すべての人に安心できる収入が確保されていたら

先々週の授業で先生が言いました。
「興味が無いかも知れないけれど、帰りの電車の中ででも読んでみて、次の週に話をしよう。」
そうすると、スグに読み出すのが、真面目な日本人の生徒です。(私以外はね。)

次の日曜日に=と言う事は6月5日で
現在の時点では過去となっているのですが、スイスで重大な法案が投票にかけられるのだと言う事でした。
スイスは、直接民衆主義なので、国会で決めるのではなく、ダイレクトに国民投票で決まるのだそうです。

それは、目を見張るような内容でした。

160615-03
スイスは全体の所得保証に踏み切るか? 答えは日曜日に
 revenu universel
というのは、英語で ベーシックインカム(basic income)、最低限所得保障の事だそうです。
ベーシックインカム  詳しくはwikipediaでどうぞ

主旨は
160615-04

毎月、最低必要限度を満足させるに十分な収入を、死ぬまで必要なかぎり、他に収入や財産があるとしても、大人であれ子供であれ、美容師であれ医師であれ、失業者であれ、(政府は)それぞれにつぎ込む。
その提案の他の部分では、大人一人に対して2,500スイスフラン(2260ユーロ)子供一人に対しては、625スイスフラン(565ユーロ)と言及している。


私には、スイスフランだのユーロだのでは、金銭感覚が伴いません。為替相場は変動していますが、まあ1ユーロ120円として・・・
大人一人 27万円 、子供一人7万ぐらいです。

ここで、改めて 「うわ~・・・凄い事言ったはる!」と関西弁でビックリしました。

結果としては、70%の反対で否決となりましたが、こんな提案が出せるだけでも、スイスって、凄い国だなと思いました。

6月15日の毎日新聞の社説で、その事に触れていましたので紹介します。
160615-01
160615-02

私が思いますに、金が有ろうが無かろうが、動く人は動く、怠ける奴は怠ける。
だったら、最低保障は、あった方が良いなあ~と・・・・
もっとも、私はナマケモノですけれどもね・・・・・

まあ、こんな提案が出せるというのも、スイスという国が、豊かで余裕があるから言えるのでは無いでしょうか?

160615-05

幸福度ランキング フランスは29位、日本は46位でした。
色々考えさせられるテーマですが、もう時間が無い。

とにかく、やっぱりスイスは「 エエでるわいす」 で締めておきます。

160615-06

ああ、こんなダジャレを言っている場合では無い。時間だ!行ってきます。
スポンサーサイト

パリは水浸しだった

梅雨に入ったせいだからという訳ではないのですが、何もかも停滞気味です。
フランス語の学習は、6月4日の分を、やっと今週聞き直しました。
4日は、さる事情があって、授業の前半部90分を、サボって遅刻していったのです。
すると、翌週、親切なフミが授業を録音してくれていて、整理したノート、渡されたプリント類も全部PDFにしてくれたのです。
有り難い、4日の分を頑張ってやりました。

前半は仏蘭西各地で起った洪水の話でした。
On a évacué les musées qui sont bord de la Seine.
パリでは、セーヌ川沿いの美術館を退避させた。
「モナリザは泳げないから、助けにいかなくっちゃあ」と先生。
いかにも、フランス人らしいですね。

フランスでは、初夏に洪水が起るのは珍しく、普通冬場2月に南で起きることが多いそうです。
それもこれも、世界的異常気象と言う事なのでしょう。
洪水は、昔から、しばしば起り、1910年の大洪水では、パリの通りが川のようになって、人々は舟で行き交ったそうです。
洪水の後に、堤防、ダム、貯水槽(grand pscine、大きいプールだけど)を作ったが、やっぱり洪水は起る。
パリで洪水の指標となるのが
C'est la Zouave de le Pont de l'Alma.
アルマ橋のズアーブ兵
ズアーブ兵とは、19世紀にフランス軍に組み込まれた、アルジェリア人歩兵のことをいうそうです。

1600616-03

雨が沢山降ると、みんながこの像を見て、推移がどうなのか心配するとのことです。

1600616-04
1910年には、右手の小指の部分まで、水が上がってきてたのですね。
今回、6月2日は、まだ兵隊さんの膝下です。

洪水関係用語
une inondation 洪水  une digue  堤防  un barrage ダム
le poin de repère 目印 un typhon 台風  un glissement de terrain 地滑り

ところで、パリは、何所までがパリであるか?
昔のパリは、壁に囲まれていたそうです。まあ、平野の中にあった城塞都市なので、頑丈な壁を作る必要があったのでしょう。
北の入り口が、サン・ドニで有名な寺があって、歴代の王様の墓がある。カテドラルの外側は綺麗じゃないけれど、内側は綺麗だ。
ルイ7世の本物の遺体が保存されている(conserver ).そうですが、私としては、ちょっと気持ち悪いな~。

サン=ドニ大聖堂

1600616-01

まあ、それはともかく。この壁の内に住んでいるか、壁の外側に住んでいるかで、感じが違うみたいですね。
日本で言えば、「おいら江戸っ子だい」。
そんなら、江戸は何所までが、その範囲だ、という感じでしょうか?
ヨーロッパは城塞都市が多いから、でも、日本には、そんなの無いよねと思うでしょうが、実は、京都にもあるのですよ。
京都の町をくるりと囲む「御土居(おどい)」
こちらは敵を防ぐためと言うより、防災の意味合いが強かったようですが・・・
北は上賀茂、南は九条通まで、ぐるっと京都を巡っています。

1600616-02

民家の一部になってしまっている所もありますが、「御土居巡り」は、私の周りでは、密かなブームになっています。
山に登るより楽に歩けるからというのが、中高年に受けているのでしょうね。
紅葉の季節に、お勧めです。

1600616-06

パリから京都に、話を引っ張ってきてしまいましたが、今日はこれにて・・・

新しい動詞 masuzoer とは

先日の東京都議会。
あらかた糾弾が出尽くした翌日、桝添氏は、チラッとですが居眠りをしていましたね。
これだけ叩かれても、衆目の中で、まだ居眠りが出来る精神力と言うか、千枚張りの面の皮の厚さに脱帽です。

9日の毎日新聞の川柳欄は、まさに桝添氏の特集で、掲載18句の内の10が桝添句でした。
ここで、私は、日本語の新しい動詞を発見しました。
それは、マスゾエる。

160609-nakahata

昔、私達のクラスでも、《 醤油をかける 》→《 shoyuer 》
苦し紛れに、「ショウユエー」と新語を発明して、先生に「勝手に動詞を作らないように」と言われたことがありました。
それは、私じゃありませんよ。でも懐かしい思い出です。

マスゾエるを 動詞の活用にするならば、
Je masuzoe
tu masuzoes
il masuzoe
nous masuzoyons
vous maszoyez
ils masuzouent

で良いのかしら? 世界的に広まることを望みます。

160610-masu

On a pu étudier beaucoup les mots politiques et les expressions grâce à Masuzoé !
Maintenant ,il est le personnage central dans toutes les bouches.


私達は、桝添氏のお陰で、沢山の表現と政治用語を学ぶことが出来ました。
現在、彼は、話題の中心人物です。


例えば
une détaxe  免税
démissionner  辞職する、辞職させられる
自ら辞める、辞めさせられる、どちらにも使えるようです。

この démissionner にも、三通りの表現があるとのことです。
ちゃんと仕事をして、円満に定年退職する時には 
1,On part en retraite.
退役に出発する → 引退する
 後輩から花束を贈られたりして、懐かしく職場を去って行く。私の場合はこれでしたよ。
2,解雇される,首になる
On est licencié. 
もしくは
On est remercié.
どちらも受動態で使われるのがほとんどで、
On est licenciéは、不景気により大量解雇されたなどと言うとき使われます。
次のOn est remercié
直訳すれば「我々は感謝をされた」ですが、すごく皮肉と冷酷さに満ちた、解雇の表現だそうです。
これこそ、フランス人の、フランス人による、フランス人のための表現ではないだろうかと思います。
でも、私が思いますに、日本でも、昔は、それに似た表現があったのでした。
「お店(タナ)から暇を出される」もしくは「ながのおいとまを頂く」
休暇をたっぷりくれるという意味ではなく、「もう来なくて良いよ」と切り捨てられる事です。
何か似てると思いませんか?」
3,辞めるのを自分で決める時に使うのが démissionner
Il a démissionné de son poste, parce qu'il était très fatigué.  
彼は辞任した。とても疲れ切っていたので。
理由は様々、病気のため、別の良い職業を見つけたからetcで良いそうです。
私の希望としては 辞任でなくて
Masuzoe a éte licencié de son poste.
桝添は、その職を解かれた
で終わりになって欲しいと思っているところです。

さて、続けて
Il va rester en poste ou il va démissionner .
彼は、そのポストに留まるであろうか、それとも辞職するだろうか?
Il veut rester ,mais il ne pourra pas rester son poste.
彼は止めたくないが、そのポストに居られないだろう。
Peut-être, personne ne soutiendra jamais Masuzoé à l'élection prochaine.
多分、次の選挙では、誰も桝添を支持しないだろう。
soutenir 支持する un candidat 候補者
C'est trop pitoyable.
あまりにもひどすぎる。
参議院議員sénateur =上院 La chambre haute
衆議院議員 député =下院 La chambre basse
        l'assemblée Nationale
一般的に新聞などでは 上院をSénat 、下院をL'assemblée と使い分けているとのことです。

今月は、まったく復習が出来て無くて、3週間ほど前の部分を聞き直しています。

私は、そろそろ会社を首にされそうだ。これからのことだと、avoir の未来形を使うのか、それとも条件法かしら?
未来形 J'aurai été licencié bientôt de ma entreprise.
条件法を使うのは、実際には首になってない、でも首にされるところだった、ヒエ~・・・と言うときに使うんだったかしら?
 条件法 J'aurais été licencié bientôt de ma entreprise.

Ah là là , j'ai oublié toutes les grammaires.
Mais ,c'est comme d'habitude pour moi !
À demain !
 


160610-02

頑張らなくっちゃ!

夜明けが早くなりました。
これは6月4日の朝ですが、4時55分、もう朝日が顔を出しています。

160603-0455

うう、眩しい!
この湖面から立ち上がる朝日に、昔の人は来世を、浄土を感じたのでしょうか?

ああ、この世の中は、おぞましすぎる。
はやく、汚れのない世界に飛び立ちたいと。
いやいや、心の汚れと欲を脱ぎ捨てることは、いかに難しい事であるか・・・・
桝添東京都知事の姿を見て、つくづく、世の儚さ・人間とは何を求める動物なのか?と感じさせられます。
ある意味、あのしぶとさは感動的です。
身体全体で 「逃げ切るぞ!」の意思を見せてくれてます。
でも、この人、臨終の時、何を思うのでしょうね?

それと対照的な私です。
今年になって、頑張る気力が切れてしまったようです。
ブログの更新も出来ていません。だって、まるで勉強をしてないんですもの。

桝添氏を見て、方向性は間違っているが、「根性つけないといけなあ~」と思わせて貰いました。
 
Merci Monsieur Masuzoe です。 

 さあ、明日から元気を出します。

とりあえず、近況報告です。
 

160604-0933