地球は動いているんだから・・・

2013/ 04/ 19
                 
先週4月13日の明け方のこと事です。
枕元に置いている携帯電話が、身を捩って体を震わせ、唸り出しました。
マナーモードにしたまま解除をするのを忘れていたら、全身を使って訴えていたのです。
「何やねん?」と画面を開いたら《緊急地震情報》が入っていました。
それを読んだとたんに、グラッと揺れを感じました。
「これは震度3ぐらいだな」と思いTVのスイッチを入れると、淡路島付近を震源地とする地震とのことでした。
「ああ、被害はあまり出てなさそう。良かった。」と思うのが地震の常です。
地震の被害情報が始めは収集されないので、画面で見ただけでは揺れがあったとしか分りません。
でも、後から多くの被害情報が伝わってきます。
淡路島地震
それにしても、死者が出てないだけでもと胸をなで下ろしました。

でも、思ったより交通は混乱していて、この日JR西日本の新快速は、一日中ストップしていたのでした。
その日、和歌山からやって来る予定の友達は、大阪駅から電話で「もう、帰ろうかな?」とぼやきつつも長時間をかけて何とかやって来ました。
地震は、やっぱり怖いです。

地震・雷・火事・親父 、昔、この4つが日本の恐い物の代表でした。
この中で、親父の権威は、今では失墜しているので、今では、恐い物の中に入れてもらえません。
むしろ、子供にとっては、親父よりオカン(母)の方が恐ろしいかも・・・
雷は、屋外に居ると恐ろしい物ですが、今や避雷針を設置して避ける手段も講じられます。
火事は火の用心、意識して火事の原因をチェックし、防止することが出来ます。
が、地震だけは、準備万端整えていても、何時やって来るか分らないし、それを防ぐ手段がない。
《グラッと来たら、龍角散!》何て物があると良いのだけれど、そんな薬はないのですよね。
じゃあ、現代で恐ろしい物をあげるとしたら、
地震・原発・核ミサイル・戦争
私においては、こんな順番でしょうか?
戦争、ミサイルを追い越して、何で原発が2番目なんだ?
と言われると、だって、原発は常時稼働してるではないですか?
ミサイルにしたって、戦争にしたって、使うには、始めるには、大きな決意が必要です(のはずです。)
だから、当然、事前に何らかのアクションがあり、それを回避しようと人々は心を砕きます。
でもねえ~、なんか原発だけは日常的に動いているのです。
「エネルギーが足りなくなって経済が低下しますから・・・」
なんて訳の分らない理由で、真下に地震の断層があると言われていても平然と動かしてるのです。
冷静に考えたら、恐ろしいことだと思いませんか?

だって地球は動いているんですもの・・・・
大昔はこうだった?

130419-t1
http://ameblo.jp/oldworld/entry-10267538645.html(画像はここからお借りしました)

じゃあ、これから先はどうなるの?
5000万年後の形
130419-t2

地球の形 http://www.h-uwa.jp/shirogeo/museum/02/02G11.html より画像を借りてます

果たして、これが本当かどうかは、それまで生きてみないと証明できないのですが・・・・

これを見ていたら、領土問題が、どうしたこうしたと騒ぐのがアホらしくなります。
消えてしまうかもしれない、動く陸地の上で、私たちは、助け合ってしか生き延びられない、群れで生きるしかない、ほ乳類としての人間なのです。
そう思えば、戦争なんか考えてる場合ではないと思うのですが・・・

美しい日本を取り戻すには、美しい地球の存在が無くてはね・・・
などとふと思う、春の一日です。



スポンサーサイト
                 

コメント