春の一日にベルギービールで乾杯!

170326-02


Un jour du printemps,on a passé un bon moment chez une amie et on a bu beaucoup d'alcool. Il y avais 3 sortes de la biere.
Si je n'avais pas oublié , j'aurais écrit un rapport circonstancié dans mon blog.


春の一日、私達は友達の家で楽しい一時を過ごし、沢山のアルコールを飲みました。3種類のビールがありました。
もし、私は忘れて居なかったら、私のブログに詳細なレポートを書けたんですけれど


と言う事で、あっという間に時は過ぎ、もう2週間前になりますが3月の終わり、私達は、楽しい一日を過ごしました。
もっと早く、このブログを書こうと思ったのですが、

《si+直接法大過去、条件法過去》→非現実な過去の仮定 
これを、ちゃんと理解できなかったので私は記事を書くことが出来ませんでした。
だってこの日は、 もし、~しなかったら、~ではなかったのに
と言う非現実な過去の仮定 を学びながらの宴会だったからです。
 
Si je n'avais pas compris le grammaire français, je n'aurais pas rapporté la petite fête de ce jour-là.
もし、私が フランス語の文法を理解してなかったら、この日の宴会について報告しなかっただろう。


いえまだ、ちゃんと分ってないのですが、それでは、まるで前に進めません。
と言う事で、楽しく、はたまた苦しかった(?)宴会のご報告を書いてみます。

庭に桜の木がある静かな街にある友人の家。
1本のしだれ桜は、まだ開花していませんでしたが、もう1本の桜は、その花びらを私達に見せてくれました。
フランスの名画のような素敵なダイニングです。

170326-00

私は、ソファーの上に置いてあるクッションかと思い、あやうく腰を掛けてしまいそうになりました。
19歳になる猫ちゃんは、ほとんど横になりっぱなしでした。
きっと、私達のことをうるさい人間達だと思ったでしょうね。

170326-01

お料理の上手な友人は、手作りの色々な料理でもてなしてくれました。
まずは皆で乾杯!そして上品な京風おでん。
美味しすぎて、食べる前に写真を撮るのも忘れて食べてしまいました。トホホ・・・
フキノトウの味噌和え、 若竹煮
170326-04  170326-05

魔法のようにあっという間に種からつくってくれた餃子です。
170326-08


酒器もいろいろと、皆で好みの器を選んで、滋賀のお酒、ベルギーのビール、アルザスの福貴ワイン。

170326-06

アルザス福貴ワインです。   ラベルの文字がぶれておりますが・・・

170326-15  170326-09

この日の前日に、私達はベルギーのスペシャリテについて、沢山教えて貰っていたのでした。
その時話に聞いていた、修道院のビール、白ビール、もう1本は琥珀色のビールを飲み比べました。
そして、ベルギーと言えばチョコレートです。
ショコラという呼び方はフランスで、ベルギーではパリンヌと言うんでしたっけ。

170326-10

最後のシメは、自家製のチーズケーキ。

170326-11

ああ、料理の天才だ~と感激いたしました。
私も見習わなくては・・・・それは不可能だ。私の料理だと、皆は、きっと天災だ~と言うことでしょう。

Merci beaucoup Shino et tout le monde !




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する