FC2ブログ
2018/08/30

局地的集中豪雨に出会った姫路の一日

青春18切符の旅第3弾・・・と言うほどでもないか?
第一弾は大阪天保山の海遊館。
第2弾は名古屋城ですから、旅と言うほどの物ではありませんね。

今回は、もう少し脚を伸ばして、兵庫県の書写山と姫路城に行ってきました。

8月28日 火曜日  曇一時雷雨のち晴

今回は道連れがあります。
一駅違いに住む友人を誘いました。
彼女に一駅分のチケットで私の出発駅まで来てもらい、青春18切符で駅の改札を通ります。
7:12発の 新快速に乗り込んだものの、平日の通勤時間帯なので京都までは立ちっぱなでした。
この日の予定は姫路城と書写山です。
私の気力では城見学の後に山を歩くのは無理だと思い、書写山を先に回ることにします。
姫路駅で下車し、向かいの建物 Qwell(喰え~ると言いたいのか?)に行きます。

180828-0939

その1階、神姫バスチケット販売所で、バスとロープウェイの往復券を1400円で購入しました。
帰路は姫路城で下車しても構わないが、チケットはそこで回収されて後は使えないとのこと。

駅前からバスに乗り、姫路城を横目に書写山に向かいます。
10:45発車のロープウェイは、ほんのちょっとの乗車時間で山上駅着10:50。

180828-1050

そこから、塔頭の並ぶ場所には30分程の登りの行程だそうだが、せっかくだから歩こうと決めました。
拝観料500円を納め、ゆっくりと足を運びます。
歩き出して直ぐに、祈りを込めてつく梵鐘「慈悲の鐘」がありました。
「宝くじが当たりますようになどという雑念はアカンで」と言いつつ、世界平和を願って鐘をつきました。

画像は、通りすがりの方でございます。
180828-1054

摩尼殿(マニデン)まで、上り坂に汗びっしょりになりましたが、山の空気が爽やかで気持ちが良い汗です。
脚の悪い私でも、歩いて30分はかからない距離だったと思います。

11:20 メインの圓教寺、摩尼殿に到着です。
お参りし、その作りの見事さを堪能しました。
千年以上も前の人達の技術力は、今よりすごかったのではないでしょうか?

180828-1119


ここから先を行くかどうか迷いましたが、頑張って前進する事に決めした。
道沿いに、植物の説明板などがあり安心して歩けました。
11:45 奥の塔頭群、「三つの塔」 大講堂、食堂、常行堂に到着。
966年に開かれたという書写山の建物は、全て木造で、柱の組み合わせ、屋根の棟木の精巧さに目を見張ります。
「火事になったら一発やねえ〜、気をつけなくては」とお喋りし、食堂の二階で涼をとらせてもらいました。

大講堂と食堂
180828-1146

食堂(ショクドウ)ではありません食堂(ジキドウ)と読みます。
お坊さんの卵達が修行をし食事をした場所だったのです。

180828-1148


山門に戻って、茶店で一休みし、山菜そばを頂きました。
こちらは、現在の食堂に間違いありませんでした。

12:40 発車の下りロープウェイに乗ると、途中から吹き降りの雨となりました。
下車して、神姫バスのバス乗り場に向かう時は、雨が小降りになり、傘もささずに済みました。
「私達ラッキーね」と言い合い、バスに乗り込んで、次は姫路城に向かいます。

ところが、またもや本格的な雨が、バスのガラス窓を叩き出し、雷もとどろきます。
「姫路城に行かれる方はここで降りて下さい」
と言う運転手さんが指し示す方向も雨で、よく見えません。
川のようになった道を渡って、目の前にあった建物の庇の下にとにかく駆け込みました。
そこは、城の入り口ではなく、付属する庭園「好古園」の入館口だったのです。
この雨では庭園散策も出来ないので、雨が小降りになるまで雨宿りをさせてもらいました。
お庭の拝観の終わった人達が、びしょ濡れで出てきます。
中には、裸足になってる人、フリルのスカートが雨で肌に張り付き下着がスケスケの若いお嬢さん。
せっかくの観光が台無しで可哀想でした。

14:00 雨が少し治まったので姫路城西口からお城に入りました。
たった300メートル先だったのに、さっきは方向の見当もつかなかったのです。
門を入ると、城の前の広場が川面のようになっておりました。
ゴミ袋はが庭石のごとく、水の中に取り残されています。
靴下が片方だけ、タオルハンカチなどが水に浮いています。
でも雨はやんだのです。
私達は元気を取り戻し、城を背景に記念写真にチャレンジしました。
城が影を投げているのは、雨によって出来た水たまりで、普通は乾燥した歩道です。

180828-1419

そうこうするうちに、日も差してきました。
西の丸から、シルバーボランティアさんお勧めのビューポイントで写真を撮りなおしです。

確かに、素晴らしい撮影ポイントでした。

180828-1434

本丸は6層に天守閣が乗っかっております。
東北から来てる団体ツアーの後ろについていたら、聞くつもりはないけれど説明が耳に入るのです。
階段の傾斜度は47度だそうです。
さすがの47度ですね、一層登るごとに、膝が痛んできます。
書写山を先に歩いておいて良かったとしみじみ思いました。
この城を回った後では、次に行く元気は残っていなかったでしょう。
下から見上げるとこんな感じです。

180828-1603

大手門から出て、姫路駅到着が17時ちょうどでした。
この目まぐるしく変わる天候の中で、歩いている間はほとんど雨に降られなかったのです。
ロープウェイを下りる時間が30分後だったら運転ストップで私達は、山頂に足止めだったかもしれません。

「私達って、もしかしたら最強のふたりかも」
とい言い合い、駅前のデパートのトイレに駆け込みました。
どうしてかというと、上から下までお色直しです。
駅のトイレでは、ゆっくりしてられないので、人の少なそうなデパートの上の階を選んだのです。
持って着ておいた着替えを出し、汗と雨に濡れそぼった衣類を替えた後の心地よさ!
さあ、これで満点と駅の改札まで来て、17時発に乗って帰ろう!

掲示板に出ていた文字  運転見合わせ中  ガア〜ン!

180828-1659

この日の雨は、局地的集中豪雨で関西各地で、交通マヒがおきていたのです。

こうなったら仕方がない。
駅前に出て、一筋二筋メインを外れた居酒屋を見つけ入りました。
口開けの時間に婆さん二人連れというのは塩を撒かれるかもと心配は無用でした。
ハイボール一杯99円、刺身五点盛り399円、エ〜というほど安くて美味しい店でした。
私のツレは、一人では食事の店に入れないという人です。
とても感激していました。これからは、こんな楽しみもしようね!

彼女はナマチュー、私はハイボール、刺身五点盛り二人分と、ナスのぬか漬け…
美味しかったですよ!

180828-1719


180828-1720



お酒で出来上がっていては大変なので1時間ほどで切り上げ姫路駅に戻りました。
運転は再開しており、18:10の新快速が5分遅れでしたが出発進行。
京都まで、喋ったり眠ったりで、座って帰ることができました。
我が家に到着したのは21:10でした。
まだ、スポジムの締め切り時間21:30に滑り込める!
風呂道具を抱え走りました。
おかげさまで21:20
いい湯だな〜と大きなお風呂で手足を伸ばすことが出来たのでした。

明日の朝、起きて歩けるかどう・・・それは神のみぞ知るであります。
この日の歩数は23000歩でありました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント