綾部市散策 グンゼ記念館~大本教~手焼き煎餅

9月25日、昔通っていた、社会人学校友の会のバスツアーに、今年は参加する事が出来ました。
イベントとして29年目になる、このバスツアーですが、毎回、興味深いコースを案内してくれるので、今回も楽しませて貰いました。
近くて遠い、京都から車で1時間ちょっとで行ける綾部。
日本海側に抜ける時の通過点として、通り過ぎてしまう所なのですが、じっくりと見学しましょう。

京都駅八条口8時出発。
まずは、京都縦貫道を、道の駅「京丹波味夢の里」まで、9:00、でもここはトイレ休憩だけで、買物は我慢です。
9時半に綾部市内に入り、まずは、綾部市資料館で、係の方に、綾部は弥生時代から栄えていて、古墳が沢山ある。また、足利尊氏のお母さんの実家がここで、彼は此所で生まれたのかもとか、「はあー、へえー」の私達でした。

次に行ったのが、グンゼスクエアです。 
ここで、繊維会社として名前を知られているグンゼの記念館を見学。

160925-1026

明治29年に創業された時の会社名は、漢字の【郡是】であったそうです。

160925-1115

50年で、資本金20万円が2億5千万になるだろうというのは、かなりユートピア思考だと思うのですが・・・

下の地図は、当時の未来予想図だと思います。

160925-1114



国の方針を国是というように、この地方、何鹿郡(いかるがぐん)の進むべき道となるような会社を作ろうと、波多野鶴吉さんが1896年(明治29年)に、38歳で、この会社を作ったそうです。

下記の社訓はすごい、全てに完璧、パーフェクトって、それはありえへんやろう?
でも、最後の行で、「ことを祈願し実行す」とあるので、ちょっとホッとしました。
最後に、完璧であることを願うけれど、出来るだけ頑張りますモードで落ち着きました。

160925-1103

その時代には珍しく、社員教育や厚生福利に手厚く、それが良い製品を生み出したのだと・・・担当の方が説明してくれたのです。
しっかり働いた工女さん達には、ご褒美に、嫁入りの時に役立つようタンスをプレゼントしたそうです。
キリスト教に基づく教育と、家族的雰囲気の、昔の日本企業の良い方のモデルだったようです。

これが、繭取り機。不器用な私は、きっと、すぐ首になったと思います。

160925-1036

この後、グンゼ博物苑の記念蔵を見学しました。

5200gの繭玉が
160925-1142

1キロの生糸になり
160925-1143

一反の絹の布になるそうです

160925-1144

繭にも色々種類があって、色もさまざまです。

160925-1140

絹のハンモックに包まれる心地よさを味合う一時でした。

160925-1138

食事の後、大本教本部を参詣させて貰いました。
私は、その名しか知らなかったのですが、広大な敷地に並ぶ、何棟もの神殿にビックリしました。
案内をしてくださった係の方は、一般の見学者である我々にも、嫌な顔もせず、たっぷり案内してくださいました。
とにかく広い!

梅松苑参拝マップより一部引用(クリックしたら大きい地図になります)

190925-pg1


弥勒殿、写真は館内撮影は禁止です。

160925-1330

長生殿を眺める

160925-1339

この宗教は、明治25年に、57歳の女性に神様が下りてきて始まったそうです。
彼女を開祖、出口なおと言い、彼女と出会って、実質の運営をしたのが 2代目とは呼ばなくて、聖師と呼ばれる、出口王仁三郎(デグチオニサブロウ)でした。
この人は、なおさんの娘(2代目教主)と結婚したそうですが、なかなかのやり手だったんでしょうね。そして、やりすぎた。
宗教が興隆するとき、必ず激烈な布教者が現れ、以前からある宗教の既製教団、そして国家権力から弾圧されるのは世の習いです。
法然、親鸞、日蓮、蓮如など、皆さん、宗教者でなかったら、下克上の時代に一国一城の主になっていようか思えるような、パワーあふれる人がいるのだ。などと思うのでした。

第2次世界大戦さなかの、1935年(昭和10年)に起こった第二次大本事件というのが、宗教弾圧として語り伝えられています。
このとき50人ぐらいの幹部が逮捕され、裁判にかけられたのですが、1942年(昭和17年)7月31日。
なんと、高野綱雄裁判長は治安維持法関係全員無罪の判決を言い渡した。

この時代に、国策に反対の立場での判決を出した裁判官ってすごいなあ~、私は、そちらの方に感動を受けました。
今の時代にも、こんな裁判官達が居続けてくれるなら、今の日本も少しはマシになるのだがと・・・

