2017/11/29

サルタンバンク・・・猿の人材派遣会社か?

勤労感謝の日とは
上から二つは、労働の祝い、労働者の祝いで、どっちかというと5月のメーデーという感じになります。

三行目の「働く人々に感謝をする日」 これがぴったりなのでは・・・

171128-01

25日は、生徒が4人だけだったので、話のネタがなかったらどうしようと心配しながら授業に行きました。
でも、心配無用でいろいろな話題で楽しく進みました。
まずしゃべり出したのは、私でした。
先週見に行った、劇団大阪の演劇にの感想を話したかったのですが、自分が消化し切れていないものを話せるわけがありません。
しどろもどろもの私の話から、内容を拾って、再構成してくれる先生に感謝です。
私は、その舞台は、日本の小さな村だと言いたくて、〈C'est un petit village au Japon. 〉と言ったのでした。
これだと「それは日本の小さい村です」になってしまいます。
それを言うなら、こうだよと直してくださいました。
Ça se passe dans un petit village du Japon.
(それは日本の小さい村で起こったことだ。)
「そやそや、そういえば、そういうの習ったよね~」と言うと、皆大笑い。
私の頭の中では、Ça se passeはパスしてしまってました。

芝居 は un pièce 、劇場は  un théâtre、 劇団は  un troupe de thèâtre

面白いのは主役、男性はリエゾンしないのに、女性だけリエゾンするのだそうです。
Le héros( ルエロー )    
L'héroine  ( レロインヌ )

    
社会問題を取り上げた演劇だったので、私は présenter 提示するを使ったのですが、このように直してくださいました。

Ce sont des pièces qui dénoncent des problèmes de société.
それらは、社会問題を告発する劇だった。
あ~あ、いつまでたっても話せない私です。

次にバラ姫様が映画「ゴッホ~最後の手紙~」を見てきた話から、映画の題名の翻訳の難しさになり、では文学ではと話題が飛びました。
先生は、夏目漱石、谷崎潤一郎、三島由紀夫などがお好きのようです。
漱石の「吾輩は猫である」は、 そのまま〈 Je suis un chat 〉私は猫です なのですが
「心」は、le cœur(心) ではなく 〈 Le pauvre cœur des hommes 〉 男達の哀れな心 となっているそうです。
「じゃあ、谷崎の細雪は!?」と文学少女のバラ姫様は叫びました。「もしかしたら Quatre sœurs(四姉妹)?」
大正解でした。
面白かったので、ネットで探してみました。

おなじみ、「吾輩は猫である」

171128-00

「草枕」 そのまま、草の枕ですが、フランスの枕だと柔らかそうですね。

171128-04

坊ちゃん
四国松山のイメージをうまくつかんであります。

171128-03

「細雪」、たすき掛けの真っ赤な着物・・・これは、ちょっとイメージと合わないような・・・

171128-05

「痴人の愛」

171128-06

次に、Yoshi さんが、北野天満宮の紅葉を見に行ったら、25日は天神さんの市の立つ日で、沢山の屋台と、猿回しをしていた。
よく調教されていたけれど、かわいそうで嫌だったと言う話を・・・

入って左の言い方は、ジェロンディフを使うのだそうです。

C'est en entrant à gauche.
それは入って左です

芸をしていた猿は、よく仕込まれていていた。
deresser は、調教をする、しつける、服従させるなどの意味があります。
éduquerは教育する

171128-09

私は、思わず聞いてしまいました。
dresser à mon mari 亭主を調教する って言い方ありかな?」と
こういう言い方は、世界共通なんですね。 使えるそうですよ。

171128-07

Yoshi さんが猿回しを、どう言おうかと悩んでいたら、バラ姫様が 「サルタンバンク!」と言って、先生も「あ~」と分かったようで、二人で納得しておりました。
サルタンバンクって何?もしかしたら、猿の派遣会社のことかしら?
人材バンクみたいなもので・・・と悩んで、後から調べました。

お猿さんとは関係ありませんでした。でも、猿を使うこともありそうです。

Saltimbanque
大道芸人、軽業師、曲芸師 と辞書に掲載されておりました。

ピカソの〈サルタンバンクの家族〉という絵は有名なようです。

171128-Saltimbanques

ああ、なんと知らないことだらけでしょう!
長く生きているのに恥ずかしいです。反省します。

なに!反省だけなら猿でも出来るって・・・・・

それは、働き者のお猿さん達に対して失礼です。

猿さんにも、勤労感謝の日はお休みをあげましょう!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント