FC2ブログ
2017/05/18

高浜原発4号機再稼働の愚かさに怒る

17日朝、4時56分の真野浜から見る琵琶湖の風景です。
東の空には雲がかかりスッキリとした日の出とはなっていませんが、湖面に朝の光が反射して綺麗な景色。
歳と共に朝の目覚めが早くなり、眠れないまま横になっているより散歩しようと湖岸を歩きました。

170517-0456

人の手が加わらなければ、昔からの姿を保つ自然の姿に引き替え、人間は限りなく自然破壊を進める。
この日、北60キロの地点で、去年稼働停止命令で止まっていた高浜原発4号機が再稼働されました。
去年の.3.月9日に、大津地裁決定「高浜原発3,4号機停止命令」が出されて、喜んでいたのも束の間、大阪高裁で取り消しとなり、ついにこの日再稼働となったのでした。
我家からは60キロ圏内となります。まあ、遠かろうが近かろうが、それはどうでも良いのですが・・・

takahama1.jpg

原発に依存する愚かしさに、私は怒りを通り越してウンザリしてしまいました。

ああ、人類よ、その愚かさの故に滅びるなら滅びよ!

と私は最近諦めの心境に陥ってしまっています。

自分自身が、こんな心境に陥っていたら、変えられるものも変えられないぞと分っているのですが、気持ちは沈む一方です。

がしかし、私達には、この地球しか生きる場所はないのだ。
子供達に、汚れきった地球を押しつけて、サッサと死んでいけば良いというものではないのです。

関西電力 5月17日のコメント
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 高浜発電所4号機は、本日17時00分に原子炉を起動しました。

 原子炉起動は、運転再開の工程の中でも重要なステップの一つであると考えており、今後も引き続き、国の検査に真摯かつ丁寧に対応するとともに、当社と協力会社社員一人ひとりが、今一度、身を引き締め、原子力の安全確保に終わりはなく、さらなる安全性をたゆまず向上させていくとの強い意思と覚悟のもと、安全最優先で緊張感を持って、慎重に作業を進めてまいります。
                                               以 上

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関西電力のHP プレリリース(http://www.kepco.co.jp/corporate/pr/index.html)という所で見つけた文章ですが、ふざけていると思いませんか?

国の検査に真摯かつ丁寧に対応する
国の検査自体が、私には疑わしく思えるし、真摯かつ丁寧に考えるならば、原発の再稼働など止めるべきと思います。
当社と協力会社社員一人ひとりが
これって、下請けの労働者にまで責任を押しつける責任転嫁の姿勢ですよね。
もし私が、関西電力の社員、もしくは下請け企業の労働者で、現場作業に当らされていたとしても
「そんな事言われたって、おれは知らんぞ。事故が起きても、言われたとおりにやるだけだ」としか言い様がないと思うのです。
さらなる安全性をたゆまず向上させていく
原発を廃炉にすることこそ安全性が向上する道です。

廃炉にするにしても、核のゴミの処理をするのは、この地震大国で何所に埋めるか・・・その問題もあります。
人間は、手を付けてはいけない領域(原子炉についても核兵器についても)に手を付けてしまったのだと思わずにはいられません。
間違ったことをしたと思ったら、謝って、さっさと引っ込める、方向転換する。
それが人間の取るべき残された唯一の道だと私は思うのですが、欲の絡んだ商業論理では、身動きがとれなくなっているのでしょうね。
再稼働したら、電気料金を値下げするそうですが、1000年先に、どれだけのツケを残す気なのでありましょうか?

ブログを書いていたら、諦めより怒りがフツフツと沸き立ってきました。
そうだ、諦めている場合ではない! 何も出来なくても、とにかく怒りの気持ちだけは持ち続けよう。
そして、動けるときに動けば良いのだ!

その為には、まず少しでも動ける身体を維持しておかなければ・・・・今夜も泳ぐぞ!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント