Moi, un poisson. mais,je voudrais voleter dans le ciel !

魚だって大空を飛びたい !

海のインディー・ジョーンズ : エジプトの神は幸せ?

18日の続きは、海底に沈んだ古代エジプトの都市の探索です。
25日、先生に助けて貰って再チャレンジしたので、もういちどアップします。



FRANCK, UN INDIANA JONES AQUATIQUE
 海のインディー・ジョーンズ フランク

170318-hapy
写真は海中で見つけられたハピの像

《Voix off》   (陰の声)
Il est resté couché dans l’eau pendant 2000 ans. Il pèse 5 tonnes et (注1)se retrouve maintenant debout dans le froid devant le musée(注2) Rietberg à Zurich. Il, c’est(注3) Hâpy, le dieu androgyne du Nil.
彼は2000年間、水中に横たわっていた。彼は5トンの重さです。今はチューリッヒのリートベルグ美術館の前で、寒さの中に立っています。彼、それはハピ、ナイルの両性具有の神なのです。

Et c’est ce(注4) simple mortel qui l’a découvert, l’archéologue sous-marin français Franck Goddio. Depuis 30 ans,(注5) son métro-boulot-dodo à lui, c’est de chercher des trésors sous l’eau.
そして、それを発見したのはただの人間にすぎないフランク・ゴディオ、フランス人の海洋考古学者なのです。30年前から、彼にとっての日常は水中の財宝を探すことです。

《Franck Goddio, archéologue sous-marin》 (フランク・ゴディオ 海洋考古学者)
Alors pour moi, la plongée, en fait, c’est prendre le bus. Je prends le bus, j’arrive, je plonge, j’arrive sur mon site et quand je commence la fouille, j’oublie complètement que je suis sous l’eau.
え~、私にとって、潜水、それは実際、バスの運転みたいなものです。バスを運転し、到着する、水に潜る、水の下の私の仕事場に辿り着く。発掘作業を始める時、私は自分が水の下に居ることをすっかり忘れています。

《Voix off》
Cet « Indiana Jones aquatique » a commencé sa carrière en visitant des épaves. Il avait entendu parler de cités antiques englouties en Égypte au large des côtes d’Aboukir. En 1996,(注6) à l’aide de technologies d’imagerie radar, il commence à sonder le fond marin.
この「海のインディー・ジョーンズ」は、残骸物を捜索することで自分のキャリアを始めた。アボウキル海岸沖、海に飲み込まれたエジプトの古代都市の噂を彼は耳にしていた。1996年、レーダーイメージテクノロジーの助けを得て、彼は海底を探り始めた。

1730318-radar
 technologies d’imagerie radarの私のイメージ

探している場所は、ここです。
170318-Egypte 170318-abokir

《Franck Goddio, archéologue sous-marin》
On va commencer à fouiller sur ce qui paraît, peut-être, être une île au milieu du port. Bon, on a plongé. Et quand on a plongé, on n’a, mais absolument rien vu, il n’y avait aucune visibilité.
我々は、多分、港の真ん中にあったと島と思われる所の下で発掘を始めるでしょう。もう、我々は潜りましたよ。でも、潜水したとき、本当に何も見えなかった。視界が全く効かなかったんです。

《Voix off》
Les temples et les statues se dissimulent sous les sédiments, 10 mètres sous la surface. Des mois, des années sans rien trouver. Et soudain, le miracle :(注7) un secret vieux d’un siècle ressurgit.
数々の寺院や立像が水面下10mの堆積物の下に紛れ込んでいる。何ヶ月何年が過ぎても見つけられず、そして突然、奇跡的に、100年来の古い秘密が不意に現れたのです。

《Franck Goddio, archéologue sous-marin》
Et on a découvert une grande pierre noire, mais(注8)c’était en fait la face, elle était face (注9)vers le sol. Mais (注10) en passant par un petit endroit – je crois que c’était par ici – la main dessous, j’ai senti comme des inscriptions.
そして我々は、一つの大きな石を発見したんです。しかし、それは実は反対向きだったんです。その石は俯せになっていたんです。しかし、狭い隙間を通ってー何かそこにあると思ったんですー手を下面に入れると、文字のようなものを感じたんです。

170318-aqs

《Voix off》
Ces inscriptions montrent qu’il s’agit de la cité engloutie Thonis pour les Égyptiens, Héracléion pour les Grecs, envahie par les eaux suite à des séismes. Une ville commerçante importante entre 500 et 300 avant Jésus-Christ. Sur la pierre figurent les taxes perçues pour l’importation d’or et d’argent.
これらの碑文は、ここが、エジプト人にはトニス、ギリシャ人にはヘラクレイオンと呼ばれる、地震に次いで水が押寄せ消滅した都市であることを示しています。紀元前500年から300年の間の重要な商業の栄えた町。その(発見された)石の上には、金銀の輸入の際に徴収する税が描いてあります。

Il y a des stèles, mais aussi des bijoux, des statues dont Osiris ou cette sublime Arsinoé, alter ego de la déesse Aphrodite avec son tissu d’une finesse incomparable. Ça, c’est à Zurich. Pour le reste, c’est encore sous l’eau, car Franck Goddio n’a exploré que 5 % de la ville.

