二日旅の九州

2016/10/28

先週、胃カメラ検査をして、その後、土曜、日曜で、長崎を往復してきました。胃カメラと長崎と、どういう関係があるのかというと、まったく関係はないのです。まあ、しいて言えば、ポリープが見つからなかったということで、安心して飲み食い出来るというぐらいのことでしょうか。22日の朝に家をたって、午後3時半には着けるのです。九州新幹線で、博多乗り換え、カモメ長崎行き、昔と比べたら、何と便利になったかと感心します...

       

団塊世代の最後の争奪戦・・・墓場ラッシュ

2016/10/25

「ゆりかごから墓場まで」というスローガンが、昔ありましたね。Wikipediaに寄りますと 「社会保障制度の充実を形容する言葉で、第二次世界大戦後にイギリス労働党の掲げたスローガンである。」とのことですが、残念ながら、それは、鉄の女性首相と言われたサッチャーさんの時代で、夢と消えてしまった様です。さて、我が国日本では、第2次世界大戦後に、どっと生まれたベビーブーマー達にとって、「ゆりかごから墓場まで」それ...

       

理解か誤解か

2016/10/12

前回(10月1日授業)の続きです。9月28日のスイスの新聞 le temp から8つのテーマを取り上げて、先生は言いました。「どれが一番興味がありますか?」一通り目を通して、私はこのタイトルを選びました。なぜならば、タイトルが短い、その上、単語も難しいのがなかったからです。これを読んで、その時点で、「ブルカの禁止を国立劇場で」と私は思い込んでいました。劇場でブルカというのは、あんまりだもんね~などと思いつ...

       

Bécassine(ベカシーヌ)って、フランスのサザエさん?

2016/10/06

2016年10月1日。秋です。読書の秋、勉強の秋。心を入れ替えて、もう一度フランス語に取り組もう!と月の初めに思ったのですが・・・・バラ姫さまと先生が話してる内容に出てくる、人の名前が、ジョセフ・フォンションそしてベカシーヌと聞こえる。何でも、昔の紀行文の中に新聞からの挿絵が引用されていた漫画が、いつの時の物か調べなくてはいけなかったと言う事から始まった話題です。その中に、1928年の7月14日(...