大本事件 について知りたい方はウキペディア調べてください。

教主が、代々女性というのも、卑弥呼の時代から繋がる日本のシャーマニズムの流れの影響かしら?
建物は、神道の雰囲気なんだけれどと、私はとても興味深く拝観させて貰いました。
そして、この宗教は、今も栄えているのかしら?
信者様の篤いお志で支えられているお社を拝観すると、充分お栄えになっているようです。

家に帰ったら この事件をモデルにしたと言われる 邪宗門 (高橋和巳著)を読んでみようと思いました。

さて、この次は、体験学習です。
というか、私達の意識は、すっかり神々しさから、俗世の食い気に移ってしまいました。
お米菓子 いっぷく半月庵 で手焼き煎餅を、自分で作るのです。

160925-1457

準備していただいた、一人5枚の煎餅を、金網で10カウントしながら、3,4回ひっくり返し、焼ける前に、土鍋ならぬ土の籠手で平らに慣らします。これが難しいのです。
一つ割れちゃいました!

160925-1508

こんがり焼けたら醤油を塗って完成です。焼きながら食べてしまう人、お土産に持って帰るひと様々です。
私は2枚食べて、のこりは・・・
さあ、いくらで売ろうかな?
160925-1527

綾部の最後のシメは、赤尾漢方薬局の薬膳茶をいただき、お話を伺うというものでした。
身体の不調を相談する人には、漢方のアドバイスをしてもらえます。

160925-1535

試飲は、レモンハーブティー等の3種類から一品選べます。
私は、血の巡りをよくする、なつめチャイをいただきました。
温めた豆乳にナツメのエキスを入れてあって、とても美味しかったです。
血の巡りは良くなっても、残念ながら頭の巡りまでまでは良くならないようでした。
話し好きな、ご主人で、とても楽しい一時を過ごしました。

160925-1600
「なんでも質問して下さい?」
はーいと手を上げた私です。
「なんで綾部なのに、奈良町しぐれの額があるんですか?」
とまったく、漢方に関係しない質問でしたが、ご主人が、奈良町に行ったとき見つけ、その歌が気に入って、プリントしてある手ぬぐいを買ってきて額にした物だそうです。
綾部と奈良は姉妹都市かと思ったのですが、そうではなかったようです。

160925-1601

往路で買物の出来無かった、「京丹波味夢の里」に再び立ち寄り、地元の野菜、秋の味覚栗、美味しいジャム等の戦利品を、それぞれが手にして、たのしい帰路についたのでした。
目出度し目出度し・・・


スポンサーサイト

Michel Fourau et Ses Amies 2 終わる

9月18日、Michel Fourau et Ses Amies 2 ( ミシェル・フローと仲間たち)第2回を、無事終えることが出来ました。
報告するまでもないことですが、何しろ記憶が段々と怪しくなるこの頃です。
ブログに載せておけば、後で思い出せますので、ご報告だけ載せさせていただきます。

前にしたのは、2年前だったかな?なとど言っていたら、前回から、もう4年過ぎ去っておりました。
この度は、三月ほど前にやることが急に決まり、前回は、プロにお願いしたチラシ、チケット、プログラムも、「なんでも良いから・・・」
ということで、全て、私の手作りということで、お客様には、分りにくい物では無かったかと恐縮いたして降ります。

前回の Michel Fourau et Ses Amis 2012年11月4日 と同じコンセプトで、ポスターは、普段の練習の場で撮した物を使いました。
なにしろ、使えそうな写真が、これ1枚しかなかったので、やむなくモノクロ仕様にしたのですが、夏場だったので、かえって涼しげで良かったのではなどと、自画自賛しております。 

160918-m1

プログラム裏面

160918-m2

プログラムには載せていませんが、ミシェルスペシャルステージは
Les moulins de mon cœur (風の囁き)
Plaisir d'amour (愛の歓び)
L'amour C'est Comme Un Jour  (恋は一日のように)
Je t'appartiens (神の思いのままに)、
センチメンタル (鯨たちというブラジルの曲を、センチメンタルという歌にして日本語でミシェルが歌う)
アンコールが
Emmenez moi (世界の果てに)

ミシェルのステージは、さすがと皆さん満足されたことと思います。
我々、生徒達も、真面目に頑張りました。
真面目な私なのでありますが、歌と言うより話で笑いがでていたのではないかと記憶しております。

今になって思います。やはり、進むべき道を誤っていたのでありましょうか?

遙か昔になりますが、何かを趣味としてを始めようと思った時、悩んだのです。
シャンソンにするか落語にするかと・・・
落語方面に行くべきではなかったかと、今になって思う、今日この頃です。

まあ、終わったんだし、すべて良しとしましょう。

160918-m3 
今回も、着る物がなくて困りました。この歳では、むき出しの腕も見苦しい。
いや、むき出さなくても、充分そのままでも見ぐるしいのではありますが、なにかで隠さなくてはと思って街を歩いていたのです。
商店街で、見つけた夏物最終バーゲンのロングカーデガン。
おそらく、若い人だと膝下丈に過ぎないと思うのですが・・・
それはそれ、短足の利というか、短足の有難さで、私にとっては、足首までのドレスと化したのでした。
この写真を撮ってくれたピアニストさんは、きっと、背が高く見えるよう写真に修正をかけてくれたのだと思いますよ。
私としては、2部で着た、ジャン・フェラもどきのベレーとベスト姿を残しておきたかったのですが・・・
見たら、それだけで笑えますのにね。

とにかく、お騒がせの一日でございました。
お付き合いくださいました、お客様方に、心からの感謝を捧げます。


過去には触れないで!  Ne touchez pas le passé !

先週はf仏語の授業を休んでしまいました。
理由1  まったく復習をしてなかった。
理由2  翌日の用事に意識が飛んでいて、勉強どころではなかった。

 La semaine dernière,J'ai séché le cours français.
 La raison 1 . Je n'en faisais rien .
 La raison 2. Je n'ai pas pu concentrer pour le texte parce qu'il y aurait un petit problème à le lendemain.

3日の授業の時に、次は単純過去をやると聞いていたのですが、私は単純に「単純過去はいらん」と思ったのです。
動詞の最後に a が付くだけやんか?

例えば、「アルプスの少女ハイジ」というような古い物語では、しばしば使われているアレですよね。

La jeune fille s'arrêta, et l'enfant en profita aussitôt pour dégager sa main et s'asseoir sur le bord su sentier.
若い娘は立ち止まった。その子供(ハイジ)は彼女の手から自由になれるよう、すぐさまその時間を利用して、小道の端に座り込んだ。

ハイジの小母さんが、ハイジをお爺さんの家に連れて行こうとしている時の有様を描写した文章です。

一週授業を休んだら、単純過去は、もう勉強しなくても良いのではと思ったのですが、私は甘かった様です。
さっき見た先生のブログに書いてあったのです。
Nous réviserons et continuerons à l'étudier dans les prochaines classes.
我々は、次の授業で、復習して、それの勉強を続けましょう。

次の授業でもするのか?単純未来で書かれた文章に、私は単純にビビってしまいました。

その上、やっぱりコンジュゲるのであります。
manger (食べる)の単純過去動詞変化
je mangeai
tu mangeas
il mangea
nous mangeâmes
vous mangeâtes
ils mangèrent


ジュ モンジェ 、 チュ モンジャ 
ああ、もんじゃ焼き活用表だわ!

Est ce que vous avez mangé le monja ?

monja

単純過去とは何か?

Le passé simple est un temps du passé qui s'utilise principalement à l'écrit, dans la littérature ou pour énoncer un fait historique. Contrairement à l'imparfait, il permet d'exprimer une action ponctuelle et relativement brève, sans répétition ou habitude, c'est à dire comme le passé-composé. On rencontre principalement la forme avec il(s) ou elle(s).
Ses formes avec nous et vous sont de plus en plus rares.
単純過去は、文学の中、または歴史的事実を記述する為に、書き言葉として主に用いる。
半過去に対して、単純過去は、繰り返しや習慣ではない、比較的短い、一時的な行動を表現することが出来る。それが単純過去である。
それは、主に 三人称単数il ,elle、または三人称複数のils, elles フォームを用いるときに見られる。
一人称複数nous,や二人称複数vousの形で使われることは、段々希になってきている。


と言う事だそうです。

私は言いたい!
過ぎ去ってしまったことにこだわるのは止めようと・・・・

annonce(お知らせ)

160917-01

ごめんなさい。
今日は、授業をサボります。
また、来週ね!


先週は毛深いという言葉の日だったのですが、今の私は、罪深い という気持ちで一杯です。
同じ深さでも、えらい違いですね。

160910-01

けして怠けているわけではないのですが、今週は、まったく勉強に頭をむける事が出来ていないのです。

160917-02


でもね。
人生の学校に、バカンスはないというから、来週から、頑張るわね!

160917-03

訳を探したら
人生の勉強は夏休みなどに関係なく死ぬまで学ぶんだ
と言うのがほとんでしたが、vacance は夏だけ限定の言い方なのでしょうかね?
まあ、長い休みを取れるのは、夏場だけだからなんだろうかな?

とりあえず、宜しく。

世界的に恥ずかしかった、秋1回目の授業

このブログを書こうと思って、サインインしようとしたら、パスワードを変更してくださいというメッセージが出ました。
FCブログは、攻撃も多いから、定期的に変更を言ってくるのだと思いますが、こんなにしばしばだと、自分のパスワードを覚えきれません。皆さん、どうしてるんでしょうね。
ついでに、プロバイダーのメールパスワードも変更しておこうと、あれこれしていたらメールが受信できなくなり、ドタバタ格闘して、やっと復旧し、さあブログを書こうとアクセスしたら、新しいパスワードは何だったっけ?

今、パニックから戻りかけているところです。
でも、こうして書いていると言うことは、大丈夫だったのですよ。フフフ・・・

160903-01
réfectoireは学校などの食堂です。

「人参だ!すげえ~!」と生徒が叫んでいるのは、生徒達がうさぎだからでしょう。野菜嫌いの多い現代の子供達は怒ってしまいそうですね。

9月3日
さあ、夏休みが終わって、秋の授業が始まりました。が、しかし暑いのです。
元気にフランスから帰ってきた先生の話では「先週、南仏は38度で、8月の終わりにしてはとても暑かった。毎年暑くなってるそうです。
Il y a beaucoup de pelouse qui sont tous jaunes. Pace qu'il n' y a pas assez d'eau.
芝生が全部黄色くなってる.水不足だから

私の耳はjaunes(黄色)を jeunes(若い)とpas d'eau.(水がない) pas d'or (金がない)と 聞き間違えてました。
旱魃( la sécheresse) で新緑が有るわけは無い、命が生き延びるために必要なのは水であって黄金ではない。
そういう、哲学的な思いが土台が。私の中にあるから、こういう間違いをするのであろうと思うことにしました。
日本では、台風12号13号が、大雨をもたらし、ヨーロッパは乾ききっている。
地球温暖化 って確か勉強したはずです。で、で、出てこない。

Le réchauffement climatique(地球温暖化) でした。
2014年の7月に勉強していたのでした。 La ville de demain idéal
その時も、台風8号が吹き荒れていたようです。

今回は、バカンスをどう過ごしたかで、話が盛り上がりました。
私が「長崎でスペシャリテのちゃんぽんと皿うどんを食べました」というと「 ああ、ラーメンね!」という感じで先生が答えたので、私は燃えてしまったのでした。
チャンポンとラーメンを一緒にすると言う事はありえない!
それは、ジャイアンツとタイガースを、「どっちも野球のチームやん」とひとまとめにされて怒り狂う、タイガースファン関西人の気持ちと言ったらよいでしょうか。
私は言いたい
C'est complétement différent !
  まったく違う!
言わなきゃ良かった。
Que ce qui différent ?
 何が違うの?
と質問されてしまいました。
出汁が違う。海の幸(des fruits de mer)がたっぷりで、なにより、麺が違うのです。
麺の何がというと、ちょと太くて、やや柔らかめのあの食感がたまらない! 
食感は une consistance(=固さ、濃度、密度)を使うそうです。

お盆に実家に帰った人、地蔵盆の話、東北の温泉等々、話は尽きませんでしたが、あっという間に2時間ぐらい経って、おやつタイム。
160903-06

お土産のゴフレットは、格言付きでした。

160903-07
小さい魚は大きくなるだろう
未来形ですからね=日本語言うと、大器晩成かあ~

160903-08
ゴッフレットとMat   matの意味が分らないんですけど・・・

160903-09
字がすり減ってますが
Symphony inachevé
未完成交響曲 
食べながら出来るフランス語講座でした。

そしてニースの絵はがきを各自1枚づつ頂きました。

160903-02

160903-03
160903-04
160903-05

行ったことのある人は、一目見てわかると思います。

次の、p154の読んで考えるテキストは、私には難しすぎましたが、毎度のことです。

でも、タイトルは  Génial touche-à-tout à Bangkok
だから、バンコクのことだと思うではないですか?

そこで、これらの情報は正しいかの質問の中の
Le Vietnam lui a donné l'inspiration pour un roman et en film.
ベトナムは彼の小説と映画にインスピレーションを与えた

私は、「これは正しい」と言ったのですが、先生の返事は「ノン」
なぜならば、バンコクはベトナムでなくて、タイランドだったからです。

「世界万国的に恥ずかしい!」
と私は日本語でつぶやいてしまいました。
一応、とっさに、バンコクと万国という二つのかけ言葉にした努力だけは分ってね!

それに、私はバンコクに行ったことがあったのを後で思い出しました。
はるか20年ぐらい前の1月、暑くて、象に乗った記憶だけが残っていました。

フランス語以前の勉強をしなくてはいけないと反省した初日でした。

でも、まあ良いか!毎度のことだし。