2018/01/09

グニュ…フランス語も水泳も200mで頭打ち


180109-7



今日, 9日の日めくりカレンダーの言葉です。

180109-01

18010917462

女とは男が望み、かつ手に入れることのできない全てである

シモーヌ. ドゥ.ボーボワール

そんなに難しい文章ではないのですが、訳せなかったのでネットで調べたら上記の訳でした。
二つの動詞、appelerとatteindre をどう訳すかですね。

appeler 呼ぶ、招く、すがる
atteindre. 到着する、達する、捕まえる、追いつく

私だったら、「女とは、男が呼び求め、そして捕らえることの出来ない全てである。」かな?

でも、最近は性の枠組みも無くなりつつあるような気がするのですが…
自分が求めるものの概念を見失ってしまった時代かも知れません。
理想の恋人は、ITロボットとなる日も近いのかも…

話を戻すと
atteindre の意味よりも、動詞の活用が、どうしても私には覚えられません。

動詞の活用が動詞てもって、ふざけているわけではないのです。

半過去で出てくる gn の発音がどうしても入ってこないのです。

atteindre


180109-05

現在形の発音は
ジャタン、チユアタン、イラタン、ヌザテニオン、ブザテニエ、イルザタンヌ

私は、ついつい
ヌザテグノン、ブザテグネ、イルザテグノン と言ってしまうのです。
g =グ ではない。 g を発音してはいけないのだ。
子音が重なったら発音しないからなのかな?

Auvergne (オーベルニュ)は読めるのに、何故でしょうか?

基本的な発音が分からないまま今に来ているからなのだと思います。

聴き取りも、書き方も、話すのも、いつまでたっても駄目なのです。
せめて、コンジュゲゾンを頑張ろうと、iPadでチャレンジするのですが、同じ問題を毎回間違えています。


学習や運動は、ある一定の訓練をしたら、グンと伸びる時があるのです。
私の場合、水泳でそれを感じました。
去年の夏まで、連続で泳げるの200mがやっとだったのが、10、11月から急に距離が伸びました。

今日も、夜の8:30から1時間10分で、トータル1600m 泳げました。
バタ足500m、クロール500m、背泳ぎ500m、平泳ぎ100m。

200m泳げたら続いて50m泳げます。600m泳げたら1kmまで行けるのです。
まずは、200mを越えることが第一段階。そこまでいけたら大丈夫です。

Je ne peux pas encore atteindre la ligne 200 m du français.
私は、まだフランス語の200mラインに達することが出来ない。


と背泳ぎをしながら考えていたら、200mでプールの壁に頭をぶっつけてしまいました。

これが、本当の頭打ちだわ!

500mの背泳ぎの間に、3回も頭をぶっつけてしまったのです。

お陰で、ちょっと背が伸びた気がします。なんだったらスペースシャトルに乗りたいなあ〜。
9センチも背が伸びたそうですよ!

7、8日のごはん日記。

7日 高野豆腐の豆乳鍋

8日 豚サイコロ大根、茹で野菜とペッパービーフ


Bonne nuit !
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント