FC2ブログ
2018/09/21

ゴンクール賞にまつわる逸話8件・偽りはどれだ!

180915-1605.


Rentrée とは再び戻ってくること
19日の記事にも少し書きましたが
Rentrée scolaire  学校の新学期になります。 
フランスの学年の始まりは秋からで、ピカッピカの一年生は秋から登校するのです。

さて、秋はまた文学賞が出る時期でもあるそうで
Rentrée littéraire  文学賞の季節という意味合いがあるそうです。
数ある賞のうち、最も有名なのが ゴンクール賞 
さしずめ日本で言えば、芥川賞だと思います。
ただしゴンクール賞の賞金は10ユーロなんだそうです。
もうちょっと張り込んであげても良いと思うのですが、授賞したら爆発的に売り上げが伸びるから、10ユーロが少ないと文句を言った人はいないみたいです。
芥川賞と直木賞はセットになっていて、授賞したら、それぞれ、正賞として懐中時計、副賞として100万円が授与されるとのことです。

ということで、15日後半の授業は、ゴンクール賞に関しての色々な話を、先生は語ってくれました。
頂いたテキストを和訳してみました。

Rentrée littéraire : anecdotes autour du Goncourt
文学の季節 : ゴンクールにまつわる逸話

Chaque année, après de souvent longues délibérations, le prix littéraire le plus prestigieux est remis au lauréat dans le restaurant parisien “Le Drouant”. Cette année, ce sera le 7 novembre. Le lauréat fera un bon repas et recevra …
10 euros !
毎年、しばしば永い議論の後、最も価値ある文学賞は、パリのレストラン《ドゥルーアン》で受賞者に手渡される。
今年7作品が7作品から選ばれるだろう。受賞者はごちそうを食べ、そして受け取るだろう・・・10ユーロを!


レストランドゥルーアン
180915-1658

① Traumatisme
Qui se souvient de Guy Mazeline et de son roman «les Loups» , lauréat du Goncourt 1932 ?
Personne, le pauvre !
La même année, Céline publie «Voyage au bout de la nuit». Ce roman, considéré aujourd'hui comme un chef d'oeuvre, est jugé «trop voyou. Trop populaire. Trop mal poli»  Un journaliste dira plus tard que le Goncourt récompense rarement les meilleurs auteurs.

①トラウマ
  1932年の受賞者、ガイ・マゼランとその小説《狼たち》を、誰が覚えているだろうか?
   残念ながら誰も!
  同じ年、セリーヌは《夜の果てへの旅》を出版した。今では傑作だとみなされているこの小説は、
俗悪すぎると判定された。
  ゴンクールは優れた作家たちを滅多に報償することがないと、あるジャーナリスは言った。


180915-1700
ルイ=フェルディナン・セリーヌ

② Scandale et violence chez Drouant, Jean-Paul Sartre passe une nuit en prison
Lui aussi, il avait dit qu'il refuserait le Goncourt par mépris des honneurs. Le jury Goncourt 1938 voulant donner le prix à l'auteur de “la Nausée” contre son gré, Sartre est entré au restaurant Drouant en criant et en insultant le jury. Il est allé jusqu'à verser une soupière sur la tête du président du jury. Résultat : une nuit au poste de police pour violences et scandale dans un lieu public.

ドゥルーアンで大騒ぎと暴力行為、ジャンポールサルトルは牢獄で一夜を過ごした
①でゴンクールを批判した記者は、彼(=サルトル)は栄誉を軽蔑してゴンクール賞を断ったと述べた。1938年のゴンクール審査委員会は、彼の意思に反して、彼の作品《嘔吐》賞を贈りたかった。サルトルは、審査委員会をののしりわめきながらレストランドゥルーアンに入った。審査委員会長の頭に一鉢のスープをあびせるまで迫った。
その結果: 公共の場で暴力を振るい大騒ぎをしたことにより留置所での一夜となった。



③ John Huston adapte Romain Gary au cinéma
En 1956, Romain Gary reçoit le prix Goncourt pour le roman “Les racines du ciel”, sur la chasse et la disparition des éléphants d'Afrique. Le roman est adapté au cinéma par le réalisateur américain John Huston, avec … Juliette Gréco et Orson Wells !

③ ジョン・ヒューストンはロマン・ガリーの作品を映画に脚色した
1956年、ロマン・ガリーは、狩人とアフリカ象の消滅について書かれた小説 《 “Les racines du ciel” 日本語タイトル 天国の根》でゴンクール賞を受賞した。この小説は、アメリカの映画監督ジョン・ハリソンによって映画に脚色された。・・・ジュリエット・グレコ、オーソン・ウエルズの共演で


④ Un espion dans le placard
En 1958, le jeune Alain Ayache,16 ans seulement, réussit à se cacher dans un placard au premier étage du restaurant Drouant. Il parvient ainsi à espionner le jury pendant ses délibérations. Alain Ayache deviendra plus tard journaliste puis fondera des magazines célèbres.

④ 戸棚の中のスパイ
1958年。たった16歳の若きアラン・アヤシュは、レストランドゥルーアンの2階の戸棚に隠れることに成功した。こうして彼は討論の間、審査委員会のスパイとなり得た。アラン・アヤシュは、後にジャーナリストとなり、有名雑誌を評論した。


⑤ Encore un Goncourt au cinéma
1975 : le Goncourt est attribué à Emile Ajar, pour “La vie devant soi”. Le roman est adapté au cinéma et le film reçoit l'Oscar du meilleur fim étranger.

⑤ また映画化されたゴンクール
1975年: ゴンクールは《“La vie devant soi”.日本語タイトル「これからの人生」》のエミリー・アジャに授与された。この小説は映画に脚色され、最優秀外国映画としてオスカー賞を受けた。


⑥ Houellebecq provoque une émeute chez Drouant
Comme annoncé par la rumeur, Michel Houellebecq reçoit le prestigieux prix en 2010 pour «la Carte et le Territoire». Le suspense est de courte durée : il est élu en 1 minute et 29 secondes! Tout de suite, c'est l'émeute dans le restaurant Drouant, les gens sont écrasés et ont du mal à respirer.

⑥ ウェルベックはドゥルーアンで騒動を引き起こした。
聞くところによれば、ミシェル・ウルベックは 《 la Carte et le Territoire 日本語タイトル「地図と領土」»によって、2010年、この権威ある賞を受領した。このサスペンスは短い時間:1分29秒だった!あっという間に、レストランドゥルーアンの中は大騒ぎとなった。人々はもみくちゃにされ、呼吸困難になった。

こんな具合だったそうです。
180915-1659

⑦ Des femmes à barbe s'invitent au restaurant Drouant
Et les femmes dans tout ça ? En 115 ans d'existence, elles ne sont qu'une poignée à avoir été choisies par le jury (10 femmes pour 105 hommes). En 2013, des militantes du groupe féministe «La Barbe» s'invitent chez Drouant pour protester contre cette situation. Elles portent toutes une barbe !

⑦髭の女性たちがドゥルーアンに押しかけた
この全部の中に女性は? 115年の歴史の中で、審査委員会で選ばれた女性は一握りに過ぎない。(男性105人に対し女性10人)。
2013年、フェミニズムグループ 《 髭 》の活動家たちは、この状況に抗議するためドゥルーアンに押しかけた。彼女たちは、皆髭を蓄えていた。


180915-1701


⑧ Scandale : on n'a pas le droit de recevoir deux fois le prix Goncourt dans sa vie. Et pourtant...
Le 30 novembre 1980, Romain Gary (lauréat 1956) envoie le livre “Vie et mort d'Émile Ajar” à son éditeur, où il révèle qu'il est Emile Ajar (lauréat 1975) et qu'il a ainsi reçu deux fois le prix Goncourt.
Le 2 décembre de la même année, il se suicide. Les derniers mots du livre sont : « Je me suis bien amusé. Au revoir et merci. »

⑧スキャンダル: 人は人生の中で、ゴンクール賞を2回受け取る権利はない。にもかかわらず・・・
1980年、11月30日、ロマン・ガリー(1956受賞者)は、自分の出版社に本 《 “Vie et mort d'Émile Ajar”日本語タイトル 「これからの一生」》を送った。そこで、彼は自分がエミリー・アジャであり、ゴンクール賞を2度授賞したことを明かした。
同年の12月2日、彼は自殺した。その本の最後の言葉は 「大変面白かった。さようなら、有り難う」だった。


D'après un article du Parisien, 3 novembre 2016 et wikipédia
http://www.leparisien.fr/culture-loisirs/livres/dans-le-retro-le-prix-goncourt-plus-d-un-siecle-d-anecdotes-et-de-couacs-03-11-2016-6283926.php
引用: 2016年11月3日パリジャンの記事、ウィキペディア
http://www.leparisien.fr/culture-loisirs/livres/dans-le-retro-le-prix-goncourt-plus-d-un-siecle-d-anecdotes-et-de-couacs-03-11-2016-6283926.php


====================================
語彙
anecdote 逸話 、 lauréat、 lauréate 受賞者、 Guy Mazeline の «作品Les Loups》の日本語に訳されていない
chef d'oeuvre 傑作、 voyou 与太者、ごろつき récompenser 報いる、褒美を与える  rarement まれに、滅多にない
scandale (m) スキャンダル、大騒ぎ、騒動の意味もある mépris 軽蔑 honneu(m)名誉、栄誉、高い地位、gré (m) 意向、意見
la Nausée 嘔吐、insulter ~侮辱する、ののしる  soupière(f) 蓋付きのスープ鉢、
parvient ← parvenir たどり着く   fondera ← fonder 批判する attribué ← attribuer 付与する、授与する
émeute (f)暴動、騒動 rumeur (f)うわさ、風聞  prestigieux、prestigieuse 威信のある、声価の高い 
s'invitent  ← s'inviter  押しかける
===================================

上記の8の逸話の内、一つだけ偽の情報があるということで、嘘だ思うのは8番目という意見が一番多かったのです。
が、それは真実で、サルトルが留置所というのが、偽情報でした。
なんと言うことでしょう!
ゴンクール授賞の時は、他の人を身代わりになりすまさせていたのです。
そして、人生最後の言葉が、Au revoir et merci さようなら有り難うだとは!

私は、これから、Au revoir et merci と続けて言わないことにしようと思いました。

ロマン・ガリー 、なんと謎に満ちた人でしょう。 

下記のサイト で、ロマン・ガリーについての興味ある日本語の記事がありましたので紹介しておきます。

http://cyberbloom.seesaa.net/article/407698944.html

それから、question 1
 Un journaliste dira  なぜ未来形で書かれているのかしら?というのが私の疑問です。

他の部分も、ほとんど現在形で書かれていたのですが、記事の書き方は、過去のことでも、現在形で良いのかなと思って、訳は過去形の日本語にしています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント