるのではないでしょうか?

友達の連れ合いさんの両親の家なのです。
2015年、秋から私設美術館として、春秋の2シーズン、期限を限って公開することとなったのです。

「山の中で、落ち葉が秋になると樋に詰まって大変なの」と聞いてはいましたが、こんな大きなお屋敷だったとは!

こちらが正面玄関。
友達のご主人のニックネームは、うさぎさんなのに玄関番は羊さんのようでした。

151011-06

こちらは出入り口です。

151011-03

坂道沿いに塀が続きます。

151011-07

ひえ~、ウサギさんのおうちは、想定外の大きさでした。
近くの山野から集めてきた草花を、お母様がいけた壷です。背負子の形をした陶器の花器です。
そして、ここが美術館の玄関なのでした。
独特の画風で、水や大気の動きを感じさせる不思議な絵が並んでいました。
期間限定ですので、HPをご覧の上、ぜひ一度尋ねて下さい。

http://aoyamautanoie.net/

151011-05

お父上が設計し建てられたというお茶室で、お茶を頂きました。

151011-01

そこにかけてあった軸の文字、「喫茶去」(キッサコ)に不思議な思いを味わいました。
というのが、この言葉に先月、京都で出会っていたのです
9月10日に地下鉄、京都市役所前で下車し、ゼスト御池を歩いていました。
駅のイベントコーナーで、毎週のように、歌やダンスのイベントが行われています。
いつもは、横目で眺めつつ、さっさと通り過ぎていくのですが、この日は、なぜか、ボーカル二人のユニットの歌声に引きつけられてしまいました。
なぜか、心にズーンと入ってくる声だったのです。時間がなかったので、少しの間だけ聴かせて貰いました。
一人は、Tシャツでギターを弾え長い髪、もう一人は、作務衣を着た坊主頭でした。
歌声から、何とも言えないオーラが感じられるのです。
なんだ、彼らは?と思って、置いてあったチラシを持って帰り、検索したら、グループ名が「キッサコ」というボーカルグループだったのです。
キッサコというグループ名が お茶を一服して行きなさいと言う意味の「喫茶去」から来ているというのを、そこで初めて知ったのですが、なぜか、心惹かれるものがありました。

その文字がこの日、このお茶室のかかっていて、私はビックリいたしました。

151011-04

この家のお母様に、その話をしましたら、喫茶去の謂われを話して下さったのです。
昔、中国に禅宗の偉いお坊さんが居た。
彼を訪ねてくる人に「あなたは初めて来たのですか?」 「はい初めてでございます。」
すると一言彼は言うのです 「喫茶去」(まあ、お茶でも飲んでいきなはれ)
次に来た人は、「前にも来たことがあります。」
答えは、一言 「喫茶去」
学識豊かな高僧がやって来て話し掛けても、答えは一言だけ。
「喫茶去」 なんだそうです。
それでは、ちょっと相宗がないのではと私は思いました。「お菓子もどうぞ」ぐらい言って欲しいよね。

まあ、この禅問答は、貧富貴賎の客を選ばず、誰が来ようと、同じ心で向き合うという事を言いたいのではないかと思います。
「一期一会」の茶の心にも通ずるものなのでありましょう。
「喫茶去」
驕らず、卑下せず、柔らかい心で、誰もを受け止める。そんな人、そんな場所・・・
まさに、この家こそが、喫茶去の心だと思いました。

そして、たとえそうとはなれなくても、なりたいと思う心を、私も持ちたいな~と思ったのでした。

焼き肉祭の後はヤケクソ?

(10月3日の言葉: 切り株 切り株は地面すれすれに切られた時に、地面に残った木の幹の部分です

151003-01
森の木を切る人をなんと呼びますか? 
bûcheron (きこり)

切り株は、ウサギさんの家のテーブルにもなるようで、ウサギのお母さんが「À table !」(ご飯ですよ、座りなさい)と子供達に言ってます。
ああ、のどかだなあ~

先週3日土曜日、私は、ほんのちょっと早めにいつもの下車駅に着いたので、定番の木屋町コースではなく、市役所前のエスカレーターを登ってみたのです。
すると、市役所の壁沿いに沢山の人が座り込んで、ビールを片手に、美味しそうにお弁当をぱくついていました。

なんだなんだ、この行列はなんだ?・・・
好奇心の強い私は、この原因を探求して、方角を変え、市役所正門に向いました。
そこには、沢山のテント村が立て並べられていて、京都肉祭が開催されていたのでした。

151003-01

焼き肉弁当コーナーに行列が並び、きっと向こうのテントは、焼き肉の煙をあげているのでありましょう。
しまった、出足が遅れた!喰いそこねてしまった!・・・・まるで私の人生のようだわ。クソ!
もう時間がない、焼き上がる肉の香りに心を残し、真面目に教室に向う私でした。

151003-01

真面目なんだけれど、進歩がないというのが、私の性格のスペシャルなところです。
学んだことを、次の授業までに復習してこようと、毎回思うのですが・・・
1回3時間の授業内容を聞き直して、聞き取れたところを全部書き出そうという今までのやり方は変えないといけない。
1週間でやりきれなくて、2,3回溜ってくると、もうお手上げ状態になってしまいます。
たちえ、書き取ったとしても、ほとんど見直す事はないのですから・・・・
9月の始めから、その状況に陥ってしまい、今週はフリーズ状態です。

「ええい、もうやけくそだ!」
でも、じゃあ、フランス語でやけくそだってどう言うんだろう?とグーグル翻訳を引いたら
《Je suis désespérée.》  私は絶望的ですでした。
エライもんやなあ~
私だったら un caca brûlé (焼けたウンコ)と言ってしまいそうです。
《Je suis un caca brûlé !》
先生から、また mot à mot (単語を直訳して置き換える)と言われそうです。
私が、しばしば、やってしまう翻訳なのです。

行動はモタモタして良いけど、言葉は mot à mot (モタモ )しちゃあダメなんですね。

ヤケクソの意味を、私は、日本語でも、まったく間違った意味で解釈しておりました。
何が 焼けクソだ!
ヤフー知恵袋によると 
「やけくそ」の語源は、「やけ(自暴自棄) 」に強めの語気の「クソ」が付いたものと思われます。とありました。

クソって、強調語であって、うんちと違うんだと、この歳になって初めて深く感動する私でした。

そうかあ~、それだったら、これから安心して 「くそ~!」と心置きなく叫ぶことが出来そうです。

そういう訳で、今週は脱線続きで勉強をまるでしてません。
でも、The Huffington Post に掲載されていた記事が気になって、読んでみようと頑張って見たのですが、途中でダウンしてしまいました。

Regardez, ci- dessous
Ce réfugié syrien perdu en pleine mer a sauvé la vie de 50 personnes grâce à son smartphone

自分のスマートホンで50人を救ったというシリア難民のモハメッド君、27歳は、助かったのか、そうでないのか?
perdu e plaine mer  って満潮の海に消えたということなら、彼は死んでしまったのだろうか?
なんとか助かったという結論であって欲しい!

私は言葉の海に溺れつつ、彼の行くへをもう少し探してみます。

未来を過去に学ぶ

「未来を過去に学ぶ」 何を改まってどうしたの?
あんたは、そんな性格ちゃうやろ?と言われそうです。
これは、9月26日に訪れた、福岡は香椎宮から続く、海の中にある御島神社(みしまじんじゃ)です。
ここで、神功皇后が髪を洗って、男髪に結い直し、朝鮮半島に出兵したと言ういわれがあるそうです。
髪を洗うより、足を洗って出兵を止めておいた方が、朝鮮と友好関係が作れて、未来の為になったのではと思った私でした。

150926-01

で、どういう繋がりんなのかと言うと、何の関係もありません。
先週、旅行に行って私は授業を休んでしまいましたが、その時の授業内容が、文法の未来形だったようです。
もう、クラスの皆は、先週してしまったと思いますが、先生のブログに掲載されていた例題に取り組んでみたいと思います。

① ()部分の動詞を単純未来に置き換える

1. À Noel, si tu es sage, nous irons voir Mickey à Disneyland.    (aller)
  クリスマスに、大人しくするなら、ディズニーにミッキーに会いに行こう
2. Un jour, nous ne travaillerons plus. Ce sont des robots qui travailleront à notre place. (travailler)
 いつの日か、私達はもう仕事をしなくなる。私達の場所で働くのはロボットだろう
3. Quand est-ce que la paix existera partout dans le monde ?   (exister)
 世界中に平和が来るのはいつのことだ?
4. Je ne pourrai pas venir le 31 octobre. (pouvoir) 
 私は10月31日には参れません
5. On ne saura jamais qui a tué Kennedy.    (savoir)  
  誰がケネディーを殺したか絶対分らないだろう
6. Quand est-ce que tu rangeras ta chambre ? (ranger)  
 おまえは、いったい何時になったら部屋を片付けるんだ?
7. Le prochain livre que je lirai , ce sera “Guerre et Paix” ou bien “L'éducation sentimentale”. (lire) ,(être)
私が次に読む本は、《戦争と平和》もしくは《感情教育》だね。

② 出された質問に対して、各自が答えを出さなくてはいけない問題だったのではと思います。
  きっと、面白い答えが出ていた事でしょう。私の答えはありきたりですが・・・

1. À Nouvel an, où est-ce que vous irez ?
  新年には、何所に行くの?
  J'irai au sommet de la montagne pour voir le soleil de nouvel année.
  初日の出を見に、山頂に行くわ。
2. Pensez-vous qu'un jour, l'Homme ne travaillera plus ?
いつの日か、人は、もう働かなくなると思いますか?
 Je pense que l'homme n'arrêtera jamais de travailler éternel.
 私は、人間は永久に働くことを止めないだろうと思います。
3. Pensez-vous qu'un jour, il n'y aura plus de guerre ?
  いつの日か、もう戦争はなくなると思いますか?
Malheuresement, il y aura des guerres autant que les hommes existèrent.
  残念ながら、人間が存在する限り戦争はあるでしょう。
4. Est-ce que vous pourrez venir la semaine prochaine ?
  あなたは、来週来れますか?
  Bien sûr, j'irai absolument.
  もちろん、絶対行くわ。
5. Pensez-vous qu'un jour, on saura qui a tué Kennedy ?
  誰がケネディーを殺したか、何時か分ると思いますか?
 Je pense que quelqu'un trouvera la preuve de la meurtre de Kennedy un jour.
  私は、いつか誰かがケネディー殺しの証拠を見つけるだろうと思います。
6. Quel est le prochain livre que vous lirez ?
  次に読むつもりの本は何ですか?
 Je lirai prochainement un livre qui gagné le prix Akutagawa de cette année .
  私は、もうすぐ今年芥川賞をとった本を読むつもりです。

③  Demain...
(明日を示す言葉ですが、この場合 やがて、近い将来の意味として用いる)

Demain, les hommes et les femmes auront le même salaire.
  将来、男性も女性も同一賃金を獲得するだろう
On travaillera sur la Lune ou sur Mars, dans des stations spatiales.
人は、月か火星の宇宙ステーションの中で働くんだろうなあ~

とりあえず以上で・・・  À demain !

150926-02


「ンダモシタン小林」  qu'est-ce que c'est ?

福岡の義姉さんの住まいで、TVを見ていた時のことです。
宮崎県、小林市のHPが話題になっていると言うニュースが流れていました。
フランス人が、小林市を讃える独白を流しているのですが・・・・

しかし、フランス人が聞いても、日本人が聞いても、おそらく誰も聞き取れないのです。
それは、宮崎県の一部に残る、古い方言での話し方でした。
最後の部分だけは、何となく分りましたが・・
HPはこちら
http://cms.city.kobayashi.lg.jp/display.php?cont=150827102405