石碑や宝石類、オシリスやたぐいまれな美事な衣をまとったアフロディテ女神の 分身である気高いアルシノエの彫像などなどがある。それはチューリッヒに。 残りは、まだ水の中にある。フランク・ゴディオは、その都市の5%しか探検していないからです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
難しくも、私には、大変興味深い記事でした。
バラ姫さまによると、アルシノエはアフロディテ女神の分身と言われていたのだそうです。

ここには、エジプトの古代の地名や神々の名前が色々出て来ています。エジプト神話を読み直そう!

Héracléion ヘラクレイオン  ← Wikipediaより 

オシリス ← Wikipediaより

アルシノエ2世   ← Wikipediaより
 アルシノエはエジプトの女王ようですが年代から見ると2世の事かなと思います。

170318-arsinoes



語彙
coucher 寝る、泊まる peser 見方がある 
se retrouver (ある場所に)ある、もどる、 
simple mortel 人間 archéologue 考古学者 fouille (f) 捜索 épave(f)漂流物、残骸 large (m) 沖
fouiller 捜索する visibilité 可視性=視界 se dissimuler ひそむ、紛れる sédiment (m) 堆積物 
ressurgir 突然現れるenvahir 侵入する、いっぱいに広がる、満たす figurer 描く、表す importation 輸入
perçues=perçevoir 認識するが一般的だが Recouvrer une somme, un impôt.税を徴収する
stèle (f)石碑、石柱tissu (m) 生地、布地、この場合女神の着ている衣、 
alter ego de la déesse Aphrodite アフロディテ女神の分身
finesse (f)  精巧さ、美事さ incomparable 比類の無い、たぐいまれな 
explorer 探検する 




(注1)se retrouve maintenant  (ある場所に)ある 
思ってもいなかった場所にあるというニュアンスがあるそうで、エジプトの海の中にあったものが、冬のスイスにいる。例えば、エレベーターで5階のボタンを押したのに、3階にいた場合などとのことでした。
(注2)  le musée Rietberg リートベルグ美術館  ハピが置かれているチューリッヒの美術館
(注3)  Hâpy ハピ←Wikipedia
ハピは顎に髭をはやし、垂れた女性の胸を持つナイル川の神様だそうです。
(注4)simple mortel =mortel で人間の意味
    何千年も海の中にあった永遠の命を持つ神と対比するため simplemortel(簡単死ぬ人間)としたのでしょう。
(注5) métro-boulot-dodo (メトロ・ドド・ブロ=電車・仕事・睡眠=日々の繰り返し=代わり映えがしない一日の、よく使われる表現。
(注6) à l’aide de technologies d’imagerie radar  
イメージレーダーテクノア-ジーを助ける(à)ためと始め考えていたのですが、助けによって(par)と言う事でした。
(注7) un secret vieux d’un siècle ressurgit
un siècle 一つの世紀が分りませんでした。Ⅰ世紀ならローマ数字が使われるはずですので・・・
私がイメージしたのは、何世紀か分らない、4世紀か5世紀か6世紀か、そこら辺のⅠ世紀かなと思ったのですが。文脈からだと 1世紀=100年。100年ぐらい前から、噂として流れていた秘密が発見された。彼が見つけたという事だそうです。
(注8)c’était en fait la face, elle était face
face は名詞では、面、顔、面としては一般的に表面なのかと考えたのですが反対側という意味もあるみたいです。引き続き調べてみます。 être faceについても同じく、être en faceではないのかな?
(注9) en passant par un petit endroit
これは、ジェスチャーで教えて貰って私の言葉では説明がまだ難しいです。この辺は、バラ姫さまに訳して貰いました。


《最後の方は、分らないままに終ってしまいました。明日、分からなかった所は、先生に聞くことにいたしましょう。》
と24日の晩に書いておりましたが、先生、バラ姫さまに助けて貰って、どうにかこうにか翻訳完了です。

《 エジプトの神々よ、ひ弱な私の努力を褒めて下さい!祈りの言葉は、アーメンではないですね。ハピー~かな?》
と書いていた事についても
皆で   Hâpy!  と叫びました。




スポンサーサイト

■ プロフィール

Author:Kaguya
外国語音痴の私が、ふとした切っ掛けでフランス語とシャンソンの勉強を始めることになりました。
それはまさに魚が空を飛ぼうとするようなものです。
はたして鳥になれるかな・・・?
駄目で当たり前、失敗は明日の糧を信条に・・・
          by Kaguya         

■ FC2カウンター

■ カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ 最新記事

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる