FC2ブログ
2018/10/03

アズナブールが行ってしまった

日本では、台風24号の後、沖縄知事選での玉城 デニー氏の圧勝に歓喜の声!
しかし、その後の安陪第4次内閣のメチャクチャな組閣にブーイング。
どちらも日本国民として大事なことで、私の関心も大きかったのです。

でも、昨日の朝刊片隅に、シャルル・アズナブールの死去の知らせ。
わたしにとっては、それはショックでした。
そして、時間が経つほど、その喪失感は深まってきています。
彼は、94歳でした。
にもかかわらず、精力的な活躍ぶりは衰えていませんでした。

タイトルも逝ってしまったというのが正しい書き方です。
でも、あえて行ってしまったにしました。
天国に、別の舞台に行ってしまったということで・・・

先月、日本公演があり、東京、大阪で公演し、帰国したばかりだったのに。
世界公演は、まだ来年にも予定が続いてるそうです。

YouTubeで2年前の舞台を見ていたこともあって、これなら、100歳は楽勝であろうと思っていたのです。

フランスのサイトを検索したら、すべての新聞やTVが、スペシャルを組んでいました。
彼のオマージュ(追悼のことかな)というので、大画面がエッフェル塔の前に設置され、彼の姿を流していました。

国民的歌手であり、俳優であり、演出家であり、どの新聞も最大の賛辞を送っていました。
(私の仏語では、ちゃんと読み取れたわけではないので、賛辞を送ったのであろうと思ったのです)

181003-az2.jpg

181003-az1

9月28日にはTV番組出演で、日本地図が背中にデザインされたジャンパーを着て、しっかり話し込んでいました。
このジャンパーって、っどこで買ったんでしょうね?
それともプレゼントだったのでしょうか?
北方領土が描かれてないと安倍晋三は不快感を表すかもしれませんが・・・

181002-2335


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

YouTubeでのエッフェル塔前の追悼イベント 
 
画像が消されたら次で → https://www.youtube.com/watch?v=ey 5grZVHUVU&t=33s



最後のTV出演です。

画像が消されたら次で →  https://youtu.be/yO3VdHuop50 より


肉声はやはり老人の声ではありますが、目に力があり、その知性は衰えを見せていません。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

見つけた記事のタイトルをいくつか上げてみます。

181002-1250
アズナブール、アメリカ人にとってはフランスのシナトラ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
181002-0945
シャルル・アズナブール、いつまでも我らが心に!
foi  信頼、信仰、誓い 
chevillé chevillée  固く固定された、しっかり根を下ろした

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

181002-0943
シャルル・アズナブール、歌の聖なる怪物は我らから去って行った

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

181002-1253

シャルル・アズナブール:ポスターの上位にたどり着いた流浪の民の息子

アルメニア難民と言う境遇から苦労して芸能界のトップに上り詰めた事を行っているのです。
直訳すると違和感があります。どんなに訳したら良いのでしょうか?

ピアフと同じように、子供の時から金を稼ぐために、様々な苦労をしながら、彼は強烈な自負心を持っていたと思います。
頭脳明晰、沢山の才能・・・境遇が違えば、政治家でも学者でもなりうる人だったと思います。

来年のステージは、おそらく天国で!
ああ、20世紀が去っていく, 私と共に・・・
と、しみじみ感じた訃報でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント