FC2ブログ
2017/06/22

異常気象より問題なのは異常暴走国会だ

梅雨入り宣言は出たのに、からっとした天気が続き,どうなっているのかと思っていたら、21日は各地で一気に土砂降りの天気となりました。
煙るようなシトシトと降り続く日本の梅雨空は、もう昔の話しとなってしまったのでしょうか?
それでも草木は季節を感じ取り、早朝散歩に出れば、あちこちで紫陽花が花開いておりました。

これは18日朝の風景です。
170618-01

170618-00

夜明けも早くなり、20日は4時51分に琵琶湖から太陽が顔を見せました。

170620-0451

最近、3時過ぎから起きてしまうのですが、散歩に出かけるのは5時を過ぎてからにしています。

なぜなら、夜明け前の一人歩きは、散歩なのか、それとも?と疑惑を招く恐れがあるからです。
着る物にも気をつけなければいけません。パジャマもどきでなく、ちゃんとしたスポーツウエアを着用しなくては・・・
裏返しに着るのもヤバイよな~と思っていたのに、今日、スポーツジムに行くのに、あわてて水着の上にTシャツを裏返しに着て行ってしまいました。
毎度この調子ですが、一億高齢化時代になってしまえば、もう恐い物はなにも無いかも知れません。

何でも来い!ですが、アレはいけません。あれだけは許せませんね。
アレって、ほら、アレアレです。
あの無神経で、口先だけ綺麗事をうわごとのように呟き、「深く反省してますと言いながら」、まったく反省が顔色に出てない、あの人。
「国民の皆様から信頼が得られるよう、冷静に、一つ一つ丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならない。その決意をこの国会の閉会に当たって新たにしております。」と心にもない言葉を、とうとうと述べ立てたアレ。

共謀罪と言う名前を、すり替えさえすれば国民をだませると思ったのか、テロ等何やら罪と銘打ち、衆議院を、日本新党の新人を使って強行採決に持っていき、参議院では採決までも行き着かせず「中間報告」という形で逃げ切った。あの汚さ。
日本の国家権力者達は恥という物を知らないと私は思うのです。
この間の推移は、ほんとうに見苦しく、私は、かってISの人質虐殺映像を見て心的打撃を受けたときぐらいの、おぞましさを感じてしまったのでした。
自分の無力さ、なすすべもない思いと共に 「もう見たくない、。聞くのも嫌だ!」の心境になってしまいました。

が、そうなってはおしまいです。

世界中で、吹き荒れ始めたナショナリズムやヘイト行動にたいして、沢山の人達が地道に反撃の行動を作って行っています。
忘れてはいけない。諦めることこそ、権力者の思うつぼなのです。
本当に見たくない、嫌なものであっても、目を背けず、しっかり見届けてやろう。
何しろ今では、公式に一度発言したことは、世界中くまなく駆け巡り、永久保存版で残っていくのですから。

安倍さん、あんたはあの時、確かにこう言ったよね、自民党政権が倒れる日に、もう一度彼に見て貰いたい物だと思います。
首相官邸からの公式発信 冒頭発言トランスクリプション付です

平成29年6月19日安倍内閣総理大臣記者会見

国民の皆様に大変申し訳なく感じております。
 印象操作のような議論に対して、つい、強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が、結果として、政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省しております。
 また、国家戦略特区をめぐる省庁間のやり取りについて、先週、文部科学省が徹底的な追加調査を行った結果、新しく見つかったものも含め、文書を公開しました。これを受け、内閣府の調査も行い、関係する文書等を明らかにしました。
 しかし、最初に調査した段階では、それらの存在を確認できなかった。二転三転した形となり、長い時間が掛かることとなりました。こうした対応が、国民の皆様の政府への不信を招いたことは、率直に認めなければなりません。
 信なくば立たずであります。
 何か指摘があればその都度、真摯に説明責任を果たしていく。

私としては、まったく信用できないんだけれど、立たずというのは、もう辞めますと言う事と解釈してよろしいのでしょうか?
記者会見では、質問が出るたびに、ひたすらはぐらかしているように見えるのは、説明責任を果たしていませんよね。

でも、一番信じられないのが、国民の支持率なのです。
本当は10%を切っているのでないのかと私は思うのですが・・・
いったい誰が何所で調査して決めているのでしょうか?
いまままで、我家にはどこからも、総理大臣を支持しますか?と言う質問を持ってきた人もいないし、電話も掛ってきた試しがありません。
第1、この時代、働き盛りの人は、お父さんもお母さんも仕事に出て、家に居ないだろうし、高校生中学生だって、塾通いで、そんなアンケートに答えられるわけがない。
大きく変わってしまった時代の流れを、マスコミも政治家もつかみ切れていなくて、昔ながらの情報操作方法で、良しとしているのは、もう時代を反映してないのでは無いだろうかと思うのであります。

そう言う私も、もはや時代遅れの人間です。
「見るべきほどのことは見つ」と言って、そろそろおだぶつしても良さそうなのですが、いえいえ、まだまだ、見た事もない事、どんな新しい政治体制がでてくるか、もっともっと、見尽くしてやりたい。少なくとも、安倍政権の滅亡はしっかり見て起きたいと思うのでした。

夜明けは近いのです
22日 4時26分

170622-0426




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント