4月の魚は主語に迷うのだ ! tu me manques

2017/ 04/ 07
                 
4月の授業は1日が始まりでした。
鴨川沿いには膨らみかけた桜のつぼみ、そしてこの日、若者達は踊りのイベントにむかっていました。

170401-02

地下鉄市役所前のイベントコーナーでさくらよさこい踊り大会の踊りくらべをしていたようです。
こんな衣装を身にまとい・・・若者の元気が心地良く伝わってきました。

170401-01


この日は、エイプリルフール。
フランスでは 4月の魚 ( poisson d'avril )と言うそうです。
子供達が紙に書いた魚の絵を人の背中にこっそり張り付けるいたずらがまかり通る日です。
なんで魚やねん?と思いますが、豚とか馬だったら、形として切り抜くのが難しいからなのでしょうか?
いたずらをしてる子は、自分もやられているのに気がつかないのだ。

170401-00

でも、私は、こんな魚も好きですよ。
170401-03

新聞、TNニュースなどでも、気の利いた冗談を載せると言う事ですが、日本では見かけません。
ゆとりのなくなった時代では、どんなクレームが飛んでくるか分らないからでしょう。

この日の授業では、日本人がよく使う表現でフランス人にはちょっと変と感じられる言い方を教わりました。

季節が移って冬の渡り鳥が減り、その代わり春鳥がやって来た。と言うとき
Les oiseaux de printemps sont venus.
春鳥たちが来た。
ついこう言いたくなりますが、これだと、もう後から来る鳥はいないというニュアンスになるので
Les oiseaux de printemps sont en train d'arriver .
春鳥たちがやって来てる最中だ。 と言う言い方になるそうです。

バスの場合も一緒で、日本人はまだ到着していないのにLe bus est venu バスが来た と言う。
「まだ来てへんやん!」とビックリするのだそうです。
Le bus est en train d'arriver. バスが来ようとしてる と言うのが正しい。
でも、私なんか、バスと電車が一緒に来るような気分になってしまいます。
en train  は ~をしているところである、の意味で トレインとは関係ないのでした。

それから、日本人がよく言う 「食べた!」
まあ、美味しい物を食べて 「ああ、食った食った!」という満足感の表れですが、フランスで食後に
“J'ai mangé ” (私は食べた) と言い方はしない。
お昼過ぎに家に帰って、お母さんから「食べたの?」と聞かれて「うん、学校で食べた。」と言うようなときに“J'ai mangé ”は使うとのこと。
始めののニュアンスで使うなら “ J'ai bien mangé.” (私はよく食べた~!)と言うと良いそうです。

鴨川の風物詩、渡り鳥。この言葉も、すでに何回も授業で聞いていたのに、いつまでたっても覚えることが出来ません。
les oisaux immigrés (鳥+移民)と、つい思ってしまうのですが
正しくは les oisaux migrateurs (渡り鳥)
「やっと覚えた」とバラ姫さまは言っていましたが、私は、書いていても明日聞かれたらきっと「レゾワゾー・イミグレ」と言ってしまいそうです。

170401-04

さて、このニュース記事、写真だけでも分ると思いますが Brexit(ブレキシット) イギリスのEU離脱通知が届いた報告を欧州理事会議長が報告しているところです。

170401-c2
見出しは
" Vous nous manquez déjà ", dit le président du conseil Européen
=Nous sommes triste parce que vous partez 

.「我々(EU)は貴方(イギリス)が離れて、もうすでに淋しい」と言う意味になります。
déjà(もう、すでに)となっているのは、離脱が決定するのは、まだ最低2年は掛る交渉の後となるからでありましょう。

 動詞 manquer  は 不足してる、足りないという意味で manquer +de ~ で ~が足りない。
例えば、私の場合だと
Je manque de connaissance de le français. 私はフランス語の知識が足りない。 
こういう使い方が普通なのです。

しかし、ここで出た  Vous nous manquez  の使い方はスペシャルだそうです。
よく使われる tu me manrues.(あなたがいなくて私は淋しい)を例にして、先生は説明してくれました。

170401-c3

上の
Ma famille me manque.
私は家族と離れていて淋しい
下は電話を掛けたとき
Allo,maman. tu me manrues.
もしもしママ。ママがいなくて私は淋しい

英語の I miss you. (あなたがいなくて淋しい)とは違います。同じニュアンスで考えるとちょっとややこしいと思うと先生は言ったと思います。
私以外の人達は、仕事に旅行に、英語を使いこなせるのですが、私は、まったく英語が出来ませんので、英語との混乱が起る心配は、全くないのでした。
私が混乱したのは、どっちが寂しがってるのか、よく分らない事でした。
【私の家族が、私が居なくて寂しがってる。あなたが私が居なくて寂しがってる】のかと思ったのですが、それは間違い。
me の方が、この例文の場合、寂しさを感じる側で、主語となるのは、寂しさを感じさせる側なのでした。

Tu me manques.
Tu あなたが me私に manques  足りない =あなたがいなくて淋しい
Je sens ton absence.
あなたの不在を感じる= 私はとても淋しい  という事かしら?

それと「Tu me manques」はいま目の前にいない人、物に対して使い、それも愛情が籠っているとのことです。
だから、安売りマーケットがなくて淋しいなどという言い方はないのです。

これか去って行く人には Tu me manqueras.(淋しくなるわ~)未来形となる様です。

そこで例文を考えなさいということになりました。

Taro a compté partir à Paris au septembre,quand il partira , il nous manquera.
太郎は9月にパリへ旅立つことを予定している。彼が行くとき私達は淋しいだろうなあ

Le temps libre que j'avais quand j'étais étudiante me manque.
学生だったときに持っていた自由な時間がなくて、私は淋しい

Depuis que je suis partie de chez mes parents, le cuisine de maman me manque.
親の家を出てから、私はお袋の味が恋しい

注意:お袋の味を le goût de maman にすると、お母さんを食べてしまうことになるそうです。

私が思うに、manquer 無くて淋しい=恋しいと訳しても良さそうです。

いかにもフランス人、先生が出したサンプルです
Le fromage fermier me manque.
田舎のチーズが僕は恋しい。   

ここまでで、私はギブアップです。年寄りに無理は良くない。もう寝ます。 

Bon nuit et bon rêve !
スポンサーサイト
                 

コメント