FC2ブログ
2018/03/12

にもかかわらず si bien que が分からない。

3月10日の日めくりカレンダーです。

私には難しいです。誰か教えて欲しいのですが・・・

私が疑問に思ったのは、人称代名詞 と非認証代名詞
それと、Si bien que の後には、接続法だ来ると教わったような記憶があるのです.
が、ここでは全部、imparfait 半過去なのです。


180310-01

combler (人を)充分に満足させる、(望みなどを)かなえる 

まず1行目の il は 彼 la は彼女   (la は女性を示しますよね ← 最後の Ellle から)
2行目の   qu'il ne lui  の il は非人称代名詞 で 彼では無いのかな?
lui は 間接目的語で、彼、もしくは彼女でも良いけど、この場合、彼だろうと思うのです。

クラウン仏和電子辞書によると
si bien que +直説法 【結果を表す】 大変~なので、 だから、 したがって
違うような気がする。

bien que +接続法  ~にもかかわらず 、~ではあるが
こちらの方が意味としては伝わるような気がしますが、接続法半過去だと il ne lui manquât になるはずだし・・・

Il la comblait de tant d'attention, si bien qu'il ne lui manquait rien de ce qu'elle désirait.

彼女が欲していたことが全く足りていなかったにもかかわらず、彼はすごく注意を払って彼女を満足させた。

どんな状況をイメージできますか?

例えば、私のイメージの例を挙げれば

オリンピックのアイスダンスのペアを一組の男女が組んだとします。
始め、女性は、相手が気に入らなかった。技術的なこととか、彼女が予定していたより小さめだったとか・・・
一人の人間の重量を支えるには、すごく体力がいるであろうから・・・
がしかい、ペアを組んだ男性は、すごく技術を上げ、また、彼女の機嫌にも気をつけ、素晴らしい演技をして、彼女を満足させた。

違いますかね~・・・

きっと、私は、すごく自分勝手な思い込みで解釈をしているのではないでしょうか・
先生が、これを読んだら 「全く違うよ!」 と言いそうな気がします。

悩んでネット検索したら、こんなサイトがありました。

接続詞1、だから

5年前から理解できてなかったということを、改めて認識いたしました。

さて、話題を変えて
思い込みと言えば、私は、自分の方向音痴の原因を一つつかみました。
3月4日の日曜日と 10日の土曜日に、私は大阪まで出かけました。
大阪は好きになれません。
なにしろ、なぜか方向感覚がなくなるからです。
右に曲がれば東だと思っているのが西だったり。北に向かって歩いていると思ったら南だったり・・・
私は、大阪と相性が悪いと思っていたのです。
特に10日は、同行者がいなかったので、大阪駅から地下街を、目的地のビル、曽根崎新地1丁目 を探して彷徨いました。
私は駅を出て、北に向かっているつもりでしたが、大阪って、駅を出ると南側なんですね。

京都では、駅を出ると町並みは北に向かっているのです。
八丈口側も、もちろん町並みはあるのですが、基本は北向きです。
このように

180310-kyotomap

ところが大阪は反対なんだ~。

180310-oosakamap

駅を出たら南に歩くことになっているのでした。

でも、私の身体は、正面はでしょうと思い込んでいたのです。

だから、東と西が、いつも反対に感じられていたのです。

でもね。
大阪は地上であれ、地下であれ、やっぱり分かりにくいのです。

180310_1257

180310_1329

私は、山が見える場所で無いと、どうも落ち着かないようです。

やっぱり、琵琶湖のほとりが私には向いているのかもと思った1日でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます