FC2ブログ
2018/11/08

若者の意識で世界は変わる

アメリカの中間選挙の最終結果がそろそろ出る頃です。

午後のBSニュースで、アメリカのニュース速報が入ってきました。

未開票がいくつかありますが、結果は
上院はトランプ率いる共和党が過半数を確保。

下院は、民主党が過半数を超えて、その勢力を取り戻しました。

181108-1450. 

今回の選挙の勝敗を決めたのは、若者と女性の票だそうです。
前回の大統領選挙では

民主党の党首争いでバーニー・サンダース氏が敗れ、ガッカリした若者達が投票を放棄した。

また、クリントン候補に批判的な女性達も、同じく棄権してしまった。


その結果がトランプという奇怪な大統領を生み出す結果となったのでした。


これでは駄目だ! 

自分たちが権利を後記すれば治がいびつな方向に流れていく。

と自覚した人々の票が、時代の流れを少しずつ修正する方向に戻して行ってくれている気がします。


181108-1506. 

26%がトランプ支持、38%がトランプ拒否、残りの33%はトランプ以外の要因で投票をした。

この2年間、アメリカに、世界に、それだけ大きな影響を及ぼしてきた大統領であることには間違いないでしょう。
しかし、未だ絶対支持者が26%もいるのか!

トランプと一体化して熱狂的に支持する人々に、彼が本当に報いるかというと、それはないと私は思うのですが・・・

政治家とは、ポジティブでなくてはいけない。

181108-14501 

確かにポジティブな発言ではあります。
言い換えれば、面の皮が厚い。

こんなことを、よく言えるなあ~と感動すら覚えます。

181108-14502 


こう言いながら、選挙が終わるやいなや

司法長官のジェフ・セッションズ氏を更迭し、マシュー・ウィテカー氏を司法長官代行に充てると発表。

下院で野党の理科らが強くなれば、ロシア疑惑をますますたたかれる。
それに対して、早速手を打ち出したようです。
更迭されたセッション氏は、2年前の大統領選挙でトランプを支持した事をどう思い返してるのでしょうか?

今や、はったりと脅しで、次の大統領選まで強引に引っ張ろうとしているトランプ政権。
それをを倒せるのは、若者の政治意識の高まりしかないと私は思うのです。

そして、女性議員が初めて100名を超しそうだとのことです。
私はむしろ、「アメリカって、こんなにも女性議員が少なかったのか?」
と、そちらの方が驚きでした。
2018年
181108-1449 
181108-1448. 

最先端を走るアメリカという気がしますが、女性議員の割合は意外と少なかったのです。
今回の選挙で、かなりランクアップするのではと思います。

日本は、なんと世界で140番目という状況です。

日本の若者達にも、これをきっかけに政治意識の高まりのウエーブが起こってくれ!

君たちが変えようと思えば、世界は変えることが出来るのです。
未来を、その手につかむのは君たちなんだよ。
蒙昧な老人達にいいようにされてて良いのか!
温和しい羊のように従順で、過労死させられていく君たち。
怒れ若者達! 非暴力で本当に怒ってよ。

次の選挙では、怒りを込めて投票に行ってください。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント